==律の家==

唯「うぅ・・・」

律「大丈夫か?唯」

唯「うん・・・・」

律「一人で抱え込むなよ。」

唯「ありがとうりっちゃん…」

律「ムギに対する思いはみんな一緒だぞ。」

唯「うん…そうだね。」

律「来月は渚園でライブだ。サイコーのライブにしてやろうじゃん。」

唯「うん………」


一ヵ月後 渚園

律「お~しみんな!! いくぞ~~!!!!」

唯澪梓「おおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

~ライブに登場


きゃああああ!! HTT~~~~!!! てぇふってえええ~~!!
YUIかわいい~~~!!  サイコー!!  デュフッwww
MIOちゃんかわいい~~~!!!  きゃああああああ~~~!!


唯「みんないくよー!! 曲は! 『Don't say "lazy"』!!!!」

きゃああああああ!!! うぉぉ~~~!!!!!

Please don't say "You are lazy" だってほんとはCRAZY~♪♪

唯(ああ、やっぱりお客さん、すごい盛り上がってる…私は…いや、皆…悲しみを抑えながら演奏してるのに……

 なんで…こんなつらい思いしなくちゃいけないの私達…

   ムギちゃん…戻ってきてよ…

      私もう限界だよ………


澪「想像に一生懸命♪ 現実は絶体絶命♪ …あっ!」

唯「…? 澪ちゃ……  あっ!!!」
梓「澪先ぱ…      ああっ!」
律「なんだ…      あっ!」


………………



ざわざわ…   なんだ…?   どうしたどうした……?




澪「す… すいません!!みなさん!  ……もういちど最初から演奏します! ほんとに…ごめんなさい!」

律「澪…」


頑張れーーー!!!  いいぞーーー!!! がんばってぇぇぇ~~~~!!!



じゃかじゃかじゃああ~~ん

澪「みんなありがとーーーー!! あと失敗してゴメンねーーーー!!!」

きゃあああ!!!!  おおおおおおお~~!!!


スタッフ「どうしたの、皆途中で一旦演奏やめちゃって」

澪「すいません………」

スタッフ「まあお客さんのノリが良かったから何とかなったけど…」

澪「はい…本当にすいません」
唯「すいませんでした…」


澪「本当に…すまない…皆」

唯「澪ちゃんのせいじゃないよ!」

梓「そうですよ、皆の演奏が止まったんだから、私達にも責任はあります!」

律「ああ、………だって私……見ちゃったんだ…だからドラムが叩けなかった…」

唯「りっちゃんも!?……多分私も……」

梓「私も見ました………澪先輩もですよね!?」

澪「ああ……確かに、客席に『あいつ』がいるのを見てしまった…」

梓「いましたよね…客席に」

澪「ああ…」





唯「ムギちゃんがいた…」
澪「ムギがいた…」
梓「ムギ先輩がいた…」
律「ムギがいた…」


澪「確かにアレは…ムギだった…はず」

唯「でも…ムギちゃんはアメリカにいるんじゃないの!?

澪「唯…」

唯「あれがムギちゃんだとしたら、ムギちゃんは今日本にいるの!? どうなの!? みんな!」

澪「落ち着け、唯!」

律「それに。まだ、あの人がムギだと決まったわけじゃない… 演奏が止まったあの一瞬しか私達見てないんだ。それに6年たってるんだから、見た目も変わるし、何よりまだあの白い長髪だとは思えん…」

唯「そんな………………でも! あれは絶対ムギちゃんだもん!」


===電車の中===

梓「じゃ、唯先輩。私はここで。」

唯「うん。」

梓「私も…あれは絶対ムギ先輩だと思いますよ」

唯「うん…ありがと…」




    『PEAK MODEL』 10月号

特集・・・・・今年の夏フェス

全国各地で開催された『夏フェス』。さまざまなアーティストが参加したが、とくに特筆すべきは「放課後ティータイム」だろう。
今年の上半期NO.1のブレイクを果たした放課後ティータイム。デビュー間もないにもかかわらず、なんと熱海と渚園で行われた夏フェスに参加。
渚園では演奏ミスというハプニングに襲われたが、会場を大いに盛り上げた。
     後略

         written by PM編集 M氏

その他のトピックス
      • the heroes 大阪城ホールでのライブで年内解散を否定
      • LUNA SAY 再結成を発表
      • ミュージック・アーバン・ギター 全世界ライブツアーを開始




○×駅~~○×駅~~~ お降りの際はお忘れ物のないように~

(改札を抜け、アパートへ帰る唯)

