澪「唯も律もムギも・・・みんなライダーだったんだ」

澪「ライダーになった人間は、最後の一人になるまで戦い続けなければいけない・・・」

澪「モンスターやライダー相手に命がけの戦いをする、そんなことに梓を巻き込みたくなかったんだ」

澪「梓には普通に・・・幸せに生きて欲しかったんだよ」

梓「・・・あの、一つ質問があるんですけど」

澪「なんだ?」

梓「仮面ライダーってなんですか?」

澪「あっ・・・そこからか」


・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・


梓「ライダーバトル・・・先輩達はそんなことを」

澪「・・・悪いな、秘密にしてて」

梓「いえ・・・私もそんなこととは知らず、すいませんでした」

澪「いや、無理もないさ」

梓「あ、あの・・・」

澪「ん?」

梓「助けてもらい、ありがとうございます!」

澪「ふふっ・・・礼を言うのはこっちだよ」

梓「え?」

澪「梓に説教されて気づいた・・・本当に大切なもの」

澪「私にとって放課後ティータイムは何ものにも代え難い宝なんだ」

澪「一度失くして、どれほど大切なのかようやく気づいた・・・」

梓「先輩・・・」

澪「もう一度、みんなでライブをやろう!」

澪「それが私の・・・ライダーとしての願いだ」

梓「はい!」

梓「・・・でも、大丈夫なんですか? みんなバラバラなのに」

澪「律だって本心では、バンドやりたいと思ってるはずさ」

澪「なんたってあいつが言いだしっぺなんだからな」

澪「唯もムギも・・・気持ちが同じなら、みんなとも分かり合えるよ」

澪「きっと・・・」

梓「そうですよね・・・」

澪(もう私は諦めたりしない・・・やるんだ、自分にできる精一杯のことを)



よくじつ!

ピンポーン
ピンポーンピンポーンピンポーン

ガチャッ
律「うっせーな誰だよ!!」

澪「あっ、おはよう律!」

律「あ?・・・澪か」

律「朝っぱらから人んちのインターホン押しまくるなよ」

律「ていうか何でベース背負ってんだよ」

澪「律、唯を探しに行くぞ!」

律「・・・は?」

澪「だから唯を探し行くんだ! このままケンカ別れなんて嫌だろ?」

澪「話し合えばきっとお互い分かり合える!」

律「・・・お前それ本気で言ってるのか?」

澪「当たり前だろ、何言ってんだよ」

律「・・・馬鹿馬鹿しい、私はパス」

澪「えっ・・・ちょ、律!」

律「あんな奴のことはもう忘れろ」

澪「そんなことできるわけないだろ!?」

澪「ふざけた事言ってないで行くぞ」

律「うるせえな!! 私は行かないって言ってんだろ!!」

澪「り、律・・・」

律「・・・帰れよ、もう」

澪「・・・あ、あはは」

澪「どうしたんだよ、いつものお前らしくないな・・・」

律「・・・」

澪「いや、お前の気持ちは分かるぞ」

澪「不安なだけだよな? でも心配するな」

律「は?」

澪「私が歌を歌ってやる! そのためにベースを持ってきたんだ」

律「何言ってんのお前」

澪「律・・・お前だって放課後ティータイムの歌を聞けば思い出すはずだ」

澪「私たちにとって・・・このバンドがどれほど大切なものなのか」

律「・・・」

澪「ベースだけじゃ物足りないかもしれないけど・・・この歌を聴いてお前も昔の気持ちに戻るんだ、律!」

澪「そうすれば私たちは分かり合える!」

律「・・・」

澪「『ふあわふわ時間』!」

澪「きみを見てるといつもハートDOKI☆DOKI♪」

律「・・・うるせえ」

澪「揺れる想いはマシュマロみたいにふわ☆ふわ♪」

律「うるせえって言ってんだろ!!」

澪「!?」ビクッ


澪「り、律・・・?」

律「朝っぱらから人んちの前で説教したり歌ったり・・・ウザいんだよお前」

律「帰れよ」

澪「私はただ・・・」

律「あー、それと言っておくけど・・・」

律「唯は私が殺した」


澪「・・・え?」

律「昨日な、さわ子と紬とまとめて殺してやったよ」

澪「お、おい・・・嘘だろ」

律「嘘じゃねえよ、綺麗さっぱり消してやった」

澪「は・・・ははは」

澪「冗談だろ・・・またいつものように私を騙してるだけだよな?」

律「・・・」

澪「律!!」

バチーン

澪「!?」

澪(律が私を・・・殴った?)

