―いらっしゃいませ~。

澪(入っちゃった……)キョロキョロ

澪(すごい、昼間からみんなお酒飲んでる、あそこのおじさんも、こっちのおばさんも)

澪(普通のご飯って食べられるのかな……)

おばちゃん「お決まりですかぁ~?」

澪「えーっと……(えーとえーとああれメニューか)」

澪「あっ……あの、生姜焼き定食、っていうの、ください」

おばちゃん「定食のほうでいいのね?」

澪「は、はい」

おばちゃん「生姜焼き定食~」

澪(注文をしてしまうと少し気が楽になった)ホッ

澪(あそこのおじさん、顔真っ赤だなぁ。テレビは……競馬映してる)

澪(私みたいな人、他にいないな……家族連れか、お店のおばちゃんと仲良く話してるから地元の人なのかな)

澪(あ、よく見たら生姜焼き定食1000円だ……飲み屋さんだからかな)

澪「まだかな……」ソワソワ

おばちゃん「ごめんねぇ遅くなっちゃってぇ」

澪「えっ!? いえいえいえ!」


おばちゃん「はいお待ちどうさまぁ。生姜焼き定食ね」

澪「……」

<生姜焼き定食>
  • ご飯、味噌汁、生姜焼き、キャベツ
  • 味噌汁はワカメと豆腐
  • 生姜焼きはタレがかなりかかってる
  • キャベツ用にマヨネーズが添えてある

澪(普通に……おいしそうだ)

澪「いただきます」


澪「(生姜焼き……)もぐもぐ」

澪(甘いなぁ。でも口にちょうどいい)ムグムグ

澪「(味噌汁……)……ぶっ!」ゲフゲフ!

澪(すっごく熱い。熱すぎて味わかんない……ちょっと舌火傷しちゃった。冷めてからにしよう)

澪「生姜焼きおいしいなぁ」モグモグ

澪(あ、マヨネーズがタレと混ざっちゃった。大丈夫かな)

澪「……」

澪(あれ? おいしいなあ。マヨネーズかかった生姜焼き)

澪「……」モグモグ

澪(嬉しい発見。意外な組み合わせ。ちょっとコッテリ感が増すというか)

澪(これを今度詩にしよう。突然の出会い。でも運命的なカップリング~)

澪「ふふっ(あ、味噌汁冷めてきてる。ああ、ちょうどいいなぁ、このあったかさ)」


おばちゃん「あそのこの女の子、うれしそうに食べるねぇ」

おじさん「母ちゃんもあれぐらいのルックスだったらいいんだけどな!」

おばちゃん「何言ってんのバカだねもうぅ~」


澪(あ、エリって確か仏像好きなんだっけ。メールしてみようかな)パチッ

澪「ん、律からだ」


律『最近さ~澪ふくよかになった?』


澪「ブッ!!」

澪(あいつ~……いや冬になってから確かに体重計薄目で見るようになったけど! 今まさに食べちゃってるけど!)

澪「……」


澪『やっぱ体動かさないとダメだよな。ドラムとかさ。あとドラムとか』

律『(ノД`)・゜・』


澪「ふん!」パチッ

澪(そういえば、他のみんな今日はどうしてるんだろ?)


……

梓「それじゃあ、次はクラブミュージック館に行ってみましょう」

唯「クラブ(蟹)?」

梓「主にダンスミュージックですね。ハウスとかヒップホップとか」

唯「……(第一蟹体操~♪ チャーンチャラチャラーン)」モヤモヤ

梓「普段聴かない音楽に触れてみるのも勉強になりますよ」

唯「う、うん! 私、がんばるよあずにゃん!」

梓「はい!(なんかやる気だなぁ。ふふっ、これで今度から部活の練習も増えるかな)」


―いらっしゃいませー。

唯「な、なんかさっきまでとはまた別世界だね、あずにゃん」

梓「そうですね。やっぱり扱ってる音楽もパーティー用というか、スタイリッシュな感じですから」

唯「……(蟹カニパーティ♪ かにKANIパーティ♪)」モヤモヤ

梓「ここはCDとレコード両方ありますよ」

唯(蟹のパーティーかぁ……)

梓「えーっと、ここがテクノですね。ミニマル、ディスコ、ダブステップ……」

唯「……」プシュー

梓「私も分からないものが多いです。一緒に見ましょう……って唯先輩!?」

唯「カニ……カニ……テク?」プシュー

梓(許容量超えちゃってる!?)

