紬「待ってください! この研究所に女の子がいるんです!」

恵「えぇっ!?」

紬「その子も助けてあげてください!」

恵「う、う~ん・・・しょうがないわね」



ベノスネーカー「キシャアアアアア!!」

バシッ!!

研究員「ウェッ!!」

オルタナティブ・ゼロ(男)「大丈夫か!?」

研究員「・・・・・・」

オルタナティブ・ゼロ(男)「くっ、こいつ!」アクセルベント

オルタナティブ・ゼロ(男)「とおぉっ!」ビシュゥン

ガギィン!!

ベノスネーカー「キシャアアッ!!」

オルタナティブ・ゼロ(男)「娘は・・・必ず守ってみせる!」

ベノスネーカー「キシャアアアアア!!」

女「う、う~ん・・・」

女の子「お母さん!」

女「あ、あれ・・・?」

女「私なにやって・・・」

女の子「びっくりしたんだよ! こんな所で倒れてるから・・・」

ドガアアアアアアアアアン!!

女「な、なに! なにが起きてるの!?」

女の子「分からないの・・・急に大きな音がして・・・」


紬「あっ、あそこです先輩!」


紬「大丈夫ですか?」

女「お嬢様・・・いったい何が・・・」

恵「とにかくここを脱出しましょう」

恵「三人は私が守りますから」

恵(破壊しに来た張本人が言う台詞じゃないと思うけど・・・)

女「あなたは・・・?」

恵「通りすがりの仮面ライダーですよ」

女「えっ」

恵「まぁそれは気にしないで早く・・・」





「ちょっと、どこに行く気よ」


恵「!?」

さわ子「せっかくここまで来たのに・・・逃げないでよ」

紬「せ、先生!」

恵「どうしてここに・・・」

さわ子「ふふっ・・・あなた、私のこと待ってたんでしょう?」

さわ子「ライダーバトルをするために」

恵「えっ・・・」

紬「ライダーバトルって・・・どうして先生がそんなことを」

恵「それに、私はデッキを回収しに来ただけでそんなつもりはないです!」

さわ子「・・・聞いてた話と違うわね」

さわ子「でもまぁいいじゃない、会っちゃったんだから」

さわ子「戦いましょうよ・・・ライダーは」

恵「!」

紬「せ、先輩・・・」

恵「琴吹さん、二人をつれて逃げて」

恵「それと、このデッキも預かっててちょうだい」

紬「でも・・・!」

恵「ライダーってのはね、こういうものなの」

紬「・・・」

恵「早く逃げて!」

紬「・・・分かりました」


女「はぁ・・・はぁ・・・」

女「こっちよ!」

紬「大丈夫?」

女の子「は、はい・・・」

女「この扉を開ければ外に・・・」

ドンッ!!ドンッ!!

女「そんな・・・開かない!?」

紬「任せてください・・・それ!」

ドカンッ!!

紬「ふぅ、開きました」

女の子「すごっ・・・」


ベノスネーカー「キシャアアア!!」

ドシンッ!!

オルタナティブ・ゼロ(男)「ぐわあああぁあっ!!」

ベノスネーカー「キシャアアアア!!」

オルタナティブ・ゼロ(男)「ぐっ・・・手強い」


女「あなた!!」


オルタナティブ・ゼロ(男)「!?」

オルタナティブ・ゼロ(男)「お前たちどうしてここに・・・早く逃げろ!!」



女の子「あ、あれ・・・お父さんなの?」

紬「あの大きな蛇が・・・モンスター・・・」


ドガアアアアアアアアアン!!!

紬「きゃっ!?」

オルタナティブ・ゼロ(男)「しまった! 研究所が!?」

ドガアアアアアアン!!

ベルデ(恵)「きゃああああっ!!」

ガラン、ガシャン

王蛇(さわ子)「どうしたの・・・その程度?」

紬「曽我部先輩!」

ベルデ(恵)「うっ・・・こ、このっ!」ホールドベント

ベルデ(恵)「はっ!!」ビシュン!!

王蛇(さわ子)「おっと」

ベルデ(恵)「避けられた!?」

王蛇(さわ子)「遅いのよ!」

ドシッ!!ガシッ!!ズドン!!

