部室

梓 「お兄ちゃん」

唯 「一緒に帰ろっか、あずにゃん」

梓 「手つないでくれますか?」

唯 「うん! いいよ」

律 「おい! ちょっと待て唯」

澪 「いつから兄妹になったんだよ」

唯 「そんなことボクに言われても……あずにゃんまだ幼いんだし」

澪 「だいたい、女なのに自分ことボクって」

唯 「おかしいかな?」

紬 「いいんじゃないかしらぁ~」

澪 「いや、でも……」

梓 「お兄ちゃんをいじめないで下さい!」

唯 「ほらっ、あずにゃん泣いちゃうよ」

律 「あー、悪かった。ごめんな」


帰り道

唯 「コンビニで肉まん買って帰ろうよ」

梓 「だめですよ、晩ご飯に食べちゃだめです」

唯 「え~、あずにゃんのケチ」

梓 「憂お姉ちゃんにいいつけますよ」

唯 「でも、あずにゃんもほんとは食べたいんでしょっ」

梓 「ううう」

唯 「おいしいねっ」

梓 「はい! うまいです」

唯 「憂には内緒だよ」

梓 「内緒です」


平沢家

憂 「いたただきま~す」

唯梓 「……いただきます」

梓 (やばい、おなかいっぱい……)

憂 「あれ、梓ちゃん、食べないの?」

梓 「なっ、内緒です」

憂 「え?」

唯 (あずにゃん! それじゃバレちゃうよ)

憂 「さては、お菓子食べちゃったんでしょ」

梓 「内緒です。お兄ちゃんと約束したから」

憂 「お姉ちゃんっ!」

唯 「ぼっ、ボクは関係ないよ……」

憂 「めっ、でしょ」

唯 「はい、ごめんなさい」


唯の部屋

コンコンコン

唯 「入っていいよ」

梓 「お兄ちゃん……」

唯 「一緒に寝てほしいの?」

梓 コクリ

唯 「ほら、ベットに入っておいで」

梓 「いいんですか」

唯 「いいから、いいから」

梓 「抱っこしてください」

唯 「あずにゃんは甘えん坊さんだねぇ」

梓 「あ、甘えんぼじゃありません。やっぱり、抱っこはいいです」

唯 「ごめん♪ ごめん♪」ギュッ

梓 「ひゃっ」

唯 「あずにゃん、あったこい♪」

梓 「お兄ちゃんもおコタみたいにあったかいです」

唯 「ねぇ、あずにゃん」

梓 「何ですか?」

唯 「どうしボクがお兄ちゃんなの?」

梓 「ボクって言うからお兄ちゃんです」

唯 「でも、女だよ」

梓 「ボクって言うヒトはお兄ちゃんです」

唯 「そっか、そっか」

唯 「じゃあ、電気消すね」

梓 「ダメです」

唯 「でも、もう寝ないと」

梓 「暗いのいやです」

唯 (仕方ないなぁ)

唯 「じゃあ、昔話してあげるね」

梓 「ほんとですか!」

唯 「ほんとうだよ♪ むかぁ~し、むかし、あるところに……」

唯 「……というわけで二人はしあわせに暮らしましたとさっ」

梓 「ぐぅ~す~」

唯 「あずにゃん、寝ちゃった」

唯 「じゃあ、ボクも電気消して寝よっと」

梓 「す~す~」

唯 「あずにゃんの寝顔かわいいなぁ」

唯 「ちょっといたずらしてみよっ、つんつん」

梓 「ふにゅぅ」

唯 「ほっぺ、やらこい♪」

唯 「ほれ、つんつん」

梓 「ぅぅぅぅ」

唯 「ごめんね♪ おやすみ、あずにゃん♪」


次の日の朝

唯 「おはよぅ……あれっ、あずにゃんがいない」

憂 「お姉ちゃん、学校遅刻するよ」

唯 「えっ、は、はちじぃ! 遅刻遅刻!」

憂 「私、日直だから先、行ってるね」

唯 「はやく着替えないと」

憂 「朝ごはん作っておいたから」

唯 「憂、ありがとう」

憂 「梓ちゃん、ちゃんと学校に連れてってあげてね」

唯 「うん、いってらっしゃ~い」

梓 「憂の目玉焼き、おいしいな~」

ジリリリン ジリリリリン

梓 「電話だ!」

ジリリリン ジリリリリン

唯 「あずにゃん、出てぇ~」

梓 「はい、わかりました。任せてください」

梓 「もしもし」

唯 「ああ、遅刻遅刻」

梓 「たいへんです!」

唯 「大丈夫、もう着替えたからっ」

梓 「ちがいます! もっと、ずっとたいへんです!」

唯 「どうしたの?」

梓 「パパから電話でした!」

唯 「えっ、お父さんから?」

梓 「ちがいますよ! あずさのパパからです!」

唯 (でも、あずにゃんのパパは……)

