律「よーっす」

唯「あ、りっちゃん。会議どうだった?」

律「眠かった」

唯「あはは、和ちゃんに言いつけるよー?」

律「やめような。・・・あの、澪は?」

梓「さっきから戻って来てませんよ」

律「え、えぇ?あれからもう30分は経ってるだろ?」

紬「言われてみれば・・・そうね・・・」

律「うーん・・・ちょっと探してくる」

唯「トイレ行くって言ってたけど・・・どうしちゃったんだろう?」

梓「具合が悪くて倒れてるとか・・・?」

律「そんな風には見えなかったけどなぁ・・・まぁいいや、ちょっと行ってくる」ガチャ、バタン

律「トイレっていってもなぁ・・・一応寄ってみるか」テクテク


律「・・・お、一つだけ閉まってる」

律「・・・みおー?」

律「・・・」

「はーい」

律「みお?」

「・・・」

律「・・・」コンコン

「・・・」コンコン

律「・・・」コッコココンコン、コン、コン

「そんなリズミカルには無理だわ」

律「その声、和か」

和「そう、当たりよ。律に10ポイント」

律「あ、いらないわ」

和「それで、どうしたの?」

律「澪がトイレから戻ってこないんだよ」

和「あら、それは大変ね」

律「あぁ、和は会議のあとにここに寄ったのか?」

和「そうよ」

律「澪を見かけたりしてないか?」

和「してないわね。・・・というより、見かけていても気付かなかったと思うわ」

律「え」

和「切羽詰っていたから」

律「あぁ、そう」

和「途中何人かにぶつかった気がするけど、構わず歩みを進めたわ」

律「どんだけだよ」

和「走ったら衝撃で悲劇が起こりそうだったのよ」

律「私は歩いたことに突っ込んだんじゃないぞ」

和「とにかく、澪なら私は知らないわ」

律「そうか」

和「そういうわけだから、またね。律」

律「・・・」

和「何よ」

律「和は出ないのか?」

和「ビシャビシャのスカートを友達に見せれる程、私の心は強くないの」

律「結局漏らしたのかよ」

和「誰にも言わないでね」

律「わかってるよ。・・・何か手伝おうか?」

和「いいえ、気にしないで。今は一人になりたいの」

律「そうか、悪かったな。それじゃ、私行くからな」

和「えぇ、頑張って」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

律「うーん・・・澪はどこに・・・」テクテク

律「あ、そうか。もしかしたら澪も漏らしたのかもしれない」

律「そういうときに澪が行く場所は・・・」

律「あそこだな」タッ

律「・・・」タッタッタッ

律「つ、着いた・・・」

ガラッ

律「失礼しまーす」バタンッ

保健医「あら、どうしたの?」

律「ここに友達がきてないかなぁと思って」

保健医「友達・・・?鈴木さーん、お友達よー」

純「はーい?・・・え?律先輩?」

律「あ、違います。この子友達じゃないです」

純「確かにそうかもしれないけど、泣きたい」

律「はは、冗談だよ。佐藤さんだよな」

純「佐藤って・・・それ本気で言ってるなら馬鹿ですし、冗談で言ってるなら酷すぎです」

律「鈴本さんだろ、わかってるわかってる」

純「うっわ、無視された。しかもこの人確実に確信犯だよ」

律「具合悪いのか?どうしたんだ?」

純「え、えっと、いや、その・・・」

保健医「この子、いい年して漏らしたのよ」

律「うわぁ・・・」

純「ひどい!私だって想定外だったんですよ!」

律「想定外の尿意って」

純「そうじゃなくて!確かにちょっとヤバかったけど、あんなことが起こらなければ漏らすことなんてなかった・・・」

律「『あんなこと』について一切触れる気しないんだけど、いい?」

純「ごめんなさい聞いてください、お願いだから聞いてください」

律「アンナコトッテナニガアッタンダ?」

純「棒読みの天才ですね」

律「文句あるなら聞かないけど」

純「ごめんなさい」

律「ほら、どうしたんだ?」

純「えっと、生徒会長に突き飛ばされたんです」

律「」

純「『どいて!』って。それで、おしっこが・・・」

律「あちゃー」

純「どうしようかと思って・・・ここに・・・」

保健医「鈴木さん、そのダッサいジャージもなかなか似合ってるわよ」

純「さっきから先生酷くないですか!?」

律「あっはっはっ」

純「もうこの空間イヤだ」

律「大丈夫だよ、純ちゃん、実は和も・・・」


-和「誰にも言わないでね」

-律「わかってるよ」


律「和も漏らしたんだ」

純「え!?」

律「和もそろそろここに来るんじゃないか?」アハハ

純「じゃああのとき急いでたのって・・・まさか・・・」

律「あぁ、トイレに行きたくて急いでたらしいぞ。結局漏らしたみたいだけど」

純「そうだったんだ・・・」

律「だから純ちゃんは一人じゃないぞ」

純「なんか複雑な気持ちになりますね」

保健医「それは恋よ」

純「嘘つかないでもらえますか」


律「えっと、先生・・・澪はここに来てなんですよね?」

保健医「そうね、秋山さんは今日は来てないわね」

律「なんで澪の苗字知ってるんですか」

保健医「可愛い生徒の情報は把握するようにしているの。そしてあわよくば」

