唯「カーティス・メイフィールド、ジャケットかっこよかったね~」

梓「そうですね」

唯「『カーティス』だっけ、あの黄色いやつ……黄レンジャーってかんじ」

梓「戦隊モノですか……」

唯「りっちゃんって黄レンジャーだよね~」

梓「まぁ、ドラムとカチューシャが黄色ですから」

唯「私はレッドです!」フフン

梓「さり気にリーダーポジション……唯先輩はマスコットって感じです」

唯「戦力外通告!? あ、電話」prprprpr

梓(またタチバナさん?)

唯「もしもし、りっちゃん?」

梓「律先輩ですか?」

唯「うん……えっとー今新宿ー」

唯「そこどこの駅?……ふむふむ……あずにゃん、なんかねりっちゃんがみんなで集まろうぜ~って」

梓「今からですか?」

唯「まだ回ってないところがあるけど……」

梓「……また今度にしましょうか」

唯「そうしよっか」

梓(今日もずいぶん見たしね)

唯「わかったぁ~それじゃあね~」

唯「……あずにゃん、本当はまだ回りたかった?」

梓「えっと、でも今日はもう、ちょっとレコード屋はいっぱいって感じです」

唯「また、絶対来ようね」

梓「はい」

唯「へへへ」

梓(なんか、今日の唯先輩、お姉さんって感じ)

唯「それじゃあ、行こうかぁ~」

梓(憂はいつもこんな感じなのかな)

唯「どんぶらこ~どんぶらこ~」

梓「唯先輩? 駅は逆方向ですよ」

唯「……」

梓「どうしました?」

唯「あのね……申し上げにくいのですが、私、もう一回だけ見たいのものがあるのですが」

梓「……」

唯「ご、ごめんね! でもこれだけ! 本当に一瞬ですから!」

梓(やっぱ唯先輩だな)

唯「執行猶予を~」オウオウ

梓「ザ・フーですか?」

唯「うん、最初に見たやつ。あれやっぱり欲しくなっちゃって」

梓「でも、けっこう高いですよ?」

唯「へへへ、あれ買っちゃったら今月パーです。でもいいんだ」

梓「そういえば、あれだけは視聴もしましたからね」

唯「ジスズマイゼネレーションベイベー♪」

梓「やれやれ」

唯「なんだか一周した気分だねー」

唯「ザ・フーってW?」

梓「はい」

唯「だぶりゅ~……」パタパタ

梓(だいぶ手つきが慣れてきてる)

唯「アレ? ないなぁ……ない」

梓「ホントですか? 次のXに隠れちゃってるとか」

唯「うーん……ない。Vにもない。ないねぇ……」

梓「誰か買っていっちゃったのかもしれないですね」

唯「あぁ……」

梓「(すごく残念そう……)こ、こういうこともありますよ。レコードは一期一会ですけど、また見つかりますって」

梓(あう……今のよくなかったかも……)

