唯「あずにゃん、大福好き?」

梓「大福ですか?好きですけど・・・」

唯「ほんと!?よかったぁ・・・」

梓「どうしたんですか?」

唯「実はね、お父さんとお母さんが帰ってきたときに、なぜか大福をいっぱい買ってきたの」

唯「賞味期限・・・じゃなかった、消費期限がもうすぐだから、食べるの手伝ってほしいなぁって・・・」

梓「そうだったんですか・・・」

唯「うん、いきなりごめんね」

梓「大丈夫ですよ、大福は好きですし協力します!」

唯「あずにゃん、ありがとう!」ダキッ

梓「もうっ・・・いきますよ!」


ゆいのいえ!

唯「ただいまー」

憂「おかえりお姉ちゃん、と梓ちゃん」

梓「お邪魔しまーす」

憂「もしかして大福・・・?」

唯「さすが憂は鋭いね!あずにゃんに頼んだんだよ!」フンス

憂「ごめんね梓ちゃん、変な事頼んじゃって・・・」

梓「ううん、大福は好きだから大丈夫」

唯「じゃぁ早速食べよっか!」

梓「はい!」

憂「私も手伝うよ」

憂「持ってくるから座っててね」

唯「はーい」

唯「ささっ、あずにゃん、こっちですぞ」


りびんぐ!

憂「はい、おまたせ」

梓「ありがと・・・って、多っ!?」

憂「あはは・・・」

唯「とても2人じゃ食べきれないんだよー」

梓「3人でも食べきれなさそうですけど・・・」

唯「まぁまぁ、とりあえず食べれるだけ食べようよ!」

梓「わかりました」

唯「じゃぁ、いただきまーす」

憂「いただきます」

梓「いただきます」

ヒョイパクッ

梓「あ、おいし・・・」

梓「んぐ・・・そういえば、色んな色の大福があるんですね」

唯「そうだよ!イチゴとかバナナとか色々あるんだ~」

憂「私のおすすめは桃大福だよ」

唯「私はメロン!なんたって高級感が違うよ!」

梓「ほんとに色々あるんですね・・・全部おいしそうです」

唯「あずにゃんが喜んでくれてよかったよ」ウンウン

唯「ささ、どんどん食べて!」

梓「はい!」

憂「よく噛んで食べなきゃめっだよ」

唯「はーい」

梓「はーい」


いちじかんご!

梓「もう・・・食べられません・・・」

唯「そう・・・だね」

憂「うん・・・」

唯「でもまだ半分以上あるね・・・」

憂「うーん、どうしよっか・・・」

梓「時間をあければ入ると思います」

唯「でも遅くなると・・・あ、そうだ!」

唯「あずにゃん、もし良かったら泊まっていかない?」

梓「そんな、悪いですよ」

唯「悪くなんかないよ!あずにゃんが泊まってくれると嬉しいし、大福も食べてもらえるし・・・」

憂「そうだよ、梓ちゃん、ダメかな?」

梓「そういうことでしたら・・・お邪魔させていただきます」

唯「わーい、あずにゃんがお泊りだ!」

憂「じゃぁお風呂沸かしてくるね」

唯「うん、ありがとう憂」

梓「食べたばっかりなのに・・・憂はすごいなぁ」

唯「えへへ、憂はいつも働き者さんだよ~」

梓「唯先輩も手伝わないとダメじゃないですか」

唯「手伝おうとすると・・・危ないからダメって言われるんだ・・・」シュン

梓「それは・・・否定できません」

唯「あずにゃんまで!しどい!」

唯「私だってやればできるんだよ?」

梓「例えばどんな事ですか?」

唯「えっとね、バスタオルをたためるよ」

唯「あとは、目玉焼きも作れる!たまに焦げちゃうけど・・・」

唯「さらにさらに、時計の電池を替えられます!」

梓「憂の苦労が身にしみます・・・」


すうじゅっぷんご!

憂「お風呂沸いたよー」

唯「はーい」

唯「じゃぁあずにゃん、早速一緒にはいろう!」

梓「な、何を言ってるですかっ!」アセアセ

梓「お風呂ぐらい1人で入れますですよ!?」シドロモドロ

唯「たまにはいーでしょ?一緒にはいろー」

梓「たまにってなんですか!毎日そんな機会があるみたいな言い方しないでください!」

唯「ほら、いこ!」グイッ

梓「ひ、ひっぱっちゃダメです!」

憂「ふふ、仲良しさんだなぁ」


だついじょ!

唯「よいではないか、よいではないか」

梓「ダメったらダメです!一緒には入りません!」アセアセ

唯「・・・そっか」

唯「私のことが嫌いだから・・・入りたくないんだ・・・」

梓「そ、そういうわけではっ」アセアセ

唯「ううん、いいの・・・ごめんねあずにゃん、もう強引に連れてきたりしないから・・・」

唯「もう抱きつくのもやめるから、嫌わないでほしいな・・・」

梓「き、嫌ってなんかないです!」

梓「むしろ・・・きというか・・・なんというか・・・」ゴニョゴニョ

唯「え?」

梓「と、とにかく嫌いじゃないです!だからそんな事言っちゃダメです!」

唯「じゃぁ一緒に入ってくれる・・・?」ウルウル

梓「う・・・それは・・・」

梓「・・・わかりました」


おふろば!

