キッチン

憂「~♪」

澪「何か手伝うよ」

憂「あ、いいですよそんな」

澪「いや、気分転換も兼ねて手伝わせてくれ」

憂「じゃあ……にんじんとジャガイモの処理をお願いできます?」

澪「お安いご用だ」

憂「私は玉ねぎ切りますね」

澪(それにしても唯に似てる)

憂「えっと……六人分と」

澪(エプロン姿の唯……いや憂ちゃんも可愛いな)



ザクザクザク

憂「玉ねぎってしみますねー」

澪「あ、あぁ」

憂「六人分も切ってたら涙が……」

澪「大丈夫?代わろうか?」

憂「大丈夫……です」

澪(泣くのを必死でこらえてるゆ……憂ちゃん可愛い)

澪(…………重症だな私も)

憂「お鍋に移して……きゃっ!」ズルッ

澪「危ない!」ガシッ

憂「あ、ありがとうございます」

澪「いや、怪我が無くって良かった」


紬「今、悲鳴が……」

澪「…………違うんだ」

紬「…………ごゆっくり」

澪「おい良いかムギ、今のは誤解だ」

紬「解ってる、解ってるわ澪ちゃん」

澪「頼むからその微笑みを止めてくれ。私は転びそうになった憂ちゃんを支えただけだ」

紬「愛の形はそれぞれだもの、私は応援するわ」

澪「違うって!憂ちゃんからも説明してくれよ!」

憂「あ……凄く、ドキッとしました」

紬「あらあら」

澪「転びかけた事に対してな、そうだな憂ちゃん?」


唯「いただきまーす!」

律「ウメーウメー」

梓「憂は本当に料理上手だよね」

憂「あ……うん、ありがとう」ドキドキ

澪(あ~、憂ちゃんからの視線が)

憂「み、澪さん……どうですか?」

澪「お、美味しいよ」

憂「えへへ……」

澪(照れる憂ちゃんも可愛いけど……)

唯「皆がカレー食べれば戦争なんて無くなるのにー」

澪(本命はあっちなんだけどな)

律「お、澪食べないなら肉くれ」ヒョイ

澪「はぁ……」

律「肉を取られても怒らない……こいつ偽物だ!?」

澪「静かに食べろよ、桜高一カレーの似合う律っちゃん」

唯「良いなー」

律「えへん」

梓(バカしかいない……)

紬「ごちそうさま」

律「すっげー旨かった!」

唯「そりゃー世界一の妹が作ったカレーだからね!」

憂「もー、お姉ちゃんたら」

唯「ほんとだもーん」ガバッ

憂「は、恥ずかしいよ」

梓「いつも私はそんな目にあってるんだよ」

紬「でも断らないのよね?」

梓「う……」

澪(あぁ羨ましい……)


紬「片付け手伝うわ」

憂「すいませんお客さんなのに」

紬「良いのよ」

憂「あ、お姉ちゃん、洗濯物畳んでくれる?澪先輩のも乾いてると思うから」

唯「その前に食後のアイス……」

憂「畳んでくれたらスーパーカップからハーゲンダッツに……」

唯「さぁさぁ澪ちゃん、いこ!」

澪「お、おう」

澪(唯が私を誘ってくれるなんて……)

律「…………じゃ、私らは皆の代わりにくつろぐか」

梓「…………救いがたい」

唯「ふふ~ん♪アイスーアイスースイアー♪」

澪(子どもっぽいなぁ……そこが良いんだけど)

唯「はい、澪ちゃんの服」

澪「あ、ありがと」

唯「どういたしましてー」

澪「洗ったのは憂ちゃんだけどな」

唯「むー」

澪「はは、ちゃんと唯にも感謝してるよ」

澪(な、なんか凄く自然な流れだ……これは頭を撫でても許される流れ!)

