唯「あっ、それかあ」

 私はへへっと笑いました。

唯「知ってるよ、もちろん。でもそれがどうしたの?」

憂「どうっていうか……えっと」

 しゅんっ、と憂がハナをすすります。

 ちょっと可哀想になってきました。このくらいにしないと、泣きだしてしまいそうです。

唯「……もしかして、自分でしてみたことあるの?」

憂「……」

 じっと見ていなければわからないほど小さく、憂は頷きました。

唯「でもおしっこは出なかったの?」

憂「うん。し、したのは1回だけだけど……」

 憂はあわててそう付け加えました。

唯「……まあ1回しかやってないなら、試す価値はあるよね」

憂「うっ……」

唯「憂は私とちゅーしたらおしっこできるわけだし、私が関わったらなにか変わると思う」

唯「それでひとりの時は、私に触られたこと思い出しながら、自分でしてみたらいいんじゃないかな」

 憂の言っているのが嘘か本当かは分かりませんが、わたしの言う事には説得力があると思いました。

 もちろん、今から憂のあそこをいじったとして、

 それでおしっこが出るという前提があってこその話ですが。

唯「どう? 憂」

憂「でも……」

唯「触られるのは抵抗がある?」

憂「っていうより、ちょっと怖いな……」

唯「大丈夫だよぉ、憂」

 憂の脚をよじ登って、ふとももにぐりぐり顔を押しつけて甘えます。

唯「ちゃんとやるから。お姉ちゃんに任せて、ね?」

憂「うーん……それに、恥ずかしいし」

 いまさらそれを言いますか。

唯「姉妹じゃん。そんなに気にしないでよ」

憂「姉妹でも行きすぎじゃないかな……?」

唯「ないない。だいたいこれは、おしっこの問題を解決するためなんだよ?」

憂「あ、そっか……」

 顔を上げると、憂がぼんやりとした表情で私を見おろしていました。

 ふと、わたしの髪に指が入ります。

 憂が私の横髪を撫でているみたいです。

 ときどき憂は、こうして無意識に頭をなでる時があるのです。

憂「じゃあ……いっか」

 小さく笑って、憂は言いました。

憂「お願いしていい? お姉ちゃん」

唯「うん、まかせて!」

 胸に手を当て、ふんぞり返ります。

 鼻息をふきだしてから、私はつと立ちあがりました。

唯「さてと。そろそろ出せる?」

憂「んー……まだかな」

 非常にじれったいです。

 そろそろこの狭い空間にいるのも苦しくなってきました。

唯「……とりあえずやってみない?」

憂「えっ?」

唯「出るかもしれないじゃん。やろうよ」

 もう我慢なりません。

 私は憂のズボンに手をかけました。

憂「やっ、ちょっと待ってよ!」

 憂が強い拒絶の声を発します。

 が、私の目をただ見上げて、特に抵抗するような動きはしないようです。

唯「うーい……我慢しなくていいんだよ」

 私はやさしく声をかけてあげてから、ホックをはずして、ジッパーを下ろしていきます。

 憂の体温に触れて温かくなった金具は、わずかな湿り気を感じさせました。

憂「あぁ……」

 力ない声とともに、水色の下着があらわになりました。

 腰に手をかけて、ズボンをおろしていきます。

 憂は黙って腰を浮かせました。

 足元にズボンが折り重なって、わたしの爪先に憂のぬくもりを伝えてきます。

唯「寒くない?」

憂「ん、だいじょうぶ……」

唯「それじゃ、えっと。パンツもいい?」

憂「あ……」

 震えた息を吐きながら、憂はちょっと首を横に振ります。

憂「えっと最初は……上からこするの」

唯「……うん、わかった」

 おそらく、普段もそうなのでしょう。

 憂は自分で言った「1回しかしてない」という言葉をすでに忘れているようでした。

唯「よいしょ」

 憂の足を前に出させ、ズボンを踏み越えます。

 半脱ぎになったズボンに絡められ、輪っか状になった憂の脚の中に入ります。

憂「ふわっ!?」

 そしてそこでしゃがんでから、憂の身体を腕に抱え、太ももを膝に乗っけて持ち上げました。

 案外憂の体は軽く浮き、便座の上で向き合って抱き合う形で、私たちは再度座りました。

憂「え、え……」

 憂が目を白黒させて戸惑っています。


 憂はお尻を便座につけて、足を私のももに乗っけているために、

 少し天井を見る角度に傾いてしまっているみたいです。

