===ライブ当日=澪の家===

澪「なんだ…これは。」

TV『ただいま入ってきたニュースです。無期限活動休止中のHTTメンバーであるMIOさんが、本日のHTT武道館ライブで復帰すると所属事務所が発表しました。』

澪「こんなの私知らないぞ…」

バタン!

紬「澪ちゃん!!!」

澪「わっ!びっくりした!!」

紬「あ、TV見てたんだね。そういうことだから。」

澪「いや、そういうことって言っても…。」

紬「ほら、早くしないと間に合わないわよ!?」グイッ

澪「わわっ!!ちょっとムギ!!」

バタン!


ブロロロロロ・・・

澪「ムギ、車運転できたんだな…」

紬「うん。…そんなことより、澪ちゃん。なんでそんなに下向いてるの?」

澪「だって…あまり私の姿を見て欲しくないというか…」

紬「何言ってるの。今から澪ちゃんは何万人の前でステージに立つんだから。」

澪「……………」

紬「あら、信号で止まっちゃった。」

澪「…………」

ファンA「見て!あれHTTのMIOとTSUMUGIじゃない!?」

ファンB「あ、ほんとだ!」

澪「ひぃぃ…」

紬「ほら、澪ちゃん。顔上げて微笑まないと。」ニコッ

ファンA「きゃあ!今TSUMUGIちゃんに微笑まれた!! やった~!!」

ファンB「でもMIOちゃん元気なかったね。なんか心配だなぁ。」

澪「………………」


唯「あ!ムギちゃん来たよ!」

律「お~ぅ。ムギおつかれ~。」

梓「はやくしないと、開始予定時刻まであと少しですよ。」

紬「さ、衣装に着替えないと。」

澪「……………」


ザワザワ ザワザワ





唯「みてみて!超満員だよ!!」

律「前回の武道館より増えたんじゃないか?」

紬「なんかドキドキしてきちゃった。」

梓「ぜったい成功させますよ!みなさん!!」




澪「………なぁ」


澪「………皆、やっぱり私…」


律「まだそんなこと言ってるのか、澪。」

梓「もうニュースで復帰するって言っちゃったんで、引き返せませんよ。」





澪「でも……やっぱり駄目だ。どうしても…あのネットの書き込みがトラウマになって…………」

律「澪…」

澪「今日来ている人も皆、偽りのファンじゃないか、とか…もう私たちにファンなんて誰もいないんじゃないか、とか…」



唯「澪ちゃん!!」



澪「!?」

唯「そんなこと…そんなこと言わないでよ!! みんなで頑張ってここまで来たんだよ!? なのに…なんでいつも大事なときにメンバーが欠けてるのさ!! どんなときでも、私は5人で音楽やりたいんだよ!!」

澪「唯…。」

律「なぁ澪。さっきファンがどうのこうの言ってたけどさ、それってそんなに大事なことなのか?」

澪「そりゃ…ファンがいないと…」

律「まあそうなんだけどさ、ネットにアンチがいるのは当たり前だろ? だからって応援してくれてるファンの存在も否定するのか?」

澪「いや…そんなわけじゃ…」

紬「澪ちゃん。たしかにファンは減っているかもわからない…でもね、どんなに私たちを応援してくれてる人が少なくても…もし世界にたった一人しかいなくても、そのたった一人のために私たちは音楽やっていきたい…そう思うの。」

澪「ムギ…」

梓「澪先輩。これが私たちの出した結論です。澪先輩が何を言おうと、私たちはこの考えを決して変えたりしません…」



澪「でも…もし私たちのことを誰も応援してくれなかったら…? もし、ファンが一人もいなくなったら…」


律「澪…!」


唯「………関係ないよ、そんなの。」


澪「ゆ、唯…」



唯「もしそうなっても、私自身が一番放課後ティータイムを応援してるもん!! 私はぜったい、ぜっっったい!!放課後ティータイムを裏切らないよ!! 私は、死んでも放課後ティータイムの大ファンでありつつけるよ!!」


紬「…いいわねそれ。わたしも乗った。」


律「私も!!」

梓「私も…死ぬまで放課後ティータイムを愛し続けます!!」


澪「み、みんな…」




律「なにボーってしてんだよっ! もうライブ始まるぞ。」


澪「え…ちょ、ちょっと…」


3…





2…





1…



ドオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!!

キャ~~~~!!! 放課後ティータイム~~~!! YUI~~~!!!!
MIO~~~~~!!!!! TSUMUGI~~~!!! RITSU~~~~!!! AZUSA~~~~!!!!
かわいい~~~!!! きゃ~~~~~!!!


澪「……………」



律「どうだ、澪?」

澪「………………………」グズッ・・・



律「ここにいる人みんな別々の道を歩んできたんだ。誰も同じ人生なんてない。それなのに、今皆の心は一つになって私たちを応援してくれてる。不思議なもんだ。」

澪「………………」グズッ・・グズッ・・・・




唯「みてよ澪ちゃん!!みんなすっごく楽しそうだよ!! これでもまだ偽りのファンだっていうの?」


律「すくなくとも、ここにいるファンの気持ちは本物だ。」




澪「…………………………みんなぁ…」グズッ・・・


唯「……」

律「……」

梓「……」

紬「……」


澪「ほんとうに……………ごめん……」


唯「大丈夫だよ、澪ちゃん。もう一人で悩まなくても。」

律「みんな、澪のことが大好きだよ。」

梓「さぁ、はやく演奏をはじめましょ!!」


紬「えぇ!」

唯「よしっ!」

律「よっしゃああ!!」


澪「………あぁ!!!」




   きゃああああああ!!! キャ~~~!!!!




澪「みんな!!!!!! 心配かけてごめん!!」



   きゃああああ~~~~~~!!!!!



澪「さっそく一曲目…きいて下さい…ふわふわ時間!!!!」


ジャ~ジャカジャカジャッジャ~~~♪



キャ~~~~!!!!!! ウォ~~~~~!!!!!



澪「…………みんな!!!!!」


澪「ほんとうに!!!」




澪唯梓紬律「ありがとおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!」



                   ~完~