梓(――唯先輩!)


唯「……!」

唯「…! ――!」ぶんぶんっ


梓「……なにか呼んでる?」

梓(……それに、手のひらになにか……)

梓(とにかく、いかなきゃ!)


どて!

梓「……ゆ、ゆいせんぱい…」

唯「……えへへ。あずにゃん探してたら、ピー太くんが先に見つかっちゃった」

ピー太「アリガトウ! アリガトウ!!」

梓「……っわ、わたし…その……」うるっ

唯「なんかねー、澪ちゃんに『鳥は自分の家に帰る』って聞いたから、純ちゃんからピー太くんのおうち聞いたの」

梓「…っ・・・・・ひっ…」

唯「この辺だってきいて行ったら……びっくり! ピー太の方からこっちにきたんだよ!」

唯「私ってもしかして、天才?!」

梓「・・・・あは…ゆいせんぱいらしいですね……」うるうる

唯「……そろそろ、鳥かご持ったりっちゃんがくるんだ」

梓「・・・・・」

唯「……だいじょうぶだよ。もう、逃げないから。ここにちゃんといるよ」


梓「・・・・ピー太が、ですか」

唯「ピー太も、だよ」

梓「……どういう、こと…ですか」


唯「……あずにゃん、おいで」

なでなで

梓「ううっ…ぐすっ……ふうっ……」

唯「よしよし、いいこいいこ」


唯「……おちついた?」

梓「……はい。とっても」

唯「ごめんね。……今まで、気づいてなくて」

梓「そんなの…わたしが、かってにしたことです……」

唯「んーん。……わかってなかったのは、私の方だよ」

梓「………」

唯「私にとって……あずにゃんが、どういう人なのかとか」

梓「……じゃあ、きいてもいいですか…?」

唯「……うん」


梓「……すき、です」

唯「……」

梓「……わたし、今まで…ほんっとうに……自分のこととか、わかんなくって…」

唯「……うん」

梓「こんな気持ちになったこと…なくって、……どうしていいか……ぐすっ…わかんなくて……」

唯「……」

梓「はなれないでって、そつぎょうしないでって……おもっちゃったり、して……」

唯「……」

唯「……ありがとう」

唯「……私も、すき、だよ」

梓「……それは、わたしと…ひっく・・・・・おなじ、すき、なんですか……」

唯「……ごめんね」

唯「……そう、だよ」


梓「……じゃあ、はなれないで…いてくれますか……?」

唯「……うん。好きだよ、……あずさのことが」

梓「……ひっ……ぐすっ……」

唯「・・・・ずっと、そばにいてね」にこっ

梓「……はい」にこっ


梓「…ゆいせんぱい……あいしてます」

唯「うん……わたしも」


『おーい、あずさーっ! ゆいーっ!!』

唯「ひゃ!」

梓「ふあ……み、みなさん!」


律「……はぁっ、はあ……ピー太見つかったかあ」

唯「うん……だいじにしてたの、ちゃんとみつかったよ」にこっ

律「そっか……ほら入れピー太、こっちだぞ」がちゃ

ピー太「オハヨウ! オハヨウ!!」

律「ふぅ……これで一安心か」くすっ

梓「よかったぁ……」うるうる


唯「ねえ、この子すっごくあたまいいんだよ! 私の名前もすぐ覚えちゃった!」

澪「あはは…」

紬「あー、唯ちゃんずるい! 私も名前おぼえさせたいのに!」

唯「えへへ……ねえピー太、この子の名前は――」


ピー太「ユイセンパイ! ダイスキ!!」

梓「なっ///」


ピー太「ユイセンパイ! ダイスキ! アイシテル!!」ぱたぱた

梓「もっもおやめてよう…!//」

律「うひょお」

澪「……こ、こっちが恥ずかしくなるよ」

唯「う……ピー太、だいたんすぎるよ…//」


ピー太「ユイセンパイ! ダイスキ!」

梓「おねがいしずかにしてえ!」

ピー太「ウルサイ! オハヨウ! アイシテル!」

紬「ま、まあまあ……結果よければすべてよしってことで、ね?」あせっ

梓「やっぱりピー太なんかだいっきらい!!」


――――――
――――
――

つぎのひ!

