律「はっ?」

澪「いきなり何だ…なんというか…下品だぞ…?」

唯「本当だってぇー、ほらちゃんとここにー」脱ぎ脱ぎ

肉棒

律「バッ!脱ぐな!!!ってアレ?」

澪「ひぃっ…!!」ビクッ

紬(あらっ…大きい///)



唯「あれれー?何かみんなに見られたら勃ってきたよぉー…///」

律「と、とりあえずパンツを履けぇ!!」

唯「うぅー、大きすぎて入りきらないよぉー…」

澪(あ、あああれが男の人のっ…///)

唯「うぅー何か悶々してきたよー///」ジトー

梓「…何でこっちを見るんですか…?」

唯「あずにゃーん…」

梓「だ、だから何ですか…?そんな獲物を狩る目で見ないで下さい…」

唯「フフフフ…あっずにゃーん♪」ジリジリ

梓「ち、ちょっと何か危なくないですか!?せ、先輩っ!」


律「悪いが…、梓…おとりになってくれぃ…」ささっ

梓「ちょっ…囮っ!?物陰に隠れないで下さい!み、澪先輩っ!!」

澪(男の人のっ男の人のっー…!?///)

律「ダメだな…ただの屍のようだ…」

唯「かぁいいよぉおおおーーー!!!!///」バッ

梓「ひっ…!きゃぁぁああ!!!」

梓「うぅぅぅ…そんなモノ寄せないで下さいよぉ…」

唯「なんだろう…コレを寄せる度に興奮SURUYO…///」

律(唯が変態に目覚めてしまっている…!残念ながらもう梓は…)

紬(はぁああ…良いですわ!この光景!凄くイイ!!///)

唯「あ、あずにゃん…ココ…猫みたいに嘗めてよぉ…」

梓「な、嘗める!?こんな汚っ…んぶふっ!?」ズボ

唯「はぁああー…あずにゃんの口小ぃさくて良いよぉ///」ヌポッ

梓「んん!んっ…むぐっ」(嘘っ…!無理矢理口にっ…!)

唯「舌が絡み合ってりゅよぉおぉ…///」ジュリポ

唯「な、何だろう胸が凄く高鳴ってきてぇっ…///」

梓「んぐっ…ふぅぅうう」ジュリッポ

唯「んっ!んっ!んんっ!何かおしっこ出しょうだよぉ!」

梓「んんっ!?んんんむむぅ!!!!」

唯「おっほぉぅ…///」ビュクビュクビュルリッ

梓「あふぅぁ…苦いですよぉ…///」ドロリ

唯「あれ?おちんちん無くなったよ…」

律「…ホントか…?あっ本当だ…」

律「おーい、澪ー!もう大丈夫っ…!?」

澪「男の…人…の…///」

肉棒

律「まさか…今度は澪にぃ…!?」


澪「ふふふっ…律…見てぇ…?」

律「な、何だよ?そんな虚ろな目で…」

澪「男の人のだよぉ…?あははっ…」

律「そ、そうだな!男の人のアレだなっ!」

澪「男の人のがあるなら…大好きな人を食べちゃっても…良いんだね?」

律「は、ははっ…澪…?落ち着けよ…な?」

澪「私は落ち着いてるよ…律…私を受け入れてくれ…///」

律「うわぁああ!!止めろぉぉおお!!」

紬(この二人も見逃せないわぁ///)


律(うっ!澪にしては凄い力…これが肉棒による強化か!?)

澪「律のココ…臭いがすごいよ…ムラムラしてるぅ」

律「コラ!脱がすなぁ!み、見るなぁ!!///」

澪「ちょっと、味はどうなのかなぁ…んっ」ペロッ

律「ひ…んっ…み、澪ぉ…そんな所嘗めるn…ひぃぁ!!」

澪「ひゅぐっ…んちゅ…ここが律は良いんだな…」ペロチロ

律「ばっか…やろぉ…///」

唯(ふわぁぁ…凄い…///)

唯「あずにゃんのココも…嘗めて良い?」

梓「…何でそうなるんですか」


紬(あぁ…今日という日はホント素晴らしい…///)

