ちゃちゃららちゃららら~ん

司会者A(以下A)「さぁ、今週もやってまいりました『ミュージックファイル』。今週もお付き合いください。」

司会者B(以下B)「さっそく本日のゲスト紹介しましょう!放課後ティータイム~~~!」

ぱちぱち ぱちぱち ぱちぱち

唯「や、どーもどうも」
律「放課後ティータイムでーす★」

A「どうやら高校の軽音部で結成されたバンドだと、いうことらしいですが。」

律「はいッ! わたしたちすごく仲良かったんですよー」

B「なんか他の子達いやーな顔してるでw?」

唯「そんなことないです!すごく仲良かったんですよー」

B「ほんまか~?」
A「ほんとですよね?みなさん」

律「ほんとですよー」
唯「そうですよー」

B「なんで声あわせとんねんww!」

澪「・・・・・」
梓「・・・・・・・・」

はははwww はははwwww ホンマカー?wwwww ホントデスッテーwwww
はははwww オカシイデスヨーwww はははwww はははwww

澪「・・・・・・・・・・・・」
梓「・・・・・・・・・・・」

はははwwww はははwwww ソウナンデスヨーww はははwwww
はははwwww アーソレシッテマス! オイシイデスヨネーwww はははwww

澪「・・・・・・・・」
梓「・・・・・・」

A「で、そちらのお二人はどうおもってるんですか」

澪「へぇ!?」
梓「はっ はいっ!?」

B「りつ・・・・やったっけ? やっぱこの二人がどう思ってるかによるで」

澪「は・・・・・はぁ」

律「そんなことないですよー。ね、澪、梓。」

A「いやいやー、二人めちゃくちゃ戸惑ってるから違うんじゃないですか?」

梓「は・・・・・はぁ・・・」

澪(や・・・やばい・・・トークの流れ完全に無視してた・・・・・)
梓(な・・・・なんの話なんでしょうか・・・・)

澪「そ・・・・そうですね」

B「うん?」

澪「やっぱ・・・律の言ってる事・・・・が間違って・・・・・ますよぉぉ・・・ぉ・・ぉ・・・・・」







B「ほらみてみぃ! 俺の言った通りやないか!」

律「なんだよー澪ー」

はははwwww はははwwww

澪(なんとかつなげれた・・・・・)


じゃかじゃか じゃーーん

(ぱちぱち ぱちぱち ぱちぱち)

スタッフ一同「おつかれさまでしたー!」

唯「おつかれー^^」
律「いえーい!」

澪(疲れた・・・・・)
梓(私もです・・・・・)




