メタルゲラス「ギャオオオオ!!」

ドガァァン!!

ボルキャンサー「ギャアアア!?」

タイガ(純)「な、何あのモンスター・・・」

ガイ「手間取ってるようだから、助けに来たよ」

タイガ(純)「!」

タイガ(純)「あ、あなたは・・・仮面ライダー!?」

ガイ「僕のことはいいから、早くあのモンスターを倒さないと」

ボルキャンサー「ギャアアアアア!!」

タイガ(純)「そ、そうね・・・」アドベント

デストワイルダー「ガルルルルルッ!!」

タイガ(純)「次はこれ!」フリーズベント

ボルキャンサー「!?」ピタッ

タイガ(純)「よし、動きが止まった!」

タイガ(純)「い、行くわよ!」ファイナルベント

デストワイルダー「ガアアア!!」

ドガッ!!

ボルキャンサー「ギャアッ!?」

ドガガガッ!!
ガガガガガガッ!!

タイガ(純)「はあぁっ・・・だぁああああっ!!」

グサッ!!

ボルキャンサー「ギャアアアアアアア!!?」

ドガァァァァン!!

タイガ(純)「はぁ・・・はぁ・・・」

タイガ(純)「なんとか倒せた・・・」

ガイ「・・・お見事」

タイガ(純)「あ、あの・・・」

タイガ(純)「助けてくれてありがとうございます・・・」

タイガ(純)「私、他の仮面ライダーは敵って聞かされてたんですけど・・・」

タイガ(純)「もしかして・・・違うんですか?」

ガイ「・・・」

タイガ(純)「あの・・・」

ガイ「・・・・・・」ストイクベント

タイガ(純)「!?」

ガイ「君の聞いてると通り、僕は敵だよ」

タイガ(純)「じゃ、じゃあなんで助けて・・・」

ガイ「カード・・・いっぱい使っちゃったね」

タイガ(純)「!!」

ガイ「もうほとんど残ってないんじゃないかなぁ?」

タイガ(純)「まさか・・・油断させてカードを消費しところを狙うために?」

ガイ「正解」

タイガ(純)「卑怯よ!!」

ガイ「ライダーバトルに卑怯もなにもないよ」

ガイ「騙されるほうが悪いのさ」

タイガ(純)「くっ・・・」

ガイ「みんな命がけで戦ってるんだ」

ガイ「君みたいな甘い考えのライダーは、どのみち死ぬ運命さ」

ガイ「はっ!!」

バキィッ!!

タイガ(純)「きゃあっ!?」

ガイ「さぁて、さっさと終わりにしますか」

タイガ(純)「や、やめて・・・」


アドベント

エビルダイバー「ギャアアアア!!」

ガイ「なにっ!?」


ドガァン!!

ガイ「ぐわっ!?」

エビルダイバー「ギャアアッ!!」

ガイ「くっ・・・何だ!!」

ライア「・・・・」

ガイ「くそっ・・・こんな時に別のライダーかよ」

タイガ(純)(に、逃げなきゃ・・・今のうちに!)

ブワン

ガイ「あっ!まてっ!!」

ブワン

純「はぁ・・・はぁ・・・」

純「運良く・・・逃げられた・・・」

純「他のライダーはみんなあんなのばっかなのかな・・・」

純「・・・・・・」

純「死んだらおしまい・・・」

純「もう・・・だれも信用できない・・・」

純「・・・・・」

純「あっ、梓待たせてるんだった・・・」


ガイ「あぁもう!」

ガイ「虎のライダーには逃げられるし、邪魔は入るし・・・最悪だ!!」

ガイ「おまけにあの邪魔したライダー・・・すぐに姿消しやがって」

ガイ「なんなんだよ」

ブワン

聡「あ~つまんないの」

聡「帰ってゲームでもしよっと」


……

唯「憂、ちょっとでかけてくるね・・・」

憂「駄目だよ、まだ調子悪いのに」

唯「りっちゃん達と約束したから・・・大丈夫、すぐに戻ってくるよ」

憂「でも・・・」

唯「憂・・・お願い」

憂「・・・分かったよ、お姉ちゃん

憂「気をつけてね・・・」

唯「うん、ありがと」

憂「・・・・・」


ファミレス!

律「あっ、唯ここ」

唯「あっ、りっちゃん澪ちゃん」

澪「・・・・・・」

律「あれから大丈夫か?顔色悪いみたいだけど」

唯「うん・・・でも少しは良くなったよ」

澪「・・・・」

唯「澪ちゃん・・大丈夫?」

澪「その・・・あれから寝れなくて・・・」

律「まぁ無理もないよな、あんなの目の当たりにしたら」

唯「・・・・・・」

澪「・・・・・・」

律「・・・今日お前たちを呼んだのは、今後のことについて話し合おうと思ってさ」

唯「今後のこと?」

律「そう、ちゃんと作戦を立てないとな」

律「とりあえず戦うときは三人そろって行動しよう」

律「もし一人のときにモンスターと遭遇したらかならず連絡してから戦うように」

唯「うん」

律「それと他のライダーに会ったら話し合いか、無理ならすぐ逃げろ」

律「絶対一人で戦うなよ」

律「あと定期的な連絡ともしもの時の集合場所を・・・」

唯「なんかりっちゃんなのに真面目だね」

律「私はいつも大真面目じゃ!」

唯(いつも?)

