梓「ここは主にオルタナロックとか前衛音楽を置いてるフロアですね」

唯「折る棚? 前衛? あ、なんかカワイイ曲がかかってる」

梓「ここはCDもありますよ」

唯「ホントだ。あ、スリップノットだ!」

梓「唯先輩、スリップノット好きなんですか?」

唯「前にね、さわちゃんが特訓してくれたときにDVD見せてくれたんだ~。みんなオモシロイ格好だよね」

梓「そうですね」

唯「あ、これも教えてもらったやつ、えーっと、ナイン・ミンチ・ネルズ?」

梓「お肉じゃないんですから……ナイン・インチ・ネイルズですね」

唯「うわっ、800円だ!」

梓「中古ですからね。このへんのバンドはだいたい1000円前後で買えますよ」

唯「へぇ~……これ買お」

梓「『フラジャイル』ですね(唯先輩のイメージとはだいぶ遠いなぁ)」

梓「えーっと」ゴソゴソ

唯「こっちはレコードなんだね」

梓「あ、スプーンだ」

唯「スプーン?」

梓「アメリカのロックバンドなんです。すごく演奏がカッコイイですよ」

唯「このジャケットだっけ? かわいいね。男の子が椅子に座ってる」

梓「たぶん一番新しいやつですね……私、これにします」

唯「なんだかジャケットかわいいと欲しくなってくるね~」

梓「内容がわからなくてもジャケットだけで買う人もいますよ。ジャケ買いっていうんです」

唯「ジャケ買いかぁ……ププ、シャケみたい」

梓「その発想はなかったです……」

唯「よし! 私もジャケ買いする」フンス!

梓「あんまり考えないで無心になってやってみるといいですよ」

唯「じゃあCDでやってみよう。無心……む、むむむむ!」スッ

唯「これ! あ、かわいい~」

梓「んん?」

唯「日本語だ。えーっと、暴力、温泉、芸者。変な名前~」

梓(これって中原昌也さんの前衛系のやつだったような……男の人がミラーマン歌ってるっていう……)