澪「唯……」

唯「よーし、洗濯物おしまい!ハーゲンダッツが私を呼んでるぜ!澪ちゃんも着替えたら来てね!」

澪「……」

澪「……はぁ」

澪(千載一遇のチャンスだったのに)

律「何へこんでんだ?唯にいじめられたか?」

唯「そんな事しないもん!」

憂「澪さん、服……大丈夫ですか?」

澪「あ、うん。憂ちゃんは洗濯も上手なんだな。ありがとう」

憂「や、そんな……洗濯機回しただけで」

梓「憂?顔赤いよ?」

憂「な、何でもないよ……」

律「んじゃ、私らはそろそろ帰るとするか」

唯「えー、淋しい~」

紬「よしよし」ナデナデ

澪(代わってくれムギ……)


玄関

紬「すっかりお世話になっちゃって」

憂「いえいえ」

唯「行かないで皆~」

律「出会いがあれば別れがある……さらばだ」

梓「大げさな」

唯「……そうだ!週末に皆で泊まりにきなよ!お母さん達は旅行だし、憂と私しかいないし」

律「良いのかよ?」

憂「私は構いませんよ」

紬「じゃあ私も予定空けとくわね」

律「私も」

梓「なら私も」

澪(週末……確か用事が……)

唯「澪ちゃんも来てくれるよね?」

澪「オフコース」


帰り道!

梓「ではまた」

紬「またね」

律「おうよー」

澪「気をつけてな」

律「……」

澪「……」

律「なんか喋れよ」

澪「お前と違って無駄口は叩かないんだ」

律「澪ちゃんのプリティボイスが聞きたいわぁ」クネクネ

澪「うわ……」

律「うわってなんだよ、うわって」

澪「はぁ」

律「たくー、最近ため息ばっかりだな澪は」

澪「律は悩み無さそうで良いな」

律「失礼だな、いっぱいあるぞ」

澪「例えば?」

律「ベルセルクがまた休載だとか、おこづかい足りないとか」

澪「はぁ……」

律「なんだよもう、シャキッとしろよ」

澪「わかってるよ」

律「何でもいいけどさ、いつでも相談には乗るからな」

澪「あぁ」

律「じゃ、元気出せよー、また明日な」

澪「おう。風邪ひくなよ」

律「がってん」

澪「ははは」

澪(言えるわけないだろ……お前と唯の関係が羨ましいなんて……)



週末!

律「おらー!律様だぞー!」

紬「お邪魔しますね」

梓「お世話になりに来ました」

澪「よ……よう」

唯「待ってたよ~入って入って」

律「突撃ー!」ドタバタ

澪「おい、近所迷惑だろ!」

梓(はしゃいでるなぁ)

憂「澪さん澪さん」

澪「ん?」

憂「今日はごちそう作りますね!」

澪「あ……うん……」

唯「澪ちゃんも入って」

澪「あ、あぁ!今行くよ!」

律「これがテキサスクローバーホールドだー!」

唯「うぎゃー」

律「そしてこれが律っちゃんスペシャルだ!」

唯「むおー!」

梓「ただのコブラツイストじゃないですか」

紬「まぁまぁ、くんずほぐれつね」

澪(羨ましい恨めしい)

唯「おりゃーあずにゃんゲットー!」ガバッ

梓「ちょ、ちょっと止め……」

律「ふへへ、今日は寝かさないぜ梓~」

梓「いやーっ!」

紬(カメラ仕込んでおいて正解ね)

澪(澪ちゃん……寝かさないよ……なんて唯に言われたり……えへへへ)


憂「もうお姉ちゃん、ドタバタしないの」

唯「今宵の私は血に飢えてるよーガブー」ガブ

憂「お、お姉ちゃん!?」

唯「へへー吸血鬼だぞー」

憂「もー」

律「なんだかんだで憂ちゃんも嬉しそうだな」

梓「テンション高いですよね」

澪「……」

律「どうした?」

澪「ゆゆゆゆ唯と唯が抱き合って……」

律「唯と唯って……確かにそっくりだけどさ……ってお前、鼻血!」

紬「み、澪ちゃん!」

澪「へ、平気だ!」

梓(どうみても嘘だ)



3