唯 「でも、あずにゃんのお父さんは、遠い外国でお仕事してるんだよ」

梓 「でも、パパからでした!」

唯 (あずにゃんが生まれる前に死んでるはず)

梓 「会議に使う書類忘れたから会社に届けてくれって言ってました!」

唯 (まちが電話かなぁ)

梓 「たいへんです! たいへんです!」

唯 「ほんとうに、あずにゃんのお父さんからだった?」

梓 「はい! パパからでした!」

唯 「そっかぁ」(困ったなぁ)

梓 「早く行かないと! パパはほんとに、おちょこちょいです」

唯 (あずにゃん、嬉しそうだなぁ……)

梓 「あずさだけじゃなくて書類も忘れるなんて、困ったパパです」

唯 「そうだね……じゃあ、届に行こうか書類」

梓 「はい!」

唯 (今日は学校休まなくちゃ)

唯 (とりあえず、書類は適当にプリントを封筒に入れて……)

梓 「早くっ、早く行きましょう!」

唯 「はい、はい。って、そのリュックは?」

梓 「ここに書類入れてください」

唯 「遠足みたいだね」

梓 「ほんとに困りました! もう、てんてこまいです」

唯 (問題は、どこに行くか……だよね)

唯 「じゃあ、行こっか」

梓 「あっ、忘れてました!」

唯 「どうしたの?」

梓 「おみやげ忘れてました」

唯 「おみやげ?」

梓 「この前かいたイヌの絵と折りツルもっていかないと」

唯 「あずにゃん……」

梓 「お気に入りだけど、パパにあげます」

唯 「準備できた?」

梓 「はいっ」

唯 「じゃあ、行こうか」

梓 「いってきま~す」

唯 (とりあえず電車に乗るしかないよね)

唯 「あずにゃん、今日はいい天気だね」

梓 「葉っぱがきらきらしてます」


ワンワンワン

梓 「わんこです!」

唯 「ほんとだ!」

ワンワンワン

梓 「わんこ、なでてきます」

唯 「あずにゃん! 走っちゃダメだよ」

梓 「あいてっ」

唯 「こけた!」

唯 「あずにゃん、だいじょうぶ?」

梓 「泣きません、梓、泣きませんよ」

ワンワンワン くぅ

梓 「あははは、ぺろぺろしちゃだめです」

唯 「あずにゃん、手つなごっか」

梓 「はい」

唯 「えーと、とりあえず終点まで切符を買っておこう」

梓 「ボタン押したいです」

唯 「じゃあ、大人一枚と小人一枚で一番高いボタン押して」

梓 「とっ、届きません」

唯 「あずにゃん、小さいもんね」

梓 「抱っこしてください」

唯 「はい、はい――よいしょ」

唯 「電車こないね」

梓 「ここ各駅停車しかとまりません。がまんです」

唯 「あずにゃん、退屈?」

梓 「だいじょうぶです」

唯 「……」

梓 「……」

唯 「空、きれいだね」

梓 「雲が真っ白です」

唯 「もうすぐ、春だね」

梓 「お兄ちゃん、見てください」

唯 「イスがどうかしたの?」

梓 「落書きがいっぱいです」

唯 「ほんとだ。木の長椅子だから彫ってあるんだね」

梓 「あいあい傘がいっぱいです」

唯 「みんなしあわせそうだね」

梓 「あいあい傘書きたいです」

唯 「え? ボクとあずにゃんの」

梓 「だめですか……」

唯 「うううん、書こう――こうやって、傘を書いて――」

梓 「あ・ず・さ」

唯 「ゆ・いっと」

梓 「できました」

1番線に電車が参りま~す

唯 「あ! 電車が来たよ」

ガタンガタン ゴトンゴトン

唯 「あずにゃん、窓の外見ておもしろい?」

梓 「はい」

唯 「靴脱がないとだめだよ」

梓 「脱がしてください」

唯 「もう、仕方ないなぁ」

ガタンガタン ゴトンゴトン

ガタンガタン ゴトンゴトン

唯 「あずにゃんは電車大好きだね」

梓 「はい、大好きです。これからとまる駅の名前全部言えます」

唯 「将来は電車の運転手さんになるんだもんね」

梓 「各駅電車の運転手がいいです」

唯 「どうして?」

梓 「ゆっくりいろんな駅が見れます」

唯 「そうだね」

ガタンガタン ゴトンゴトン

ガタンガタン ゴトンゴトン

梓 「……」モゾモゾ

唯 「? どうしたの、あずにゃん」

梓 「……おしっこ行きたいです」

唯 「ええ! 次の駅までがまんできる?」

梓 「おしっこに聞かないとわかりません」

唯 「そんな……がまんだよ! あずにゃん、もう少しだから」

梓 「はっ、はい」

ガタンガタン ゴトンゴトン


2