ある休日 唯宅

唯「澪ちゃん、そろそろくぱぁしてもいいんじゃない?」

澪「まだ言ってるのか……恥ずかしいから嫌って言ってるだろ」

唯「だって~、澪ちゃんと恋人になれたのも、くぱぁのおかげなんだよ!」

澪「う……ま、まぁそうだけど……」

澪「でもさ、他にまだしてないこととかあるんじゃ……」

唯「えー?おしりいじる以上にすることあるの?」

澪「それは……っていうかそもそもあれ自体おかしかったんだよ!階段を一気にジャンプでのぼっちゃったんだよ!」

唯「うーん、でもなにすればいいの?」

澪「そ、それは……いきなりあんなハードなことじゃなくて、もっとソフトな……」

澪「そ、そう!デートとかだよ!思えば一回もしてないし!」

唯「えー、この前アイス食べにいったじゃん」

澪「あんなちょっとしたことじゃなくて……それにあの時は律たちもいただろ!」

唯「みんなで行った方が楽しいよ?」

澪「そうだけど……でもデートってのは2人でいくものって決まってるの!」

唯「よくわかんないけど、2人で出かければいいんだね!」

澪「まぁ……そうなるかな……」

唯「じゃあ行こうか!」

澪「え、今?流石に今からは……それになにもプラン立ててないし……」

唯「もー!澪ちゃんわがまま!」

澪「わがままって言うな!唯だってく、くぱぁ……やって、とかわがまま言ってるだろ!」

唯「恋人同士なら普通だよ~」

澪「普通じゃないよ!」

唯「よ~し、じゃあ来週の日曜日デートね!」

澪「急だな……わかった、楽しみにしてるよ」


いきなり日曜日

澪「唯が迎えにくるまで4時間あるな……流石に早く用意しすぎた」

澪「ふぅ……一睡もできなかった……」

澪「服装は……大丈夫だよな、いつも律にダサいって言われるけど……」

澪「……ちょっとだけソファに横になろう、ちょっとだけ、4時間もあるしな……」

澪「……zzz」

澪「ん……」

澪「んー、寝てしまったか(唯にくぱぁする夢を見てしまった……」


唯「澪ちゃんおそよう」

澪「ゆ、唯!?どうして……っていま何時!?」

唯「もう4時だよ~、これじゃデートできないね」

澪「うわわ……ご、ごめん唯!」

唯「ふふ、澪ちゃんのことだから昨日楽しみで眠れなかったのかな?」

澪「う……そ、そうだよ、悪いか///」

唯「んーん、嬉しいよ~♪」

唯「でも、デートできなかったのは残念だな……」

澪「……ごめんな、唯……お詫びになんでもするから、許してくれ……」

唯「なんでも?」

唯「なんでもか~♪」

澪「あ、あの、なんでもって言っても、できる範囲でっていうか、っていうかなんでもは言いすぎたっていうか……」

唯「だめだよ~、聞いちゃったもん♪」

澪「あ、あうあう……」

唯「そうだな~なにしてもらうかな~♪」

澪(うわぁあ!絶対くぱぁだ!)

澪(さよなら、私の純血……)

澪(いやむしろおしりいじられた時点で純血もなにも……)

唯「よし!決めた!」

澪「!」ビクッ

唯「じゃあねー」

澪「……」ドキドキ

唯「ちゅーしてくれたら許してあげます!」

澪「やっぱりか……ってえぇ!?」

唯「ほら、早く~」

澪「わかった……でも、それでいいのか?」

唯「えへへ、無理やり澪ちゃんにさせようなんて、最初から思ってないよ?」

唯「今はくぱぁより、澪ちゃんの方が大事だもん!」

澪「ゆ、唯……」ウルウル

唯「澪ちゃん、大好きだよ!」

澪「うん……私も!」チュー

……


澪(ってなるに違いない……唯もそこまで鬼畜じゃないさ……)

唯「じゃあ、くぱぁしてもらおうかな!」

澪「えっ」

唯「えっ」

唯「なんでも、って言ったよね?」

澪「あ、あぁ、うん……あれ?」

唯「早く~」

澪「ちょ、ちょっとまってくれ……うん、あれ~?」

澪「な、なぁ唯、今回は本当に私が悪かったと思う」

澪「約束の時間より5時間も過ぎてしまったし、その間に唯もまたせてしまったわけだしな」

澪「でもな、よく考えてみよう」

澪「その5時間+唯の気持ち、それを足してもくぱぁまで行かないと思うんだ

澪「だから、な?ここはキスで済ませるのが妥当だと思うんだが、どうだろう」

唯「うん、それ無理」

澪「……ですよね」

唯「しょうがないなぁ、じゃあ今日は、パンツ履いたままでいいよ」

澪「え?ぱ、パンツ?」

唯「うん、なんかその方が作者は萌えるんだって」

澪「まぁ……モロに見られるよりはマシだと思うけど……」

唯「それならいいでしょ?ほら早く!」

澪「ちょ、ちょっと待って!心の準備が!」

唯「じゃあ待っててあげるから、できるだけ早くね!」


澪(落ち着け、落ち着け澪)

澪(結果的には、パンツ見られるだけみたいなもんじゃないか)

澪(そこまでぴっちりしたパンツじゃないし、か、形も浮でない、はず……)

澪(よ、よし……!)


澪「唯、いいぞ……」

唯「ふふ、楽しみ~♪」

澪「じ、じゃあソファの上で……やるぞ……」ドキドキ

唯「うん!」

澪「はぁ……はぁ……」

唯「ちゃんと足開いてね!」

澪「わ、わかってる……」

澪「じゃあ、いくぞ……!」

唯「う、うん!」

澪(は、恥ずかしい……!」

澪「えいっ」くぱぁ

唯「!!」

唯「な、鳴った……」

澪「うぅ……なに……?」

唯「今、くぱぁって鳴ったよ!」

澪「え……?擬音だし、実際になるわけないんじゃ……」

唯「澪ちゃん!もう一回!」

澪「ぜ、絶対に嫌だ!」

唯「お願いだよー!一回だけ!」

澪「もう嫌だ!」

唯「お願い!今度は私がやるから~!」

澪「い、いいよ!私は興味ないし!」

唯「むー……」

澪「も、もういいだろ……」

唯「……わかったよー」

澪「ふぅ……は、恥ずかしかったー……」


その日、私は確かに聞いたのです
おまんこを開くとき、くぱぁという音を……


fin