唯「あーあ、ばれちゃったよ……」

お姉ちゃんが唇を尖らせて、わたしのベッドに座りこんだ。
未だにお姉ちゃんは、わたしの恰好をしていた。
少しふて腐れているようで、お姉ちゃんはそのままベッドに寝転んだ。

唯「憂、ゴメンね。わたしがミスしたからバレちゃったね」

憂「気にしなくていいよ。それに本当はもっと早く気づかれると思ってたし」

わたしはお姉ちゃんに向かって微笑みかける。
内心、わたしは安心していた。なぜ、かはわからなかった。
ただ胸の内側に溜め込んでいたモヤモヤが消えたような気がして、わたしの唇は自然と綻んだ。
もっとも、お姉ちゃんは不満そうだったけど。

唯「よし! 決めた!」

お姉ちゃんが身体を起こして声をあげる。結んだ髪が大きく揺れた。

憂「なにを?」


唯「今度はもっと完璧に憂になりきってみせるよ」


また、わたしはなにかに胸を締め付けられたかのような感覚に陥る。
姿見にはわたしとわたしの恰好をしたお姉ちゃんが映っていた。


純「なるほど、なるほど。
  入れ代わりに失敗したせいで、かえって唯先輩はそれに夢中になっちゃったわけね」

憂「うん。お姉ちゃんって熱中すると止まらない、っていうか、周りが見えなくなっちゃうことがあるから」

純「憂のお姉ちゃんらしいね」

憂「そうだね」

純「それで? 憂が今の悩みと、どう結びついてるの?」

純ちゃんが牛乳のストローから口を離した。
一瞬だけ、わたしは言うか言わないか迷った。
この悩み――この不気味な感覚を、果たしてわかってもらえるのか。
逡巡するわたしに純ちゃんは、ごく自然に言った。

純「とりあえず喋ってみたら?
  わたしが確実に憂の悩みを解消できるってわけじゃないけど、話すだけでもけっこう違うと思うんだ」

憂「うん……ありがとう、純ちゃん。
  最初に言ったけど、自分がわからなくなってくるの」

純「…………」

憂「馬鹿みたいに思われるかもしれないけど、時々自分が、お姉ちゃんなんじゃないかって思えてくるの」

純「自分がわからなくなるって?」

憂「お姉ちゃんがわたしに変装するってことは、イコールでわたしもお姉ちゃんに変装するってことになるでしょ?」

純「そりゃあね。どっちかが変装してなかったら、同じ人が二人いることになるもんね」

わたしは眉をひそめてしまった。
同じ人? ちがう。わたしとお姉ちゃんは全くの別人だ。
自分が思っているより、露骨に顔に出ていたらしい。
純ちゃんがわたしの表情を心配げに覗き込む。

純「えっと……ゴメン。なにか気に障るようなこと言っちゃった?」

憂「……ううん。なんにもだよ。ちょっと、ね……。
  とにかく、そうやってお互いがお互いになりきっていくうちに、不安になってくるんだ」

純「……そっか」

純ちゃんは口を噤む。言葉を探しあぐねているようだった。

憂「前にね。軽音部のみなさんが家に来たの」

純「もしかして……」

純ちゃんはわたしとお姉ちゃんが、そこでなにをしたのか予想がついたみたいだった。

憂「そう、わたしとお姉ちゃんはまた、みなさんの前で入れ代わった」

純「バレなかったの?」

わたしは頷いた。
純ちゃんが感心したかのうように、或いは呆れたようにため息を漏らした。

純「なんて言うか……すごいね平沢姉妹。
  ……ん? でも、憂のお父さんたちには唯先輩がミスして変装がバレたんだよね。
  そのときは澪先輩にはバレなかったの?」

憂「全然。たぶん、澪さんたちはこれっぽっちも気づいていなかったと思う」

それぐらいわたしたちの演技は完璧だった。
完璧すぎて、自分で自分がわからなくなる。
本当はわたしがお姉ちゃんで、お姉ちゃんがわたしなのではないのか。
そんな馬鹿げた考えが脳裏をよぎって、わたしはかぶりを振った。

純「いや、でもさ」

純ちゃんが身を乗り出す。

純「憂は、憂だよ。少なくても――わたしの目の前にいるのは憂だよ」

憂「……そうだね」

そう、そのはず。



放課後。わたしはいつも通り、家に帰った。
部活に所属していないわたしは、必然的に家に直行することになる。
お姉ちゃんは軽音部があるため、わたしよりあとに帰ることがほとんどだった。