スタッフ「あ、ちょっといいですか?」

唯「はい?なんでしょう。」

スタッフ「実は僕・・・・デビューした頃からずっとファンだったんです! それでその・・・4人のサインが欲しいなあと・・・」

唯「お安い御用です!」
律「何枚でも書いちゃうぞー」



帰りの電車内

澪「なあ、唯。」

唯「なに?澪ちゃん。」

澪「さっきのスタッフ、デビューした頃から4人のファンて言ってたよな?」

唯「うん。それがどうしたの・・・?」

澪「やっぱ・・・・・私達が4人て言われることに違和感がどうしてもあるんだ。」

唯「うん。」

澪「やっぱムギがいないと・・・私達もいい演奏ができない・・」

唯「うん。」

澪「なんか・・・・・すごく悲しくなるんだよ・・・・・・・たくさんいる私達のファンの誰にも紬という名前はないんだ・・・・って。」

唯「うん。」



唯の家

録画していた放送を見る唯

唯「こう客観的に見ると・・・・やっぱムギちゃんがいないのはおかしいよね・・・・キーボードのいない放課後ティータイムなんて・・・」

♪~♪

唯「あ、誰からだろう」


和「やっほー唯。」

唯「あ、和ちゃん。」

和「ミュージックファイルみたわよー。すごいじゃない。テレビ出演って。」

唯「うん。」

和「どうしたの? 元気ないじゃない。」

唯「やっぱムギちゃんがね・・・」

和「ムギ? ああ、琴吹紬さん? そういや高校のときいたわねそんな子。 卒業後すぐに親の都合でアメリカ行ったんだっけ?」




唯「和ちゃあああああん・・・・うわぁぁぁ・・・・」

和「ちょ、どうしたの唯!?」

唯「そんなこといわないでよぉぉぉ・・・・・・まるでいままでムギちゃんのこと忘れてたみたいな言い方ぁぁぁ・・・・」

和「ご・・・・ごめん! 唯! そんな気持ちだと知らなくて・・・・」

唯「グスッ・・・・・・グスゥ・・・・・」

和「で、ムギちゃんは今何してるの?」

唯「わからない・・・・・・」

和「え?」

唯「わからない・・・・・・・アメリカ行ってからまったく連絡とれず・・・・・一回も日本に帰ってきてないんだぁぁ・・・・うわあぁん・・」

和「・・・・ほんとに・・・?」

唯「うん・・・・グスッ・・・・・グスッ・・・・だからぁ・・・・・・もしかしたらぁ・・・」

和「ちょ、ちょっと唯! そんなこと言わないでよ!」

唯「だってぇ・・・・よくかんがえたらぁ・・・・・あっちからも連絡来ないしぃ・・・・」

和「落ち着いて! 唯! 大丈夫! 大丈夫だから!」

唯「え・・・?」

和「私はムギの行方はまったく知らないけど、でも私もなんとか力になるつもり。」

唯「そう・・・? グスッ・・・・・ほんとに・・・・・?」

和「まあ私はただの出版社に勤めてるだけの一般人だけど・・・・わたしは唯の見方だから!」

唯「ありがと・・・・・グスゥ・・・・和ちゃん・・・」


数日後

律「次の新曲は『Don't say "lazy"』でいくぞお!」

澪「なっ、また昔の曲かよ!」

梓「でも、それって『大事なときまでは絶対公表しないぞ』って言ってませんでしたっけ?」

律「梓ー よく考えてみろー。 いま『放課後ティータイム』といえば、世間ではのりに乗ってる人気急上昇バンドだぞ?」

梓「は、はぁ」

律「大事なときっていうのは確実に今だろう!」

澪「なんて単純なんだ、こいつの頭は・・・・」

唯「おくれてごめーん!」

澪「唯、遅かったじゃないか。」

唯「ごめんごめん。ちょっとCDショップに立ち寄ったんだけど、そこでめちゃくちゃファンに絡まれちゃって。」

澪「なっ・・・・・変装しなかったのか?  しかもCDショップって・・・」

唯「?」

律「でも、あの高校のときぱっとしなかった唯が、ファンにキャーキャー言われると思うとなんか変な気分になるな」

澪「確かに・・・・・しかも唯自身はまったく有名人という自覚がないという。」


律「じゃあ、Don't say "lazy"のレコーディングはまた明日にしよう、今日は解散な。」

唯「ばいばーい」

澪「あれ、唯もう帰るのか。」

律「おいしい居酒屋みつけたんだ。唯、今日飲もうぜ~」

唯「だから私お酒飲めないんだってば~。」


また数日後
律電話中

律「う・・・・うそ・・・・ほんとですか・・・・?」

唯澪梓「・・・・・・・(ドキドキ)」

律「はい・・・・はい・・・・・・あ、はい・・・・・わかりました。」

ガチャ


唯「りっちゃん! どうだった!?」

律「皆・・・・今からすごいことを私はいうぞ・・・・・・」

唯梓澪「うん・・・・・・」

律「この間リリースしたDon't say "lazy"が・・・・・・・オリコンウイークリーチャート初登場2位だあああああ!!」




    『PEAK MODEL』7月号

特集・・・・放課後ティータイムの真実

かねてから本誌で特集を組んでいる「放課後ティータイム」
そんな彼女達が、最新oricon weekly chartで2位を記録。目をつけて特集を組んでいた本誌からすると非常にうれしいところだ。
さらに先月はBS放送の「ミュージックファイル」にも急遽出演、新たなファン層を増やした。
      中略
彼女達のさらなる活躍に期待しよう

      written by PM編集部 M氏

その他のトピックス
      • 斉藤和好 活動休止を発表&FAN'S BEST 発売
      • LADY BABA 日本公演決定! さいたまスーパーアリーナで2DAYS ローソンでチケット発売中
      • イギリスのロックバンド、「ミュージック・アーバン・ギター」全世界ライブツアーを予定




唯「うそ・・・・ほんとに・・・・?」

律「ああ、さらに2つの夏フェスから参加オファーが来ましたあああ!!」

梓「夏フェス・・・・・・ということはついに私達も大きな舞台に立てるんですね!」

律「そうだぞー。ここ数ヶ月でかなり成長したぞー私達。」

梓「やりましたね!先輩!」

唯「・・・・・・・」

律「どうしたー? 唯ー? もっと喜べよー。」

唯「え? あ、あぁ、うん・・・・もちろん嬉しいよ。」

律「ほんとかー?」

唯「うん・・・・じゃ、私帰るね。」


澪「ちょっと二人とも、唯の前ではしゃぎすぎだぞ。唯がどんなつらい気持ちを抱えてるか分かってるだろ?」

律「ご・・・ごめん澪・・・」
梓「ご、ごめんなさい」

澪「ムギに帰ってきて欲しいと思ってるのは唯だけでなく、私達みんな思ってることなんだ。」

梓「そうですよね・・・」


===そしてライブ当日===

わーーーー!!
きゃーーーー!!!!!

