和「澪! 律!」

澪「和、来てくれたのか!」

律「・・・」

和「憂は?」

澪「ごめん・・・どこかに行っちゃった」

澪「それより律が・・・」

和「事情はだいたい分かるわ」

和「・・・さっきから律が私に強い殺気を放ってるしね」

律「・・・・・・」

澪「お、おい律・・・」

和「律・・・あなたもさわ子先生のように仮面の力に飲み込まれたのね」

和「私が言うのもなんだけど・・・」

律「あいつと一緒にするな!!」

律「私は・・・大切な人のために戦うんだ!!」

律「変身!!」

ギュィィィィ
シュピーン

澪「律・・・そんな・・・」

和「澪、ぼーっとしてないで私たちも変身するわよ!」

和「律を止めたいんでしょ!?」

澪「あ、あぁ・・・」

和(けど、こうなってしまったらもう・・・)

和「・・・変身!」

澪「へ、変身」

ギュィィィィィ
シュピーン

バキィン!!ガキィン!!

ライア(和)「律、もうやめて!」

ライア(和)「私たちは神崎士郎の手のひらで踊らさられていただけなの!」

ガンッ!!ドシッ!!ガギィン!!

ライア(和)「こんな戦いを続けたって、あなたの弟は戻ってこないわ!!」

ゾルダ(律)「うるさい!! 神崎士郎がなんだ!!」

ゾルダ(律)「邪魔するやつは全員倒してやる!!」

ナイト(澪)「律・・・」

ナイト(澪)「頼むからやめてくれよ・・・お前のそんな姿見たくないよ」

ゾルダ(律)「こういうもんだろ!? ライダーってのはさぁ!!」

スウィングベント
ライア(和)「はっ!!」

バチィン!!

ゾルダ(律)「あぐっ!?」

ライア(和)「いくら悪ぶっても、哀しみを消すことなんてできないわよ?」

ライア(和)「現実を受け止めなさい、聡君は戻ってこないわ」

ゾルダ(律)「はぁ・・・はぁ・・・」シュートベント

ドガンッ!!

ナイト(澪)「うわっ!?」

ゾルダ(律)「私は勝たなきゃいけないんだ・・・お前たちだけじゃない」

ゾルダ(律)「どんなライダーが来たって勝つ!! 現実なんて変えてやる!!」

ナイト(澪)「律・・・どうしてだよ・・・」

ライア(和)「・・・仕方ない、律を倒すわよ」

ナイト(澪)「なっ・・・」

ナイト(澪)「ちょ、ちょっと待て! それってまさか・・・」

ライア(和)「律を殺すことになるわね」

ナイト(澪)「ダメだそんなの!! 私は認めないぞ!!」

ライア(和)「じゃあこのまま彼女を放っておくの!?」

ライア(和)「あれもさわ子先生と同じ、ただのモンスターよ!!」

ナイト(澪)「和・・・お前までおかしくなってるんじゃないのか?」

ナイト(澪)「昔のお前だったらどっちも助ける方法を考えただろ!?」

ライア(和)「いつまでも他人を頼らないで!!」

ナイト(澪)「ッ!?」

ライア(和)「私だって・・・いつも自分のことだけで精一杯なのよ・・・」

ゾルダ(律)「楽しそうなお喋りだな!」

ナイト・ライア「!!」

ゾルダ(律)「私も仲間に入れてくれよ!」ドガンッ!!ドガンッ!!

ナイト(澪)「くそっ!」ガードベント

ライア(和)「私にも使わせてもらうわ」コピーベント

ドガアアアアアアン!!

