梓「わぁあああっ! ちょ、ピー太なんてことをっ!!」だっ

澪「おっおい梓落ち着けって――」

ピー太「ケイオンブ! ダイッキライ! サボル! ダイッキライ!!」ぱたぱた

梓「ちょ――おねがい、だまってよぉ!」がたっ

律「あっおい、そんなことしたら鳥かごが――」

がたっ

がっしゃーん

ばたばたばたっ

澪「ひっ――ひゃあっ?!」

ピー太「ダイッキライ! ケイオンブキライ!!」ばたばた

澪「ひいっ!!」ぶるぶる

紬「わわっ……どうしよう!」

律「とりあえず捕まえないと……ってうわっ?!」

ばたばたばたっ

憂「りっりつさんだいじょうぶですか?!」

律「いってえ……」

梓「あ……あ・・・・・・・」うるうる


憂「とにかく…あの子をつかまえないと……」

梓「――わぁあああっ!!」だっ

律「あっ、あずさ?!」


すうふんご!

律「おい澪、起きろって」

澪「ひっ?! うぅ……なんだりつかぁ・・・・・」がくがく

律「まったく…立てないなら肩かしてやるから、ほれ」

澪「うぅ……ありがとう」


紬「……行っちゃったねえ」

憂「はい……ピー太くんも、梓ちゃんも」

律「なんにしても探して捕まえないとなぁ…」

紬「…梓ちゃん、泣いてた……」


律「・・・・・なんかさー、梓のやつ様子おかしかったんだよな」

澪「ああ…」

紬「えっ・・・・・そうだったんだ」しゅん

憂「あの、梓ちゃんは決して――」

律「?」

憂「――いや、なんでもないです…」

律「うーん、まあ今はピー太のやつを探さなきゃなあ」

紬「じゃあみんなで手分けして…」

澪「いや、だめだ」

憂「えっ?」

澪「だって、この家の住人が誰もいないまま全員で出てくのはまずいだろ? 鍵の場所もわかんないし」

律「そっかあ……玄関開けっ放しはアレだよなあ。下手すりゃ一日仕事になりそうだしな」

憂「たしかに、お姉ちゃんもこれから来ますからね…」

紬「それなら、誰かがここに残ればいいんじゃない? 他のみんなで手分けして探そうよ」

澪「そうだな、じゃあ…」

律「とりあえず澪は残りだな」にやっ

澪「なっなんでだよ!」

律「さっきピー太に飛びかかられて腰ぬかしたくせにー」にやにや

澪「……わっわかったよ、うるさいなっ」

憂「あ、なら私も残っていいですか? あとから来るお姉ちゃんにはじかに伝えときたいんで……すいませんっ」

律「そうだなー。澪ひとりじゃ不安だもんなー」じろっ

澪「律は私をなんだと思ってるんだ…」

律「とにかく私とムギでピー太探しか! うでがなるぜー!」

紬「そうね、がんばろうねりっちゃん!」

澪「…梓……」

律「いまそんなこと考えてもしょうがないだろー。それに、梓が本気で私たちのこと嫌いだと思うか?」

澪「わかんないだろっ」

紬「………」しゅん

律「……もし嫌ってたとしたってさ、唯だけはちがうだろ。あいつ」

澪「あ・・・・・うん」

憂「あの……わたしも、そうだと思います。梓ちゃん、お姉ちゃんのこと気に入ってたみたいだし」

律「ぐぬぬ・・・・部長のわたしをさしおいてー!」

紬「まぁまぁ…」くすっ

憂「と、とりあえず梓ちゃんが入れてくれたお茶でも飲みませんか?」

澪「えっ、でもそんなことしてたら――」

律「みーお。……私らまであわててどうするんだよ」くすっ

紬「みおちゃん。いったん梓ちゃんのいれてくれたお茶で落ちつこう? それぐらいなら大丈夫だよ」

澪「……ふふ、そうだな」

紬「……あのね」

澪「ん?」

紬「この紅茶、とってもおいしいね」

律「そうだなあ、梓のやつ腕あげたな」くすっ

憂「紬さんが紅茶の入れ方教えてたんですよね?」

紬「うん……知ってたの?」

憂「はい、梓ちゃんから聞きました。……伝統みたいなものだからってわらってましたよ」にこっ

澪「変な伝統だな」くすっ

紬「・・・・あのね、こんなにおいしくいれるには、飲む人のことを考えなきゃできないとおもうの」

律「あー……ムギもそうなのか?」

紬「うん。……だから、梓ちゃんは、なにか理由があったんだと思う」

澪「……そっか」

律「水くさいやつだよなー……はは」

澪「人のこといえるか」くすっ

律「なっ……私は正直ものだし!」

澪「またまたぁ」

紬「ふふっ」

律「じゃあ……逃げられないうちに、つかまえにいくか! ムギ!」

紬「まかせてりっちゃん隊員! わたし、全力でつかまえてみせる!」きりっ

澪「ケガするなよな? 律はすぐ無茶するからな…」

律「わーってるって。じゃあな!」

がちゃ

ばたん


澪「まったく……鉄砲玉みたいなやつだな」くすっ

憂「あの…えっと……」

澪「…ど、どうしたんだ?」

憂「すいません! 全部わたしのせいなんです!」




いちじかんご!

律「ちっくしょー……いねえなあ、どっちも」

律「っつか、家から持ってきたけどこんなもので捕まえられるのか…?」

律「……なんか小学生みたいだし、私」くすっ

ヴーヴー

律「ん。ムギからか」

 紬〔みつかった?〕

律「……向こうもまだかー。こりゃ先は長いな…」


純「……あれ、律先輩?」

律「おっ」

純「……どうしたんですか、虫取り網なんか持って」

律「いやあ…ちょっと昆虫採集にさ、ははっ」

純「ほんとですかー?」くすっ

律「……純ちゃんごめん! 梓のインコ、逃がしちゃった!」

純「えっ――ええっ?!」

律「……ごめん、いま手分けして探してるとこだから!」

純「そんな……ど、どうしたんですか?」

律「……えーっとな」


律「私が遊んでたらさ、梓がびっくりして鳥かご落としちゃって…」

純「そ、そうなんですか…」

律(……こういうしかないよなあ…)


