ゾルダ(律)「唯・・・ムギ・・・」

王蛇(さわ子)「うぐっ・・・」

ファム(紬)「あなた・・・」

王蛇(さわ子)「はぁ・・・はぁ・・・」

王蛇(さわ子)「ムギちゃん・・・」

ファム(紬)「!?」

ファム(紬)「今・・・なんて・・・」

龍騎(唯)「先生・・・?」

ファム(紬)「私の名前を・・・」

ゾルダ(律)「・・・おいムギ! お前はどこの味方なんだ?」

ファム(紬)「・・・え?」

ゾルダ(律)「唯は私たちを傷つけた裏切り者、つまり今はもう敵だ」

龍騎(唯)「・・・」

ゾルダ(律)「そっちの元担任も、私たちのことを散々苦しめた」

ゾルダ(律)「ムギ、お前の敵も私の敵も同じじゃないのか?」

ファム(紬)「・・・」

ゾルダ(律)「だったら私たちの仲間になれよ、昔みたいにさ」

ファム(紬)「・・・それはできないわ」

ゾルダ(律)「は?」

ファム(紬)「私には味方なんていない・・・ライダーはみんな敵」

ファム(紬)「あなたも・・・」

ゾルダ(律)「・・・そうかい」

ファム(紬)「・・・」

王蛇(さわ子)「ぐっ・・・」

ゾルダ(律)「残念だよムギ、お前には少しでも良心が残ってると思ってたんだがな・・・」

ゾルダ(律)「信じた私が馬鹿だった」

ファム(紬)「・・・」

龍騎(唯)「りっちゃん・・・やめて・・・」

龍騎(唯)「ムギちゃんは関係ないよ・・・殺しちゃ・・・」

ゾルダ(律)「うるせえんだよ!! お前の言うことなんて誰が耳を貸すか!!」

ゾルダ(律)「お前達のせいで散々だ・・・」

ゾルダ(律)「聡も澪も私も・・・みんな傷ついた」

ゾルダ(律)「今までよくも騙し続けてくれたな、唯」

龍騎(唯)「りっちゃん・・・」

ゾルダ(律)「ムギ、姫子を殺したこと忘れてねえぞ」

ファム(紬)「ッ・・・」

ゾルダ(律)「そして一番許せねえのはお前だよ、山中さわ子!!」

ゾルダ(律)「よくも大勢の人間の命を・・・」

王蛇(さわ子)「・・・」

ゾルダ(律)「これは報いだ・・・お前らが犯してきた罪のな」ファイナルベント

ゾルダ(律)「罪を償うために・・・これ以上悲しみが広がらないために・・・」

ゾルダ(律)「・・・みんな消えてくれ」カチッ

ファム(紬)「!!」

龍騎(唯)「二人とも逃げて!」


ドガアアアアアアアアアアアアア!!!!
ババババババババババババババ!!!!
ズガアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!

龍騎(唯)「いやあああああっ!!」

ドガアアアアアアアアアアアアアッ!!!

ファム(紬)「きゃあああっ!!」

ババババババババババババババババ!!!

王蛇(さわ子)「あっ・・・あぁっ・・・!」

ドガアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!
ズガアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!


ゾルダ(律)「・・・・・・」



・・・・・・
・・・

シーン…

ゾルダ(律)「やったのか・・・やったんだよな?」

ゾルダ(律)「あはは・・・やった・・・」

ゾルダ(律)「私・・・勝ったんだよな」

ゾルダ(律)「・・・・・・」ポロポロ

ゾルダ(律)「グズッ・・・なんでだよ」

ゾルダ(律)「悪党をやっつけたのに・・・なんで泣いてんだよ」

ゾルダ(律)「私は・・・間違ったことしてないだろ?」

ゾルダ(律)「なぁ・・・唯、ムギ、さわちゃん」

ゾルダ(律)「これで・・・いいんだよな・・・」


……

憂「お姉・・・ちゃん?」

憂(なに今の・・・一瞬嫌な感じが・・・)

和「憂!」

憂「あっ・・・和さん」

和「そっちは見つかった?」

憂「・・・」

和「・・・そう」

和「憂・・・希望を捨てちゃダメよ」

憂「はい・・・」

和「私はこのまま探してみるから、憂は先に帰って」

憂「で、でも・・・」

和「もし唯が帰ったときに誰もいなかったら、唯泣いちゃうわよ」

憂「・・・」

和「疲れてるんでしょ? 休むのも必要だし・・・」

和「ここは私に任せて、ね?」

憂「・・・すいません」

憂「でも私・・・やっぱり探しに行きます」タタタッ

和「憂・・・」

和(口ではああ言ったけど、たぶん唯はもう・・・)

和「・・・」

和(覚悟を決めなきゃ、こんな地獄を終わらせるために・・・)

和(やるしかない・・・神崎優衣を殺すしか・・・)



みおのいえ!


澪「・・・・・・」

澪(これからどうすれば・・・)