唯「中身はわかんないけど、うん、ジャケットかわいいからこれにするよ~」

梓「そ、そうですか~(うーん、本人は満足そうだしいいか)」


……

紬「ん……」

紬「あ、いけない。またピアノの上で寝ちゃった」

紬「ふわぁぁ……まだこの曲作ってる途中だわ。続きやっちゃお」

紬「たぶん、私たちってあんまりマイナーよりもメジャーのほうが合ってると思うんだけど……」

――ポーン、ポロローン

紬「よし! フーン、フンフンフーン♪」ポロロポロローン

紬「……澪ちゃんだったら、切ない感じとかうまく歌ってくれるかも」カキカキ

紬「えっと、こうかしら。よいしょ」ボーンボロロローン

紬「フンフン♪」ボーンボロボロボロボロ

紬「フーンフーン♪ フフフーンフフーン♪」ボボボボーン ポロポロポロ

紬「……ちょっと発声苦しいかな。でも澪ちゃんなら声でるかも」カキカキ

紬「うん、ちょっとくらい転調してもやってくれるよね。澪ちゃん歌うまいから」

紬「フフーン、フフフフーーーン♪」ボーンボンボンボンポロポロロロロロロ

紬「フッフーーン♪ フンフフフフーン!」ダーンッ ダーンッ ダーンッ

紬「フーーン! フフーーンフーーン!」ダンダンッダダンッ ポロポロポロ

紬「フンフンフンフンフンフン!!」ジャンジャンジャン パーーーンッ ジャジャジャッ

紬「ふんふんふんふんふんふんふんふんふんふんふんふぅーー!!」ダンダンダンダンダンダンダンダン


斎藤「お嬢様、失礼します」

紬「のっ、ノッてきたのおおおぉぉーーっっ!!」ダンダンダンダンポロロロダダンッ

斎藤「!?」


紬「あら、斎藤」

斎藤「ピアノも結構ですが、お休みをなさってはいかがでしょう。あまり無理をなさるのも体に毒でございますゆえ」

紬「そうねえ。あ、もうお昼」

斎藤「昼食の準備なら既に」

紬「その前にちょっと外に出てきます」

斎藤「は、ですが今から遠出をなされるのは……」

紬「そこのコンビニまでよ」



紬「あの人ももう少しフランクだといいんだけど……」

―いらしゃいませこんにちわー。

紬「えーっと、あっ、あったあった」

紬「この栄養ドリンクって、前から飲んでみたかったのよね」

紬「いっぱいあるけど、どれがいいのかしら」

紬「うーん……そうだ、せっかく外に出たんだから薬局まで行って買おうかな」

紬「うん、そうしよう。でも、お腹すいたし、ちょっと何か買い食いしよっ♪」

紬「と、その前に……」

男性客A「……」

紬「♪」

男性客B「……」

紬(わたし、コンビニで立ち読みするのが夢だったの~)

紬(漫画ってあんまりわからないけど、この都市伝説特集……すごく怖い)

紬(N県にあるトンネル……そこは全国的にも有名な心霊スポットであるが、当時23歳のBさんは友達と旅行がてら冷やかしにそこを通ることにした……)

紬(どうしてわざわざ夜中に行くのかしら……)

紬(『ねえやっぱやめようよ~』『大丈夫だって。ほら、なんにも起こんないじゃん』)

紬(外は暗闇。赤いライトに照らされたトンネルの中ゆっくり車を進めていくと……)

紬(『あ、あれ? エンストしちゃった』)

紬(『えーうそぉ!?』『おかしいな……』『だからやめようって言ったじゃあん!! ねえはやくなんとかしてよォ!』)

紬(『でもエンジンかからないのよ……ちょっと、さわんないで、邪魔しないでよもォ~』)

紬(『わたし、なにもしてない……』)

紬(『は? さっきから私の左腕……』)

紬(そこには後部座席から青白い手が彼女の左腕を掴んでいたッ!!)

紬「きゃああああああああああああああああああああああああ!!!!!!」

男性客「!!」ビクッ



紬「うぅ……恥ずかしいことをしてしまった」


紬『すひません! すひません!』


紬「もうあそこのコンビニ行けないわ……あ、薬局」

紬「もう早く買って帰ろ」

紬「えっと……昨日ほとんど徹夜みたいになっちゃったし、眠気覚まし的なのを買ってみたいけど」

紬「どれがいいのかしら……」

紬(なんとなく……刺激が強そうなやつを選べばいいんじゃないかしら)

紬「赤マムシ……これは強そうね。これひとつ」

紬「スッポン? トンちゃん? 隣にあるし一応コレも」

紬「ニンニクなんてある。これもキきそう~」

紬「あ、なぁんだ、眠気覚ましっていうのもあるんだぁ~」

紬「よし! こんなところかしら。すいませーん、これくださ~い」

店員「いらっしゃいま……せっ!?」

紬「♪」ニコニコ

店員(昼間から、若い、かわいい子が、精力剤買いこむって……)

紬「?」ニコニコ

店員「ご、ご出勤ですか?」

紬「え?」


……

梓「それじゃあ、次は外に出て、別館のジャズに行ってみましょうか」

唯「ジャズかぁ。あずにゃん、オットナァ~♪」

梓「はいはい。今までの本館から数件隣り……ここですね」

唯「お店の中が明るくて、なんだかオシャレな感じがする」

梓「さっきと違って外からも店内が見えますからね。中古は上なので階段あがりましょう」

唯「ほいほ~い」

唯「さっきのロックがあった所より全体的にすっきりしてるね」

梓「そうですね。私はここではあまり目当てのものはないんですけど、唯先輩は見ていきますか?」

唯「うん、ジャケット見る~」

梓(なんか楽しそうだなぁ)