唯「ムギちゃん…ムギちゃん…」

?「あの~ちょっとそこのお方…」

唯「ムg…は!はい!なんでしょう!」

?「お尋ねしたいんですが…○×駅はどう行けばいいんですかな」

唯「ええと、私が来たこの道を行って…三つ目の信号で右に曲がってください。」

?「や、どうもすみません。なにせこの地域は久しぶりなもんでね。年をとるとなかなか思い出せないんだよ。」

唯「はあ……(あれ、この人どっかで……)」

?「それじゃあ。」

唯「あ! 待ってください!あなたもしかして…」

?「なんです?」

唯「琴吹紬さんの……執事さん…じゃないですか…?」

執事「なんと……紬お嬢様のお友達でしたか!」

唯「はい…」


唯「それで…ちょっと聞きたいことがあるんですけど…」


執事「なんです?」





唯「あの…紬さんは…今どこにいるか…ご存知ですか………?」


執事「紬お嬢様は………アメリカに高校卒業後渡られました。」

唯「はい…。それは知ってます。」

執事「しかし、非常に申し上げにくいことなんですが…」








執事「紬お嬢様は…行方不明になられました…」





執事「渡米後、1年足らずでお父様が破綻してしまい…それに伴い、夫婦そろって蒸発。私は強制的に日本へ戻され、紬お嬢様だけがアメリカで一人で…………。非常に可愛そうなお方です…」

執事「私も紬お嬢様が今何をされているのか分かりません…。ただお嬢様はよく部屋で一人、キーボードを弾いておられましたが…。」



唯「そうですか……。」


===唯の家===

唯「ムギちゃんが行方不明・・・・」

唯「ははっ…そうだよね…日本のライブにムギちゃんが来るわけないよね…」

唯「ははっ…アメリカにいるかどうかも分からない…もしかしたらムギちゃん一人でどこかの国で暮らしてるかもね…だとしたら…もうムギちゃんは私たちのこと忘れちゃってるよね…」

唯「こんなに…がんばって…今までやってきて…


       いつか全米デビューして…そしたらムギちゃんに遭えるかも…



         そう思っていたのに…誰もムギちゃんの居場所を知らないなんて…






      このままバンド続ける意味あるのかな・・・・?」




唯「りっちゃん……ちょっと明日会える…?」

律「うん?ちょっと晩にしかあえないなぁ。でもなんで?」

唯「ちょっと話したいことがあるの。」

律「電話じゃだめなの?」

唯「うん…会ってしっかり伝えたいことだから…」

律「そうか…じゃあ駅前のCDショップに、19時半で良いか?」

唯「うん…」


===次の日===

律「やっほー、唯」

唯「うん。」

律「どうした? 昨日の電話から元気ないぞ。」

唯「……すごく深刻な話するつもり……。」

律「何だよ…唯。」


律「先にCD見ていい? ちょっと欲しいCDがあるんだ。」

唯「うん…いいよ別に。」

唯(どうしよう…タイミング逃しちゃった…)


唯(すべてムギちゃんの事情を話して…それで…解散しようって…)


唯(だめだ…やっぱ言えないよ…りっちゃん)


律「おー。ちょっと来てくれ~。これ見てみろよ唯~。」

唯「どうしたの。りっちゃん?」

律「見てみろよこれ。イギリスのバンドなんだけど。笑っちゃうよな~。」

唯「なにこれ…?」

律「知らないのか?唯。今全世界でCDが売れてる、『Music Urban Guitar』ていうロックバンドの等身大パネルなんだ。」

唯「へぇ…。」

律「本人はロックバンドを自称してるけど、この奇抜なメイク、どうみてもデスメタルだよなー。なんかさわちゃん思い出すよ。」

唯「………………」

律「全世界ライブツアー中らしいけど、日本でもライブするんだぜこれ。……て唯聞いてる?」

唯「…………」

唯「りっちゃん……このキーボードの女性……」

律「どうした?」

唯「…………」

律「どうしたんだよ、そんなにパネル見つめちゃって。……まさか唯、こんなバンドが好きなのか!?」

唯「この人…………」




律「あ、ちなみに今日のMステ出演するらしいぞ。なんか日本公演の宣伝もかねてるらしいからな。」




唯「ほんとに!!!? りっちゃん!!  今何時!!?」

律「え・・・7時50分だけど。Mステはあと10分で始まっちゃうな。」



唯「りっちゃん!!!!!!!!」


律「おい!どうしたんだよ急に走り出して!! どこいくんだ!!唯!!」

唯「りっちゃん!!いますぐ澪ちゃんに電話して!!  私はあずにゃんに電話するから!!!」

律「な、なんて伝えりゃいいんだよ!!」

唯「今すぐ私の家に来て! それだけ!!!」

律「いったいどうしちゃったんだよ…唯」

唯「いいから! はやく!」

ピポパポ 

律「……あ~澪? ちょっと今すぐ唯の家に来て欲しいんだけど…」

唯「もしもし!? あずにゃん!! 今すぐ私の家に来て!!」


ポツ・・・・・・ポツ・・・・・ザァァァァァァァ・・・・


律「わっ! 雨降ってきた!!!」


唯の家

  がちゃ…

律「ずぶぬれだあ…」

唯「りっちゃん…コレ…見て…」

律「ん? どうした?」



アナ「さあ!なんと今日は海外からのゲストが来て頂いてます!」

きゃあああ!!!!

アナ「ミュージック・アーバン・ギターです! どうぞ!!!」



律「なんだ。さっき話してた奴じゃないか。それがどうしたんだ?」

唯「……何も言わずに……見ててよ……たぶん……」

律「?」

律「ほんとどうしちゃったんだよ。あ、あと言わなきゃいけない大事な話って結局なんなんだ?」

唯「いや…その話はもういいよ…。」




4