 私がいるせいで脚が閉じれなくて、はしたない感じになっています。

憂「おねえちゃん……ちょっと、だめだよ」

唯「ん?」

憂「そんなとこいたら、おしっこかかっちゃうし……」

 憂はちらっと私の顔を見ます。

 ふっと息が頬を撫でました。

憂「……近いよぉ」

唯「あの日の時のほうが近かったじゃん」

憂「そうだけど、でも」

唯「気にしないで。かかっても私が洗濯するから」

憂「そういう問題じゃなくって……」

唯「じゃどういう問題?」

憂「……うぅ」

 結局憂は小さく唸っただけで、私の両肩にとんとんと腕を乗っけると、

 ぐったりと私にもたれかかってきました。

 ほっぺたの柔らかさを感じます。憂の呼吸が髪を前後に揺らしています。

憂「……お姉ちゃん」

 どうやら、覚悟はできたようです。

 私は憂の背中に置いていた右手を、するする脇腹を撫でながら下半身に降ろしていきます。

唯「うい……触るね」

憂「……んっ」

 憂がこくりと頷きます。

 ふわふわしたパンツの手触りにそって、指先を滑らせていきます。

 そして、すこし蒸れたように熱いそこに、ぴったりと三本指をあてました。


憂「はぁっ、はぁっ……」

 憂の呼吸がすごく速くなっています。

 耳がふーふー言っていて、状況が掴みにくくなります。

 憂が私に抱き着くような格好でいるため、心臓の打つリズムが私にもドクドク伝わってきます。

 もっとも、それらの要素なんてなくても、

 これから憂のあそこをいじって、憂を感じさせるのだと思うことだけで、

 私を興奮させるには十分すぎましたが。

唯「うい……興奮してる?」

憂「……」

 左肩にぐいと押される感触。

 憂が頷いたのでしょう。

唯「指、動かすね」

憂「……」

 手首に軽く力を入れて、憂のあそこを指の腹で押してみます。

憂「はあぁ……」

 ぐにっと柔らかいものがずれる感触。

 憂の熱い吐息が首筋を撫でていきます。

 理性を失ってめちゃくちゃにしてしまいそうですが、それだけはなんとかこらえます。

 力を抜き、触れるだけの状態に戻してから、また指を押しつけます。

憂「ふあ……」

 そのまま、何度かそれを繰り返します。

 憂は心地よさそうに私に抱きついたまま、落ち着かない感じの呼吸をしています。

唯「うい、どう?」

憂「ん……いいよ」

 呼吸の隙間に、憂は切なそうな声で言いました。

 もう少し強くしてあげたほうがいいかもしれません。

 憂のあそこを押しつぶしたまま、ゆっくりとこすり上げます。

憂「うああぁん……」

 布のずれる音がして、憂がぎゅっとしがみついてきます。

 ずれたパンツを元に戻すように、指を往復させます。

憂「は、ふぅ……」

 私に抱きついたまま、憂がかすかに震えます。

憂「っくぅ……おねえちゃん」

 すこし擦っただけなのに、この反応は敏感すぎるような気もします。

 この子、1回どころか常習的に自慰をしているんじゃないでしょうか。

 お姉ちゃんは心配です。

唯「なあに、憂?」

憂「あ、んはっ……呼んだんじゃなくて……ン」

 憂のあそこをゆっくりとこすり続けます。

 鼻にかかった憂の声がえっちいです。

 次第に、指に水っぽさがまとわりつくようになってきます。

 手を動かすたびにヌチュヌチュと言って、手首にまで水が伝わってきます。

 パンツがぐっしょり濡れて、憂のあそこから溢れるものを受け止めきれていないようです。

憂「んんぅう……おねえちゃん、おねえちゃん……」

 私にしがみついて、ひたすら私を呼び続ける憂の声。

 すすり泣くように震えている体。

唯「……」

 もっと気持ちよくさせたいという欲求が押し寄せてきます。

 そのためには、もうこんなパンツなんて邪魔以外のなんでもありません。

 私は指先を太ももの付け根から這わせて、

 パンツに引っかけるといっぺんに横にずらしました。

唯「うい、中に入れたことはある?」

 体を前傾させながら、左手でパンツをずらした状態に押さえます。

 右手は人差し指の先で、あそこの穴の周囲をくるくるとなぞります。

憂「あ、あっあ……や、それ、だめっ」

 肩や背中の辺りを時折大きく痙攣させながら、

 憂は小刻みに震えていました。

唯「うーい……どうなの?」

 答えを知りつつ、同じところを撫で続けます。