ナイト(澪)「くっ・・・大丈夫か和!」

ライア(和)「えぇ・・・」

ゾルダ(律)「チッ」

ナイト(澪)「律、いい加減にしろよ・・・」

ナイト(澪)「こんなのお前らしくないぞ!!」

ゾルダ(律)「ははっ、怒ったのか澪ちゃん?」

ゾルダ(律)「ならどうする? いつもみたくブン殴るのか?」

ゾルダ(律)「やってみろよ!! 逆にぶっ殺してやるからよぉ!!」

ナイト(澪)「うぅ・・・」

ライア(和)(澪には悪いけど、あの子には死んでもらうしか・・・)




オーディン「そこまでだ、真鍋和」


ライア(和)「!?」

ナイト(澪)「なっ・・・え?」

ナイト(澪)「新しいライダー・・・?」

ゾルダ(律)「だ、誰だよお前!!」

オーディン「・・・私はオーディン、13番目の仮面ライダー」

ライア(和)「13番目・・・」

オーディン「真鍋和、神崎優衣を手にかけようとしたお前は・・・私が処刑する」ソードベント

ライア(和)「なるほど・・・あなたは神崎士郎の用意した最後の駒ってわけね」

ゾルダ(律)「くそっ・・・誰だか知らねえけど、ライダーだったら私の敵だ!!」ドガンッ!!

バシュン

ゾルダ(律)「き、消えた!?」

ガギィィィン!!

ゾルダ(律)「うわあああっ!!」

オーディン「・・・」

ナイト(澪)「律!!」

バキィィィン!!

ナイト(澪)「あぐっ!?」ドサッ

オーディン「・・・」

ナイト(澪)(くそっ・・・なんて重い一撃なんだ)

ライア(和)「うっ・・・」

ナイト(澪)「くっ・・・和!! 逃げろぉ!!」

オーディン「・・・」

ガギィィィン!!

ライア(和)「きゃあああっ!!」

オーディン「・・・」

ライア(和)「うぐっ・・・」

ライア「はっ・・・はっ・・・」

オーディン「・・・」

ガギィン!!

ライア(和)「がっ・・・」

オーディン「・・・」

ライア(和)「はぁ、はぁ・・・うわあああ!!」

バキィン!!ガキィン!!ドシッ!!

ライア(和)「あがぁっ!?」

ズガアアアン!!

ライア(和)「うっ・・・」ドサッ



ナイト(澪)「そんな・・・一方的過ぎる・・・」

ライア(和)「うぅ・・・あぐっ・・・」

ライア(和)(だめ・・・立たないと・・・)

ライア(和)「はぁ・・・はぁ・・・」ヨロヨロ

ライア(和)(こんな所で負けるわけには・・・)

ライア(和)「うあああああああああ!!!」

オーディン「・・・」

ガギィィィン!!

ライア(和)「がはっ・・・」


ナイト(澪)「和ーーー!!」

ゾルダ(律)(なんだあのライダー・・・)

ゾルダ(律)(くっ・・・ここはいったん引くか)

ライア(和)「はっ・・・くぅっ・・・」

ライア(和)(もう・・・駄目・・・)

ナイト(澪)「和!! しっかりするんだ!!」

ライア(和)「澪・・・ダメよ、あのライダーは強すぎる・・・」

オーディン「・・・」ファイナルベント

ライア(和)「あなただけでも逃げて・・・」

ナイト(澪)「ば、馬鹿なこと言うな!!」

ライア(和)「私はもう動けない・・・」

ライア(和)「ここにいたらあなたまで巻き添えを食らう!! 早くしなさい!!」

ナイト(澪)「和・・・」

ライア(和)「澪、あなたの言う通り私は少しおかしくなってたわ」

ライア(和)「どんな人間であれ・・・殺そうとした」

ライア(和)「そんなことをしようとした、罰なのよこれは・・・」

ナイト(澪)「そんなわけないだろ・・・何言ってんだよぉ」グズッ

ナイト(澪)「そうだったら・・・先生なんてとっくに死んでるよぉ・・・」

ライア(和)「ふふっ・・・それもそうね・・・」

ライア(和)「あぐっ・・・」

ナイト(澪)「和!!」

ライア(和)「・・・澪、あなたは生き残って」

ライア(和)「生きて・・・自分にできることを・・・・・・精一杯・・・やるんでしょ?」

ライア(和)「こんな所で死んじゃ・・・ダメよ・・・」

ナイト(澪)「・・・」

ライア(和)「・・・唯によろしくね」

オーディン「・・・」

ゴオオオオオオオオオオオッ

ナイト(澪)「!?」

ドガアアアアアアアアアン!!

