紬「梓ちゃんこれ」

梓「どうしたんですかムギ先輩? 私のケーキならありますけど」

紬「あちらのお客様からです」

唯「えへっ」

梓「なんの真似ですか唯先輩?」

唯「一度でいいからやってみたかったんだよねっ」

紬「ね~」

梓「意味が分かりませんけど」

律「いらないなら私にちょうだい♪」

唯「あっ、ダメだよりっちゃん!」

梓「別に構いませんけど」

唯「あ、あずにゃあぁ~ん!」

梓「そのかわり真面目に練習してください」

律「それだけはお断りだッ!」

澪「即決するな!」

律「あいてッ!」

梓「……」

唯「いいからあずにゃんお食べよぉ~」

梓「それより唯先輩、練習しましょう」

唯「ん~、まだ波がぐわぁ~っとこないっていうか~」

梓「知りません」

唯「だから波がぐわーっとね?」

梓「唯先輩は飲み込み早いんですから、練習すればすぐ上手くなるのに」

唯「そ、そう? えへー、あずにゃんに褒められちった」

律「良かったな唯。これで思い残す事なくお茶を満喫できるな」

唯「うん!」

梓「なんでそうなるんですか!?」

澪「まあまあ落ち着け梓。お茶が終わったらちゃんと練習するから」

梓「本当ですね!? 絶対ですよ澪先輩!」

澪「うん。なっ、律?」

律「私にふるな。ムギパス」

紬「唯ちゃんパス!」

唯「シュ~トッ!」

律「あーっとッ! ポストに嫌われたァ!」

唯「まだだよ! まだボールは生きているよ!」

梓「そこまで練習を嫌う理由はなんですか……」

唯「う~ん……波?」

梓「それはさっき聞きました! 先生も何とか言ってください!」

さわ子「お茶の時は静かにしててね?」

梓「はい、分かってました」

唯「あずにゃん、今日も熱血だね!」

梓「ふ、普通だと思いますけど。先輩達がやる気なさすぎなんです」

唯「いーや、かつおぶしをかけたら踊り出しそうだよ!」

梓「じゃあ唯先輩に私のを輸血してあげましょうか?」

唯「おおっ、あずにゃんが私の中に!?」

紬「おもしろそう!」

律「でも確か血液型って合わないとダメなんじゃなかった?」

澪「O型は誰にでもいいらしいぞ」

律「へぇ~、梓お前何型?」

梓「ABです」

律「おお珍しいな!」

唯「大丈夫だよあずにゃん! 私Oだから!」

紬「私もだよ梓ちゃん!」

梓「あ、あの、冗談なんですけど」

律「逆でも大丈夫なのかよ澪?」

澪「く、詳しくは知らないよ」

律「何だ適当だなぁ」

澪「うるさい! お前が言うな!」

唯「ムギちゃん! 私達一緒なんだね!」

紬「唯ちゃん!」

唯紬「「ひっしっ!」」

梓「もう知りません。勝手にしてください」

唯「あるぇ~? あずにゃん嫉妬かにゃ?」

梓「違います! 何でそうなるんですか!?」

唯「あずにゃんぎゅう~!」

梓「きゅ、急に抱きつくのはやめてくださいって何度も……」

律「さすが唯。あの顔は陥落してるな」

紬「梓ちゃんの健気な抵抗……かわいいわぁ」

律「ムギは別の意味でイッちゃってるな」

澪「言っておくけど、練習は本当にやるからな!」

律「えぇ~!」

さわ子「アリエナーイ!」

澪「せ、先生……」

律「さわちゃん……嬉しいけどさすがの私もひく」

さわ子「何でよ!? サベツ!? サベツは良くないわよ!」


 いつもの放課後、いつもの軽音部。やっぱりいつもの調子で、今日も練習に
なりませんでした。こんなんじゃダメです、と梓は一念発起。

 休日、梓はティータイムの主であるムギ先輩を呼び出す事にしたのです。

梓「あっ、ムギ先輩! もう来ていらっしゃったんですか?」

紬「梓ちゃん、時間通りね」

梓「すみません。普通待ち合わせって後輩の方が早く来ているべきですよね」

紬「うふふっ、梓ちゃん真面目ー。私が勝手に早く来ていただけなのに」

梓「そうですね――あっ、いえっ」

紬「そう固くならないで。私梓ちゃんと遊ぶの、楽しみにしてたんだから」

梓「ムギ先輩……じゃあどこ行きましょうか?」

紬「梓ちゃんと一緒ならどこにでも」

梓「じゃあ、私の家でもいいですか?」