コンコン

澪「!」

梓「失礼します」

ガチャッ

澪「梓・・・?」

梓「体調が良くないと聞いたのでお見舞いに来ました」

梓「これ、お土産のプリンです」

澪「あ、あぁ・・・ありがとう」

梓「お体は大丈夫ですか?」

澪「うん・・・とりあえずはな」

梓「そうですか・・・よかったです」

梓「良くなったら、また部活やりましょうね」

澪「・・・梓、あのな」

梓「夏休みはどうします? また合宿とか行きたいですよね」

梓「あと夏フェスとか・・・」

澪「梓・・・」

梓「あっ、先輩達は受験でしたよね」

梓「無理言ってすみません、けどできれば行きたいなぁって・・・」

澪「梓!!」

澪「もう・・・部活の話はやめてくれ」

澪「終わったんだよ・・・全部」

梓「・・・」

梓「・・・澪先輩もですか」

澪「え・・・?」

梓「律先輩も言ってました、軽音部は廃部だって」

梓「なんでそんなこと・・・勝手に決めるんですか!!」

澪「それは・・・」

梓「私だって部員の一人なのに・・なのに何の相談もないなんて・・・」

澪「・・・」

梓「おかしいです!! 無責任ですよ先輩達は!!」

梓「先輩達にとって放課後ティータイムって何なんですか・・・もうバンドやりたくないんですか!?」

澪「ッ!?」

澪「無責任ってなんだよ・・・勝手なことばかり言うな!!」

澪「私たちだって、私たちなりに苦しんでるんだ・・・」

澪「部活だってもちろんやりたいさ!! けどできないんだよ!!」

澪「それなのにお前は・・・そんなことも知らないで自分の好き勝手言って・・・」

澪「事情を知らないお前がとやかく言うなよ!!」

梓「だったら・・・教えてくれてもいいじゃないですかぁ・・・」ポロポロ

澪「あっ・・・」

梓「グズッ・・・何でそんなに私を・・・遠ざけたがるんですか」

澪「・・・」

梓「私は・・・私だって放課後ティータイムのメンバーなんですよ・・・」

梓「先輩達が苦しんでるのを・・・放っておけるわけないじゃないですか・・・」

澪「梓・・・」

梓「グズッ・・・もうこれで失礼します」

澪「・・・」

梓「部活は・・・辞めます」

梓「先輩達にも今後一切、干渉しません」

梓「・・・いままでお世話になりました」

澪「・・・」

梓「・・・先輩達にとって、放課後ティータイムなんてどうでもいいことだったんですね」

梓「正直、失望しました・・・」

澪「・・・」

梓「・・・さようなら」

ガチャッ、バタン

澪「・・・」

澪「・・・何やってんだ私」

澪「梓の気持ちも考えないで・・・馬鹿じゃないか」

澪「・・・」

澪「分かってるさ・・・もう一度、みんなで演奏できたら・・・それは幸せな世界なんだろうな」

澪「今まで身近すぎて気づかなかったけど、私たちの過ごしていた日常って本当に幸せなものだった・・・」

澪「それなのにライダーになったせいで・・・」

澪「・・・」

澪「このままでいいのか・・・?」

澪「このまま、誰かのせいにしたまま何もしないで・・・ただ黙ってるだけ・・・」

澪「臆病だった昔の私みたいに・・・」

澪「・・・」

梓『・・・先輩達にとって、放課後ティータイムはどうでもいいことだったんですね』

澪「放課後ティータイム、か・・・」

澪「初めてのライブ緊張したな・・・怖かった」

澪「やりたくない、逃げたいと思ってた・・・」

澪「けど終わった後、何かが変わった気がした・・・やって良かったと思えた」

澪「みんなの・・・みんなのおかげで成功したライブ・・・」

澪「みんなのおかげで、私は一歩踏み出せた・・・」

澪「・・・」

澪「だったら・・・私がみんなにしてあげられる事はなんだ」

澪「こんな所で、じっとしていることなのか?」

澪「・・・」


……

梓「・・・」テクテク

梓(これからどうしよう・・・)

梓(音楽は続けたいし・・・ジャズ研に入ろうかな)

梓「・・・」テクテク

梓(こんなことになるんだったら、軽音部なんか入るんじゃなかった)

梓「・・・」テクテク

梓(・・・そういえば、なんで軽音部に入ったんだっけ・・・)


キーン…
  キーン…

ブワン

モンスター「グギャアアアアアア!!」

梓「!?」

モンスター「ガアアアアア!!」

梓「えっ・・・な、何これ」

モンスター「ガアアア」

梓「ひっ・・・」

モンスター「ガアアアアアアアア!!!」

梓「きゃああああああっ!!!」



澪「梓ーーーー!!!」


モンスター「!」

梓「せ、先輩!?」

澪「こいつ・・・私の後輩から離れろ!」

澪「変身!!」

ギュィィィィ
シュピーン

ナイト(澪)「はっ!」

バキィン!!

モンスター「グガアアアアア!!」


梓「えっ・・・えぇっ!?」

ナイト(澪)「はっ!!」

バキィン!!

モンスター「ギャアアア!!」ビュン!!

ナイト(澪)「!」ガードベント

パキィン!!

モンスター「!?」


梓「どういうこと・・・?」


ソードベント
ナイト(澪)「はぁっ!!」

ガキィン!!

モンスター「グギャアアアアア!!」


梓「なんで澪先輩が・・・」

モンスター「ガアアアアア!!」

ナイト(澪)「くっ・・・たぁっ!!」

バキィン!!ガキィン!!

モンスター「グガアアアア!!」

ナイト(澪)「もう迷わない・・・やるんだ、自分にできることを」ナスティーベント

ダークウィング「ギャアアアアア!!」バアアアア

モンスター「グガアアッ!?」

ナイト(澪)「臆病だからって・・・怖いからって・・・」

ナイト(澪)「そんな理由でずっと閉じこもってちゃいけないんだ」

ナイト(澪)「自分が変わらなきゃ・・・何も変わらない!!」

ナイト(澪)「みんなを助けることもできない!!」ファイナルベント

モンスター「!?」

ナイト(澪)「はぁああああああああっ!!」

モンスター「ギャアアアアアア!!」

ドガアアアアアアン!!


梓「な、なに・・・何なの・・・?」

澪「大丈夫か、梓?」

梓「み、澪先輩・・・今の・・・」

澪「・・・梓、今まで黙っていてすまない」

澪「実は私・・・仮面ライダーなんだ」

梓「・・・え?」


20