梓(うぅ・・・なんかはめられた気がする・・・)

唯「あっずにゃんとおっふろー♪」

梓(まぁタオル巻いてるしいっか・・・)

唯「あーずにゃん」

梓「はひっ!?」

唯「えへへ、湯加減はどうですかな?」

梓「あ、はい、ちょうどいいです」

唯「おぉ、じゃぁ入ります!」

梓「え、ちょっと」

ザブーン

唯「お湯がいっぱい流れちゃった・・・」

梓「当たり前です!1人用の浴槽ですよ!?」

唯「だってあずにゃんと一緒に入りたかったんだもーん」

梓「せ、狭すぎます!(肌が当たる・・・)」

唯「あずにゃんや」

梓「な、なんですか?」

唯「ぎゅってしていい?」

梓「な!?ダメに決まってます!」

唯「そっか・・・」

梓(こんな状態で抱きつかれたら・・・)

梓(って、いつもならいきなり抱きついてくるのに、どうしたんだろう・・・)

梓「ゆ、唯先輩」

唯「んー?」

梓「唯先輩は、その、憂と一緒に入ったりするんですか?」

唯「うーん・・・昔はよく一緒に入ってたけど、最近はあんまり無いかなぁ」

梓「そうなんですか・・・」

唯「お風呂って1人で入ると寂しいしつまんないから、どうしてもあずにゃんと一緒に入りたかったんだ」

梓「唯先輩・・・」

梓「その・・・ちょっとだけなら、いいですよ」

唯「え?」

梓「ぎゅって、するの」

唯「ほんと!?」

梓「は、はい、でもちょっとだけですからね!?」

唯「あずにゃーん!」ギュゥゥッ

梓「にゃっ!?」

梓「ちょ、ちょっとだけって言ったじゃないですか!」

唯「うぅ・・・だってあずにゃんがあまりにもかわいいから・・・」

梓「な、何言ってるんですか!もう、はやく身体洗いますよ!」ザパッ

ハラッ

唯「おぉぉー」キラキラ

梓「な、な、な・・・っ!」

梓「にゃぁぁぁぁっっっっ!」


ふたたびりびんぐ!

梓「もうお嫁に行けません・・・」グスッ

唯「じゃぁ私がもらっていい?」

梓「はい、責任取ってください・・・」グスッ

唯「わーい、あずにゃんと結婚だ!」

憂「だめだよお姉ちゃん、今の梓ちゃん、ショックで判断能力を失っちゃってるよ?」

唯「むぅ・・・じゃぁ元に戻ったときにもっかい告白しよーっと」

憂「がんばって、お姉ちゃん!」

梓「・・・」グスッ

梓「こうなったらやけ食いするです!」

ヒョイパクッ ヒョイパクッ

モグモグ モグモグ

ゴックン ゴックン

唯「あずにゃんすごい!」

梓「まだまだこんなものじゃないです!」


にじかんご!

梓「私・・・なんでこんなに食べてるんだっけ・・・」

唯「あずにゃん!元に戻ったんだね!?」

梓「元・・・?何言ってるんですか?」

梓「そんなことよりもう食べられません・・・休憩していいですか・・・?

唯「もちろんだよ、あずにゃん、よくがんばったね」ナデナデ

梓「えへへ・・・」ゴロン

憂「まだ残ってるけど梓ちゃんのおかげでもうちょっとだし、がんばろうねお姉ちゃん!」

唯「うん!あずにゃんのためにも完食しなきゃだよ!」フンス

梓「・・・んー」


さんじゅっぷんご!

唯「もう無理だね・・・」

憂「うん・・・」

唯「でも後5個だよ!やっとここまできたって感じだよ!」

憂「それもこれも梓ちゃんのおかげだね」

唯「うん、あーずにゃ・・・」

梓「スー、スー」

唯「あずにゃん寝ちゃってるー」

憂「お腹いっぱいになって眠くなっちゃったんだね、毛布持ってくるよ」

唯「うん!」

梓「スー、スー」

唯「えへへ、あずにゃんの寝顔もかわいいなぁ~」

憂「はいお姉ちゃん、かけてあげて」

唯「あずにゃん毛布だよー」パサッ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

梓「唯先輩、もう食べれないですよ・・・」

唯「大丈夫だよあずにゃん!まだいけるよ!」

唯「ファイトだよあずにゃん!」

梓「ほんとに・・・無理です・・・」

唯「じゃぁ私が食べさせてあげるね!」フンス

唯「憂ー」

憂「はーい」

唯「あずにゃんに大福をいっぱい詰めよう」

憂「わかった!」

梓「ちょっ」

ヒョイヒョイッ ツメツメ

梓「フガフガ」

梓「やめてください・・・唯先輩・・・」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

唯「あずにゃんが苦しそうだよー」

憂「悪い夢でも見てるのかなぁ?」

唯「うぅ・・・」

唯「悪い夢なんかに負けちゃダメだよ!」

唯「ファイトだよあずにゃん!」

梓「や・・・さい・・・せんぱい・・・」ムニャムニャ

唯「野菜先輩?」

憂「いったいどんな夢見てるんだろうね・・・」

唯「あずにゃんは野菜が嫌いなのかなぁ・・・」

梓「もう・・・食べられません・・・」ムニャムニャ

おしまい