翌週土曜日・午前

澪「よし…」

私はあの道場の前に立っていた。

あの夜、道場の名前からネットで連絡先を割り出し、見学の予約をした。

電話帳に載ってないのは、最近越してきたばかりだからだ。

HPもあったが、工事中が多くて簡単な地図と連絡先だけだったが、それで充分だった。

しかし…

澪「し、失礼します…」

意を決して玄関を開ける。

?「どうぞー」

澪(…うわ、意外と広い)

外からだとよくわからなかったが、玄関の左手に広がっていたのは5×10、つまりは50畳の道場だった。

既に稽古は始っているらしく、二人組で3セット、うち奥の一人が近づいてきた。

澪「あ…け、見学を予約した秋山…です」

?「私がここの師範の○○です。まずはゆっくり稽古を見ていてください」

澪「は、はい」

澪(う…この人が師範? 普通のおじさんというか…)

白髪混じりのオールバック、身長は自分と同じくらいで男性としては小柄な方。まるで普通のサラリーマンだ。

いつの間にか、別の人が稽古を中断して、道場の端に座布団を敷いてくれた。

門下生A「どうぞ」

澪「は、はい」ペタン

そのまま何事もなかったかのように、皆が稽古を再開。

澪(なんか…あっさりしてるな)

そのまま30分ほど稽古が続く。

二人組の稽古は、一方が攻撃、もう一方がそれを受ける感じだった。

約10分交代で相手を入れ替え、そのうち1度は必ず師範と組むシステム。

お互いに技のことについて話しながらやっていたりする。

澪(空手とかとは全然雰囲気が違うな)

空手の道場では、一人で型の練習をやっているのを見たが、こちらは必ず相手がいる。

それに、攻撃する方も練習なのか、お互いに声をかけたりしながらやっていたりする。

澪(…こ、これで本当に役立つのかな)

ほのかな疑問がわいた時、あの師範が私の前に座った。

師範「どうですか?」

澪「あ、あの…まだよくわからないというか…」

師範「まあ、そうでしょうね。えっと、秋山さんは高校生でしたか」

澪「は、はい」

師範「うちも女性は何人かいますが、高校生は初めてですね」

澪「はあ(うー、とすると組む相手は男の人ばっかり?)」

師範「せっかくですから、少しやってみませんか?」

澪「ええ…え?」

師範「えーっと、あ、△△さん、ちょっと一番最初のを一緒にやってあげて」

△△「はーい」

澪「あ、あの」

△△「まずは、お互いに座ったままでやる『座取』からします」

澪「は、はい」

△△「正座して、最初はお互いに両手をついて礼」

澪(う…なんかいつの間にやらペースにのってる)ペコ

師範「うん、姿勢はいいね」

澪「はは…(わーみんなこっち見てる…恥ずかしい)」

△△「まずはこちらが見本を見せるので、利き腕の方で私のこめかみを横から攻撃してください、このように」スッ

澪「ひっ」

△△「いや、今のは例ですので当てません」

澪「は、はい」

△△「では、思いっきりでもいいですよ」

澪(そ、そんな初対面で)ソロォ

△△「はは、ではゆっくりと…左利きですか?」

澪「う」

△△「で、攻撃してきた方の腕で手刀を作って受け止め、空いた手で支えて手刀の方も持ち替えて」

そこまでは非常にゆっくり解説していたのですぐ理解できた。

しかし。

△△「両手で地面まで下ろす」

澪「!?」

瞬間、私は自分でも驚くほど簡単に横向きに転がっていた。

脱力したような変な感触を残して…

澪(う…スカートじゃなくて良かった)

師範「簡単に思うでしょう?」

澪「…」

言葉が出なかった。というか、こんな簡単なものなのか、武術って。

△△「じゃ、次は私が攻撃側で。ゆっくりいきますよ」

澪「は、はい」

その言葉に偽りなく、非常にゆっくりとしたスピードで左側からくるパンチ(こういうのはフックかな)を受け止め、手を入れ替えて…

澪「あ、あれ?」スカッ

確かに地面というか、畳に向けて下ろしたはずなのに、相手は正座のままで倒れない。

腕だけがくるっとまわった感じだ。

澪「え? え?」

どうみても、そんな難しい動きじゃなかったはずだ。なのに、相手にはできて私にはできない。

師範「これが『合気の理合』というものです」

あいきのりあい?

