すうじかんご!

梓「………」とぼとぼ

梓「………どこにもいない…」


梓「……さいごのさいごで、迷惑、かけちゃったな…」

梓「どうしよう……会わす顔ないよね……」

梓「せめて……せめて、わたしが逃がしちゃったんだから……私がみつけないと」


梓「……ぴーたぁ」ごそごそ

梓「……ぴーた、どこぉ…?」ごそごそ

梓「………」ごそごそ

梓「……」

梓「こっちの公園もいないか……」

梓「……ここ、唯先輩ときたっけ……あは」

梓「………」

梓「……ばーか。それどころじゃないじゃん私。なに考えてるのっ」


梓「………ピー太、どこなの・・・・・?」


梓(……メールきてる)

梓(…心配、してくれてるんだろうな……)

梓(……たぶん、探してもくれてるんだろうな……)



和「……あら」

梓「……あ、和先輩…」


和「軽音部の後輩さんよね。いつも唯がお世話になってるわね」

梓「あは……はい」

和「で……中野さんはなにかさがしもの?」

梓「え……どうしてですか?」

和「スカートのすそ。土ついてるわよ、ちょっとこっち来なさい」

ぱしっ ぱしっ

和「ほら、取れたわ」

梓「あ、ありがとうございます……」


和「それで、なに探してるの?」

梓「あ……えっと、大丈夫です。和先輩もどこかに出かけるとこだったんですよね?」

和「自習ぐらい家でもできるからいいわよ。今日は予備校の授業も入ってないから」

梓「そうなんですか……すみません、邪魔しちゃって」

和「あなたね……さっきから卑屈すぎるわよ。なにかあったの?」

梓「え、ええっと……なんでもないです! すいません、忙しいので失礼します!」だっ

和「あっ……ちょっと待ちなさい!」


和「……行っちゃったわね」


和「……はぁ、なんなのよ…」

和「あの子、軽音部関係でなにかあったのかしら…」

和「……また唯がなにかしたのね」

和「ひとまず唯にメールでもした方がいいわね」

唯「あ、和ちゃん!」

和「タイミング良すぎでしょあなた」

唯「た、たいみんぐ……?」きょとん

和「いいの、こっちの話だから」

唯「う、うん……それより和ちゃん、あずにゃんみなかった?!」

和「……やっぱりタイミング悪すぎね、あなたは」

唯「えっ…あずにゃんみたの! どこ、ねえどこ?!」あたふた

和「お、落ち着いて唯…中野さんはあっちに飛んでいったわよ」

唯「そっか……ありがと、和ちゃん!」だっ

和「待ちなさい」ぎゅっ

唯「へ? いっいま時間ないの、ごめんね!」あせっ

和「唯、中野さんになにかしたの?」

唯「……し、してないよぉ…!」

和「あの子、必死でなにか探してたけど」

唯「……」

和「しかも泣きはらした目で」

唯「……あずにゃんがね、インコ、逃がしちゃったの」

和「……それだけじゃなさそうな顔つきだったけど」

唯「わかんないよぉ、私にも……」

和「………」

唯「でも……私のせいなら、あやまらなくっちゃ」

和「……ふふ。いつになく真剣ね、あなた」

唯「だってあずにゃんだもん」

和「はぁ……本当変わらないわね」

唯「な、なにが…?」

和「そうやって、一つのことにどこまでも夢中になって我を忘れるところとか」

唯「え……どうなんだろ」

和「唯はもうちょっと、自覚っていうものを身につけなさい」

唯「は、はぁ……」

和「中野さんと何かあったの?」

唯「だからなんにもないってばあ…」

和「……じゃあ、なんにもないことが原因ね。おそらく」

唯「どういうこと……?」

和「さぁ、自分で気づきなさい。ただ、唯は相手の気持ちも自分の気持ちも見えてないのよ」

唯「え……あずにゃんのこと?」

和「ほかに誰の話があるっていうの」

唯「……あずにゃんは、好きだよ。だいすき。だから…どうしていいか、いまもわかんなくって……ぐすっ…」うるうる

和「……今度は唯が泣き出したわ」

唯「のどかちゃんうるさい…ひっく・・・・・ぐすっ……」

和「ほら、泣かないの」なでなで

唯「うぅ…ぐすっ……ひっ……」


和「――落ち着いた?」

唯「うん・・・ごめん、和ちゃん」

和「いい? 自分の好きって気持ちだけじゃ、相手はどうしていいか分からなくなるの」

唯「う……うん」

