先生「?」

梓「そんな・・・は、恥ずかしいです・・・」

律「」

先生「!?」

律「(梓がバグった)」

梓「(失礼なっ!これなら気付いてもスルーしたくなると思いません?)」

律「(私は今目の前で起こってることをスルーしたいんだが)」

梓「(何言ってるんですか。じゃあ他に何かあるんですか?)」

律「(ないけどさ、下手したら不純同性交遊なんて言われて退学だろ)」

梓「(あ、そうですね。でも、これしか方法が思いつかなかったんですよ)」

律「(何その人生を左右する大きな博打)」

梓「(だから、せめて純情同性交遊に聴こえるように演技してくださいよ)」

律「(純情ってお前・・・)」

先生「お、おい?お前ら?」

律「(こうなりゃヤケだ)」

律「お前が・・・可愛いのが、いけないんだからな・・・?///」

梓「や、んっ・・・!」

律「いや、なのか・・・?」

先生「・・・」

梓「いや、じゃ・・・んっ・・・ない、です・・・///」

律「よかった・・・(やべー恥ずかしい、もう限界///)」

先生「えーと、なんだ、その・・・」

梓「だから、続き・・・してください」

律「!?(やっべ、演技だって分ってるのにドキッとした・・・///)」

先生「あーそっかー、そうだなー。先生の勘違いだったなー」

梓律「!?」

先生「誰もいなかった。誰もいなかったんだ、うん」

先生「・・・お前ら、次の授業までには戻れよ?」スタスタ

梓「(やった!やりましたよ!)」

律「(お、おう)」

梓「(先輩、こっち見てくださいよ)」

律「(いや、あと5分くらい待ってくれ)」

梓「(何言ってるんですか)」グイ

律「!?」

梓「せ、先輩、顔真っ赤・・・」

律「ううううるへー!お前がいきなりあんなこと言うから!」

梓「私だって死ぬほど恥ずかしかったですよ?」

律「じゃあなんで」

梓「だってバレたら色々まずいじゃないですか・・・」

律「そりゃ変な勘違いされるだろうけど」

梓「それもそうですけど・・・。誤解してたにせよ、保健の先生が私達をかくまってくれたんですから」

律「あ、そうか・・・」

梓「私達のことがバレたら、もしかしたら先生も立場も危うくなるかもしれません・・・」

律「そっか、梓の言う通りだな」

梓「私だって、あんな声出したくて出したわけじゃないですからねっ」

律「あ、ああ」

梓「それ聞いて律先輩は真っ赤になってるし、もうお嫁にいけないです。律先輩のエッチ」

律「だ、だって・・・その、ごめん」

梓「ここは『じゃあ私がお嫁にもらってやるよ』って言うところです」

律「じゃ、じゃあ私がお嫁にもらってやるよ」

梓「遠慮します」

律「なんだよー!」

梓「だから声が大きいですって!」

律「あ、っていうかトイレは?」

梓「あ」

律「えーと」

梓「やばいです、急にしたくなりました」

律「うん、わかるぞ」

梓「よいしょ」スルスル

律「いや、なんの躊躇いもなくパンツ下ろすなよ」アタフタ

梓「さっきの喘ぎ声の方が恥ずかしかったです。こんなものどうってことないです」

律「強い女だなオイ」

梓「っていうか本当にやばいです。恥ずかしがってる場合じゃないです」

律「よし、とりあえずあっち向いてるな」クルッ

シャー・・・

律「・・・勢いいいな、梓の」

梓「普段はもっと恥じらいをもって出しますよ、そりゃ」

律「本当か?」


梓「本当ですって、音姫の音量が小さいっていつも嘆いてますから」

律「あーそれわかる。あんなんじゃしっこの音、隠せないよな」

梓「よいしょ」ガラガラ

律「終わったか?」

梓「うーん」フキフキ、スルスル

梓「はい」

律「んじゃ私の番だな」

梓「先輩がしているのはカチューシャです」

律「いや、バンダナじゃなくて『番だな』って言ったんだよ」

梓「わかってます」

律「」


律「まあいいや」スルスル


シャー


梓「先輩だって勢いいいじゃないですか」

律「うるさいなー、切羽詰ってたんだよー」

梓「はいはい」