律「これ以上ムダ話を続けるんなら・・・お前も殺すぞ?」

ガチャッ、バタン


澪「・・・・・・」

澪「うっ・・・うぅ・・・」グズッ

澪(そんな唯が・・・)

澪「・・・・・・」

澪「何してんだ私・・・こんな所で終わるわけにはいかないだろ」

澪「唯は生きてる・・・ムギも、先生も」

澪「簡単に死んだりしない・・・信じるんだ」

澪「律・・・私は諦めないからな」



澪「和!」

和「あら・・・どうしたの澪? ギターなんか背負って」

澪「ギターじゃない、ベースだ」

澪「それより聞いてくれ、私も唯を探すのを手伝う!」

和「本当?」

澪「あぁ・・・だから話しておかないとな」

澪「私たちと唯の間に何があったのかを・・・」


・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・

和「そう・・・聡君が」

澪「あぁ・・・」

澪「律も自分が殺したとか言ってるけど・・・私はまだ生きてると思ってる」

和「根拠は?」

澪「ない!」

和「・・・え?」

澪「信じよう! 前向きに進むんだ!」

和「・・・ぷっ」

澪「おかしい・・・?」

和「だって・・・澪らしくないって言うか・・・ふふふっ」

澪「そ、そうかな・・・」

和「ライダーになった影響かしらね」

和「もともと後ろ向きだった性格が反転して、前向きになったのよ」

澪「そ、そうか・・・そういう変化なら嬉しいな」

和「・・・羨ましいわ、そういう風に変われて」

澪「え?」

和「私は最近・・・自分の中にある憎しみが抑えられないの」

和「今ならさわ子先生の気持ちが分かるかも」

澪「な、なに言ってんだよ和・・・」

和「神崎優衣を殺したい」

澪「!?」

和「・・・澪、あなたに教えるわ」

和「ライダーバトルの真実を」


和「この絵を見て」ガサッ

澪「これは・・・」

和「神崎優衣が子どもの頃に描いた絵よ」

澪「これ・・・描かれてるのはモンスターなのか?」

和「えぇ・・・ミラーワールドのモンスターは、この絵から生まれたものなの」

澪「なんだって! それは本当か!?」


和「話は昔に遡るわ」

和「幼少期・・・神崎兄妹は両親に虐待されていた」

和「その結果、神崎優衣はとっくの昔に死んだ・・・」

澪「な、何言ってんだ・・・?」

和「わけが分からないと思うけど最後まで聞いて」

和「生前、監禁状態だった神崎優衣の外に出たいという願望がミラーワールドを生み出した」

和「その時のことは本人もあまり覚えてないらしいけど・・・ミラーワールドがあったっていうことは確からしいわ」

和「ミラーワールドが生まれ、その影響で絵に描かれたモンスターも具現化し」

和「そしてその絵の中には・・・自分自身もいた」

澪「神崎優衣さん自身の絵ってことか・・・?」

和「そう・・・そしてその絵も具現化され、ミラーワールドの神埼優衣が誕生する」

和「その後、現実世界の神崎優衣は虐待により死んだ・・・」

和「だけどミラーワールドの神埼優衣と一体化することで蘇ることができた」

和「けど、その命は二十歳までしか持たない・・・」

和「それを知った神埼士郎は研究を重ね、ライダーシステムを完成させた」

和「全ては妹の神埼優衣を救うために」

澪「・・・」

和「モンスターに人を食べさせ、そのモンスターをライダーが倒し・・・ライダー同士が殺しあう」