梓「つまり、チェケラッチョイな音楽が専門だと思ってもらえば、たぶん大丈夫です」

唯「オッケーオッケー!」

梓(本当に大丈夫かな?)

唯「……あずにゃんや。このレコード、ジャケットがないよ? 真っ白。中古だから?」

梓「ああ、えっとですね、この手の音楽は12インチ、つまりレコードのシングルが中心なんです。もちろんそれに限らずでもあるんですけど」

唯「12インチ?」

梓「レコードの大きさのことですね。これはさっきまで見てたものと同じ大きさで、12インチです」

梓「でも中身は1曲から4曲くらいしか入ってません。これは視聴用以外に、実際にパーティとかでかけるために使われたりしますから。
  ジャケットはこんな風に真っ白なスリーブが多いですね。デザインがあるものもありますけど」

唯「ほあ……」

梓「えっと……ほら! これなんかデザインがついてますね」

唯「……S、K、R、E、A、M。スクリーム?」

梓「たぶんそう読むんでしょうね」

唯「あはは、これ間違ってるよ~。だってスクリームってSCREAMだもん」フフン

梓(ワザとなんじゃないかな~)

唯「チェケラッチョ~」

梓「……!(あれ、スロッビング・グリッスルだ! へぇ~ディスコ扱いなのかなぁ)」ゴソゴソ

唯「ねえねえ、あずにゃん。これカワイイ~」

梓「えっと、The Low And Theory……ATCQだったかな? 確かにオシャレですね~」

唯「あははは! ほら、こっちのコマネチみたい!」

梓「Midnight Maurauders……(確かすごい名盤とか言われてたような……)」

唯「ほわぁ、このへんの人、みんなアディダスのジャージだ。運動するのかな?」

梓(なんだか誤解を増しいるような……でも私このへん門外だしなぁ)

唯「うおっ! 8000円!? えっと……モーディマンン?」

梓(リカルド・ヴィラロボスって、確かミニマルテクノだっけ? うーん、私はまだこのへんは早いかも)

唯「ねえねえ、あずにゃん、私コレ買うよ~」

梓「スヌープ・ドギー・ドッグ……一応言っておくとこれラップですよ」

唯「イラストかわいい~」

梓(先に音楽について教えてから連れてくればよかったかなぁ)

唯「コレくださ~い」

唯「あずにゃんはまだお探しかな?」

梓「もうちょっとまってください……よいしょ」ゴソゴソ

唯「ここのレコードにかかったビニール、つるつるしてて好きだなぁ」

梓「ビニールですか……ん、えーっと、Move Your Body……」

梓(なんだっけ確かどこかで聴き覚えがああそうだ『24アワーパーティーピープル』のサントラに入ってたっけ
  そうだそうだ確かピアノで始まってドッチードッチーなハウスで確かこういうジャンルはシカゴハウスっていって
  えーとそうだそれでよく聴いた覚えが……)