 感じ方からして、すっかり自分で開発しきってあるのは明らかです。

憂「あっ、は……やあぁんっ」

唯「答えてくんないとやだなぁ、憂」

 ぴたりと指を止めます。

憂「んぅ……はぁ、は……んくっ」

憂「は……中、だいじょうぶだよ、おねえちゃん。だから……」

 憂が恥じらいを失ってきている感じです。

 女の子としてはなんですが、私の目的からすればいい傾向です。


唯「……おっけ。わかった」

 私はそのまま、人差し指をそっと沈めていきました。

憂「ああぁ……っくあ」

 かすれた声で憂がうめきます。

 指がぎゅうっと憂のあそこに握りしめられています。

 とても熱くて、砂風呂に入っているのと似ている感じですが、

 憂のあそこが柔らかいおかげで、ある程度の身動きがきくという違いがあります。

 私はさらに指を奥に進めていきます。

憂「……っふ……んんーっ!」

 人差し指の半分以上まで、抵抗なく入りました。

 指を曲げて、いろいろ憂のあそこの感触を楽しんでみます。

憂「は、は、はぁっ! ん、ぐぃ……やあぁあぁあ!?」

 手首を捻って指を回転させると、すごい声が出ました。

憂「はあっ、はあ、はあ……」

 服の背中をぎゅっと握りしめて、憂は荒い息をしています。

唯「うい、大丈夫……?」

憂「へ、へいきっ。全然平気だよ」

 そう言われても、やはり少し心配です。

 憂が抱き着いている体勢のせいで、憂のあそこが見えないのも困ります。

 単純に見たい気持ちもそうですが、あの痛い部分を触ってしまわないかと思うとちょっと怖いです。

憂「……おねえちゃん、指増やして……2本にして」

唯「でも」

憂「おねがい……でないと、足んないよ」

唯「……うん」

 私はいったん人差し指を抜きとります。

 ぬるりと簡単に指は抜けて、空気に触れるとひんやりとしました。

 この間にも、憂は小さく声を上げていました。

 抜き取った人差し指に中指を寄せて、ぬりぬりと憂から出た液をなすりつけます。

 粘っこく鳴る音に惹かれ、こっそり手を出して顔に近づけます。

唯「……すん」

 抱きついている憂の甘い匂いにまじって、酸っぱい匂いが鼻に届きます。

 芳香、とは言いがたいですが、いやな匂いだとは感じません。

憂「おねえちゃん、早くぅ……」

 ひとくち、その液体を舐めてみたいと思いましたが、

 憂が可愛い声でせがむので、わたしは急いで右手を憂のおまたに戻しました。

唯「じゃ、入れちゃうよ」

憂「うん……ふっくううぅうぅ!!」

 驚くほど抵抗なく、憂のあそこは二本の指を受け入れます。

 思った以上に奥まで入り過ぎたような気がします。

 ぎちぎちと締まって熱い憂の膣内の感触は、ちょっとだけ心配な気持ちになるけれど、

憂「ん、あふあぁ……おねえちゃぁん……」

 ふやけきった憂の声が、大丈夫だと言い聞かせます。

憂「くぅ……う、うごかしてお姉ちゃん。ずちゅずちゅってぇ」

唯「ん……」

 はしたなくおねだりをする憂のあそこは、

 ぬるっとした液体が奥から溢れて、それでいっぱいになっていました。

 温かくてきついのに、動かすには支障がありません。

憂「あ、あっあっ、もっとぉお姉ちゃん!」

 指を押し込んでは引いて、憂のあそこを突くように動かします。

 もちろん奥まで指を入れると怪我をしてしまうので、加減するためにゆっくりとしか動かせませんが。

憂「もっと、奥ぅ……」

唯「……だめだよ、それは」

 私だってじれったいと思います。

 ですが、処女膜を傷つける痛みは半端じゃありません。

 出来る限り憂に味わわせたいものではありません。

憂「お姉ちゃんん……」

 憂が不服そうにうめきます。

唯「……」

 もっと憂の感じている姿を見たい。

 私のする時みたいに、あそこの音をくちゅくちゅ鳴らして、あえぎ声を聞きたい。

 憂のあそこだってまだ見ていません。

 私だって満たされない気持ちは同じなのです。

憂「ねえ、足んないよぉ……」

 憂のおつゆが溢れて、手の甲を伝ってぽたぽたと便器に垂れています。

 これも、もったいないです。

 あますことなく舐めとって、飲みほしたくてたまりません。

唯「……」

 ああ、そうでした。

 そうすればいいのです。何故気付かなかったのでしょう。


5