わたしは家の扉を開いた。
扉を半分以上開いてからようやく、なぜ鍵がかかっていないのかという疑問を持った。


 「お帰りなさい」


わたしより先に帰ってる人がいた。

 「お姉ちゃん」

わたしがわたしを出向かえた。

憂「な、なんで……?」

背筋を気味の悪い汗が伝う。
自分でもみっともないほど声が震えているのがわかった。

 「……どうしちゃったの、『お姉ちゃん』?」

わたしの目の前で、わたしは可笑しそうに微笑む。

 「部活はどうしたの? もしかして今日は部活、お休みだった?
  そうなら言ってくれればよかったのに。
  今、丁度コーヒーを煎れようと思ってたんだ。飲む?」

眩暈がした。わたしがわたしであるはずなのに、わたしの目の前にはわたしがいる。
いや、理解はしている。わたしの目の前で微笑んでいるのは、わたしじゃない。お姉ちゃんだ。

べつに珍しいことではなかった。
今までにも何度かあった。家に帰ったら、お姉ちゃんがわたしを演じて、わたしがお姉ちゃんを演じる。
ただ、今までとは決定的に違う点がある。
今までは互いが入れ代わるときは、事前になにかしら相談があった。


 「いつまでも玄関にいないで、上がりなよ。ここはわたしたちの家だよ?」


 「昨日のうちにバウムクーヘン買っておいてよかった」

わたしの目の前のテーブルに、バウムクーヘン(袋に入った一口サイズの)とコーヒーとフレッシュが置かれた。

わたしは今、お姉ちゃんの姿をしていた。
わたしとお姉ちゃんの間には既に暗黙のルールができあがっていた。
お姉ちゃんがわたしになるときには、わたしもお姉ちゃんになる。

 「どうしたの?」

尋ねられて、わたしはとっさに、なんでもないと答えた。
一瞬、わたし――ではなく、お姉ちゃんの顔が呆けたような弛緩した顔つきになる。

 「コーヒー、早く飲まないと冷めちゃうよ?」

それだけ言うと、キッチンに戻ってお湯を沸かし始める。

……どうしてわたしはこんなことをしているのだろう。
こんなことして意味などあるのだろうか?

わたしの顔が、カップの中の真っ黒い液体の中に映し出される。
そこに映ったわたしは、お姉ちゃんの顔をしていた。


憂「……!」

わたしは思わずフレッシュをカップの中に注ぎ込んで、スプーンで液体を掻き回していた。
厭だった。お姉ちゃんの姿をした自分を見るのが厭でしかたがなかった。
たちまちカップの中で渦を描いて、白と黒が溶けて混じっていく。
カップの中の黒と白のマーブル模様は、あっという間に茶褐色になった。

 「どうしたの、お姉ちゃん。食べないの?」

いつの間にかわたしの正面に座っていた『わたし』は首を傾げる。
得も言えぬ不安が胸を染め上げていく。
どこかで甲高い警告音がした気がした。

 「お姉ちゃん?」

わたしは目の前の彼女の手首を反射的に掴んでいた。
自分でもわけがわからなかった。
ただ、自分が意味にならない言葉を吐いていることだけは理解できた。

掴んでいた腕を引っ張り上げて、目の前の彼女を無理やりソファーに押し倒した。

 「……どうしたの?」

突然ソファに押し倒されたにも関わらず、彼女は特に驚いた顔をしなかった。


憂「……めて」 

彼女は冬の湖水のように穏やかな瞳でわたしを見つめた。
わたし――ちがう、お姉ちゃんの肩を掴む手が震える。
身体の芯が軋んで、皮が剥がれ落ちていくかのような漠然とした恐怖が、わたしを支配する。

憂「……やめて。わたしの『ふり』なんてやめて」

またどこかで警告音にも似た甲高い音が聞こえてくる。
けれども、わたしは構わず、お姉ちゃんに更に顔を近づける。

 「……なにを?」

憂「勝手にわたしにならないで。わたしは」

わたしだから。

そう言う前に、不意にお姉ちゃんが勢いよく身体を起こす。
半ば、突き飛ばされる形になったわたしは、したたかに背中を打ち付けた。

 「もう、ダメだよ。お姉ちゃん。ガスを使ってるときはその場から離れちゃダメなんだよ?」

湯を沸かしていたガスコンロのところへ行くと、彼女は火を消した。

再びお姉ちゃんがわたしのもとへと戻る。
わたしを見下ろして、めっ、と親指を突き付けてくる。
わたしがお姉ちゃんを叱るときに、よくするポーズだった。

わたしはなにも言えなかった。言葉が咽の奥から出てこない。

 「お姉ちゃん、ひょっとして疲れてる?
  あ、そっか。だから今日は部活を休んじゃったんだね」

わたしが納得したように頷く。
ちがう、そうじゃない。わたしはそもそも部活なんてしていない。
否定の言葉の代わりに、細く鋭い息遣いが唇から漏れた。

 「うん? どうしちゃったの? 元気ないよ?」 

憂「もうやめて……!」

ようやく言葉がまともな形となって出てきた。
もっとも、目の前の『わたし』は意味がわからないとでも言いたげに首を傾げるだけだった。

憂「憂はわたしだから。憂は、わたしなの。お姉ちゃんはお姉ちゃんでしょ!?」

わたし――の姿をしたお姉ちゃんはまた不思議そうな顔をした。



わたしは震える声で必死に言葉を紡いだ。


憂「ねえ、やめて……おねがいだからやめて。
  怖いの……だんだん自分がわからなくなるの。不安になるの!
  どうして……どうしてお姉ちゃんはこんなことするの? 楽しいの!? 楽しくないでしょ!?」


