第二幕

ゆううつ!



ぎゃーん、っぎゃんぎゃん

唯「違うよ~、あずにゃん。こう、此処のリフでネックを上げ下げするんだよ。そうそう!。」

梓「唯先輩~。何か恥ずかしいですよこれ・・。」

澪「あれ、二人とも早いね。」

梓「あ、澪先輩!。」

唯「澪ちゃん!。」

澪「?二人とも何してるんだ?。」

梓「聞いてくださいよ、澪先輩。唯先輩ってば、ギターソロのところで・・・。」

澪「?。」

梓「ネックバンキングしようって言うんです。」

澪「!!!!。」

唯「んとねー、この前、律っちゃんから借りたPVのDVDを借りたら、何かかっこよくてさぁー。」

唯「二人でソロの時に揃ってやったら、きっと決まると思ったんだよ~。」

澪「ああ・・まぁ、そう言うパフォーマンスもいいかもな、うん。」

梓「澪先輩も・・・・・あっ・・・・・。」

唯「あ・・・・あずにゃん・・・。」

澪「あ・・・・はは、私はレフティだから。揃わないもんな。二人ですればいいじゃないか。

きっとかっこいいと思うよ・・。」

唯梓「・・・・・・。」


律「おいーっす。なんだ、もう練習始めてんの?気合入ってるね~。」

紬「あらあら、じゃ早速合わせましょうか。」

唯「おおー!!じゃあ、あずにゃん、さっきのタイミングでね!。」

梓「ええ~・・・本当にやるんですか??。」

律「?何だよ、二人して。」

唯「えへへ~。まぁ見ててよ律っちゃん!。」

律「?じゃ、行くぞー、ワンツースリ―フォっ!。」


どんだだどんだだ・・・

唯「(よーし、ギターソロ、行くよ、ギー太!、あずにゃん!。)」チラッ

梓「(恥ずかしいなぁ・・・でも、えーい、やっちゃえ!。)」

ぎゃーん、っぎゃんぎゃん

律「!」

唯「(まぁ!。)」

澪「(・・・・・。)」

じゃーん、どどん!

律「おいおい、何だよ二人ともー。カッコいいじゃん、いいじゃん!。」

紬「ぴったり合ってましたよ!素敵~!。」

唯「でしょでしょー!ねー、やって良かったでしょ、あずにゃん!!。」ニパー

梓「・・え。えぇ、ま、まぁまぁじゃないですかね。」

唯「もうー、あずにゃんったら、照 れ 屋 さ ん !。」スリスリ

梓「もう、引っ付かないで下さい!。」

律「いやいや、でも、いい感じだったよ!ステージのアクセントにもなるしさ、いいんじゃないかな!。」

唯「でしょ!律っちゃん隊員のDVD参考にしてみたの。」

律「!おお、あれか!早速取り入れたんだな!。」

唯「まぁ・・後は、あずにゃんが良いって言ってくれれば・・・演奏会でやってみたいかなー、なんて・・・。」チラ

梓「!・・べ、別に私は・・いいですよ!唯先輩がやろうというなら、やりましょう。」

紬「梓ちゃん、素直じゃないのね~。」

梓「に、にゃ!・・・。」

律「あははは、梓もまんざらじゃなさそうだしな!いいんじゃない!是非入れようよ!。」

澪「・・・・・・。」

澪「(いいなぁ・・・唯と梓。)」

澪「(私も、歌以外ならいろいろやってみたいんだけどな・・・でも私、左だから、

一緒にネックを上げ下げしても決まらないよな・・・。)」

ぼっ、ぼぼ~・・ん

澪「!あぁ!。」

どんどど・・・だだん。

律「おいおい、み~お~。何ミスってんだよ~。」

紬「澪ちゃん、珍しいですね~。」

澪「!!あ・・ご、ごめん。ちょっと手元が・・・。」

澪「ご、ごめん。もう一回、・・・やろう。」

律「ん~。じゃ、もいっかい、2フレーズ目からね!。」

どんだだどんだだ・・

澪「(まずいまずい!余計な事考えちゃ駄目だ!集中集中!・・・。」

律「ストップ、ストーップ!。」

どどん!