和「そして生き残ったライダーの強靭な命を神崎優衣に与え、生き延びさせようとしているの」

澪「ちょ、ちょっと待ってくれ!」

澪「勝ち残ったライダーにはなんでも望みを叶えさえてくれるんじゃないのか?」

和「そんなのは嘘よ、私たちを戦わせるよう仕向けさせるためのね」

澪「そ、そんな・・・」

和「これが全てよ」

澪「じゃあ・・・私たちが戦わないと・・・」

和「神崎優衣は死ぬ」

和「けど、このままじゃ私たち全員が死ぬわ」

澪「・・・」

和「私はみんなを救いたい」

和「そのために・・・神崎優衣を殺す」

澪「待てよ和! いくらんでもそんな・・・」

和「ミラーワールドを生み出したのが神埼優衣なら、あの人が消えればミラーワールドも消滅するはずよ」

和「ライダーバトルの期限・・・神崎優衣が二十歳になるまであと二日」

和「被害が広がる前に・・・今日中に片をつける」

澪「和・・・やめろよ・・・そんなことするなよ」

和「止めてもムダよ、邪魔するのならあなたでも痛い目にあってもらうわ」

澪「そんな・・・」

和「・・・本当は私だってこんなことしたくない」

和「けどこうするしか・・・平和のためには犠牲だって必要なの」

和「正しくないと分かっててもね」

澪「・・・」

和「・・・戦いが終わったら、また会いましょう」

澪「和・・・」



澪「・・・」テクテク

澪(結局私は・・・空回りしてるだけだったな)

澪「・・・」

澪(私たちの戦いは何だったんだ・・・このまま終わるなんて悲しすぎるよ)

澪「・・・」

澪「唯・・・生きているならお前に謝りたい」

澪「最後まで信じてやれなくてごめんな・・・」


唯「・・・」テクテク


澪「生きてたら今ごろあんな風に歩いて・・・・・・え?」

唯「・・・」テクテク

澪「唯! 唯ーーーー!!」

唯「!」ビクッ

澪「唯ーーー!!」ガバッ

唯「み、澪さ・・・澪ちゃん?」

澪「唯! 良かった生きてたんだな!!」

唯「あ、あの・・・」

澪「心配したんぞ!!」ウルウル

澪「生きてたなら連絡くらいしろ!!」ギューッ

唯「・・・ありがとう」

澪「今までどこ行ってたんだよー」ウルウル

唯「ゴメンね・・・」

澪「本当に良かった・・・律が殺したって言ったのはやっぱり嘘だったんだな」

唯「え?」

澪「ん? どうした?」

唯「・・・ううん、なんでもない」

澪「唯・・・ごめんな、お前のことを信じてやれなくて」

唯「・・・気にしないで、澪ちゃん」

澪「もちろん聡ともなにか誤解があったんだよな?」

澪「あいつは唯が敵だって言ってたけど・・・私はそうは思ってないぞ!」

澪「お前は私の親友だ!」

唯「澪ちゃん・・・」

澪「そうだ、これから一緒に律の所に行かないか?」

澪「みんなで仲直りしよう、な?」

唯「ごめん・・・今日はもう疲れちゃったから帰りたいな」

澪「あっ・・・そうか」

澪「うん、そうだよな・・・憂ちゃんも心配してるだろうし」

唯「澪ちゃん・・・ありがとう」

唯「澪ちゃんは正真正銘、私の友達だね」

澪「何言ってんだよ、当然だろ」

澪「大丈夫か? 家まで送ってあげるけど・・・」

唯「大丈夫だよ」

澪「・・・じゃあ気をつけるんだぞ」

澪「またいなくなったりしたら許さないからな?」

唯「うん、分かってる」

澪「じゃあな、ばいばーい」

唯「ばいばーい・・・」

唯「・・・・・・」

唯「律さん、か・・・」


21