紬「私は戦っていくうちに、自分の想いと行動が矛盾し始めてることに気づいた・・・」

紬「そしてだんだんと、虚しくなっていった・・・」

さわ子「・・・・・・」

紬「結局、一番楽になるのには何も考えず・・・ただ戦ってればいいんですよね」

さわ子「・・・・・・」

紬「つまりは現実逃避・・・そうでもしなければこの狂気の中生き延びることができなかった」

紬「先生の性格が凶暴になっていたのも、全部その恐怖を隠すためだったんですね」

紬「・・・先生も、ライダーバトルの中ずっと仮面を被っていた」

さわ子「・・・・・・」

唯「さわちゃん・・・」

さわ子「そうよ・・・ムギちゃんの言うとおり」

さわ子「私は逃げていただけなの・・・」

さわ子「一人で・・・ずっと怖くて・・・」

さわ子「死にたくないから戦って・・・気づいたら自分のことが止められなくて・・・」

さわ子「そしたら・・・あなた達まで傷つけてしまって・・・」ポロポロ

唯「・・・・・・」

さわ子「グズッ・・・もう・・・どうしたらいいのか分からないのよ・・・」

紬「・・・・・・」

梓「・・・た、戦ってください!」

さわ子「え・・・?」

梓「ライダーバトルとかそうじゃなくて、元の平和な世界に戻るために・・・」

梓「そのために戦えばいいじゃないですか!」

さわ子「・・・・・・」

紬「・・・無理よ」

梓「何でですか!」

紬「私たちはもう・・・あの仮面をつけたくない」

唯「・・・・・・」

紬「あの仮面は人を変えてしまう・・・」

紬「優しかった人が狂気にのまれ、想い人を失った人は怒りに支配され」

紬「最後には、モンスターと変わらない存在に・・・」

梓「そんな事ありません!!」

梓「現に今だって、澪先輩がなんとかしようと一人で頑張ってるんですよ!?」

唯「澪ちゃんが・・・?」

梓「そうです! だから先輩達も協力してください!」

梓「みんなが・・・放課後ティータイムが揃わなきゃ何も始まりません!!」

唯「・・・・・・」

紬「・・・・・・」

さわ子「・・・・・・」

梓「どうして・・・・・・大切な仲間じゃなかったんですか!?」

梓「明日は期限の日なんですよ!!」

唯「分かってる・・・分かってるよ・・・」

梓「唯先輩・・・」

唯「けど・・・怖くて足が動かないんだよ・・・」

梓「・・・・・・」

唯「自分にやれる事は全部やったはずだった・・・けど、どうしても無理だった・・・」

唯「ライダーバトルを止めるなんて・・・」

紬「・・・・・・」

唯「どうせまた何もできないよ・・・私たちには・・・」

唯「もう残った道は・・・このままひっそりと隠れて生き続けるしか・・・」

梓「見捨てるんですか? 澪先輩や憂たち・・・大切な人を」

唯「・・・・・・」

梓「今の先輩は・・・本当に唯先輩なんですか?」

唯「・・・・・・」

梓「私の知ってる先輩は、そんなんじゃありません」

梓「ちょっと抜けてて、頼りないところもあるけど・・・」

梓「優しくて、みんなの事を想ってて・・・」

梓「辛いことがあっても、何だかんだで乗り越えてきた!」

唯「・・・・・・」

梓「私が落ち込んでる時だって励ましたりしてくれたじゃないですか」

梓「いつもみんなを明るくしてくれた・・・」

梓「私はそんな先輩だから・・・今まで一緒にやれてこれたんです」

梓「それなのに・・・今の先輩は・・・」

唯「・・・・・・」

梓「・・・もう、期待しないほうがいいんでしょうか」

梓「先輩達なら、どんな困難も笑顔で乗り切ると思ってたのに・・・」

唯「・・・勝手なこと言わないでよ」

梓「え・・・」

唯「ライダーでもないのに・・・私たちの気持ちも知らないで・・・」

梓「そ、それは」

唯「私たちが今までどれだけ怖い思いをしたか分かるの!?」

唯「それも知らないで一方的に戦えだなんて、無茶言わないでよ!!」

梓「・・・・・・」

唯「なんで・・・なんで私たちが戦わなきゃいけないの・・・」

唯「もう嫌だよ・・・戦いたくないよ・・・」

梓「・・・・・・」


Prrrr、Prrrr

梓「!」

梓(電話・・・澪先輩からだ!)

