唯「ただいま」

憂「あっ、おかえりお姉ちゃん」

憂「遅いから心配したよ」

唯「ごめんごめん・・・みんなは?」

憂「もう帰っちゃった」

唯「そっか・・・」

唯(まぁ明日学校で会えるしいいよね)

唯「うい~、それよりアイス・・・」

憂「・・・・・」

唯「憂?」

憂「お姉ちゃん怪我してるじゃない!」

唯「えっ?」

憂「ど、どうしたの!?」

唯「あ、いや・・・転んじゃって」

憂「早く消毒しないと!!」


よくじつ!

律「なにいいいぃぃっ!!和も仮面ライダーだってえええぇぇぇっ!!?」

澪「声が大きい馬鹿律!」ポカッ

律「あてっ」

和「とりあえず、放課後みんなで集まりましょう」

唯「純ちゃんも来るよ」

澪「純って・・・あの子か」

律「説得できたのか?」

唯「うん!」

律「でかしたぞ唯!」

律「それより聞いてくれよ、澪のやつったら昨日さー」

澪「わっ、待て!!」

唯「え?なに?」

律「なんとぉ、戦闘中にぃ・・・」

唯「戦闘中に?」

律「もら・・・」

澪「やめろーーー!!」ボガッ

律「あだーい!」

唯「なになに?気になるー!」

澪「い、いや、なんでもないんだ」

澪「本当に何でもないんだ!」

澪「これ以上聞かないでくれー!!」

和「なんか・・・大変そうね」


純「・・・・・・」

純(唯先輩・・・)

梓「ねえ、純」

純「・・・・・」

純(あんな先輩がいるんだったら軽音部に入ればよかったかも・・・)

梓「純?」

純(あっ、唯先輩がジャズ研に入ってくれれば・・・)

梓「純!!」

純「わっ!な、なに!?」

梓「何じゃないよ、昨日から様子変だよ?」

純「そ、そう?」

梓「なんか急に出て行っちゃうし」

純「昨日はちょっと急用があったから・・・」

唯「おーい純ちゃーん!」

純「あっ、先輩!」


唯「ごめんねー呼んじゃって」

純「い、いえ、いいですよ!」

唯「それでね、放課後のことなんだけど・・・」

唯「生徒会室に・・・」

純「はい・・・」



梓「・・・・・・」


唯「じゃあね~」

純「はい!」

梓「なに話してたの?」

純「きゃっ!?べ、別に・・・」

梓「純ってさ、あんなに唯先輩と仲良かったっけ?」

純「え?そ、そんなの・・・梓には関係ないじゃん」

梓「むっ」

梓「・・・まぁいいけど」



ほうかご!


和「みんな集まった?」

唯「おいっす!」

純「はい」

律「おー!」

聡「どうも」

澪「・・・あの、ひとついいか?」

律「どうした、澪?」

澪「なんで聡がいるんだよ!?」

律「いや、じつは昨日・・・」

聡「・・・おかえり」

律「どうした聡、なんか不機嫌だな」

聡「別に・・・」

律「まぁいいや、今日は疲れたから先に風呂入ってくるな」

律「悪いんだけどカバン私の部屋に置いてきてくれない?」

聡「えー・・・」

律「ほらほら文句言わない」

聡「ちぇっ」




聡「まったく、姉ちゃんは・・・」

聡「ん?」

聡(あれ?姉ちゃんのカバンの中に入ってるのって・・・)

……

律「てな感じで正体ばれちってぇ、後々聞いたら聡もライダーらしいじゃん?」

律「だから今日つれてきました!」

澪「簡単に正体ばれすぎだろ!!」

律「んだよー、澪だってすぐにばれちゃったくせに」

純「あ、あはは・・・」

唯「でも仲間が増えるのはいいことだよ」

和(そうだといいけど・・・)

聡「・・・・・」

律「それで、どうするんだ和?」

律「なんか神埼士郎をぎゃふんと言わせようとしてるらしいじゃん」

和「えぇ・・・みんなも知っての通り、ライダーバトルの勝者はたった一人」

和「その一人だけが神埼士郎に願いをかなえてもらえる・・・」

和「けど、やっぱりそんなのどう考えてもおかしいわ」

和「そこで思ったんだけど、神崎士郎には別の狙いがあると思うの」

澪「別の狙い?」

和「それが何だかは分からないわ」

和「けどそれは、私たちを利用して成そうとしてるは確かよ」

律「なんだそれ!?腹立つ!!」

和「だからライダーで同盟を作って、神崎の野望を阻止するの」

和「それがライダーバトルを止めることにも繋がるわ」

唯「おぉっ!!」

聡「・・・・・」


すうじゅっぷんご!