律「はぁ…んっ…くぅぅ…」

澪「はぁ…はぁ…指も入れるかな…」ヌプリ

律「ひあっ!?」

澪「一気に入ったぞ…そんなに感じてくれてるんだな…///」ヌプヌプッ

律「ばっ…かぁ…指止めろぉ!ひぃ…ぁん!」

澪「律でも…そんな可愛い声をあげるんだな…そろそろ…」

律「はぁ…はぁ…っちょ…何を…!?」

澪「私とつながろう…?律…」ニュプ

律「止めっ…!」

澪「挿れるぞっ!!」ジュププ

律「いっ…!入ってっ!?澪のがっ澪が入ってくるぅっ…!!」

澪「あっはぁ…凄いぞ…律ぅ///」


唯「あれしたかったなー…もう一回生えないかな…」

梓「唯先輩…たまには…受けの気持ちになってみて下さいよ…」

唯「ほぇ?」

肉棒

梓「たまには…私が唯先輩をいじめても…良いですよね?」

唯「あ、あずにゃん…?」

梓「…嘗めて下さいよ」

唯「そ、そんな…」

梓「じゃあもう唯先輩なんて知りません、軽音部止めます」

唯「それは…!ダメだよ!嘗めるから!嘗めるから…ね?」

唯「……うぅ」チロチロ

梓「そんなちょっとじゃなくてもっと一気にして下さい」

唯「んんっ…くっ…ふぅ」ジュポジュプ



澪「律っ!律っ!律ぅぅ!!」ジュポッ!ニュポッ!

律「んあぁっ…!!澪ぉっ…!激しっ…ひぁああ!!」

澪「あぁぁ…んっ!イキっ…そうだぁ…んんっ!」ズッズッズッ

律「澪ぉぉっ!!!私っもうっ…!!」



唯「んぐっ…ふぅ…ふわぁ…」

梓「んっ…凄い…です…っとイク…前に」

唯「ぷっはぁっ…ん…?」

梓「こっちに挿れます…よ!!」ジュポッ

唯「ふにゃあああああっ!いきなりはじゅるい…!よぉ!!」

梓「あっ…く…唯先輩も…興奮してたせいか…濡れ濡れですねっ」

唯「ひぃ…はぁ…凄い…よぉぉ…イキ…そうっ」

梓「ん…はぁ…もう…出ます!」ジュポジュポ

梓「な、中に…出し…ます」

唯「ぁっ…はぁっ!!あずにゃんのが中にぃぃ…!!」ビュクビュク

梓「ああぁぁ…はぁっ…凄い出ました…」

唯「中にぃ…たくさんあふれてるよぉ…」



澪「あっはぁっ律っ律ぅぅぅー!!出すぞっ!出すぞっ!」ズボッ

律「ん…あっあっ…中は…止めろぉっ…お!?」

澪「あははぁ律の中にミルクたくしゃん出てりゅよおおおお!!」ビュク

律「ひぃぐぅぅうう凄い出てるぅぅうう…まだっ…止まんなっ!?」

澪「たくさん…たくさん出すよぉ…///」

律「はぁ…はぁ…おなかが…パンパンだぁ…///」

梓「はぁ…はぁ…っ…おちんちん…無くなった…」

澪「はぁ…はぁ…私…何してたっけ…」

律「うぇぇ!?覚えてないの!?」


澪「えぇと…何で律は…その…ほぼ裸なんだ…?///」

律「うん、お前が脱がせたんだろ…?」

澪「変な言いがかりはよせ!そんな覚えは無いぞ!」

梓「きっとパニックで何も覚えてないとか…」

律「うえぇぇ!?中出ししといて記憶喪失!?」

唯「あずにゃんのがかき出してもいっぱい溢れてるよぉー…」

紬「フフ…終わったムードで悪いけど…まだっまだ足りないわぁ…?」

ヌチュ

梓「ひぃっ!お…お尻にぃ何かぁ!?」

紬「フフフフフ…特性ヌルヌル電動バイブの味はどう…?///」

紬「貴方達にはもっと喘いで欲しいの…///」ギラッ

律・澪・唯(や、犯られる…!!)