△△「ま、自分もまだはじめてから間もないですが」

師範「△△さんまだ入門2か月ですからね」


澪「あ、ありがとうございました」

1時間後、私は頂いた名刺を両手で食い入るように眺めながら帰路についた。

周りからは変に思われたかもしれない。

師範『では、入門したくなったらご連絡ください』

なんだろう、不思議な感じだ。

武術って、もっと怖いイメージがあったけど、これは違う。

まだちょっと大人に交じって稽古するのは怖い気もしたけど、見た感じ悪そうな人はいない。

そういや、この前の眼鏡かけた人はいなかったな。

これならやれるかも…

毎月の稽古代を出してもらうためにマm…お母さんとお父さんにお願いしたのは、その日の夜だった。


金曜日の放課後

唯「ふいー、今日はいっぱい練習したよ」

梓「すごくいい感じでしたね」

紬「これぞ、けいおんぶって感じよね~」

律「よっし、練習も終わったことだし」

唯「アイスだね、りっちゃん!!」

律「おうよ、わかってるじゃん唯」

梓「帰りにあのアイス屋さんによるんですか?」

紬「まあ、いいわね」

澪「(今からなら稽古できるな)…悪い、私、先に行く」

唯「ええ? 澪ちゃんいかないの?」

律「おや~ん、秋山さんはダイエット中かしらん?」

澪「ば、違うよ、ちょっと用事。じゃな」スタコラ

梓「…走ってちゃいましたね」

律「なんかさ」

紬「なあに?」

律「最近、澪の奴、変なんだ」

唯「変?」

律「ああ。土日に遊びに誘っても、朝からいないこと多いし」

梓「朝からですか?」

律「それに、今日みたいに平日もたまに急いで帰ったりするんだ」

紬「練習中は普通みたいだったけど?」

唯「でも、用事って言ってたよね。何だろう?」

律「それがさ、聞こうとしても結構はぐらかされるんだよね」

梓「言いたくない用事なんでしょうか」

唯「あ、わかった!!」ポン

紬「なあに?」

唯「ズバリ、彼氏ができたんだよ!!」フンス

律「ば、ばかいうな、澪に彼氏?」アセ

唯「そうだよ!! でも澪ちゃん恥ずかしがり屋だから、私たちに言えないんだよ」

律「でも、私に何にも言わないなんてこと…」

梓「だからかもしれませんね。律先輩より先に彼氏作っちゃって、不憫で言うに言えないとか」

律「なかのぉ~!! どの口が言うか? これか、この口なんか!?」グニグニ

梓「ひたいれふ、やめへくらはい~」

紬「ダメよ!!」

唯「ほえ?」

紬「花の女子高に不純異性交遊は厳禁よ!! 校則違反よ!!」

唯「ムギちゃん、なんか怖い」

紬「と、とにかく、澪ちゃんが悪い男につかまっているかもしれないわ!! ほっとけないわ!!」

梓(彼氏いること前提ですか…)

律「た、確かに気になるな」

紬「でしょ!! だからさっそく尾行開始よ!!」

梓「い、今からですか?」

唯「わくわくしてきたね!!」

律(唯がアイスを忘れている!!)

紬「今から行けば間に合うわ!! 全力疾走よ!!」ビューッ

梓(私もアイス食べたかった…)


電柱の影

律「お、出てきた」コソコソ

梓「一度帰宅して、私服に着替えて…」

紬「これは可能性が高いわ」

律(でも、あんまおしゃれしたわけでもないな)

唯「あれ、あの大きなスポーツバッグなんだろう?」

梓「デートにしては不自然に大きいですね」

紬「とにかく、後をつけるわよ。気付かれないように」キリッ

律(テンション高っ)