和「と、今日はこのへんでお開きね」

唯「はぁ~、疲れたぁ」

純「大丈夫ですか唯先輩?」

律「とりあえずあの紫のライダーがさわちゃんなんて驚きだよなぁ・・・」

澪「まさか・・・さわ子先生まで・・・」

唯「で、でもいつかきっと元のさわちゃん先生に戻ってくれるよ!」

唯「ムギちゃんも・・・」

キーン…
   キーン…

唯「!?」

律「おいおい、こんな時にかよ・・・」

和「みんないくわよ!」

和「変身!」

律「よっしゃあ!変身!」

澪「へ、変身」

純「変身」

聡「・・・変身」

唯「変身!」

ギュィィィィ
シュピーン

タイガ(純)「あっ、あなたは!?」

ガイ(聡)「へぇ、純さんがあの時の・・・」

ゾルダ(律)「ん?二人とも知り合いだったのか?」

タイガ(純)「い、いえ・・・」

ガイ(聡)「・・・」

ガイ(聡)(それにしても、和さんがあのライダーだったのか・・・)

龍騎(唯)「よーし、モンスター相手ならがんばるぞー!」

ナイト(澪)「無茶するなよ」

ライア(和)「ほどほどにね」

ガイ(聡)「・・・・」

ブワン

モンスター「ギャアアア!!」

龍騎(唯)「よーし、いくぞー!」

ナイト(澪)「あっ、ちょ、待て唯!」

ドガァァァン!!

龍騎(唯)「わわわっ!?」

龍騎(唯)「みんな気をつけて!」

ゾルダ(律)「お前が気をつけろ!!」

ライア(純)「唯!無茶しちゃだめって言われたでしょ!」

龍騎(唯)「ご、ごめん・・・」

タイガ(純)「よくも唯先輩を・・・」フリーズベント

モンスター「」ピタッ

タイガ(純)「今です!」

ゾルダ(律)「よぉし!」シュートベント

ドゴォォォン!!

ナイト(澪)「はっ!」ファイナルベント

ナイト(澪)「はああぁぁぁっ!!」

ドガァァァァァン!!!

龍騎(唯)「やったー!」

唯「いや~、私たちが力を合わせると無敵だね!」

純「はい!」

澪「あんまり調子に乗るといつか痛い目見るぞ」

律「よし、そろそろ今日はお開きにするか」

律「帰るぞ聡」

聡「・・・分かったよ」

律「じゃあなー」

唯「ばいばーい」

澪「じゃあ私もそろそろ・・・」

純「お疲れ様でした、先輩」

唯「うん、ばいばい二人とも」

和「唯」

唯「あっ、和ちゃん!」

唯「久しぶりに一緒に帰ろっ!」

和「ねえ、唯」テクテク

唯「なぁに?」テクテク

和「実は、唯に渡したいものがあるの」

唯「なになに?お菓子?」

和「ふふっ、違うわよ」

和「はいこれ」

唯「?」

唯「カード?」

唯「さー・・びべ・・・?」

和「サバイブ」

和「もう、3年生なんだからそれくらい読めるようにしなさい」

唯「いや~あはは、英語はちょっと・・・」

和「そのカードを使えば、より強いライダーへと強化変身できるわ」

唯「強化変身・・・」

和「そう、これから戦いはもっと厳しくなるだろうから」

和「危なくなったらそれを使うのよ」

唯「えっ、で、でもこれ和ちゃんの・・・」

和「私はそれがなくても大丈夫」

和「でも今日の戦いを見て唯は心配だから・・・」

唯「うぅ・・・」

和「持っておきなさい」

唯「でも和ちゃんが・・・」

和「いいから、あなたに持っていて欲しいの、唯」

唯「和ちゃん・・・」

唯「うん、ありがとう」

唯「大切に使うよ」

唯「それにしても、和ちゃんが仲間になってくれると心強いな~」

和「え?」

唯「だって頭いいし、頼りになるし、リーダシップもあるし・・・」

唯「和ちゃんがいれば百人力だよ!」

和「・・・・・」

唯「和ちゃん?」

和「・・・私だって、本当のことを言えば怖いのよ」

唯「・・・・・」

和「私は・・・あの仮面をつけるのが怖い」

和「私が私でなくなっていくようで・・・」

唯「和ちゃんが、和ちゃんでなくなっていく・・・?」

和「あの仮面は人を人でなくすわ・・・顔を覆い隠すことで逆に人の本性を剥き出しにする」

和「こんな戦いを続けていくうちに、私たちは人でなくなり・・・」

和「あのミラーワールドに住むモンスター達のようになってしまうんじゃないか・・・そう思うの」

唯「・・・・・」

和「考えてみて、あのモンスター達は・・・一体何なの?」

和「あれはライダーの・・・人の心の、成れの果ての姿なのかも」

唯「和ちゃん・・・」

和「・・・ごめんね、不安を煽るようなこと言って」

唯「・・・ううん、私嬉しいよ」

和「うれしい?」

唯「だって、和ちゃんが私の前で弱音をはくなんて滅多にないから」

唯「だから・・・頼りにされてるみたいで嬉しくて」

和「・・・ふふっ」

唯「あれ?おかしい!?」

和「ううん、別に・・・ふふっ」

和(唯の前だと、気が楽でいいわ・・・)

和「ねぇ、唯」

唯「なぁに?」

和「頼りにしてるわよ」

唯「まっかせて!」


純(唯先輩と出会えてよかった・・・)

純(同じライダーの仲間もいっぱいできたし)

純(あの男の子はまだ信用できないけど)

純「・・・・・」

純(それにしても・・・今日も唯先輩は可愛かったなぁ・・・・・)

純(憂が羨ましいなぁ・・あんなお姉さんがいて・・・)

純「はぁ・・・」ウットリ

純「・・・はっ!?」

純「何考えてんの私はーーーっ!?」


10