律「ここは!タオルを羽織って即たいきゃk…いつの間にバリケードが!」

澪「ふぇぇぇ…?何なんだ紬!?いつもよりこ、怖いぞ…!?」

唯「ムギちゃーん…私たちのは…十分見たから…もう良いよねぇ?」

紬「まだ…まだぁ足りないのぉ…フフフ……いただきまぁす…」脱ぎ

特大肉棒

紬「私に折角こんなに大きいのがあるんだから…ね?」

澪「あっ…あっ…」じょぉおおお…

紬「あら?澪ちゃんたらおもらししちゃったの?あぁ泣きじゃくる顔が…」

紬「か・わ・い・い///」ズブチュ

澪「ひぎぃぃいいいいっっっ…!!」ミチミチ…

澪「かっ…ひっっ………っ…!!!」ビクッビクンッ

紬「あら?挿れただけで気絶しちゃったわ…?仕方無いわね…」ギラッ

律・唯「ひっ…」

紬「まずは…律ちゃんと梓ちゃんを縛って…電動バイブを…ON!」カチ

律「ひぃぐぅぅぅ…中で…中で凄ひぃいい…!!」ブブブブ

梓「はにゃぁああっっ…!!らめぇっ壊れりゅっ…!!」ブブブブ

紬「あぁ…良い声だわぁ…更に興奮しちゃうわぁ…///」ゾクゾクッ

唯「む、ムギちゃん…そんな大きいの入る訳無いよぉ…」

紬「大丈夫…優しくしてあげるわよぉ?///」ヌプ

唯「ひっ…!」

紬「貴方の中はとても暖かくて…とろけちゃいそぉ…///」ヌププゥ

唯「あっ…あぁあああっっ!?お…大きいよっ苦しいよぉっ!」

紬「豆ちゃんいじくっちゃえば気持ちよくて気にならないわよ?」クリュ

唯「ふわぁぁっん!!」ビクビクンッ

澪(き…気絶したフリ…)


紬「う…ふぅ…さすがにそれでもキツイわね…!」ミチミチ

唯「お、大きいのがっ…!な、中でっ…脈打ってるよぉ…」ビクッ

紬「…っ!無理矢理動かすわ…!」ギッ!ギッ!ギッ!

唯「う、動いてっ!動いてりゅよぉぉっ…!!!」

紬「あっはっ…!!意外とイケるわ…」ジュッポ…ジュッポ…

唯「しゅごぃいいいいい!!!中で暴れてるぅぅううう!!」

唯「もっともっと突いて動いてぇえええええ!!!」

紬「…」ずぽっ

唯「はりぇ…?な、何で止めるのぉ…?」

紬「唯ちゃん…私は貴方の快楽で恐怖や嫌がる顔を見たいの…」

紬「そんなに気持ち良さそうな顔は嫌だわ…?」

唯「そ…そんなっ!挿れてよっ!もっと突いてよぉっ!!」ヌチュ

紬「そうっ…その顔なのよ…///」ゾクゾクッ


唯「…はぁ…おちんちんっ!ちんちん欲しいよぉ…!」グチュグチュ

紬「ふふ…自分でアソコいじってチンコ欲しがる顔も良いわぁ///」

紬「…それじゃあ律ちゃん?」

律「ふっぅっ…ムギぃい…もうっ…んっ…止めろよぉ…」ブブブ

紬「良い顔するわねぇ…貴女達がいけないのよ…?///」

紬「貴女達が私を興奮させるからぁ…///」

梓「はぁ…はぁ…んんっ…くっ…」(これが変態か…)ブブブ

紬「貴方達ももっと良い声を上げなさい///」カチカチカチ

律「ひっひゃぁああああっっさらに激しくっ…!?」ヴィンヴィン

梓「んっひにゃぁぁああああっ!強ぉっ…!!」ヴィンヴィン

紬「ああああああぁぁぁ良い声ぇぇ興奮しすぎで出ちゃうぅぅぅ///」

紬「っ…!!」ビュルビュルビュルル


~事後~

律「結局…あのことは…」

梓「私たちしか覚えてないみたいですね…」

律「思い出しただけでも…!」

紬「御二方どうかされましたか?」

律・梓「っ!!!」ビクッ!

律「いやっ!何でも無い!何でも無いぞっ?なぁ?梓」

梓「え、ええ!そうですね!律先輩っ!」

紬「…?」

梓・律(あの時のトラウマが…)

澪(あの時気絶したフリしてたとは言えないな…絶対)

唯「…ぉぉぅ…ケンと…レイがぁ……」

澪・律・梓(てか何故コイツは腐女子化してるんだ…)


梓「にしても…あの時…律先輩はアソコが生えませんでしたよね?」

律「んっ?ああー…そういやそーだなぁー…」

唯「何だね!?ふたなりの話か!ふたなりの話なのかぃ!?」

律「あー…腐った奴は引っ込んでろー…」ドカッ

唯「あぅぅー…ふたなりはー…」

澪(あれ?私も生えたっけ…?)

律「まぁ、それで事が少しでも早く済んで良かったよー」

梓「もうさすがにあんな事にはなりませんよねー」

唯「何の会話か知らないけどあずにゃんの台詞にフラグを感じるよっ!」

律「あー…黙れ腐った元凶めー…」

唯「あぅうー…」

律「そんな事言ったらまt」にょき

律「ん?」


肉棒




FIN