唯「さっきの暴力温泉芸者さんは日本語だったから、また日本語の探してみよ」

唯「むむむ……」

梓「なにかイイのありました?」

唯「これ、えっと、高柳昌行さん? セカンド、コンセプト? これジャケットカッコイイ気がする」

梓「高柳昌行さんですか……(フリージャズのギタリスト……唯先輩って前衛方面が向いてるのかなぁ。でも中身わかってないし)」

唯「でも、ちょっと高いや。これはやめとくよ」

梓「そ、そうですか(なんだかホッ)」

梓「ジャズ館のまた隣のビルの3階がレコード専門なんですよ」

唯「へえ~」

梓「さあ、着きましたよ」

唯「ふおぉ……さっきよりも古そうなのばっかり。それにオジサンばっかりだね」

梓「若い人も来るとは思いますけど……見当たりませんね」

唯「それじゃあ、また見てみよっか」

梓「そうですね」

唯「ねえねえ、あずにゃん。私もあずにゃんみたいにしゅばばば~ってレコード見たい」

梓「そうですね、それじゃあ棚の一番奥のレコードを引っぱりだしてください」

唯「こう?」サッ

梓「これ、どう思います?」

唯「うーん……ジャケットかわいくない」

梓「それじゃあ、これを戻して、一つ手前のを取り出してみましょうか」

唯「ふんっ!」サッ

梓「こうやって、一枚一枚見ていくんです」

唯「え~。でもこれじゃすっごい時間かかるよ~?」

梓「スピード勝負じゃないんですから。それに慣れれば段々手つきも速くなりますよ」

唯「そっかぁ」

唯「あずにゃん先輩、リスペクトするッス」ゴソゴソ

梓「私、後輩なんですけど……」

唯「あ~ずにゃんのた~めな~らエンヤコ~ラ~♪」ゴソゴソ

唯「うーん……」ゴソゴソ ポイ

梓「これ、気になるんですか?」

唯「うん。とりあえず目に付いたのは出そうと思って~」ゴソゴソ

梓(コルトレーンの『ブルートレイン』かぁ。確かにジャケットかっこいいもんねぇ)

唯「ここにはもうイイのない気がする」

梓「え?」

唯「ぎゅうぎゅうにレコード詰めてあって……取り出すの、たいへん、だっと」ゴソゴソポイ

梓(ボビー・ハッチャーソンの『モンタラ』だぁ! これ確かウチにないやつだ!)

梓「ゆ、唯先輩? どういう基準で選んでるんですか?」

唯「ん~? もちろんカワイイかカワイクナイかですよ!」フンス!

梓「はぁ……カワイイかカワイクナイか」

梓(これはカワイイのかな……)←気になったら尼見てちょ

唯「ふぅ~。一仕事したぜぇ」

梓「結局選んだのは最初の2枚でしたね」

唯「うーん……」ジッ

梓「(すごい真剣だ……)店員さんに言えば視聴させてもらえますよ?」

唯「やっぱりいいや」

梓「えっ!? 両方ですか?」

唯「うん。だってこの人すっごい真面目な顔してて、ずっと見てると疲れそうなんだもん」

梓(真面目な顔って……まあ確かにコルトレーンの演奏ってすごくシリアスなものもあるけど)

唯「あずにゃんはどうするの?」

梓「あ、わ、私、先輩が選ばないならコレ(モンタラ)にしますっ!」

唯「そっかぁ~。よかったねぇボビー」ナデナデ

梓(やっぱり名前つけてる……いや、合ってるんだけど)

梓「ふぅ」

唯「あずにゃん、お疲れかい?」

梓「いえ! あ、でもお昼前から歩き回ってたから、ちょっと疲れたかもです」エヘヘ

唯「じゃあ、どっかでお茶にしようよ。ほら、3時だし。休憩!」

梓「あ、ホントだ。それじゃあ、そうしましょっか」

唯「ほぉ~かごは~ティータ~イム♪」

梓(そういえば他の先輩たちは何してるんだろ?)

