ギュィィィィィ
シュピーン

王蛇(さわ子)「はあぁぁ・・・だるっ」

ブワン

モンスター「ギャアアアアア!!」

王蛇(さわ子)「ちっ・・・体が動かないわ」アドベント

ベノスネーカー「キシャアアアア」

王蛇(さわ子)「あんた、ちょっと行って倒してきなさいよ」

ベノスネーカー「キシャアッ!!」

モンスター「ギャアアアアア!!」

ベノスネーカー「キシャアアアアア!!」

王蛇(さわ子)「ふぁ~~あ・・・ねむ」

王蛇(さわ子)「帰ったらもうひと眠り・・・」


ストライクベント


王蛇(さわ子)「!?」

ガイ(聡)「おらぁっ!!」

ガギィン!!

王蛇(さわ子)「あがっ・・・くっ!?」

王蛇(さわ子)「だ、誰だ・・・」

ガイ(聡)「あんたさわ子先生だろ?話は聞いてるよ」

王蛇(さわ子)「なに・・・くっ」

ガイ(聡)「悪いライダーなんだってね」

ガイ(聡)「じゃ、死んでも問題ないでしょ?」

ガイ(聡)「りゃあっ!!」

ガキンッ!!

王蛇(さわ子)「あがっ!?」

ガイ(聡)「街歩いてたら派手な格好したおばさんが、ゴミ捨て場で寝てるから驚いちゃってさ」

バキィン!!

王蛇(さわ子)「うぐっ・・お、おばさんだってぇ・・・」

ガイ(聡)「しばらく様子見てたら起きてライダーに変身したじゃん?」

ガイ(聡)「すぐにさわ子先生って分かったよ」

ガキィン!!

王蛇(さわ子)「がはっ!!」

ガイ(聡)「おばさんライダーは先生しかいないからね」

王蛇(さわ子)「お、おまえ・・・」

ガイ(聡)「どうしたの、体の調子でも悪いんですか?」

ガイ(聡)「くくっ・・・年はとりたくないねぇ」

王蛇(さわ子)「殺す・・絶対に殺すっ・・・!!」

ガイ(聡)「やってみろよおばさん!!」

バキィィィッ!!

王蛇(さわ子)「あがぁああっ!?」

ガイ(聡)「今の俺はヒーローなんだ」

ガイ(聡)「この仮面をつけてれば、なんだってできる」

王蛇(さわ子)「はぁ・・・はぁ・・・」

王蛇(さわ子)(くそっ・・体が思うようにっ・・・)

ガイ(聡)「そして最後は俺が勝ち残る・・・」

ガイ(聡)「この世界で、唯一無二のヒーローになれるんだ!」

王蛇(さわ子)「はっ・・・あんた馬鹿でしょ」

ガイ(聡)「・・・は?」

王蛇(さわ子)「ヒーローだがなんだが知らないけど・・・この戦いは遊びじゃないのよ」

王蛇(さわ子)「家に帰ってママのおっぱいで吸ってな、糞ガキ」

ガイ(聡)「ちっ・・・おらっ!!」

ガキィン!!

王蛇(さわ子)「があっ!?」

ガイ(聡)「あっははははははは!!」

ガイ(聡)「ほら、立ちなよおばさん」

ガイ(聡)「それとも、もう足腰がガタガタかなぁ?」

王蛇(さわ子)「このっ・・糞ガキぃ・・・!!」

ベノスネーカー「キシャアアアアア!!」ドババババ

ガイ(聡)「うわっ!?な、なんだこいつ!」

王蛇(さわ子)「糞ガキ・・・今度会ったら確実にぶっ殺す」

ブワン

ガイ(聡)「!」

ガイ(聡)「ま、まて・・・・くそっ!」



さわ子「はぁ・・・はぁ・・・」

さわ子「・・・ああ゛あ゛あ゛あ゛ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!」

さわ子「はぁ・・・・・はぁ・・・・・・」フラフラ

さわ子「あっ・・・」ドサッ

さわ子「・・・・・・」



……

唯「純ちゃん、本当に大丈夫?」

純「大丈夫ですって、唯先輩は心配性だなぁ」

純「そういえば、澪先輩と律先輩はどうしたんですか?」

唯「先に帰ったよ」

純「そうですか・・・」

唯「私たちも帰ろっか」

純「・・・あ、あの先輩!」

唯「なぁに?」

純「よ、よかったら何か食べに行きませんか?」

純「お腹も減ったし・・・」

唯「う~ん・・・」

純「・・・迷惑ですか?」

唯「・・・いいよ、いこ!」

純「本当ですか!?」

唯「うん、私もお腹ぺこぺこだよ~」

純(やったー!!)


ガーッ

店員「いらっしゃいませー」


唯「ハンバーガー食べよっか」

唯「今なら期間限定メニューがあるんだよ」

純「はい!」

純(なんか・・・楽しいなぁ)

店員「ご注文は何になさいますか?」

唯「純ちゃん何食べる?」

純「え?えっと~・・・」

唯「私はね~、これとこれ!」

純「あっ、じゃあ私も」

唯「美味しいね~」モグモグ

純「はい!」

唯「何だか最近戦いばっかりだから、こういう時間は癒されるよぉ」

純「そうですね・・・先輩がんばってますもんね」

唯「いや~ははは」

純「・・・私、先輩とこういう風に楽しくおしゃべりできて嬉しいです」

唯「ほぇ?」

純「ジャズ研の先輩は・・・なんていうか真面目なんですけど」

純「私のことちゃんと見てるのかなーって・・・」

純(憂も梓も、たまになんか距離感じちゃうし)

純「だから学校の先輩とこういう感じで話したことなくって・・・」

純「でも唯先輩は・・親しみやすい先輩っていうか・・・」

純「お姉ちゃんっていうか・・・友達っていうか・・・」

唯(それって先輩としてはどうなんだろう・・・)

純「だから・・その・・・」

唯「純ちゃん?」

純「私は先輩が大好きです!!」

唯「・・・へ?」

純「・・・・・」

純(しまった!?話が飛躍しすぎた!!)

