山の里ぉ~ 山の里ぉに到着です

唯 「着いたよ! あずにゃん」

梓 「はい」

唯 「あそこにトイレがあるよ 走ろっ」

梓 「はっ、はい」

唯 「あずにゃん、頑張れ」

唯 「間に合ってよかったね」

梓 「よかったです」

唯 「静かな駅だね」

梓 「ここ、無人駅です」

ぐぅ~

唯 「おなかすいたね」

梓 「駅の外におそば屋さんが見えます」

唯 「あそこで、食べよっか」

梓 「はい」

唯 「あっ、でももう財布からっぽだ……」

梓 「大丈夫です。あずさ、お金持ってますよ」

唯 「ほんとに!」

梓 「はい、お兄ちゃんみたいに無駄遣いしませんから」

唯 「いくら持ってるの?」

梓 「100円玉5枚です。うまい棒いっぱい買えます」

唯 「あずにゃん、うまい棒好きだもんね」

梓 「はい」

唯 「となりのコンビニで小さいお弁当買おっか」

唯 「駅で食べるお弁当、おいしいね」

梓 「はい。おいしいです」

唯 「あずにゃん、いっぱい食べていいからね」

梓 「タマゴ焼きおいしい」

唯 「うん」

梓 「お兄ちゃんには梅干しあげます」

唯 「あずにゃん、梅干しきらいなの?」

梓 「そっ、そんなことないですよ!」

唯 「じゃあ、梅干しいただきまーす」

  にゃあ

梓 「ネコです」

唯 「野らかなぁ」

  にゃ~ん

唯 「そっか、おなかすいてるんだ」

梓 「分けてあげましょう」

唯 「あずにゃん、優しいね」

唯 「ごちそうさま~♪」

梓 「ごちそうさまでした」

1番線に電車が参りま~す

唯 「電車、来たよ」

梓 「にゃんこ、ばいばい」

 にゃあ~

ガタンゴトン ゴトンガタン

梓 「パパの駅はまだですか?」

唯 「う~ん……もうちょっとかな」

梓 「もうちょっとってどのくらいですか?」

唯 「次の次の次くらいの駅だよ」

梓 「つぎのつぎのつぎ」

唯 「そうだよ」

ガタンゴトン ゴトンガタン

ガタンゴトン ゴトンガタン

梓 「あずさ、気になってることがあります」

唯 「どうしたの? あずにゃん」

梓 「宇宙はどこまで続いてるんですか?」

唯 「さあ、どこまでなんだろうねぇ」

梓 「お布団に入るとそれが心配で眠れないんです」

唯 「あずにゃんが、心配しなくていいんだよ♪」

ガタンゴトン ゴトンガタン

ガタンゴトン ゴトンガタン

梓 「もうひとつ、気になってることがあります」

唯 「なに? あずにゃん」

梓 「みんな、死んだらどうなるんですか?」

唯 「さあ……どうなるんだろうね」

ゴーゴーゴー

唯 「あっ、最後のトンネルに入ったよ」

梓 「すごいです。 真っ暗です!」

ゴーゴーゴー

梓 「電燈が弓矢みたいに飛んでいきます」

唯 「ほんとだ、面白いね」

梓 「窓にあずさたちの顔映ってます」

唯 「窓に映ってるわたしたち、仲良しさんだね」

梓 「はい――でもトンネル長いです」

唯 「5分くらいだったかな」

梓 「トンネル、ほんとに出口あるんですか?」

唯 「だいじょうぶ♪ もうすぐだよ」

梓 「トンネル抜けました!」

ガタンゴトン ゴトンガタン

唯 「ねっ」

次はしおみ町、しおみ町ぃ~ 終点です

唯 「着いたよ、あずにゃん」

梓 「長かったですね」

唯 「あずにゃん、ドアとホームの間、空いてるから気をつけてね」

梓 「はい――さっちゃんはねっ♪ さっちこってゆ~んだ ほんとはねっ♪」

唯 (あずにゃん、ご機嫌だなぁ)

梓 「だけどちっちゃいか~ら ふふんふ ふん ふんふん……」

唯 (歌詞覚えてないんだ……かわいい)