ナイト(澪)「っ・・・和ーーーーーーー!!!」


・・・・・・
・・・


オーディン「・・・真鍋和は完全に消去した」

ナイト(澪)「・・・・・・」

オーディン「秋山澪、お前は引き続きライダーバトルを続けろ」

オーディン「もし生き残ることができたら・・・最後は私と戦うことになるだろう」

ナイト(澪)「・・・・・・」

ナイト(澪)「・・・・・・」

ライア(和)『・・・澪、あなたは生き残って』

ナイト(澪)「自分にできることをやるって決めたのに・・・」

ライア(和)『生きて・・・自分にできることを・・・・・・精一杯・・・やるんでしょ?』

ナイト(澪)「何なんだよ私は・・・偉そうなこと言って」

ナイト(澪)「結局何もできなかったじゃないか・・・」

ナイト(澪)「律も・・・和も・・・」

ナイト(澪)「誰一人救えなかった・・・」

ナイト(澪)「・・・・・・」ポロポロ

ナイト(澪)「ごめん・・・みんなごめん・・・・・・」

ナイト(澪)「うぅ・・・うああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!!」


……

梓「・・・・・・」

梓(なんとなく手がかりがあると思ってムギ先輩の家に来てみたけど・・・なにもない)

梓(ていうかここ本当にムギ先輩の家なの?)

梓(凄いボロボロなんだけど・・・)

ガラッ

梓「!」ビクッ

斉藤「おや?」

梓「あ・・・」



憂「・・・」テクテク

士郎「・・・平沢憂」

憂「・・・神崎士郎」

士郎「これをお前に渡しに来た」

憂「・・・」

士郎「〝サバイブ〟・・・このカードを使え」

士郎「戦いに勝ち残りたかったらな」

憂「・・・」



戦え…
      戦え…

  戦え…


憂「・・・・・・」

憂「・・・お姉ちゃん待っててね」

憂「すぐに私が生き返らせてあげるから・・・」

憂「そうしたらまた、前みたいに・・・」


キーン…
   キーン…


憂「・・・」


モンスター「グアアア」

女の子「きゃああああ!!」

モンスター「ギャアアアアア!!」

ファイナルベント

モンスター「!?」

ズガアアアアアアアアアン!!


女の子「!」

女の子「な、なに・・・?」




リュウガ(憂)「・・・大丈夫?」


女の子「っ!?」

リュウガ(憂)「怪我は?」

女の子「・・・・・・」

リュウガ(憂)「どうしたの?」

女の子「・・・大丈夫です」

リュウガ(憂)「そっか・・・」

パリィィィン

憂「よかった」

女の子「違う・・・」

憂「?」

女の子「いえ、なんでもないです」

憂「中学生? 学校は?」

女の子「・・・」

憂「外は危険だから、家に帰ったほうがいいよ」

女の子「・・・いやだ」

女の子「家に帰っても・・・誰もいないもん」

憂「え?」

女の子「殺された・・・お父さんもお母さんも」

憂「・・・・・・」

女の子「だから・・・お父さんとお母さんを殺したやつを見つけて」

女の子「私が・・・」

憂「・・・そう」

女の子「・・・・・・」

憂「ナイフ、ちゃんと隠しておいたほうがいいよ」

女の子「!」

憂「警察に見つかったらマズイでしょ?」

女の子「うっ・・・」

憂「それと・・・復讐なんかしても虚しいだけだから」

憂「それでもいいなら止めないけど」

女の子「それってどういう・・・」

憂「・・・・・・」

女の子「お姉さんもまさか・・・」

憂「別に・・・さっき言ったことは気にしないでいいよ」

憂「・・・じゃあ、気をつけてね」

女の子「・・・・・・」


憂「・・・・・・」

憂(お姉ちゃん、ごめんね・・・)

憂(私がこんなことしてるって知ったら、きっとお姉ちゃんは悲しむよね)

憂(でも・・・それでも生きていて欲しい・・・)

憂(世界中を敵に回しても、間違ってると分かってても)

憂(後悔することになっても・・・)

憂(そんなのは関係ない)

憂(その為だけに私は戦う・・・)


23