唯「あずにゃんのビニール袋おっきくていいなぁ~」

梓「ここ、バッグも売ってますよ」

唯「でも2月25日にならないと売ってないんですよ、あずにゃん……」

梓「え……?」


……

澪「うわぁ……ここが雷門。初めて見たぁ」

澪「えっと、今だいたい3時か。これなら夕方にスカイツリー見る前にブラブラできるな」

澪「うーん、それにしても休日の人だかりすごい……」

澪「とりあえず浅草寺まで歩くか」

澪「やっぱり観光客大勢いるな。小さい人口のサラダボウル……」

澪(英語で話しかけられたらどうしよう)

澪「あっ……と、ここ、写真撮影の邪魔か」

観光客「ムゥ、マドモワゼール!」

澪(って考えてるそばからキタァ!? しかも英語じゃないし!!)

観光客「アァ……」

澪「アアアアアアイキャンスピークえんぐりっすぅ~!」

観光客「ユーアーメリカン?」

澪「のっ、ののっ、のの、ノノー!」

澪(エートエートエートエートエートエート!)

観光客「すいません、写真、お願いします」

澪「へっ?」

観光客「家族で、撮りたいです」

澪(日本語話せる人だった……)

澪(ゆっくりだけど発音キレイだった……)

澪「(しかも……)お菓子までもらっちゃった」

澪「ハァ……でもありがたくいただこう。むぐ」モグモグ

澪「あ、おいし」

澪「なんだろコレ? 衣がついてるけど中がアンコ。揚げ饅頭って言ってたっけ」

澪「ふむふむ……」モグモグ

澪「おいしいなぁ……あとで自分でも買おう」

澪「お店の数もすごいな……たぶんお寺まで一直線だと思うけど、迷いそう」

澪「この賑わってる感じ……うまく撮れるかな? よっ」カシャ

澪「あ、少し傾いてる。まあしょうがないな」

澪「! 旗が出てる。あれが揚げ饅頭のお店か。んー……でも帰りにしよ」

澪「おお! お寺までの道が開けた! あれが浅草寺!」

澪「ここから……よいしょ」カシャ

澪「うーん……デジカメはすぐにパソコンに取り込めるから楽しいんだけど。やっぱりLC-A持ってくればよかったかな」

澪「あれ!? また揚げ饅頭のお店がある!?」

澪「はぁ~……やっぱり人気なのかなぁ」カシャ

澪「さて。いよいよお寺の方に進むぞ~」

澪「煙が……お香、じゃあないよね。なんていうんだっけ。こういう煙ってだいたい厄除けみたいなやつだったと思うけど」

澪「みんな、頭に被ってる……私も」パタパタ

澪「そうだ。左手にもしておこうかな」パタパタ

澪「ベース弾きにもご利益がありますように……」

澪「じゃあ、本堂にお参りしよう」

澪「あ、その前にここの煙たいスペースも」カシャ

澪「5円ですみません」チャリーン

澪「……」

澪(家内安全、無病息災、あと、これからも軽音部のみんなと仲良くやっていけますように)

澪「……」

澪「ふぅ。よし! じゃあ……」

澪「ご飯にしようかな。うん、別にそっちが目当てじゃあないけど、うん、せっかくだしな」

澪「うん」


澪「うーん、おそばとかあるんじゃないかな。とりあえず適当に歩いてみるか」

澪「あれが五重の塔(定食みたいの食べたい)」カシャ

澪「歩いてみるとけっこうあっという間(甘味系でもいい)」

澪「あれ、お寺抜けちゃったかな?」

澪「まあいいや、ちょっとこっちのほうブラブラしよう(なにもパフェとか食べたいっていうんじゃないんです)」

澪「うーん、下町っぽい(なにか、食べたい)」

澪「ご飯が食べられるところ……」

澪「お店はたくさんあるみたいだけど、みんな飲み屋みたいだ」

澪「お、あれが花やしき」カシャ

澪「あれ? なんか商店街みたいなとこ出ちゃった。あ~……」

澪「まぁいっか。戻ってさっきの飲み屋みたいなところに入ろう」


3