紬「梓ちゃんの家!? 行きたい行きたい!」

梓「あの……そんな目をキラキラされても。普通の家ですから」

紬「楽しみ楽しみ!」

梓「なんかムギ先輩って、かわいい人ですね」

紬「やだ、梓ちゃんには唯ちゃんがいるでしょ! 二股!?」

梓「ごめんなさい。その質問はスルーしますね」

 そうは言ったものの、二人でいれば自然と軽音部の話題が多くなってしまう
為、梓が完全にスルーする事は不可能でした。

 ともあれ、からかわれながらも、梓はムギ先輩を家に連れてくる事に成功した
のです。

梓「今日は親もいないし、気兼ねなくくつろいでください」

紬「ありがとう、梓ちゃん」

梓「はい」

紬「わぁ、レコードがこんなにたくさん!」

梓「お父さんの骨董品がしまい切れなくて、私の部屋まで占領してるんですよ」

紬「へぇ~……あっ! これ私も持ってる!」

梓「ちょっと待っててくださいね、今コーヒー持ってきますから」

紬「フレー、フレー! 頑張って、梓ちゃん!」

梓「あの……ひょっとしてムギ先輩、私をバカにしてます?」

紬「……えっ」

梓「ア、アハハッ! 頑張ります!」

 目を丸くしてキョトンとするムギ先輩を見て、梓は悟りました。

 ムギ先輩も唯先輩に負けないくらい天然なのだと。

梓「失礼ですけど、ムギ先輩って意外と子どもっぽいですよね」

紬「あら? うふふっ、そうかしら?」

梓「なんで嬉しそうなんですか?」

紬「これでも昔は、大人っぽいって印象持たれる事が多かったから」

梓「確かに私も第一印象はそうでしたけど」

紬「梓ちゃんこそ、そんなにかわいいのに中身は結構クールよね」

梓「わ、私は好きでこうしてる訳じゃないです」

紬「そうなんだ?」

梓「本当は澪先輩みたいになりたかったんです」

紬「澪ちゃんカッコいいもんね」

梓「はい。背が高くて綺麗で優しくて……友達の純も憧れてるし、私の理想像と
いうか、女の子だったらああなりたいって思いますよ。でも私なんか童顔だし
ちんちくりんだし、年より子どもに見られるし、大人っぽい髪型したって、
日本人形ってバカにされるし。でも外見だけで判断するならすればいいんです。
私は私だし、中身まで外見に合わせるつもりはないといいますか……」

紬「梓ちゃん……分かるよ私も」

梓「ハッ!? す、すみませんグチグチと私っ!」

紬「いいの。梓ちゃんは私と逆の意味で理解されなかったのね」

梓「あっ、抱き締めながら頭を撫でるのは反則です……」

紬「うふふ……」

梓「ムッ、ムギ先輩! 相談があるんですが!」

紬「なあに?」

梓「わ、私、先輩方の演奏に憧れて軽音部入ったんです!」

紬「は、はい」

梓「だから……」


 そして翌日。今日もまた、いつもの放課後、いつもの軽音部。
まったりダラダラ、練習しません。

唯「最近ブラきつくてムネが苦しいんだよねー」

律「なにッ!? 裏切りか? 裏切りなのかッ?」

唯「ごめんりっちゃん。私貧乳シスターズから脱退するよ」

律「くそぅ梓ァ、私達だけで頑張っていこうな? な?」

梓「嫌です。一人でやっててください」

律「な~か~のぉ~!」

梓「く、苦しいです! 首、首は反則じゃないんですか!?」

唯「あっ、りっちゃんいいな~」

律「なんだこの裏切り者ォ! 寄るんじゃねぇー!」

唯「やっぱ私も貧乳シスターズでいさせて!」

梓「うぎゅ」

律「こいつノコノコとー!」

紬「待ってみんな!」

澪「ムギ?」律「どしたムギ~?」唯「ムギちゃん?」

梓「ムギ先輩!」

紬「そ、そろそろ練習しない?」

律「お、おぉ?」

唯「練習……」

澪「そうだな練習、練習しようよ」

梓「やった! やりましょう今すぐ!」

唯「ムギちゃんがあずにゃんみたいな事を」

律「さては輸血したな?」

紬「え?」

梓「は、はい?」

唯「私にもあずにゃんの熱血を分けて!」

梓「れ、練習はどうしたんですか!」

唯「それ所じゃない!」

梓「な、なんでこうなるんですかぁーっ!?」

 今日もいつもの放課後、いつもの軽音部。おしまい。