律「……」

律「最近さ、イライラしない?」

澪「わかる。前まではこの光景で和んでたのにな」

律「なんつーか、うざったい空気が流れ出てるんだよ」

澪「壁を、殴りたくなる」

律「わかる! この行き場のないムカムカした気持ちをどう処理してくれようか」

澪「演奏しよう。発散しよう!」

紬「二人はもう帰ったわよ~」

澪「……」イラッ



平沢家

梓「で、どこがどうおかしくなったんですか?」

唯「んーそれが説明できたら苦労しないよ」

唯「なにもしてないのに壊れたんだよ!」

梓「そんなはずは……」

唯「はやくはやく! あずにゃん先生!」

梓「私もそこまで詳しくないので期待しないでくださいね」

カチカチ

梓「ほんとだ、つながりませんね」

唯「うん!」

梓「ところで唯先輩って何にパソコンつかうんですか?」

唯「えーとねぇ……色々!」

梓「ゲームとか?」

唯「うんゲームもするよ! マインスイーパ! ソリティア! ピンボール!」

梓「あー唯先輩らしいですね」

唯「あずにゃん先生はパソコンで何するの?」

梓「え、えっとあはは……それこそ色々です!」

唯「あー買い物とかしてるんだよね! すごいなぁ」

梓「えへへ……」

唯「でも治らないね」

梓「そうですね。ちょっと私にはわかりません」

唯「しかたない。大先生を呼ぼう!」

梓「大先生?」

唯「澪ちゃんだよ!」

梓「あぁ澪先輩。そういえばパソコンで作曲とか音源編集してるって聞きました」

唯「すごいよねーもうパソコンのプロだよ」

唯「よし、電話してみる」

梓「すいません。お力添えできなくて」

唯「いいよいいよ、あとはゆっくりしていきんさい」

梓(私が解決したかったなぁ……)

梓(もし私が解決できてたら……)


『あずにゃんってすごい! やっぱり天才だね! 大好き!』

『えへへへへへ。そんなに頭ばっかりなでないでくださいよ~』

『かっこいい! 結婚して!』

『もう~しかたないですね~特別ですよ~?』


梓「うぇへ、へへへへ」

唯「どったのあずにゃん」

梓「いえ、なんでもないです。癖なんです」

唯「?」

唯「あ、澪ちゃんたちすぐ来るってさ」

梓「そうですか。今日できなかった分のミーティングここでしちゃいます?」

唯「それもいいね」

梓(そしてそのあと流れでお夕飯ごちそうになって、泊まる流れへ)


『あずにゃ~ん外はもう暗いし泊まって行きなよ~』

『はい! あ、でも寝るトコが……』

『心配ご無用! 私のベッドにおいで! 一緒に寝よう!』

『いいんですか!? やったぁ!』

『喜んじゃって、もうあずにゃんは可愛いなぁ』

『えへへへへへへへ』


梓「えへへへへへへ」

唯「どうして上見て笑ってるの?」

唯「天井におもしろい染みでもある?」

梓「いえ、癖ですので」

唯「そ、そう。変わってるね」


ピンポーン

律「おらー大先生のご到着だー」

澪「や、やめろよぉ……そんなんじゃないし」

紬「おじゃましま~す」

梓(おじゃまトリオの登場です)

唯「やぁやぁよく来たね。これスリッパ」

澪「というか何勝手に二人して帰ってるんだ」

律「そうだぞー練習どうするんだ」

唯「ごめんごめん、だからこのあとミーティングしよ?」

紬「そうなると思って、食べてない分のケーキもってきました!」

唯「さっすがムギちゃん!」

梓「そういえば唯先輩。憂はいないんですか?」

唯「んーいつもこの時間は買い物かな?」

梓「そうですか……」

梓(何もおこらなければいいけど……)

澪「よーしさっそく見てみるか」

澪「……」カチャカチャ カチッカチッ

唯「おおお! テクいね!」

梓「……勉強になります」

律「すごいだろー澪はパソコンでなんでもできるんだぞー」

紬「すごい澪ちゃん憧れる!」

唯「おおおおっ」

澪「…………」カタカタカタ ターン

律「かっけえええ」

唯「すごい! テレビにでてくる人みたい!」

紬「ワクワク、わくわく!」

梓「ちょっとおトイレいってきます」


澪「…………ふっ」

澪(適当にカチャカチャやってるだけなんて言えない……)


律「お、つながってるんじゃないか?」

唯「あ、つながったね!」

澪「えっ!」

紬「すごーい!」

澪「……?」

梓「もどりました。ついでにルーターみてきたら案の定でした」

澪「あぁ、そうなんだ……ルーターね。やっぱりね」

唯「あずにゃんすごーい!」

梓「いえ、澪先輩に見てきてくれって言われたんですよ」

澪「えっ!?」

梓「私は澪先輩の指示どおりにやっただけです」

唯「そうなの? 澪ちゃんさっすがー!」

唯「まさにけいおん部のブレーンといっても過言ではないね」

澪(あずさぁ……ありがとう)

梓(あまりに無様で見ていられないので特別に手柄はゆずってやるです)

