さわ子「クスッ・・・」

純「!?」

さわ子「あら・・・どうしたのそんな顔して」

さわ子「何か怖いものでも見つけた?」

純「あっ・・・あぁ・・・」

さわ子「なに?今日は一人?」

さわ子「お友達はいないの?」

純「な、なんで・・・」

さわ子「じゃあ・・・私と遊びましょうか」

さわ子「私ね・・・今絶好調なの」

純「ひっ・・・」

さわ子「ちょっと復帰ついでに相手しなさいよ」

さわ子「変身」

ギュィィィ
シュピーン

王蛇(さわ子)「ほらぁ、早く変身しないと喰い殺すわよ?」

純「うっ・・・・・・」

純(唯先輩が来るまで耐え切れば・・・)

純「・・・・・」

純(だめよ、先輩にこんな危険なやつの相手させたくない)

純(私が・・・倒さないと!)

純「へ、変身!!」

ギュィィィィ
シュピーン

王蛇(さわ子)「あはっ、じゃあ早速遊びましょうか」

タイガ(純)「・・・・・」

タイガ(純)(先輩・・・この人は私が必ず倒しますからね)

ブワン


……

唯「スー・・・・スー・・・」

唯「う・・・う~ん」

唯「ふぁあああ・・・」

唯「・・・・・」

唯「あれ・・・寝過ごしちゃった・・・?」

唯「大変大変!待ち合わせに遅れちゃうよ~!」バタバタ

唯「うい~、なんで起こしてくれなかったの~!」

唯「あっ、憂いないんだった・・・」

唯「あ~・・雨降ってる・・・」

唯「・・・・・・」

唯「そうだ!さわちゃん先生!」

唯「いない・・・」

唯「元気になったから帰ったのかな・・・」

唯「ていうか部屋ごちゃごちゃだよ~!!」

唯「は、早く片付けないと憂に叱られる!」

唯「うわっ!?待ち合わせに遅刻しちゃう!!」

唯「誰か助けてー!!」



ザアアアアアアアアアアア

王蛇(さわ子)「おらぁっ!!あははっ」

ガギィン!!ドガァァン!!

タイガ(純)「きゃああっ!?」

王蛇(さわ子)「はあぁぁ・・体を自由に動かせるのって気持ちイイ・・・」

王蛇(さわ子)「ほらほらぁ、さっさと立ちなさいよっ!!」

バギィィッ!!

タイガ(純)「がはっ・・・」

王蛇(さわ子)「お友達は来ないの?あんた一人じゃ物足りないわ」

タイガ(純)「・・・せない・・」

王蛇(さわ子)「あ?」

タイガ(純)「先輩には・・・指一本触れさせない・・・」

タイガ(純)「あんたなんか・・・私が・・倒してやるっ・・・!」

王蛇(さわ子)「はあぁぁ・・・・おらあっ!!」

ドガッ!!

王蛇(さわ子)「やってみろよ、おらあっ!!」

バキッ!!ドゴッ!!

タイガ(純)「あぐっ・・・あがぁっ!!?」

王蛇(さわ子)「口だけはご立派ね」

タイガ(純)「うぐっ・・・ひっぐ・・・」

王蛇(さわ子)「でも実際、何もできてないじゃない」

王蛇(さわ子)「ホント嫌になるわよねぇ、弱いと・・・」

王蛇(さわ子)「なんにも守れないんだから」

タイガ(純)「うっ・・・うぅ・・・」

タイガ(純)(なんで・・・なんで私は・・・)

タイガ(純)(ジャズ研の先輩も・・憂も梓も・・・)

タイガ(純)(みんな距離を感じていた・・・)

タイガ(純)(でも唯先輩だけは・・・)

タイガ(純)(なのに・・なんで私は・・・)

タイガ(純)(大切な人を・・・守れないの・・・)

タイガ(純)(ライダーに・・なったのにぃ・・・)

タイガ(純)「うぐっ・・・ひっ・・・・・ひっぐ・・・」


王蛇(さわ子)「なに?泣いてるの?」

王蛇(さわ子)「泣いたって誰も助けに来ないわよ!!」

ドゴォッ!!