半ばわたしの声は悲鳴に変わりつつあった。
既にわたしは、床にくずおれていた。
それでも、もう一人のわたしは困ったような表情をするだけで、なにも言おうとはしない。

憂「わたしのふりをするのはやめて……」


 「ねえ、なにを言ってるの?」


低い声が上から降ってくる。
見上げると、わたしの姿をしたお姉ちゃんが、わたしを見下ろしていた。

 「っ……」

無意識に息を呑む。
お姉ちゃんはわたしの腕を乱暴に掴んだ。


洗面所まで強引にお姉ちゃんに連れていかれる。
わたしのふりをしたお姉ちゃんに。
わたしの腕を掴んでいる腕を振りほどくことは、それほど難しいことではなかったのかもしれない。
それでもわたしには、抵抗することなんてできなかった。

 「ほら、よーく見てごらん」

その声に促されるまま、わたしは洗面所に備えられている鏡を見た。
鏡にはわたしとお姉ちゃんが映っていた。

 「ほら、どう見てもわたしが憂でしょ?」

鏡の中のわたしが言った。
足許から恐怖が這い上がってくる。
鏡の中のお姉ちゃんは真っ青な顔をしていた。色を失った唇が細かく震える。

 「あ、あぁぁ…………」

わたしの唇から掠れた声がする。

いや、ちがう?

鏡の中のわたしは、ただ心配げにお姉ちゃんを見つめているだけだ。

 「お姉ちゃん。これでわかったでしょ。わたしがわたしなの」

 「ち、ちがう……」

頭の中で思考の糸が縺れかけている。
ちがう。鏡の中のわたしはわたしじゃない。
わたしは思考を無理やりにでも整えようと頭を振った。
なぜか鏡の中では、お姉ちゃんが頭を振る。

 「……!」

 「お姉ちゃん、もしかしたら風邪かもよ? ここのところ夜遅くまで勉強することも増えたし」

 「ちがう、ちがう……わたしが平沢憂なんだ……」

 「だから、わたしが憂だって言ってるでしょ?
  まだわからないの?」

 「ちがう! わたしが憂! お姉ちゃんはわたしじゃないっ!」

 「いいかげんにして」

霜が降りたかのような冷たい声に渇いた音が重なった。

自分がなにをされたのか理解するのには、しばらく時間がかかった。

 「……っ」

 「あんまり度がすぎるとさすがにわたしも怒るよ」

左の頬が痛い。わたしは、はたかれたのだ。
鏡を見るとお姉ちゃんが、呆然とした顔でわたしを見ていた。
はたかれた頬は赤くなっていた。

 「……どういうこと?」

疑問が無意識に口から出ていた。

はたかれたのはわたしのはず。
なのに、どうして鏡の中ではお姉ちゃんがはたかれているの?
自分の頬に触れる。頬が熱い。
はたかれたのはわたし。痛いのもわたし。


なのになんで、鏡に映って頬を押さえているのはお姉ちゃんなの?

 「わたし、これから洗濯するから。洗濯物とか部屋にない?」

鏡の向こうで、わたしが踵を返す。

 「待って……」

 「なあに、『お姉ちゃん』?」

 「わたしは……わたしが平沢憂なんだよ? なのになんで……」

 「……ごめんね。今忙しいからあとでまた話そっか」

 「待ってよ……」

 「うるさいよ、『お姉ちゃん』」

それだけ言うと、わたしの姿をした彼女は洗面所から去っていった。
そこにいたのはわたしだけだった。


鏡に映ったわたしは、平沢唯だった。



「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」
「わたしは誰?」「わたしは平沢憂?」「わたしは平沢唯?」



カーテンの隙間から差し込む朝日に呼び起こされるように、わたしは目を覚ました。
頭が痛い。身体が重い。なにかはわからないが強烈な違和を感じる。


「おはよう」


わたしの声によく似た声が聞こえる。
起きたばかりのせいか、その人物の姿ははっきりと見えなかったが、それでもシルエットから髪を結んでることだけは見てとれた。

 「昨日はあのあとすぐ寝ちゃったんだね」

あのあと……なんのことかはっきりと思い出せない。
けれども、頭に引っかかる疑問がある。

わたしは目の前の彼女にその疑問を尋ねた。


 「わたしは誰?」


彼女はごく自然に答える。


 「自分が一番わかってるでしょ?」


そう、言われたときわたしは違和感の正体に気づいた。
ここは、わたしの部屋ではなかった。
わたしは無意識に『わたし』の部屋で寝ていたのだ。

『わたし』は顔をあげてもう一度、影を見た。


 「ね? もう自分が誰だかわかったでしょ?」





        お わ り