唯「よかったーこれでまたインターネットエクスプローラーができるよー」

律「おぉ! なんか唯もパソコン人間っぽい!」

唯「えへへー」

梓「あ、そうだ! ついでにちょっと調べ物していいですか?」

唯「なに?」

梓「エフェクターの値段を見ようかと」

唯「いいよー」

梓「じゃあ使わせてもらいますね」

澪「……! あ、梓だめだー! いきなり人のパソコンでそういうことすると……」

梓「え? なんですか?」カチッ


妹 友達 
占い 相性
エッチ 同性
エロ
おいしい 紅茶 淹れ方
おいしい たい焼き屋
画数占い 中野唯
画数占い 平沢梓
キス 味
キス 後輩
キス ムード
後輩 告白
後輩 恋愛 
後輩 恋愛 経験談
子供 名づけ
デートの誘い方
同棲
同性 付き合い
中野梓 平沢唯 相性
ファーストキス
部活 後輩 
ルームシェア


梓「……」

唯「……!!!」

澪(キャッシュが……っておそかったか……)

梓「あ、あああ、あの唯先輩!」

唯「   」

梓「み、みてません何も! 何も見えませんでした!」

唯「……ほんと?」

梓「ほんとです! ほんとにほんと」

唯「……うぅ」

律「ほぇ~お前たちは案の定相性いいんだなー」カチカチ

律「見ろみろ! 『文句無し。最高の相性です』だってさ」

唯「!!?」

梓「そ、それは……」カァ

澪(馬鹿律うううううう!!)

紬「あらあら、どうしてただの占いで真っ赤になってるの?」

唯「ち、ちがうんだよ! それは憂が勝手に……憂が」

憂「ただいま。私やってないよ」

唯「……はい、私がやりました」

憂「お姉ちゃん、どうして素直に言えないの?」

唯「それはその……嫌われちゃうから……」

澪「ん?」

唯「あずにゃんに嫌われちゃう……」

唯「みられちゃった……もうおしまいだ」

梓「だ、大丈夫です唯先輩。一瞬だったのでほんの」

梓「なに検索してるのかまではわかりませんでした」

律「てかこの平沢梓とか中野唯ってなんだよ。結婚でもする気か」カチカチ

唯「!!!?」ボンッ

梓「!!!?」ボフン

澪「馬鹿律ううううううううう!!」バキッ

律「うへぇ痛っ!!」

紬「いいじゃない、好奇心で調べる事くらい全然普通よ。なにもおかしいことなんてない」

紬「私だってやったことある!」

澪「そ、そうなのか?」


紬(田井中澪とか秋山律とかいろんなパターンで調べたわ)

律「なんだよー。実は唯は梓のこと好きだってのかー?」

梓「!!」

唯「うわぁちょっとりっちゃんもうパソコン返して!」

律「おいなんだよーもうちょっと遊ばせろってー」

梓「ゆ、唯先輩……あうあうあうあう」


梓(頭混乱しちゃう。唯先輩が私のこと好き? そうなんだよね!? 嘘じゃないよね!?)

梓(唯先輩とデート! 唯先輩とキス!? 唯先輩と結婚~!!?)


澪「あ、梓どうした、しっかりしろ」

紬「あらあら思わぬ収穫があったようね」

唯「あずにゃんごめん、ごめんなさい! もうこんな気持ち悪いことしないから嫌わないで」

唯「パソコン捨てます! 誓ってもうしません!」

澪「おい、なにもそこまで」

梓(唯先輩と同棲! 唯先輩とおいしいキスの淹れ方!!)

唯「あずにゃ~ん返事してよ~」グスッ

梓(幸せすぎてしにそ~~)

唯「うええええんあずにゃんにきらわれちゃったー」

憂「……お姉ちゃん」

憂「…………」

梓「えへへ、うぇへへへっ結婚……」

憂「梓ちゃん……ごめんね?」

梓「ふぇへ?」

憂「カムバックあずにゃん!」 

ボコ

梓「うに"ゃっ!」

梓「はっ! 憂! と唯先輩……あれ、何で泣いてるんですか?」

唯「うえええんあずにゃんがーあずにゃんがー」

憂「梓ちゃん。次は梓ちゃんの番だよ?」

梓「私の番……?」

憂「伝えたい言葉があふれそうな程あるんでしょ?」

梓「……はっ! そうだった!」

梓「……けど、愛おしすぎて忘れちゃった」

梓「どうしよう! 憂! 私、何を言えばいいのか本気でわからない!!」

憂「んーん、大丈夫」

憂「梓ちゃん。自分のカバンを開けてみて? きっとそこに答えはあるから」

梓「カバン……?」ガサガサ


唯「うえーんあずにゃんがーあずにゃんがーあずにゃんががががが」

律「落ち着け唯! あたしが悪かったって!」

澪「ほーら唯アイスだぞー」

紬「ケーキもあるわよー」

唯「あずにゃ~んあずにゃ~ん! うわああああん」

澪「だめだ……私たちの声なんて届かない」

律「これは大変申し訳ない……」


3