和「相手の気持ちも考えなきゃだめ」

唯「・・・・私だって、考えてるよ」

和「知ってるわよ。ただ…見えてない部分もあるってこと」

唯「……」

和「とにかく、まずは中野さんを探してあげなさい。それから、ちゃんと話をした方がいいわ」

唯「……うん」

和「……なんか私、らしくない説教をしてたわね」

唯「ううん、ありがとう……和ちゃん」

和「でも、あんたは一度、周りの人との距離をはかりなおした方がいいわよ」

唯「距離・・・・?」

和「……話して、相手のことがどれぐらい大事なのかをちゃんと確かめて、それから距離を決めなさい」

唯「……うん」

和「じゃあ私、予備校の自習室行ってくるね」

唯「……ありがとう、和ちゃん」

和「あんたもちゃんと勉強するのよ? 色恋沙汰にかまけてばかりいないで」

唯「いっいろこいざた…?」

和(ここまで鈍感だと道徳と保健体育の教科書を読ませたくなってくるわね…はぁ)



つうがくろ!

梓「…結局みつからなかった……」

梓「もう、陽がくれちゃうよ……」


梓「……メール、ひらかなくちゃ…」

梓(……ごめんなさい)


 From: 律センパイ
 From: 澪センパイ
 From: 律センパイ
 From: 紬センパイ
 From: 憂
 From: 唯センパイ
 From: 唯センパイ
 From: 唯センパイ
 From: 唯センパイ

梓「……っわあ…」


梓(……みなさんに、帰ってもらわなきゃ)

梓(でないと……私のせいで、体こわしたら……)

ぷるるるっ

梓「あ……澪先輩からだ」

梓「どうしよう…」


ぴっ

澪『もしもし、梓? いまどこにいるんだ?!』

梓「……橋の近くの、通学路です…」

澪『……大丈夫だから、いったんうちに帰ってきなよ』

梓「なっ――だめです! あのっ、私が逃がしちゃったから…」

澪『そのことはもう、みんな気にしてないよ。それより……夜、寒くなってくるだろ?』

梓「そんなの……だめです、よ……」

澪『……あのさ、梓』

梓「はい……」

澪『こんな時ぐらい、私たちを頼ってほしいな』

梓「・・・・・」

澪『じつは、憂ちゃんから聞いたんだ。いろいろと』

梓「……そうなんですか」

澪『あ、唯には言ってないよ。憂ちゃん、勝手にそういうこと言うのためらってたみたいだし』

梓「……わたしのせいですよ」

澪『ごめんな。私たちもいろいろ気を回せなくて』

梓「そんな…そんなことないです」

澪『だからさ、おあいこだよ。梓が悪かったとしても、私たちも悪かったんだって』

梓「・・・・・」

澪『……唯にも伝えとくからさ、ゆっくり二人で話しなよ』

梓「……すみません」

澪『律じゃないけど……水くさいって。せめて今は…いろいろ、言ってほしいかな』

梓「……」

澪『卒業しても……バンドは、私たちの音楽は続けたいけどね』

梓「……はい」

澪『……今から、勝手に一人にならなくたっていいじゃないか』

梓「その……気にしないでください。ひとりぼっちになる練習してるんですよ、こんなの」

澪『そうか? ……まあ、いいや。ただ、待てる限り待ってるよ』

梓「……すみません」

澪『迷惑、かけられたいんだ。私も、律も、ムギだって……それから、唯も』

梓「…ありがとう、ございます……」

澪『それじゃあ私は梓んちで――って、なに? 憂ちゃん』

梓「へ?」

澪『……へぇ、そうかあ! そっか、じゃあ律に伝えとくから!』

梓「あの、澪せんぱい・・・・?」


澪『ああっごめんごめん。こっちの話』

梓「えっと、どうしたんですか…?」

澪『……梓。いま、橋の近くって言ったよな?』

梓「あ…はい」

澪『その近くの、土手に行ってみてくれないか? ゆいあずの練習したとこ……らしいから、憂ちゃんいわく』

梓「え……はい、わかりました…」きょとん

澪『それじゃあな、応援してるから!』

ぴっ


梓「応援って…な、なにを……?」

梓(まあ……行けばわかるかな)



はしのうえ!

梓「もう…夕方かあ」

梓(……ここの橋にうつる夕焼け、きれいなんだよね…)

梓(今日はあんなことあったけど……またいつか、一緒に帰りたいな)

梓(……いつか)


梓「……あれ」

梓「もしかして、あれは…」


5