タイガ(純)「かっ・・がはっ・・・」

タイガ(純)「はぁ・・・はぁ・・・」

タイガ(純)「うぅ・・ふぐっ・・・」

タイガ(純)「あがっ・・・ごほぉっ」

王蛇(さわ子)「弱いやつは・・・強いやつの餌になってればいいのよ」アドベント

タイガ(純)「うぅ・・・・」

タイガ(純)(ここで終わり・・・?)

タイガ(純)(いやだ・・・それだけは)

タイガ(純)(・・・こんな時・・唯先輩だったら・・・)

タイガ(純)「・・・・・」

タイガ(純)(諦めない・・・はずっ)アドベント

ベノスネーカー「キシャアアアアア!!」

デストワイルダー「グァアアアアア!!」

タイガ(純)(そうよ・・諦めちゃだめ・・・)

タイガ(純)「唯先輩に会うまでは!!」

王蛇(さわ子)「あっはははははははは!!」

タイガ(純)「くっ・・・」

タイガ(純)(モンスターの動きさえ止めれば・・・)スッ…

王蛇(さわ子)「無駄よ!!」スチールベント

タイガ(純)「!?」

タイガ(純)「わ、私のカードが!!」

王蛇(さわ子)「このカードには苦労させられたわ」フリーズベント

デストワイルダー「」ピタッ

タイガ(純)「あっ・・・」

王蛇(さわ子)「あはははっ」ファイナルベント

ベノスネーカー「キシャアアアアア!!」

王蛇(さわ子)「はああああああっ・・・」

王蛇(さわ子)「おらあ゛あ゛ああああああああああああっ!!!」

デストワイルダー「ギャアアアアア!?」ドガアアアアアアアアン!!

王蛇(さわ子)「はあぁぁ・・・最っ高」

タイガ(純)「そんな・・私のモンスターが・・・」

タイガ(純)「あぐっ・・・あっ・・・」

シュウウウウ

タイガ・ブランク(純)「あっ・・・かはっ」

タイガ・ブランク(純)「ち、力が・・・」

王蛇(さわ子)「契約が切れたから、弱体化したみたいね・・・」

王蛇(さわ子)「ご愁傷様」


タイガ・ブランク(純)「あぅっ・・・ぐっ・・・」

タイガ・ブランク(純)「かっ・・・あがっ・・・」

王蛇(さわ子)「無様ね・・・」

タイガ・ブランク(純)「なっ・・なにを・・・」

バキバキバキ

タイガ・ブラック(純)「や、やめて!!ベルト壊さないでぇ!!」

王蛇(さわ子)「そんなの、私が知ったことじゃないわよ」

バキィィン!!

タイガ・ブランク(純)「ひっ・・・いやああああああああ!!」

シュウウウウウウ

純「あっ・・・うぅ・・・」

王蛇(さわ子)「あっはははははは!!」

王蛇(さわ子)「ゆっくり休んだおかげで絶好調だわ」

純「ベルト・・・私のベルト・・・」

純「ベルトがなかったら・・ミラーワールドから・・・」

王蛇(さわ子)「出れないわねぇ」

王蛇(さわ子)「でもそんなの私には関係ないわ」

純「ひぐっ・・・」

純「いやだ・・・・・・死にたく・・・」ポロポロ

王蛇(さわ子)「ちっ・・・さっきからうっさいわね糞ブタ」

王蛇(さわ子)「ブタはブタらしくここで野垂れ死にな!!」


純「先輩・・先輩っ・・・」

純「助けて・・・」

王蛇(さわ子)「あーあ、気持ち悪い」

純「お願い・・・ここから出して」

王蛇(さわ子)「はあぁ・・・諦めろって言ってんでしょうがっ!!」

ドゴッ!!