梓「……私、コレにしますね」

唯「ま、ま、マーショル、じぇふぇる……」

梓「マーシャル・ジェファーソンって読むんですよ。唯先輩、英語の授業の方大丈夫ですか?」

唯「え、だっ、だいじょぉ~ぶだよぉ~?」

梓「勉強もがんばってくださいね」

唯「すみましぇんぬ」クスン


……

澪『それじゃあ、駅で待ち合わせね』


律「ったく~。なぁ~んでお前もついてくるんだよ~」

聡「いいじゃんかよ別にー。姉ちゃんたちだけ夜遊びとかずるいぞ」

律「夜遊びに行くわけじゃないっつの。澪が壁紙の写真撮りたいっていうからその付き添い」

聡「壁紙ってなんの?」

律「パソコーン。今日は昼間は浅草見物してたんだってさ~」

聡「それで連れてけって姉ちゃん言ったんだ?」

律「だって澪しゃんがどうしてもって言うから~」

聡「今日一日暇そうにしてたもんな、姉ちゃん」

律「……さぁとしーっ! コラ!」

聡「ちょっ、八つ当たりかよ!」

律「まだ時間あるなー。どこかで時間潰すかぁ」

聡「あ、じゃあ秋葉原行こうよ秋葉原」

律「……聡、今のうちに言っておく」

聡「なに?」

律「お前の年で彼女できないのはおかしくもなんともないからなっ!」

聡「どういう意味だよそれ!」

律「だって……買いにいくんだろ、ほら、ラブプラスとか」

聡「違うよ! ゲームだよゲーム! モンハン!」

律「姉ちゃんは弟の部屋で見つけるならエロゲーよりエロ本がいい」

聡「だぁから違うって!


―秋葉原


律「デッカイ広告だなぁ。あれはアニメ?」

聡「ゲームだよ。魔法使いの夜。延期だけどね」

律「ふーん。あの女の子とエッチしちゃうの?」

聡「あれは全年齢対応! あの会社は昔はそういうのあるけどこれは違うの! なのにわざわざPC対応なんだぜ!」

律(よくご存じで……)

聡「絵も武内崇じゃなくなっちゃったし、キレイなのはいいけど、一体いつ発売するんだか!」

律(思ったよりも弟はディープだった)

律「あ~姉ちゃんは勝手にブラブラしてるからさ。時間までそっちも好きなとこ行きな」

聡「そう? いいの?」

律「いいのいいの。ただし遅れるなよ~。そんじゃね~」

聡「わかったー」


律「まあ、あたしがいたら買いにくいものもあるだろ」

律「さーて、どうしよっかなー」

メイド「メイド喫茶でーす。どーぞー」

律「ああいう格好も学校だとできるけど、一人だと店に入ったり、着たりする気にはならないなぁ」

律「あ、そうだ、万世橋のカツサンドがあったっけ。それでとりあえず」

律「うーん、りっちゃん様孤独なグルメだわん」


―ありがとうございましたぁ。


律「これ(カツサンド)、漫画より高いんだよな」

律「うーん、上等上等」ムグムグ

律「ソースの味は男の子~ったって、女の子も食べますよ~っと」モグモグ

律「む……澪からメール」

澪『コレ さっきのご飯』

律「浅草で食べたのか。けど、これ私が貸した漫画の影響だな」

律「生姜焼き? おいしそ~……」

律(なんかタレ濃いなぁ。だいぶ甘いんじゃないのコレ。まあ、今度澪が来たとき作ってみるか~)

律「えーっと……『生姜焼き? しょうかしょうが~ アレ ところでコレ男の顔写ってね?』っと」

律「おお、返信はやい。さすが……って電話か」prprprpr

律「はいはーい」

澪「写ってないよ! なんにも写ってないってばぁっ!!」

律「そっかなぁ……ほらぁ、茶碗の真横に物欲しげに口をぱかぁっと開けたやつが」

澪「いないのー! なんにもいないんだってばぁー!! ナンニモイナイナンニモイナイナンニモイナイ……」

律「それよりさー」

澪「あ、そっ、そうだ! いいいい今から浅草寺戻ってお祓いしてもらえばっ!」

律「はいはーい。澪ちゃーん、そろそろこっち帰ってきてね~」

澪「あとで覚えてなさい」

律「はい……いや、澪とこの後合流するのはいいんだけどさー。唯たちは今何してんのかな?」

澪「ああ、そっか、都合がつけばみんな一緒に行くのもいいよな」

律「だしょ~?」

澪「だしょって何?」

律「私は唯と梓に電話してみるからさ、澪ムギに声かけてみてよ」

澪「うん、わかった。それじゃあ、ちょっと切るぞ」

律「うっすー」

澪「切るよー」

律「リコピン!」

澪「……切る、からね」プププ

律「リコピンパワー」

澪「……」プッ アッハッハッハ

律「リコピンスマッ……あ、切りやがった」


4