ピッ

梓「もしもし!」

澪『梓・・・』

梓「先輩! 今どこにいるんですか?」

梓「唯先輩たちが生きてて・・・」

澪『和が・・・和が・・・』

梓「澪先輩?」

……

士郎「期限は明日・・・」

士郎「生き残っているライダーは・・・」

士郎「龍騎、ナイト、ゾルダ、ファム、王蛇、そしてリュウガ・・・」

士郎「間に合わない・・・こんなペースでは・・・」

士郎「・・・・・・」

士郎「また・・・やり直すしかないのか・・・」

……


ガチャッ

澪「・・・・・・」

唯「澪ちゃん・・・」

紬「いらっしゃい、澪ちゃん」

澪「あの・・・もう一人・・・」

優衣「・・・こんばんは」

唯「あっ・・・」

澪「来る途中で会ったんだ」

澪「それで・・・」

優衣「・・・・・・」


―――――
―――



唯「そんな・・・憂・・・和ちゃん・・・」

澪「・・・ごめん、私何もできなかった」

唯「・・・・・・」

澪「律も憂ちゃんも・・・もうみんな戦うことしか頭にないんだ」

澪「止められないよ・・・」

梓「み、澪先輩まで何ネガティブになってるんですか!」

澪「・・・・・・」

梓「ここにいる人たち全員で力を合わせて二人を助けましょうよ!」

唯「・・・・・・」

梓「唯先輩!」

澪「・・・・・・」

梓「澪先輩!」

紬「・・・・・・」

梓「ムギ先輩!」

さわ子「・・・・・・」

梓「先生!」

梓「なんでみなさん黙ってるんですか!!」

優衣「・・・ごめんなさい」

梓「あっ・・・」

唯「優衣さん・・・?」

優衣「お兄ちゃんのせいで・・・私のせいで」

優衣「みんなに苦しい思いをさせて・・・」

優衣「本当にごめんなさい」

唯「・・・・・・」

澪「優衣さんは別に・・・」

優衣「ううん、私も悪いよ」

優衣「妹の私も・・・」

唯「・・・・・・」

優衣「お兄ちゃんは・・・昔はとても優しかったの」

優衣「私たちは虐待されていたから・・・頼れるのは兄妹のお互いだけだった・・・」

優衣「私は体も弱かったし、お兄ちゃんの方は特によく面倒をみてくれた」

優衣「けどそのせいで、お兄ちゃんは私の事をどんどん気にかけて・・・」

優衣「離れてからは、たった一人しかいない妹だから余計に不安でしょうがなかったと思うの」

唯「・・・・・・」

唯(憂・・・)