唯「どーもー!!! 放課後ティータイムでーーーーーーす!!!!」

きゃあああああ!!!! かっこいいいい~~~!!!!!!
YUIちゃんかわいい~~~!!!!   MIOちゃんこっちむいてー!!!!
AZUSAちゃんもかわいいい!!!!    RITSUちゃんかっこいい~~~!
サイコー!!!   うぉーーー!!!!! デュフフwwwwwwMIOたんwwwwwww 

唯「初めての夏フェス・・・・・というより、ほとんどライブ自体初めてですけど・・・一生懸命歌うので! 皆もいっしょうにうたってね~~~!!」

うぉぉぉぉ!!!  きゃああああ!!!  かわいい!!!!
きゃああああ!!!  YUIちゃあああああん!!!!  きゃああああ!!! 

唯「ぴゅあぴゅあはーとッ!!」

じゃかじゃかじゃ~~~ん 

スタッフ「ありがとうございました~~~。おつかれっす~。」

唯「皆さんおつかれさまでーす」
澪「ありがとうございました!」
律「ありがとうございましたぁ」

スタッフ「いやぁさすが今乗りに乗ってるバンドだけありますねぇ~」

唯「いやあ~~そんなことないですよお~」

スタッフ「というより、放課後ティータイムはキーボード担当はいないんすか?」

澪「えっ」

スタッフ「いや、ちょっと思ってみただけなんすけど、たいていこういうバンドってキーボードているからちょっと珍しいなっておもっただけです」

律「・・・・・・」
唯「・・・・・・」

スタッフ「いや、キーボードいたほうがもっといいサウンド作れますよ。よかったらいいキーボーディスト紹介しましょうか?」

唯「・・・・・・・・・結構です・・・・・・・・」

律「唯・・・」

唯「結構です!!」

スタッフ「そ・・・・そっすか・・・・・良い案と思ったんすけどねぇ」


===帰りの電車内===

律「唯・・・・・あんま気にするな・・・・」

唯「うん・・・・。」

律「どうせあんなのただ加入させるだけ加入させてさ、『この子達をプロデュースしたのは僕ですよ!』て言って世間の注目浴びたいだけなんだよ。どうせ。」

唯「でも・・・・なんかムギちゃんの存在を否定された気分で・・・・・・」

律「だから気にするなって~。」

唯「なんか・・・・ほんとに悲しい・・・・ライブで無理に笑顔作って・・・悲しさを表には出さないで・・・・・・でも・・・・ムギちゃんがいなくちゃ・・・やっぱり全然満足するライブできないし・・・・・」

律「ちょっと、唯。電車内だぞ。」

唯「なんかさ・・・さっきのライブ客みてたらさ・・・・・もしムギちゃんみつかって・・・・・・加入しても・・・・・逆に世間から嫌われるだけなんじゃないかな・・・」

律「そんなこというな、唯。・・・・唯も寂しかったんだな・・・・・ じゃ、今日は私の家泊まっていけ」

唯「いいの?」

律「ああ。めちゃめちゃ散らかってるけどな。」




       『PEAK MODEL』9月号

特集・・・・・夏フェス特集

夏といえば夏フェス。そんな夏フェスを一挙大紹介!
   中略
もっとも活躍が期待されるのは、今年に入って一気にメジャーアーティストの仲間入りした「放課後ティータイム」。
先日熱海で行われた夏フェスではぴゅあぴゅあはーとを熱唱。会場を大いに盛り上げた。
そんな彼女達、今月は渚園で行われるライブに出演。大ヒット曲「Don't say "lazy"」を熱唱するとの情報が。

     written by PM編集部 M氏

その他のトピックス
      • AAAA 人気ゲームの主題歌を担当
      • ポルノグラフティ ベスト盤発売決定 詳しくは次号
      • イギリスのロックバンド「ミュージック・アーバン・ギター」最新情報アリ




3