純「あ、あの!いいいい今のはそういう意味ではなくって!!」

純「そ、その!にっ、人間として!!」

唯「人間?」

純「だから!その・・・唯先輩という一人の人間が大好きです!!」

純(それじゃほとんど意味変わってないでしょうがーっ!!)

唯「うーん・・・よく分かんないけど」

唯「私も純ちゃんのこと好きだよ」

純「!?」

純「え・・あの・・・」

唯「?」

純「その・・・もう一回言ってもらっても?」

唯「私は純ちゃんのこと好きだよ」

純「・・・・・・」

ドサッ

唯「!?」

唯「どうしたの!?傷口が開いた!?」

純「いえその・・・嬉しくて」

唯「?」

純(嬉しい・・先輩が私のこと好きだって・・・)

純(まぁでも・・唯先輩は後輩としての私が好きなんだろうけど・・・)

純(だとしても・・・嬉しすぎる!)


……

梓「・・・・・・」

梓「私・・・いつまで音楽室にいるつもりなんだろう」

梓「結局、今日も誰も来なかったし・・・」

梓「・・・・・・」

梓「先輩達・・・私のこと嫌いになっちゃったのかな」

梓「・・・・・・」

梓「・・・もう帰ろ」

梓「・・・・・・」テクテク

梓「はぁ・・・」

梓「部活・・・辞めちゃおうかな」


憂「はぁ・・・はぁ・・・」フラフラ


梓「あれ・・・憂?」

憂「あっ・・梓ちゃ・・・」ドサッ

梓「!?」

梓「憂!どうしたの!?」

梓「憂!!」


戦え・・・
   戦え・・・

憂『だ、誰・・・?』

お前が戦わなければ、お前の姉は死ぬ

憂『お姉ちゃんが・・・?』

憂『ど、どういう意味ですか!?』

戦え・・・
   戦え・・・

ドラグブラッカー『ギャアアアアアア!!』

憂『い、いや・・私・・・』

戦え・・・
   戦え・・・

憂「いやああああああああっ!!」

梓「憂!?」

憂「はっ・・はっ・・」

憂「はっ・・・」

梓「憂!大丈夫!?」

梓「どこか痛いの?」

憂「梓・・・ちゃん?」

憂「ここは・・・」

梓「私の家だよ」

梓「帰り道に憂を見つけたら急に倒れちゃったから・・・」

憂「そう・・・」

梓「水、飲んで」

憂「ありがと・・・」ゴクゴク

憂「・・・・・・」

憂(今日は無理しすぎちゃったかな・・・)

梓「憂・・・」

憂「ごめんね梓ちゃん、私そろそろ帰らないと」フラフラ

梓「えっ・・・」

憂「お姉ちゃんに・・ご飯・・・」ドサッ

梓「憂!」

憂「うっ・・あっ・・・」

梓「ダメだよ!まだ調子悪いじゃん!」

憂「でも・・・」

梓「今日はうちに泊まって休んで」

梓「明日は休みだし、親も仕事でいないし」

憂「・・・・・・」

憂(こんな調子じゃ・・・家にも帰れないや)

梓「憂・・・」

憂「じゃあ・・甘えちゃおうかな」

梓「!」

梓「う、うん!それがいいよ絶対!」


……

純「じゃあ先輩、これで」

唯「うん、ばいばーい」

純「・・・あの」

唯「ん?」

純「その・・明日は休みなんでよかったら・・・」

純「どこか・・・遊びにいきませんか?」

唯「あっ、いいねそれ!」

純「本当ですか!?」

唯「うん!」

純「じゃ、じゃあ後でメールします!」

純「ありがとうございました!!」

唯「ばいば~い」


唯「明日楽しみだな~」

唯「久しぶりに息抜きしよっと♪」

唯「ふんふーん♪」


さわ子「・・・・・・」


唯「・・・あれ、人が倒れて」

さわ子「・・・・・・」

唯「・・・え?」

さわ子「・・・・・・」

唯「・・・・さわちゃん先生?」

さわ子「・・・・・・」

唯「ま、まっさかー」

さわ子「・・・・・・」

唯「・・・・・・」

唯(死んでる・・・?)

ツンツン

さわ子「・・・」ピクッ

唯「ひっ!?」

さわ子「・・・ぐぅ」

唯「ね、寝てるだけ?」

さわ子「スー・・・スー・・・」

唯「どうしよう・・・」

さわ子「・・・・・・」

唯「放っておいたらまずいだろうし・・・」

唯「でもさわちゃんだし・・・」

さわ子「・・・ぐぅ」

唯「・・・・・・」

ズズズズズズズズズ

さわ子「・・・・・・」

唯「うんしょ、よいしょ」

唯「ごめんね先生」

唯「先生重いから引きずって家まで運ぶしか・・・」

ズズズズズズズズズ

さわ子「う~ん・・・」

唯「きゃっ!?」

唯「お、起きないで!起きちゃダメーっ!!」

さわ子「・・・ぐぅ」

唯「ほっ・・・よかった」

唯(憂はこんな先生見たらどう思うかな・・・)


13