優衣「だからライダーバトルなんてものを始めて私を・・・」

唯「・・・・・・」

澪「あの・・・優衣さん」

優衣「・・・私が死ねばいいのかな」

優衣「そうすれば戦いも・・・」

梓「そ、そんなのはダメですよ!」

さわ子「そうね・・・それに無駄だと思うわよ」

さわ子「神崎士郎がそうさせないはず」

優衣「・・・・・・」

さわ子「あの人、妹のあなたの事しか考えてないみたいだし」

さわ子「そもそもこの戦いも、あなたに新しい命を与えるためって言うし・・・」

優衣「・・・・・・」

唯「妹のため・・・」

紬「・・・戦えば多くの命が消える」

紬「けど戦わなければ、優衣さんは死んでしまう・・・」

澪「選びようがないよ・・・そんな選択肢・・・」

唯「・・・・・・」

優衣「私は・・・新しい命なんていらない!」

優衣「他人を犠牲にした命なんて・・・私は・・・」

唯「優衣さん・・・」

優衣「どうせ死ぬのなら・・・お兄ちゃんのいない今ここで・・・!」

キーン…
  キーン…

ブワン
ガルドサンダー「グアアア!!」

優衣「!?」

ドスッ

優衣「うっ・・・」ドサッ

唯「優衣さん!!」

士郎「優衣、お前が不安になることはない」

澪「!?」

紬「神崎・・・士郎!」

士郎「戦え、期限は明日だ」

唯「優衣さんを離して!」

士郎「優衣は死なせない・・・何があっても」

唯「優衣さんはそんなこと望んでない!!」

士郎「・・・・・・」

唯「だって、戦いを止めるために自分から死のうとしたんだよ?」

唯「そこまで思いつめてたのに・・・心配してたのに・・・」

唯「お兄ちゃんなのに、何で妹のことも分かってあげられないの!?」

士郎「生きてくれればいい、生きてさえいれば」

士郎「優衣は・・・俺にとってそういう存在だ」

唯「そんなの・・自分勝手だよ!」

士郎「・・・・・・」

唯「優衣さんが・・・不幸になるだけだよ・・・」


士郎「お前が何を言おうと、期限は迫っている」

士郎「戦え」

唯「私は・・・」

士郎「望みがないならそれもいい、他のライダーのために死ぬのも自由だ」

唯「・・・・・・」



戦え…
       戦え…
  戦え…


澪「神崎士郎・・・ひどすぎる」

紬「えぇ・・・」

さわ子「・・・・・・」

梓「先輩・・・」

唯「あずにゃん・・・私思い出したよ」

梓「え?」

唯「私が、ライダーになって戦おうと決意した理由」

唯「ただ、守りたかっただけなの・・・憂や大切な人・・・」

唯「モンスターと戦えない人たちを」

梓「・・・」

唯「そんなことを忘れて・・・現実から逃げようとして・・・」

唯「もう少しでみんな失くすところだった」

澪「唯・・・」

唯「戦おうよみんな、ライダーバトルを止めるために」

唯「戦うのはやっぱり怖いけど・・・大切なもの失う方がもっと怖い」

澪「・・・」

唯「それに私は・・・優衣さんを助けたい」

唯「優衣さんも守りたいと思ってるの!」

紬「唯ちゃん・・・」

さわ子「それで、助けた後どうするの?」

唯「え?」

さわ子「そのまま自殺させる気?」

梓「せ、先生それは・・・」

さわ子「あの子は、あのまま生き続けたってどうせ・・・」

唯「でも自殺なんてさせないよ、絶対に」

唯「だって、死んでいい人なんていないもん」

さわ子「・・・」

唯「みんな守る・・・ううん、守るだけじゃない」

唯「またみんなで笑顔になれるような世界にしたい」

唯「憂もりっちゃんも士郎さんも優衣さんも・・・みんな笑っていられるような・・・」

唯「そのために私は戦いたい」

澪「唯・・・」

唯「ごめんね澪ちゃん、一人にさせて」

唯「でも・・・もう大丈夫だよ」

唯「今度は私もいるから」

澪「グズッ・・・唯いいぃぃ!!」ガバッ


唯「あはは・・・く、苦しいよ澪ちゃん」

紬「・・・」

唯「・・・ムギちゃんはどうする?」

紬「私は・・・」

唯「・・・・・・」

紬「ずっと一人で戦ってて怖かった・・・けど」

紬「唯ちゃんたちと一緒なら・・・また戦えるかもしれない」

紬「まだ自分にできることがあるのなら・・・あなたに賭けてみたいわ唯ちゃん」

唯「私に賭ける・・・?」

紬「えぇ、あなたが目指す世界・・・それが実現するよう私も手伝う」

紬「だって、そうできるならその方がいいもの」

唯「ムギちゃん・・・ありがとう!」

梓「これで放課後ティータイムのメンバーが揃ってきましたね!」

さわ子「・・・」

澪「あっ・・・」

唯「さわちゃん・・・」

さわ子「・・・・・・」

唯「・・・・・・」

さわ子「・・・なによ?」


27