律「アンタ、最も女子高の保健医やっちゃいけないタイプの人間じゃねぇか」

保健医「田井中さんって結構毒舌なのね」

律「うっわ、私あまり保健室利用しないのに名前知られてる怖い」

保健医「さわちゃんによろしくね」

律「うちの教師こんなのばっか」

純「あ、そうだ」

律「どうしたんだ?」

純「教室の方のトイレ見ました?もしかしたら・・・」

律「うーん・・・そうだな、一応見てみるか」

律「それじゃ、私そろそろ行くんで」ガラッ

保健医「あ、待って田井中さん」

律「はい?」

保健医「今度、怪我しなさい。出来るだけ身動きの取れない感じで」

律「保健医としてっていうより、人としてしちゃいけない発言だったな」

保健医「病院には行っちゃ駄目よ?必ずここに寄ること、いいわね?」

律「アンタが病院行け」ピシャン

律「・・・」テクテク

律「どうしよう、純ちゃんの言うとおり教室の方にも寄ってみるか」

律「・・・」テクテク

律「まさか、帰ったりしてない、よな・・・?」

律「・・・いや、カバンはそのままだったし、校内にいるよな」

律「・・・ん?私達の教室に誰かいる・・・?」


「ぁん・・・ん・・・!やぁ・・・!」

律「・・・」

「やぁ・・・っめぇ・・・!」

律「・・・」ガラッ

「・・・!?」

律「お前ら、何してんの?」

いちご「セックス」

律「あぁ、見りゃわかる」

姫子「律はどうしてここに?」

律「澪を探しに来た」

姫子「澪?セックスするの?」

律「なんでそうなるんだ。全く、お前らと一緒にするなよっ」ハァ・・・

姫子「一緒に、かぁ。そうだよね、流石に4Pはねぇ」アハハ

律「すっげー、会話が全く成り立たない」

姫子「まぁまぁ、そう言わないでよ。ね?」クニッ

いちご「はぅ・・・」

律「私と話しながらコトを進めるな」

姫子「ごめんね、いちごのいちごが触ってほしそうにしてたから、ついね」

律「いちご、ちょっと乳首しまえ」

いちご「・・・」ムスッ

律「そんな不満そうな顔しなくてもいいだろ」

姫子「それで、澪だっけ?」

律「あぁ、見なかったか?」

姫子「さっきトイレに行くって言ってたよ」

律「え!本当か!?」

姫子「うん、教室に忘れ物取りに来たみたい」

律「・・・ってことは、お前ら結構前から・・・」

姫子「二回戦」

いちご「いえーい」

律「いや、いえーいじゃないから」

姫子「でもそれも結構前だよ?まだ私達一回目だったし」

律「お前らマジなんなの」

いちご「恥ずかしそうに、だけど指の隙間から覗いてた」

律「聞いてるこっちが恥ずかしいわ」

姫子「まぁ、そういうことだから。迎えに行ってあげたら?」

律「うーん、そうだな。そうする、さんきゅ」

姫子「はいはーい」ペロッ

いちご「ふぁ、ん・・・」

律「お前らも早く帰れよー?」ピシャン


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


律「というわけで、やってきましたお手洗い」

律「・・・澪、いるかな」

シャー・・・

律「うわ、音聞こえるよ・・・ちょっとは気使えよなぁ・・・」

シャー・・・

律「・・・まさか、これ・・・澪じゃないよな?」

シャー・・・

律「・・・奥の個室か」

シャー・・・

律「・・・」オソルオソル・・・

コンコンッ

「・・・」コンコンッ

律「・・・澪?」

「り、りつ・・・?」

律「・・・!?」

律「澪!?澪なのか!?」

澪「あぁ、どうしたんだ?」

律「お前こそどうしたんだよ!探したんだぞ!」

澪「頼んでない」

律「お前そういうキャラじゃないだろ」

シャー・・・

澪「・・・あぁ、ごめん」

律「ったく、なんで部室に戻って来ないんだ?」

澪「・・・」

シャー・・・

澪「たいしたことじゃないんだけどさ」

律「あぁ、どうしたんだ?」

澪「おしっこ止まらないんだ」

シャー・・・

律「えっ」

澪「知らなかった。ずっとおしっこしてるとあそこがヒリヒリしてくるんだな」

律「まぁ、そんな長時間の使用に耐えられるように出来てないんだろ」

澪「だな。ちょっと痛い」

律「大丈夫か?」

シャー・・・

澪「かれこれ20分はおしっこが止まらないんだ。大丈夫だと思うか?」

律「私なら泣きながら救急車呼ぶレベルだな」

澪「そうか、じゃあ呼んでくれ。霊柩車」

律「早まるな」

澪「これ、どうしたらいいんだろう」

シャー・・・

律「っていうかどれだけ溜まってたんだよ」

澪「別に普通だよ。朝だって普通だったし」

律「う、うーん・・・」

澪「下腹部に力を入れて止めようとしたんだけど、駄目だった」

律「うーん・・・終わりそうな予感はするか?」

澪「わからない、あまり感覚がない」

律「そうか。まぁ、全部出し切ればいいんじゃないか?」

澪「そういうものかな?」

律「あぁ、それとも本当に救急車呼ぶか?」

澪「おしっこ止まらなくて運ばれるとか絶対イヤだ」

律「だろ?終わるまで側にいてやるからさ」

澪「・・・ありがと」

シャー・・・

律「・・・」

シャー・・・

律「すごい勢いだな」

澪「あぁ、ありがとう」

律「褒めてない」


2