純「ごはっ!?」

王蛇(さわ子)「ちっ・・・付き合ってられないわ」

ブワン


純「そんな・・助けて・・・」


……

唯「はぁ・・・はぁ・・・」

唯「いそがなきゃ、もう遅刻しちゃってるよー」

カンカンカンカン

唯「あ~、こんな時に踏み切り~」

カンカンカンカン

唯「早く早く!」


純「誰か・・・誰もいないの・・・?」

シーン

純「いやだ・・・唯先輩と約束があるのに・・・」

純「出して・・・ここから出してええええええええっ!!」

純「なんで・・・なんで私が・・・」

シュウウウウウウ

純「!?」

純「そ、そんな・・・」

純「体が・・消え・・・!」

シュウウウウウ

純「いや・・・いやだ・・・」

純「死にたくない・・・」

シュウウウウウ

純「助けて!!誰かここから出してええ!!」

純「いやだよ!!死にたくないよ!!!」

純「先輩!!唯先輩!!!」

純「助けて唯先輩!!!」

純「せんぱあああああああああああい!!!」

純「はぁ・・はぁ・・・」

シュウウウウウ

純「い、いや・・・死にたくない・・・」

純「いやああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」




ザアアアアアアアアアア

ザアアアアアアアアアアアア

唯「ふぅ、到着」

唯「遅れちゃった・・・純ちゃん怒ってるかな?」

唯「・・・・・・」キョロキョロ

唯「あれ・・・待ち合わせってここだよね?」

唯「おかしいなぁ・・・純ちゃんいないよ」

唯「まさか・・・・・・」

唯「遅刻かな?」

唯「しょうがないなー、待ってよっと」


ザアアアアアアアアアアア



よくじつ!

キーンコーンカーンコーン


律「澪ー、ちょっといいか?」

澪「なんだ?」

律「昨日ライダーになった時の決め台詞を色々考えたから、ちょっとどれがいいか一緒に選んでくれ」

澪「決め台詞って、何でまた・・・」

律「モンスターを倒す時にかっこがつくからに決まってんじゃん」

澪「つけなくていいだろ」

律「じゃあまず一つめな」

澪「強制なのか・・・」

律「『最初に言っておく、私はかーなーり強い』」

律「どうだ?」

澪「それでいいんじゃないか」

律「何だよ適当だなー、いっぱい考えたんだからもっと聞いてくれよ」

律「『私の強さにお前が泣いた』」

澪「モンスターは泣かないだろ」

律「『その命神に返しなさい』」

澪「律には似合わないな」

律「『鍛えてますから』」

澪「鍛えてないだろ」

律「『私は太陽の子、仮面ライダーゾルダ!!」ピカーン

澪「おでこが眩しい!?」

澪「どれもイマイチだな」

律「じゃあ澪だったらなんて言うんだよ」

澪「私は・・・」

律「やっぱいいや」

澪「なんでだよ!」

律(だって絶対センス悪いし)

唯「ねえりっちゃん、澪ちゃん・・・」

律「おっ、どうした唯」

律「お前も決め台詞考えたのか?」

唯「ううん、純ちゃんのことなんだけどね・・・」

律「純?」

澪「どうしたんだ?」

唯「それが昨日から連絡が取れないの・・・」

澪「えっ・・・」

律「なんだよそれ・・・学校には来てないのか?」

唯「さっき憂のクラスに行ったんだけど今日は来てないって・・・」

律「・・・・・」

唯「昨日遊ぶ約束してたんだけどね・・・何時間経っても来ないから心配で探し回ったりしたんだけど」

唯「それでも見つからなくて・・・」

澪「なんか・・・嫌な予感がするな」

律「へ、変なこと言うなよ」

律「純のやつけっこう強いんだし、モンスター相手にそんな・・・」

澪「モンスターじゃなかったら・・・」

律「あっ・・・」

唯「ひっ・・ひっぐ・・・・・」ポロポロ

律「お、おい泣くなよ唯」

律「まだ死んだって決まったわけじゃ・・・」

唯「もしかしたら・・うっぐ・・・」

唯「私のせいかも・・・」

唯「ひっぐ・・うぅ・・・」

澪「え?」

律「ど、どういう意味だよ」

キーンコーンカーンコーン

澪「あっ・・・授業のチャイムだ」

唯「うっぐ・・ひっぐ・・・」

律「・・・とりあえず唯、学校終わってからみんなで話そう」

律「聡もいるし・・・場所はうちでいいか?」

澪「和は?今日来てないけど・・・」

律「あぁ、なんか神埼士郎について調べることがあるから今日は休むってさ」

唯「ひっぐ・・・純ちゃん・・・」


15