律「ってお前ー!なんでこっち見てるんだよ!あっち向けよ!恥ずかしいだろ!」

梓「はいはい」ニヤニヤ

律「いや、『はいはい』じゃないから!ちょっとマジで!」

梓「先輩、なかなか可愛いですよ?」


律「・・・もう、お嫁にいけない・・・」

梓「ふーん」

律「ここは『じゃあ私が貰ってるです』って言うところだろ!?」

梓「いいえ違います」

律「難しい、梓は難しいぜ・・・」ガラガラ

梓「先輩?」

律「なんだよ。っていうか拭く時くらいあっち向いててくれ、頼むから」

梓「あ、はい」クルッ

律「んで、なんだよ」フキフキ

梓「先輩の場合、最初から貰い手なかった可能性も大いに考えられるんで然程気にしなくても大丈夫ですよ」

律「最後の最後でフォローしているようにみせかけて追い討ちかけるとか!」スルスル

梓「(だって、先輩の旦那さんなんて想像できないんだもん。奥さんの方がよっぽど自然ですよ)」

律「な、なんだよ。黙ってこっち見て」

梓「・・・なんでもないです」

律「?」

梓「私は・・・素直じゃないんですよ」ボソッ

律「ん、今なんて?」

梓「なんでもないですよ。早く保健室に戻りましょう」

律「あ、ああ。そうだな」




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

律「よし、一日中保健室にいられるって経験もなかなかないから、満喫しようぜ?」

梓「満喫って・・・机とベッドくらいしかないじゃないですか」

律「それをどうにかして楽しもうってんだよ」

梓「無理ですよ」

律「そか」

梓「ええ、それとも、何かいい案があるんですか?」

律「待ってましたその言葉」

梓「なんですか」

律「とりあえずこっち来い」

梓「厭。無理」

律「何その難解な『イヤ』の漢字変換。心から拒絶されてるのが伝わってくるな」

梓「だって、こっち来いって・・・ベッドで何するんですか」

律「いいから」

梓「い・や・で・す」

律「このやろー」グイグイ

梓「いや、ちょっと、痛い・・・!」ズルズル

ガラガラ

律「カーテン閉めて、と」

梓「誰も来ないんだからわざわざカーテン閉めなくてもいいじゃないですか」

律「んーなんとなく」

梓「そうですか」

律「むっふっふ」

梓「何考えてるんですか。っていうかベッドで何するんですか」

律「寝るんだよ」

梓「・・・」

律「だって、1日中ずっと寝てていいとかすごくないか!?」

梓「・・・ガキ」

律「ん?」ニコッ

梓「いえ、なんでもないです」

律「早く寝ようぜ!」ワクワク

梓「はいはい」

律「あれ、嫌がらないのか?」

梓「なんで寝るだけなのに嫌がるんですか」

律「・・・昨日は『一緒に寝るのイヤだー』って言ってたくせに」

梓「言われてみればそうですね・・・」

律「どんどん感覚が麻痺してきてるのかもなー?」

梓「確かに、それはあるのかも知れません」

律「まあいいや、とりあえず横になろうぜ」ドサッ

梓「あ、はい」バフッ

律「ふいー極楽極楽っと♪」

梓「ちょっと、先輩。枕占領しすぎです」

律「この枕小さいよなー」

梓「そう、小さいんだから少し遠慮して頭置いてくださいよ」

律「そんな言うなら隣のベッドから枕だけ取って来いよ」

梓「律先輩も起きてくれないと、隣のベッドまで手が届きません」

律「イヤですー起きませーん」

梓「あーもーじゃあいいですよ!」ドサッ

律「おおう、顔近いな」

梓「枕小さいんだから仕方ないです」

律「だから隣のベッドから」

梓「律先輩言っても起き上がってくれないし、めんどうなのでこのままでいいですっ」

律「そ、そっか(マジで顔近いって。息かかってる・・・///)」

梓「ほら、寝ますよ」

律「ああ、そうだな」

梓「・・・」ジー

律「んー・・・」クークー

梓「先輩」

律「ん?」

梓「ちょっとそのカチューシャ外してください」

律「やなこった」

梓「いいから」

律「パンナコッタ」

梓「パンナコッタなんて食べたことないくせに」

律「う゛・・・あ、あるもん!」