梓「駅前…」

律「おいおい、マジで可能性あるじゃん」

唯「あれ、誰か見つけたみたい、手振ってる」

梓「澪先輩の方から走って行きましたね…ええ!?」」

紬「どうしたの?」

梓「あ、あの、相手の方が…(やばいもの見ちゃった?)」

唯「おおー、お…おじさんだね」

律「は? あ、あのおっさんが彼氏? んなばかな…」

梓「ま、まさか…?」

唯「援交?」

律「だーっ、声抑えて!!」

梓「私はそれより、唯先輩の口からさらっとそんな単語が出たことに驚きです」

紬「…」ワナワナ

律「え…と、紬さん?」

紬「援交…ダメよ澪ちゃん、そんなことに手を染めちゃ…それにあのバックの中には多分制服が…」


澪『パパ、今日は私服がいい? それとも…制服?』

澪『うん…毎日着てるやつ…本物だよ…』

澪『え、見てみたいって…うん、パパには特別に見せてあげる』

澪『でも…ちょっとお小遣い、あげて欲しいな…』

澪『え、いいって? やった、パパ大好き!! サービスしちゃうね!!』


紬「ギルティー!!」ドカドカドカドカ…

梓「ひいいいいい、ムギ先輩落ち着いて!! 変な妄想と壁に素手で穴あけるの同時にやらないでください!!」

唯「同時じゃなくてもダメだとおもうよ?」

律「おまえは何を言っているんだ…」

紬「…ハアハア…と、とにかく、澪ちゃんを追いましょう、魔の手に落ちる前に」

唯「見つからないようにね」

律「いや、あんだけ騒いで、まだ見つかってないことの方がすごいよ」

梓「周りの人の視線が痛いです…」

律「なんだか仲良さげだな」

紬「甘い言葉でお小遣いを吊り上げる作戦ね」

梓「ムギ先輩は少し黙っていてください」

唯「なんかあの家に入っていくよ!!」

律「ここらへんにしては大きな家だな」

紬「資産家がお金に任せてJKを買うなんて…」

律「いや、ムギがいうと説得力ないぞ」

紬「と、とにかく、乗り込むわよ」

律「確かに、澪にはそんなことして欲しくないしな、行くぞ!!」

唯「がってん承知!!」

梓「…あれ、この玄関の横の看板…」

紬「澪ちゃん、早まっちゃだめ!!」バタン!!

律「澪、大丈夫か!!」

唯「たのもー!!」

道場生一同「…はい?」

澪「…お前ら…何やってんだ?」

梓「お、遅かった…」


道場内

澪「ガミガミガミガミ…」

唯・律・紬「ゴメンナサイゴメンナサイゴメンナサイ…」ペコペコペコ

梓(なんで私まで…)ペコペコ

師範「まあまあ、秋山さん、その辺にしておいて…」

澪「で、でも先生…」

師範「はっはっはっ…しかし、秋山さんもそんな大きな声出すんですね」

澪「う…」

師範「おしとやかな感じの秋山さんが、軽音楽部ということにもびっくりしましたよ」

澪「あ、その」///

紬「しかし、澪ちゃんが武術を…」

梓「あのおじさんは、同じ道場生だったんですね」

律「バッグは道着入れか…」

唯「それにしても…」

梓「袴姿の澪先輩…」

紬「いいわあ…」

唯「ポニテでまとめているところがオツですなあ」

律「おまえはオヤジか(でも…確かにかっこいいかも)」

澪「…お、お前らなー!!」


帰り道

梓「大分おそくなっちゃいましたね」

唯「おなかすいたよ~」

紬「でも、なんで澪ちゃん黙ってたの? だいとうりゅう…あいきじゅうじゅつ? をはじめたこと」

澪「いや、別に部活に穴あけるわけじゃないし、道場の方は稽古時間帯なら何時でも来ていいし、いつ帰ってもいいし」

律「まーそうなんだけどさ。隠すことないだろ?」

澪「…わ、悪かったよ」

唯「それよりもさー、なんで武術はじめたの?」アチャーオチャーゲンマイチャー

梓「唯先輩、それ別の武術じゃ」

律「そだぞ、澪にしては意外すぎるぞ」

唯・梓(スルーされた!!)

澪「い、いや…その、美容と健康と、気分転換にだな…力も使わない武術だし…」

律「…なーんか、とってつけたような理由だけど…いっか」

澪(律…今はまだ言えないんだ…ごめん)

紬「でもおかげでいいものが見られたわ…袴姿の澪ちゃんなんて想像さえしてなかったから…携帯のメモリーがいっぱいよ」ウフフ

澪「ム、ムギ!?」

律「いつのまに…」

紬「写真だけじゃなく、動画もなの~」

澪「け、消せ!! 今すぐ消せ!!」

紬「あら、ごめんなさい、唯ちゃん達に送っちゃった」ピロン

澪「やめろおお~」

唯(さすがはムギちゃん)

梓(いつもみんなの一枚上を行ってます)


合気は奥が深いな。

一番最初に習った技…どうみても両手を下におろしてるだけみたいなのに、きちんと下ろさないと腕がくるって回るだけになる。

理合…一般的にいうところの理論か…これに沿ってないとうまくいかない。

そう、こうやって…こう。

相手が突いて来た時は、片足を軸にしてよけて、それから…

ママー、アノオネイチャンヘンナオドリシテルヨー
シー、ミチャイケマセン

澪「う…」カアア

思わず一人練習始めちゃった…下校中の道で…恥ずかしい…


3