ベルデ(恵)「うぐぅっ・・・」

王蛇(さわ子)「あははっ!」ソードベント

王者(さわ子)「おらぁっ!!」

ガギィン!!

ベルデ(恵)「きゃあああっ!!」

王蛇(さわ子)「はぁぁ・・・気持ちいい・・・」

ベルデ(恵)「くっ・・・げほっ」

オルタナティブ・ゼロ(男)「貴様! 貴様があのモンスターを!」

王蛇(さわ子)「だったら何なのよ・・・」

王蛇(さわ子)「ライダーでもないのに・・・邪魔臭い」

紬「せ、先生・・・?」

紬(なんで・・・こんなに雰囲気が違うの・・・)

女の子「お父さん!」

オルタナティブ・ゼロ(男)「お前たちは逃げるんだ!! 早くしろ!!」

王蛇(さわ子)「ふん・・・」

紬「あの人の言うとおり・・・逃げましょう」

紬「私たちがここにいたら足手まといです!」

女「・・・そ、そうね」

女の子「でもお父さんが!」

オルタナティブ・ゼロ(男)「心配するな・・・必ず勝つ!」

オルタナティブ・ゼロ(男)「帰ったら一緒に、お母さんの作った美味しいご飯食べような」

女の子「お父さん・・・」

王蛇(さわ子)「チッ・・・」

オルタナティブ・ゼロ(男)「さぁ来い!!」

王蛇(さわ子)「そういうの・・・ほんと気持ち悪いわね」アドベント


ベノスネーカー「キシャアアアアア!!」

女「!?」

女の子「お母さん!!」

ドンッ!!

女の子「きゃあっ!」

オルタナティブ・ゼロ(男)「!!」

オルタナティブ・ゼロ(男)「やめろおおおおおおおおおおおおお!!!」

ベノスネーカー「キシャアアアアアアアア!!」

女「いやああああああああっ!!」

ブチッベキッムシャヌチャッグチャッ

紬「そ、そんな・・・ウッ」

女の子「お母さあああああああああああん!!!」


王蛇(さわ子)「・・・ふふ」

王蛇(さわ子)「あはは・・・あはははははははははははははははははははははははは!!!」

オルタナティブ・ゼロ(男)「貴様ぁっ!! よくも俺の妻を!!」

王蛇(さわ子)「はぁ・・・近くにいた・・・あいつが悪い」

オルタナティブ・ゼロ(男)「うおおぉぉっ!!!」

バキィン!!ガギィン!!

王蛇(さわ子)「はははっ!!」

女の子「お母さん!! お母さん!!」

女の子「いやあああああああっ!!!」

ベノスネーカー「キシャアアアア!!」

紬「!!」

紬「危ない!!」

ベルデ(恵)「はぁっ!!」

ズドンッ!!

ベノスネーカー「ガアッ!?」

ベルデ(恵)「ここは私に任せて、早く!!」

バシンッ!!

ベルデ(恵)「うぐぅっ!?」

ベノスネーカー「キシャアアアア!!」


紬「立って、ここから逃げるの!!」

女の子「いやあっ!!お母さん!!お母さああああん!!」



王蛇(さわ子)「・・・そんなに母親に会いたかったら、会わせてあげるわよ」シャキィン

オルタナティブ・ゼロ(男)「やめろ!! 娘に手を・・・」

ドスッ!!

オルタナティブ・ゼロ「うっ・・・」ドサッ

王蛇(さわ子)「出来損ないライダーは寝てな」


ベノスネーカー「キシャアアアッ!!」

ドンッ!!

ベルデ(恵)「きゃああっ!!」

紬「曽我部先輩!!」



女の子「お父さああん!!」

オルタナティブ・ゼロ(男)「逃げろ・・・ここは危険だ・・・」

オルタナティブ・ゼロ(男)「早く・・・逃げ・・・ろ・・・」


女の子「お父さん・・・お父さああああん!!」

王蛇(さわ子)「はぁ・・・さっきからうるさいわね」

ベノスネーカー「キシャアアアアア」

王蛇(さわ子)「あれ、食べちゃっていいわよ」

ベノスネーカー「キシャアアアア!!」

ゴキッバクッヌチャッグシャッ

オルタナティブ・ゼロ(男)「がああああああああああっ!!!」

女の子「!!?」

王蛇(さわ子)「あぁ、そっちじゃなくて娘の・・・まぁいいわ」

女の子「あっ・・・あぁ・・・」ドサッ

紬「そんな・・・」

ベルデ(恵)「うっ・・・くうっ・・・」

王蛇(さわ子)「あっははははははははははははははははは!!!」

王蛇(さわ子)「いいわぁ!! 最高よ!!」

ベルデ(恵)「琴吹さん・・・立てる?」

紬「うっ・・・うぅ・・・」

紬(逃げなきゃいけないのに・・・何で・・・)