澪「わ、私・・」

律「うん?どうした澪」

澪「私もう・・・戦いたくない」

律「澪・・・」

澪「ば、馬鹿げてるだろこんなの・・・」

澪「私たちが変身して戦うなんて・・・」

澪「おかしいよ!」

澪「間違ってるよ!!」

律「澪・・・神崎士郎も言ってただろ」

律「ライダーになった以上、戦いからは逃れられないんだよ」

澪「嘘だ!!そんなの・・・」

澪「嘘だよ・・・」

律「澪・・・」

唯「・・・私は」

唯「私は、戦いたい」

澪「ゆ、唯・・・?」

唯「もちろんライダーとじゃないよ?」

唯「みんなを襲うモンスターを倒すために・・・私は戦いたい」

唯「ついさっきまで、ずっと考えてたんだけど・・・」

唯「私、ようやく決心がついたんだ」

澪「・・・・・」

唯「澪ちゃん」

澪「な、なんだ・・?」

唯「澪ちゃんには大切な人とかいるでしょ?家族とか」

澪「あ、あぁ・・・」

唯「私もいるよ」

唯「憂や、軽音部のみんなや・・・」

唯「私は、そんな人たちをモンスターから守りたいの」

唯「そのためだったら、私は迷わず変身して戦う」

唯「だって、それはライダーにしかできないことだから」

澪「・・・・・」

唯「それに、ライダー同士の戦いを回避する方法だってきっとあるはずだよ!」

唯「相手だって同じ人間なんだから、信じなきゃ!」

律「・・・そうだな、ウジウジしてても仕方ない」

律「私も大切な人を守るために戦うぜ!!」

澪「律・・・」

律「だから澪、お前も一緒に戦おう」

律「お前の力が必要なんだ」

澪「でも・・・」

律「怖がることなんかないぜ」

律「何かあったら、私たちがお前を守るから」

唯「うん!」

澪「律・・唯・・・」

澪「わ、分かった・・・」

澪「私も覚悟を決める・・・!」

律「それでこそ澪だ!」

唯「よかった・・・」

唯「みんな一緒なら安心だね!」

律「よーし、景気づけになにか食ってくか!」

唯「うん!私もお腹ぺこぺこだよ~」

澪「私も・・・なに食べようかな」

律「すいませーん!カニチャーハンください」

澪「!?」


……

唯「ただいまー」

憂「おかえり、ご飯できてるよ」

唯「あ、ごめん・・・外で食べてきちゃった」

憂「えぇっ!?」

唯「ごめんね憂・・・」

憂「・・・ふふっ、別にいいよ」

唯「え?」

憂「お姉ちゃん、何だか元気になったみたいだから」

憂「だから気にしなくていいよ」

唯「憂・・・」

憂「お風呂、もう沸いてるから」

唯「うん!」



よくじつのほうかご!


梓「こんにちわ」

律「おーっす、梓」

梓「先輩たち、もう体調は大丈夫なんですか?」

澪「あぁ、なんとか・・・」

澪「もう大丈夫だよ」

唯「部活するのもなんか久しぶりな気がするね~」

律「まぁ色々あったしな」

梓「?」

梓「あれ、そういえばムギ先輩は?」

澪「ムギのやつ・・・ここ数日学校休んでるんだ」

梓「えっ」

律「そういえば、どうしたんだろうな」

唯「心配だね~」

梓「な、なにか重い病気とか!?」

律「うーん・・・よし、今日は部活中止にしてみんなで見舞いに行こう!」

唯「さんせー!」

澪「そうだな、気になるし」

唯「お見舞いってなに持って行けばいいのかな?」

梓「お菓子とかですかね」

唯「じゃあコンビに寄っていこうよ!」

澪「でも・・・普段高級なお菓子食べてるムギにコンビニのお菓子なんて持って行っていいのかな」

唯「大丈夫だよ澪ちゃん」

唯「普通のポッキーじゃなくて、夏限定のココナッツポッキーにするから」

澪「いや、そういう問題じゃないだろ・・・」

律「そうは言っても、私たちじゃフルーツの盛り合わせとか変えないしなぁ」

唯「じゃあ今からバイトしよう!」

梓「間に合いませんよ!?」

律「・・しょうがないから唯の言うとおり、コンビニのお菓子大量に買って持って行くか」

律「プリンやゼリーみたいな食べやすいやつな」


ピンポーン

律「こんにちわー!」

ピンポーンピンポーン

律「誰かいませんかー?」

澪「返事がないな・・・」

唯「ここ本当にムギちゃんの家?」

律「当たり前だろ、ちゃんと表札に〝琴吹〟って書いてあるんだし」

梓「それに・・・ものすごくおっきいです」

唯「恐竜飼えそうなぐらいおっきいね」

澪「こんな豪邸に住んでるのはムギぐらいだな・・・」

唯「でも誰もいないみたいだね」

律「そうだな・・・出直すか」

「いらっしゃいませ」

梓「にゃっ!?」

唯「わっ!?」

律「のぉっ!?」

澪「び、びっくりした・・・インターフォンか」

「今門を開けますのでどうぞ中に」

律「なんだ、いるんじゃん」

澪「メイドさんかな・・・?女の人の声だったけど」

唯「失礼しまーす!」

律「うわっ・・・ひろっ!!」

澪「ここ・・庭だよな・・・」

梓「迷子になっちゃいそうです・・・」

律「あのー、誰かー」

シーン…

梓「なんか様子が変ですね・・・」

キーン…
   キーン…

唯律澪「「「!!」」」

律「梓!!」

梓「え?」

ブワン

ベノスネーカー「ギャアアアア!!」

梓「にゃあっ!!?」

ブワン

澪「しまった、梓がモンスターに!」

唯「た、助けに行かなきゃ!!」

律「よし!」


唯律澪「「「変身!」」」」

ギュィィィィィ
シュピーン

梓「あっ・・・うぅ・・・」

梓「なに・・・何なの・・・」


5