律「ごめんな、梓は責めないでやってくれよ」

純「それはいいですけど……でも、今インコと梓は大丈夫なんですか?」

律「それが……どっちも行方不明で、だからこうやって」

純「……それであずにゃんをつかまえるんですか?」くすっ

律「そうそう! 迷い猫をこうやって振りかぶって、こう! ってな!」ぶんっ

律「――ってちがわーい!」

純「あははっ」

律「とにかく、いま軽音部で手分けして探してるから。絶対見つけるよ」

純「それもそうなんですけど…梓、大丈夫かな……」

律「……あ、引き留めちゃってわるかったね。部活だよな?」

純「はい。……でも、それどころじゃないですよ。私も探します」

律「そっか……わるいなー、純ちゃん」

純「いえいえ、元はと言えばむりやり押しつけたのはこっちですし」

純「あ。ジャズ研の友達にメールしていいですか?」

律「いいよ、気にしないから」

純「ありがとうございます」にちにち

律「……」

純「……」にちにち

律「……あのさ、純ちゃん」

純「なんですか?」にちにち

律「梓って……軽音部のこと、悩んでたりしてた?」

純「えっ、そんなのありえないですよ」

律「そうなのか?」

純「だってずっと軽音部の――ていうか唯先輩の話ばっかだし」くすっ

律「あはは……そりゃよかった」

純「なにかあったんですか? 梓に」

律「なにかって……まあ、なにかって訳じゃないんだけどさ」

純「うーん…」

律「ほら、受験でいそがしくてかまってやれなかったし……スネてんのかなって」くすっ

純「あはは……梓ってほんっとにいじっぱりですからねえ」にやにや

律「そうそう、ひっでえツンデレだよな!」

律「ぜったい唯のこと大好きなのに、唯先輩そんなんでいきていけるんですかぁ? とかって!」

純「あ、わかります?」くすっ

律「へへ、部長なめんなって話だよ」にこっ

純「……ていうか、梓になにかあったんですか」

律「ああ……うん、私もわかんないけどさ」

律「……いや、インコに嫌われるとは思わなかったよ。はは」

純「どういうことですか……?」

律「いやー、あの逃げてるインコが『ケイオンブ、キライ!』って」

純「………」

律「そりゃ部室でサボってばっかなのは自覚してるけどさー。初対面の相手にきらいとか、言い過ぎじゃね? あははっ」

純「……本心じゃないですって、それ」

律「私もそう思いたいけどさ。……でも、そんなこと言いたくなるぐらいのなんかはあったんだよ、梓にも」

純「……唯先輩のことかなあ」

律「え?」

純「梓、唯先輩にぞっこんですから」

律「うん」

純「……こないだ模試返ってきたじゃないですか。河合の」

律「あー、学校でうけたやつね。唯、C判定出してはしゃいでたっけ」

純「あの時、梓すごいブルーだったんですよ」

律「へ、なんで?」

純「さぁ……でも、自覚しちゃったのかも。受験とか卒業とか、そういうの」

律「ああ……そっか」

律(もしかして、梓のやつ……)