紬(何でこんな時に足が動かないの・・・)

ベルデ(恵)「・・・」

ベルデ(恵)「あの子は気絶してる・・・運べるのはあなただけなの」

紬「・・・」

ベルデ(恵)「お願い琴吹さん、立って!」

紬「・・・」

紬(これは夢・・・夢よね・・・)

紬(ありえない・・・こんなこと・・・)

紬(私が・・・先生が・・・先輩が・・・)

ベルデ(恵)「琴吹さん!!」

紬「!」ビクッ

ベルデ(恵)「怖いのは分かる、けど今は動いて!」

ベルデ(恵)「思考を止めちゃ駄目よ!!」

紬「先輩・・・」

ベルデ(恵)「琴吹さん・・・実は私、さっき言ったのとは別に叶えたい願いがあるの」

紬「えっ・・・」

ベルデ(恵)「ライダーバトルを止めたい・・・あの人たちの死を見てそう思えた」

ベルデ(恵)「こんな戦いのせいで、誰かが死ぬなんて間違っている」

ベルデ(恵)「一人でも多く生きていて欲しいの!」

ベルデ(恵)「でないと・・・秋山さんに会わせる顔がないわ」

紬「・・・・・・」

ベルデ(恵)「だから・・・お願いだから勇気を出して」

王蛇(さわ子)「お喋りはそこまでよ」ファイナルベント

ベルデ(恵)「!?」

ベルデ(恵)「下がって!!」ドンッ

紬「先輩!!」

王蛇(さわ子)「はああぁぁぁぁっ」

ベルデ(恵)「秋山さん・・・」

王蛇(さわ子)「でやああああああああああああああああっ!!」

ベルデ(恵)「ごめん・・・」

ドガアアアアアアアアアアアアアアアン!!


紬「先・・・輩・・・」

王蛇(さわ子)「はぁぁ・・・残るのはあんた達だけよ」

紬「・・・先生・・・どうして先生がこんなこと・・・」

王蛇(さわ子)「戦ってるとねぇ・・・その時だけ嫌のことが忘れられるの」

王蛇(さわ子)「何も考えなくていい・・・ただ暴れてればそれだけで・・・」

王蛇(さわ子)「最高の気分になるのよ」

紬「そんな・・・そんな理由で・・・」

紬「罪のない人たちを・・・」

王蛇(さわ子)「罪も何も、ライダーになったらこれくらい覚悟するもんよ?」

紬「ッ!」バッ

王蛇(さわ子)「あぁ? なんであんたがデッキを・・・」

紬「そ、それ以上近づくのなら・・・私も戦います!」

王蛇(さわ子)「あはっ・・・できるの? お嬢様が」

紬(ここで・・・何もできずに終わるなんてありえない)

紬(でないと先輩の死が・・・無駄になる・・・)

紬「はぁ・・・はぁ・・・!」

紬「くっ・・・変身っ!!」

ギュィィィィィ
シュピーン

王蛇(さわ子)「へぇ・・・」

ファム(紬)「はぁっ・・・はっ・・・」

ファム(紬)「うわああああああああああああああっ!!!」



・・・・・・・・・
・・・・・
・・・

紬「結局戦いの決着はつかず、引き分けに終わった」

紬「その後研究所も破壊され、逆恨みした先生が私の家を強襲し・・・」

紬「私と斉藤だけが生き延びて今に至るわ」

さわ子「・・・・・・」

梓「そんなことが・・・」

唯「・・・・・・」


紬「・・・今でも先生のことは許せません」

さわ子「・・・・・・」

紬「けど・・・今なら先生の気持ちが少し分かる気がするんです」

梓「えっ・・・」


26