唯 「改札通るから切符持った?」

梓 「はい」

唯 「……あれっ!?」

梓 「どうしたんですか」

唯 「わたしの切符がない!」

梓 「どうしよう、どうしよう」

唯 「どこかに落としたのかなぁ」

梓 「困った、困った」

唯 「大丈夫だよ! 駅員さんに説明すれば」

梓 「本当ですか」

唯 「たぶん……」

唯 「だから、そのぅ、ボクがどこかで切符落としたみたいで……」

駅員 「はぁ」 (弱ったなぁ)

唯 「その、だから、えーとボクは……」

駅員 (自分のことボクとか言って変な子だな)

唯 「だから、ボクはちゃんと切符は買ってて」

駅員 「できれば、料金を払ってくれないかな」

唯 「そんなぁ……」

梓 「お兄ちゃんをいじめるな!」

駅員 「 !? 」

梓 「お兄ちゃん、ちゃんと切符買いました! あずさ、知ってます!」

駅員 「お兄ちゃんって……別に疑ってるわけじゃ」

梓 「ウソです! お兄ちゃんをいじめるヤツ、悪者です!」

唯 「あずにゃん……」

駅員 「こっちは、料金を払えばいいって言ってるんだから」

梓 「いじめるな! えいっ! えいっ! えいっ!」

駅員 「痛っ、ちょっとおい」

唯 「あずにゃん、そんなことしちゃ……」

梓 「うあああああああああああああああああああああん」

駅員 (そんな大声で泣くなよ。うるさいなぁ)

梓 「ああああああああああああああああああああああああ」

梓 「ああああああああああああああああああああ」

駅員 「わっかたから、もう改札通っていいよ」

唯 「はい」

駅員 「今度同じことがあったら絶対、払ってもらうからね」

唯 「はい、ごめんなさい」

梓 「ああああああん うああああああああああああああ」

駅員 「絶対だからね」

唯 「あずにゃん……行こう……」

梓 「あああああああああああああああああああん」

唯 「よしよし」


梓 「ひくっ、ひぅ……ひぅっ」

唯 「もうすぐ着くよ。あずにゃん」

梓 「もう……ひくっ……すぐですか」

唯 「まだ、歩ける?」

梓 「へっちゃらです」

唯 「あの坂をのぼったらだよ」

梓 「坂の向こうに、パパがいるんですか?」

唯 「そうだよ」

梓 「坂、長いです。ずっと続いてます」

梓 「いち、にっ」

唯 「さん、しっ」

梓 「よいこらしょっ」

唯 「はあ~、もうちょっとだね♪」

梓 「はい――あっ! この匂い!」

テテテテテテッ

唯 「走ったら危ないよ♪」

梓 「海です!」

ザブ~ン ざぁざぁ

梓 「カモメもいます!」

唯 「あずにゃん、待ってよぉ」

梓 「お兄ちゃん、はやくっ、海ですよ!」

唯 「広いね」

梓 「波です! 誰もいません」

唯 「ちょっと、砂浜、歩こう」

梓 「足元、ざくさく言ってます」

唯 「裸足になると気持ちいよ」

梓 「くすぐったいです」

唯 「足の指に入ってくるね」

梓 「あそこに、ビン落ちてますよ」

唯 「あずにゃんは見つけるのうまいね」

梓 「緑のビン、きらきらきれいです」

唯 「疲れたね。ちょっと座ろう」

梓 「ひざで抱っこしてください」

唯 「ほらっ、おいで」

ザブ~ン ざぁざぁ

梓 「パパ、どこにいるんですか?」

唯 「きっと、あの海のずっとむこうだよ」

梓 「あの夕日が沈んでるところですか」

唯 「そうだよ」

梓 「遠いです」

唯 「だからビンに書類いれて送ってあげようね」

梓 「はい」

梓 「イヌの絵も折りツルも入れます」

ザブ~ン ざぁざぁ

梓 「じゃあね、ばいばい」

唯 「ばいばい」

梓 「ちゃんと届けてください、お願いです」

ザブ~ン ざぁざぁ

唯 「あずにゃん、こっちおいで」

梓 「ちょっと寒くなってきました」

唯 「でも、あずにゃんがいれば、わたしはあったかいよ」

梓 「お兄ちゃん、大好きです」

唯 「夕日……きれいだね」

~ 終わり ~