澪「?律、なんだよ?。」

律「澪!今日おかしいぞ!全然弾けてないじゃんか!。」

紬「・・・・・。」

唯「・・澪ちゃん・・・。」

梓「・・・。」

律「澪、そこ、フレーズ変えるんじゃなかったのかよ!。2フレーズ目って言ったじゃん。」

澪「?・・・あ!。」

律「あ!じゃないよ・・・如何したんだよ、澪。らしくないよ・・。」

澪「あう・・ご、ごめん・・・その・・・。」

紬「・・まぁまぁ、少し休憩にしない?今日はシュ―クリームなの!。」

唯「わーい、おやつおやつ~!。」

律「現金なやつだな、唯。」

こぽぽぽぽ・・・

律「ずずー。」

唯「ちびちび」

澪「こくこく」

梓「くぴくぴ」


律「まぁさー。唯もアクション入れれる位、余裕もって弾けるようになった訳だ。

感慨深いな。」

唯「ん~。でもまだまだだよ~。あずにゃんに教えて貰ってるし・・・。」

梓「でもいいと思いますよ、先輩。」

紬「ええ、とっても。」

澪「・・・・・。」


がたっ

律「?澪、どったの?。」

澪「わ・・悪い、ちょっと用事思い出した・・・今日は先に、帰るよ・・。」

唯「えー!えー!澪ちゃんだけずるーいー!。」

律「澪、具合でも悪いのか?。」

澪「い、いや、そうじゃないけど。ごめん、明日は自主練しておくから。じゃあ・・・。」

がちゃん。

律「?なんだあいつ・・・。」

紬「・・・・・シュークリーム、美味しくなかったのかなぁ・・。」ショボーン

律「(・・・澪の奴、殆ど食べて無いじゃん・・・・。)。」

律「ま、さ。取り敢えず残りのパート、一通り合わせてみるか!。」

梓「はい!。」

唯「えー、律っちゃん、今日はもう終わりにしようよ~。」

律「駄目だ、唯。唯は一つ覚えると一つ忘れちゃうんだから。通しでしっかりマスターしないと、

ギターソロ、梓と合わなくなるぞ!。」

唯「おおぅ、それはまずいよね!よーし、頑張る~!!。」

梓「もう、先輩、意気込みだけじゃ駄目ですよ!。」

紬「うふふふ・・・。二人とも息ぴったりですね。羨ましい・・・。」

律「(・・・・澪・・・・。)」


翌日

唯「あ~!!ムギちゃん、それー!!。」

梓「紬先輩、そのキーボード・・・。」

紬「うふふ、私もね、持ってたの!ショルダーキーボード!。」

唯「じゃさ、ムギちゃんも一緒にやろーよ!!。」

紬「ええ、そのつもりで。」

律「(・・・・ムギ、空気読めよ~・・・・澪がいじけちゃうじゃん・・・。)」

紬「?律ちゃん、どうしたの?険しい顔して・・・。」

律「(まぁ、ムギは天然だからなぁ・・他意はないんだろうな~。)」

梓「三人であわせるのって、何か凄いですね!わくわくします!!。」

唯「よーし、早速練習しようー!。」

紬梓「おー!。」

がちゃ

澪「ごめん、遅れた・・・・・。」

紬「あ、澪ちゃん!。」

澪「あ・・・ムギ、それ・・・・・。」

律「(あーあ・・・・澪、顔に出ちゃうからなぁ・・・。)」

紬「?。」

唯「澪ちゃん、ムギちゃんも一緒にソロパートできるように持ってきたんだよ~。」

澪「あ・・・・ああ、そうだな・・・それだと三人で出来るもんな・・・。」

律「(ほーれ。テンション落ちてきた・・・・。)」

律「でもさ、ムギ。横置きで練習してて、いきなりハンディで出来るのか?。」

紬「昨日練習したの!寝たのは今朝の4時!。」

律「(なんでそんなに気合入れちゃうんだよ、ムギ~・・・。)」

律「ああ、そうなんだ。じゃ、通しであわせるか。ムギ、それで合わないようなら横置きに戻すしかないぞ。」

紬「望むところよ、律っちゃん!。」

唯「おお~。やる気まんまんだー!。」

律「(やれやれ・・・・。)よーし、いくぞ、ワンツースリーフォ!。」


どんだだどんだだ・・・


律「(ぼちぼちか~。合うかな?ムギ。)」

ぎゃーん、っぎゃんぎゃん

澪「!!。」

律「(流石だな、ムギ。ばっちりだ。)。」


じゃーん、どどん!

唯「いえーい!!。」

梓「紬先輩、凄いです、キーボード、ばっちりじゃないですか!。」

紬「ええ。ちょっと自信なかったんだけど・・・・良かった!。」

律「いやぁ・・・やるな、ムギ。じゃ、これで行こうぜ!。」

紬「ええ!。」

澪「・・・・・・・。」

律「み、澪・・・いいよな、これで。」

澪「・・・何だよ、良いに決まってるだろ。軽音部の部長が良いって言ってるんだから・・・。」

紬「・・・・あ!!。」

唯梓「?」

律「(・・・ムギ・・・今気が付いたか・・・。)」

紬「あ。律っちゃん、あの、私・・・・・。」

律「・・・。」

紬「やっぱり、いつものキーボードで演奏するわ。」

唯「え~。なんでなんでー!!ムギちゃんもやろうよー!!。」

梓「(しまった・・・・私も浮かれてた!この曲・・・澪先輩が独りぼっちになっちゃう・・・。)」

梓「あ、唯先輩!これ、やっぱ辞めましょうよ、恥ずかしいし。」

唯「ええ~!なんであずにゃんまで!さっきあんなにばっり決まったじゃない!。」

律「(・・・ま、確かに。さっきのは三人とも、ばっちり合ってたなぁ~。唯も天然だからな。)」

澪「いいんだよ、ムギ。梓。遠慮しなくて。私は、自分の演奏で精一杯だからさ。」

唯「あ!。」

律「(唯・・・・遅いけど一応気が付いたか・・・。)」

唯「あ・・・あの~。私も、やめようかな、これ。」

紬梓「・・・・・・・。」

澪「いいって言ってんだろ!なんで遠慮するんだよ!私は気にしないよ。」

唯「み、澪ちゃん・・。」

澪「気を使われたら、もっと惨めになるからさ、唯。やろう!三人でさ。」

唯「・・・・みおちゃん・・・・・・。」ショボーン

律「(うう・・やばいな。空気が重い。ま、唯も良かれと思って提案したんだし・・・

唯にとっちゃ、進歩だよ。それにすぐ合わせる事の出来る梓のスキル、ムギの努力、流石だよ。)」

律「(でもなぁ・・澪・・・・・。)」


翌日

律「おいーっす!。」

紬「あ、律っちゃん。」

唯「あのね・・・律ちゃん・・・澪ちゃんが・・。」

律「?。」

梓「練習、休むって・・・・用事があるからって。」

律「(あらら・・澪の奴・・・。)」

唯「律っちゃんどうしよう、私の所為だよね・・・。」ショボーン

律「いや~、そんな事無いだろ。ま、取り敢えず、通しでチェックするか。」

紬「澪ちゃん無しで?。」

律「ん~・・・ま、日にちないし。取り敢えずね。」

梓「・・・・・。」


4