純「まあ、こんど直接聞いてみますよ。……ちゃんと話してくれるかわかんないですけど」くすっ

律「私も唯に言っとくかなー。あずにゃんがさびしがってるって……ぷふっ」

純「あはは、それはよろこびますよ!」

律「そしたら全力で抱きつくだろうな! ……めんどくせえ性格だよな、ほんと」

純「梓が、ですか?」

律「違う違う、唯とか……私とかも」

純「そんなことないですよ……ていうか探さないと」

律「うお、けっこう油売ってたし……じゃあ純ちゃんは向こうよろしく」

純「はい!」



ひるさがり!

澪「……おちついた?」

憂「はい……すいません、迷惑かけちゃって……ぐすっ」

澪「いいっていいって。涙は心からあふれた想いの表れ……なんだろうから」

憂「あは……澪さんってやっぱり詩人ですね」くすっ

澪「なっ…つ、つい//」

憂「ありがとうございます。……いろいろ、気を使ってくれて」

澪「みんなに、唯や梓に気を使ってるのは憂ちゃんの方だろ? いいって、本当」

憂「はい……すみません」

ぴんぽーん

憂「あ……お姉ちゃんかな」

唯「……お、おはようございます…」

憂「もう、お姉ちゃん髪の毛はねてるよ?」くすっ

唯「だって、気づいたら12時近くで、走ってきたから……あはは」

澪「まったく……そんなあわてて、車にでもひかれたらどうするんだよ」

唯「えへへ……めんぼくない」

憂「ごめんね、私…ちゃんと起こした方がよかったよね」

唯「んーん、ありがと憂。・・・・ねえ、うい」

憂「え?」

唯「……泣いてたの?」

憂「えっ……ううん、だいじょうぶだよ」

唯「……そっか、ならよかった」にこっ

憂「えへへ…」

澪(唯のやつ……こういうとこは鋭いんだよなあ)

唯「ところでさ、あずにゃんどうしたの?」

澪「……ああ。それがな――」

唯「――えええっ?! じゃああずにゃん大丈夫なの?」

澪「ああ……それが、さっきからメールしても返事がなくって」

憂「電話もドライブモードなんだよね……だいじょうぶかな……」

唯「じゃあ、みんなで探さなくちゃ!」

澪「えっ、でも家にだれもいなくなったら――」

唯「それは大丈夫です!」ふんすっ

憂「お……おねえちゃん?」



げんかんさき!

唯「みて憂、ここの植木ばちの下に……」

憂「おっおねえちゃん、勝手に人の家をあさったら――」あせっ

唯「あった! ほら、あずにゃんちの鍵!」

澪「なんで唯が知ってるんだ…」

唯「ほら、戸締まりもできるよ! はやくあずにゃんさがそっ?」

澪「梓もそうだけど、ピー太も……」

唯「もうっ、じゃあわたしがあずにゃん探すから澪ちゃんたちはインコさがして! いい?」

憂「あ……うん、わかった!」

澪「ああ、うん…」

唯「じゃあいってくるね? ――まっててあずにゃん!」

たったったっ


澪「……行っちゃったなあ」

憂「では、私たちもピー太を探しに行きましょう」

澪「………」

憂「だいじょうぶですよ。……梓ちゃんを心配するのは、お姉ちゃんの役目ですから」にこっ

澪「……ふふ、そっか」


4