唯「あずにゃんおはよう」にこっ

梓「ゆいせんぱい、おはようございます」

憂「おはよう。……昨日はたいへんだったね」くすっ

梓「あはは…あいつのせいでね」

唯「ねぇ……」

梓「あ、うん…」

憂「?」

ぎゅっ

唯「……あずにゃんと手つないで登校するの、夢だったんだぁ」

梓「もう……ムギ先輩ですか」くすっ

憂「ふふ……よかったね、仲直りできて」

唯「むしろ今までよりも仲良くなっちゃったよ」

梓「えへへ…」


梓「あ。そうだ」

唯「?」


梓「これ、どうぞ」

唯「……こすもすけーぷ?」

梓「ほら、スカイタワーのプラネタリウムですよ!」

唯「あぁ……すっごくきれいなとこだってエリちゃんが言ってた!」きらきらっ

梓「よかったら……いきませんか? その、二枚あるんで…」

唯「・・・・・はじめてのデートだねっ」

梓「そ、そうですね…//」

憂「ふふふ。行ったらお話聞かせてね」にこっ

梓「……ねえ、唯先輩…?」

唯「なあに、あずにゃん?」

梓「なんだか……みんなが、わたしたちの方みてる気がするんですけど……」

唯「え? そっ、そうかな」

憂「うーん……気のせいじゃない?」

梓「いや、でも……気のせいだといいんですけど」


がっこう!

唯「じゃあ、あずにゃんここでしばしのお別れだね…」

梓「はっはい」

唯「……あずにゃん、げんきでねっ」だきっ

梓「こっここでですかっ!//」

唯「ぎゅー。あずにゃんあったかぁい…」

梓「ちょ…ひとがみてますからあ……!」

唯(……いいじゃん。あずにゃんはわたしのものだもん)ぼそっ

梓「……!//」どきどき

憂「あ……あずさちゃん?」

梓「……」きゅー

唯「えへへっ」


きょうしつ!

梓「うぅ……ひどいよ唯先輩……」

憂「あはは…お姉ちゃんは、こう……すなおだから」あせっ

梓「素直って……こっちがはずかしいよっ」


純「あ。おーい、しあわせものー」

梓「出たなことの発端」

純「……へ?」


梓「まったく、ピー太のせいでひどいめにあったんだから!」

純「あはは……まあ、丸くおさまったんだからいいじゃん」

梓「……でも、逃がしちゃったりして……ごめん」

純「それはいいって。なんだっけ、リビングの窓から飛び出したんだっけ?」

梓「うん。あの日の朝、ピー太を私の部屋において石油ストーブでリビングあっためててさ…」

純「あー……そっか」

梓「あとで気づいて、あわてて換気したんだけど……ピー太がへんなこと言うから、忘れちゃったよもう」


憂「ごめんね、私が気づけばよかったよね…」

純「まー過ぎたことはいいじゃん。これで梓のいじっぱりもなおったんだし」にやにや

梓「うるさいよ、純…」


梓「……でも、ピー太にはちょっと感謝してるかも」くすっ

憂「ピー太くんはキューピッドだったもんね!」

梓「えへへっ」

純「いやー、私も梓に押しつけたかいがあったよ」

梓「調子にのんないでよっ」

憂「ふふっ」


梓「……ていうかさ」

純「んー?」

梓「……やっぱり、さっきから視線感じるっていうか…」

純「……あー。梓さん、大変言いにくいことが…」


友1「おめでとう、あずにゃん!」

友2「平沢先輩とつきあいはじめたんだよね?!」

梓「えっ……ええっ?!」


梓「みんな……なんでしってるの……?」

友1「え? そりゃあもう……」

友2「友1ちゃんが、商店街歩いてたら……」


梓「……純。おこらないから知ってること正直に話しなさい」じろっ

純「ひっ?! わっわたしのせいじゃないもん!」

憂「ねえ……なにがあったの?」


友1「そうそう! 買い物してたらインコがとんできて、ユイセンパイダイスキーって!」

梓「」


梓「……つまり、あの鳥はきのう一日かけて私の気持ちを町中に言いふらしてまわってたと…」

純「あははは……」

憂「う、うんがわるかったんだよきっと!」あせっ


梓「まったく……」

純「ひっ」

梓「どれもこれも純のせいだよ!」

純「わわっ、ごめんってごめんほんとごめんって?!」

梓「もうっ、ピー太も純もだいっきらいなんだからあ!!」うるっ

憂「あはは…」あせっ

おわり。