梓「それ、外してくださいよ」

律「なんだよ、別にいいじゃん」

梓「昨日は寝るとき外してました」

律「今だって外そうと思ったけど・・・」

梓「けど、なんですか?」

律「誰かに外せと言われると外しにくくなる不思議」

梓「それはわからないでもないですが、どうしても外して欲しいんです、お願いします」

律「だからなんでだよ」

梓「・・・///」

律「んー?理由言わないと外さないぞー?」ニヤニヤ

梓「じゃ、じゃあいいです!やっぱ外さなくていいです!」

律「なんだよー、どっちだよー」

梓「いいから!おやすみなさい!」

律「ちょっと待ったー!」バサッ

梓「ちょっと、何で外してるんですか!」

律「ふははは、言われたとおり外してやったぞ!だから理由を言え!」

梓「汚い!私が理由言えないと踏んでの行動か!」

律「その通り!さあ言うんだ、梓!」

梓「・・・その」

律「その?」

梓「律先輩のカチューシャ取った顔、結構好きなんです」

律「は、はぁ?///」

梓「あーもー・・・!だから言いたくなかったんですよ!」

律「あーごめんって」

梓「律先輩は酷いですっ!」

律「ごめんってばー」

梓「ふん、おやすみなさい」プイ


律「なー、梓?」

梓「な、なんですか(うわ、やばいカッコイイ・・・)」

律「怒ってるのか?」

梓「怒ってないですよ」

律「絶対怒ってるじゃん」

梓「怒ってるんじゃなくて恥ずかしくて照れてるんですよ!」

律「え!?あ、そ・・・そうか」

梓「こんなこと言わせて、律先輩は本当に嫌な人です」プイッ

律「だー、ごめんって」

梓「むー」

律「なあ梓?」

梓「なんですか」

律「梓もさ、その・・・髪、ほどけよ」

梓「なんでですか。めんどくさいのでお断りします」

律「なー、お願い」

梓「・・・」

律「梓だって昨日は髪ほどいてただろ?」

梓「そりゃ、そうですけど・・・」

律「頼むって。お願いしますよー」コノトーリ

梓「な、なんで律先輩のお願いなんて聞かなきゃならないんですか」フンッ

律「なんでって、そりゃ梓が私の彼女だから」キリッ

梓「~~~///・・・な、成り行きでそうなっただけですから」

律「でも彼女は彼女だろー?なーいいじゃんいいじゃん」

梓「っていうか、私が先輩の彼女なんですか?」

律「へ?」

梓「先輩が私の彼女なんだと思ってました」

律「どっちもかわんないだろ」

梓「そんなんだから聡君にネコとか言われるんですよ」

律「んな!っていうかお前、あの言葉の意味わかってたのかよ!?」

梓「さっきトイレでやっと気付きました」

律「あのなー・・・。ま、いいや。話戻すけど、梓の言い分だと、私は梓の彼女で、じゃあ私からみた梓は?彼氏?」

梓「あれ。私男じゃないし、確かに変ですね」

律「だろー?お互い彼女だろ、そこは」

梓「そっか。そうですね・・・」

律「な?というわけで、可愛い可愛い彼女のお願いだぞ、聞くべきだ!」

梓「だから成り行きだって言ってるじゃないですか・・・もう、しょうがないですね」ホドキホドキ

律「おおう!」

梓「ほ、ほどきましたよ!」

律「うんうん、いいぞ」

梓「何がですか」

律「私、髪ほどいた梓になんかこう、ぐっとくるんだ」

梓「それって、さっきの私に気使って言ってるんでしょう?」

律「へ?」


梓「私が律先輩に恥ずかしいこと言ったから、私だけが恥ずかしい思いしないように」

律「ううん。マジだよ」

梓「え・・・?///」

律「髪ほどいた梓、本当に可愛いよ」

梓「~~~~~!!/////」

梓「そ、そんなこと言っても何も出ませんから!」

律「へいへーい」

梓「ほら、本当に寝ますよ?」

律「あ、ああ。その前に」

梓「なんですか」

律「リボン外そうぜ?ちょっと苦しい」シュル

梓「それもそうですね」シュル

律「そんでもってボタン開けようぜ」プチプチ

梓「これでもう苦しくないですね」プチプチ

律「よーし、準備万端!おやすみ!」

梓「はい、おやすみなさい」

律「・・・」

梓「・・・」


6