唯「……そうだね。ふんす! また会おう! アディオス!」


……

澪「もしもし、ムギ?」

紬「は~い、ムギで~す」

澪「あのさ、今から出てこられる?」

紬「わたし、絶賛24時間営業中なの~」

澪「(妙にテンション高いな)あのさ、みんなでスカイツリー見に行こうと思ってるんだ。それで駅は……」

紬「ふむふむ……招致仕りました~」

澪「うん。なんかムギ元気というか、いいことでもあったの?」

紬「私はみんなのおかげで、毎日とても幸せです」

澪「そうかぁ」

紬「ねーえ、澪ちゃん、澪ちゃんの声って前から私、とても素敵だと思ってるの」

澪「あ、ありがとう」

紬「今ねぇ、いい曲ができそうなの。サビで転調させて澪ちゃんを鳴かせてみたいわぁ~」

澪「へ……?」



―業平橋


律「おいっすー」

唯「うめっしゅー!」

梓「新しい返しですか?」

澪「来たよー」

紬「おまたせ~」

唯「あれ? 聡くんだ、聡くんだ」

律「行きたいっていうからさ」

澪「じゃあ、聡もそろって写真撮ろうな」

聡「あ、はい。なんかスミマセン」

紬「うふふ、かわいい」

律「夜ギリギリ前だな。ツリー、写真に映んないんじゃないの?」

澪「これくらいの明るさがあれば大丈夫だと思うけど」

唯「ライトとかないのかな」

梓「クリスマスには試験でライトアップしたそうですよ」

紬「そう、残念ねえ」

唯「ほっ、私の携帯ちゃんで照らしてあげる!」ペカッ

律「なにぃ! 負けてられん! 田井中ムーンパワー!」ピカッ

聡「姉ちゃんは太陽拳使えばいいじゃん」

律「さぁとしーっ!」

紬「太陽拳ってなあに?」

唯「こうやってオデコ出して……天さん!」

紬「あはははははははははははははっっ!!」


澪「ふむ……」カシャ

唯「撮れたー?」

梓「やっぱり影が多いですね」

澪「まっ、こんなもんかな」

梓「ところで、さっきからムギ先輩が恐いんですが……」

紬「聡くん、あなたのお姉さんはとってもかわいい子なの。物知りだしエスコートもうまいし叩くのもうまいし」

聡「姉ちゃん、この人と普段何してんの?」

律「バンドだよ」

紬「いい音のするチョップなの」

澪「それじゃ、みんなで写真撮ろっか」

唯「はいはーい、私あずにゃんと写るー」

梓「ちょっ、腰のあたり撫でないでくださいよ」

唯「えぇ~。んもう、あずにゃんのイケズゥ」

澪「はい、撮るよー」カシャ

紬「次、私澪ちゃんと写りたいでーす」

律「そんじゃ、私が撮るよ」

澪「む、ムギ、なんで二の腕揉むの?」

紬「腕組んでるだけだよ~♪」

律「はい、チーズ」カシャ

澪「ひゃっ、そこ胸っっ」

紬「いい笑顔~♪」ニコニコ

唯「ほら、あずにゃん、ジャケットカメラに向けて!」

梓「恥ずかしいですよ往来で……」

唯「ほら、ボビーを見せて!」

澪「なんだそれ? レコード? 梓、撮るぞー」

唯「行くよ、あずにゃん! せーの、もんたら!」

――カシャ


梓「やっぱり恥ずかしいです……」

澪「うん、けっこうカッコよく撮れた。この梓、壁紙にしようかな」

梓「ちょっ、澪先輩!?」

紬「撮るよ~」

律「キリッ!」

澪「何を目指してるんだよ」

――カシャ

律「ほれ、聡も入んなよ」

聡「い、いいよ俺はー!」

律「なぁに恥ずかしがってんだ。はいはい、私と澪の間なー」

澪「あれー? 聡背伸びたね」

聡「はぁ。ども」

律(畏まっちゃってるのォ~)

――カシャ

律「サン、二ィ、イチ、キュー!」

唯「ふたりは!」ビシッ

紬「プリキュア!」ビシッ

――カシャ

澪「あ、唯鼻の穴全開」

律「あははは! ひどい美少女戦士!」

唯「カントクゥ~リテイクお願いしますよ~」

律「あ、ダメダメ、これもうゴーサイン出ちゃってるから」

唯「そんな……っっ!」

紬「カントクさん、私カントクさんと写りたいの~」

律「まったく琴吹ちゃんにはかなわんの~。どれ、よっこい正一。あ~そこのAD。僕ら撮って」

澪「誰がADだ」

唯「最後にみんなで撮ろうよ~」

聡「あ、俺やります」

澪「あ、ちょっと待って聡」

唯「お?」

澪「あのっ!」

観光客「ホワッツ?」

律(人に頼むのはわかるけど、なぜわざわざ日本語が通じなさそうな相手を……)

澪「く、く、く」

唯「英語でお願いするときって何だっけ?」

紬「Could you~よ」

澪「ヘルプ・ミー!!」

観光客「!?」

観光客「Are you ready, GIRLS?」

唯「イエスイエース!!」

観光客「OKAY! Here we go! ONE, TWO, THRRREEEEEE!!」カシャ

律(テンション高ェ……)

唯「イエーイ!!」

観光客「YEEEAAAHH!! You are so cool, BABIES!! You are so FUCKIN' COOOOOOLLL!!」

唯「オウイエーオウイエー!!」

澪「せ、せんきゅー!」

観光局「オーライ、ガール。ババァーイ!」

唯「バイバーイ」

紬「お気をつけて~」

梓「ふ、フレンドリーな人でよかったですね」

観光客「あ、ごめんなさい、一つ忘れてた。渋谷駅はどっちですか?」

律「日本語話せんのかい!!」


澪「やれやれ。今日はこんなところかな」

唯「ツリーはまだ出来てないんだねぇ」

紬「完成は次の冬ですって」

梓「未完成のツリーで記念写真かぁ」

律「なーんだよ、不満かー? 完成したときまた来る楽しみができただろー」

唯「そうだねー。また来ようねー」

梓「……そうですね」

唯「あずにゃんとはまた、ユニオンにも行かなきゃねー」

紬「ゆにおん?」

律「なんだおまえら、今日はデートかぁ?」

梓「ちっ、違いますっ!」

唯「え~違うの~?」

梓「もう! 唯先輩も変なこと言わないでください! もうっ!」

律「聡~おまえも澪と今度デートでもすればー?」

聡「は、はぁ!? 何言ってんだよ姉ちゃん!」

澪「デートかどうかはともかく、私は別にいいぞ?」

聡「え、あ、じゃあ」

紬「その前に澪ちゃん私とデートね!」

澪「へっ?」

紬「ねえ、澪ちゃん、赤マムシって飲んだことある?」

澪「赤マムシ!?」


――帰宅

梓「うん、ごめんね、今度は絶対憂も連れてくからさ。ホントだってばー」

梓「なっ、怒ったフリって……やっぱり憂って唯先輩とよく似てるね」ハァ

梓「ん、唯先輩が? いいけど」

唯「もしもしー? あずにゃーん?」

梓「はい、どうしたんです?」

唯「あのね、暴力温泉芸者さんのCD聴いてみたんだけど、演奏が始まらなくってさ~」

梓「えっ、不良品だったんですか?」

唯「うん……あ、話変わるけどさ、なんか最近近所ビリビリがうるさくてね~。お隣さんカラオケでミラーマン歌ってるみたい」アーサヤケノーヒカリノナカニー

梓「あ……唯先輩」

唯「ほい」タータカエボクラノ ミラーマーーーーーーン

梓「それがCDの中身です」

唯「え?」

  完