「……え?」

私は耳を疑った。
……なに? セックスするか、死ぬか……?
なぜ、先輩はそんなことを言うのだろう。

「先輩」

「ん?」

「先輩は、わたしの気持ち、信じてくれてないんですか?」

こんなにも、好きなのに。
なぜ、こんな脅迫するようにして聞いてくるのだろう。
私は、先輩の柔らかい頬に右手を添える。

「好き、なんですよ」

「うん」

「信じてくれないんですか」

「ううん」

「じゃあ、なんで」

そんな聞き方するんですか。

「私もあずにゃんのこと、好きだよ」

いつもの、柔らかい笑顔、なのに。

「でもね」

私の右手に、先輩の左手が添えられる。
その手は小さく震えていた。何かに脅えるように。

「せん、……ぱい?」

「ねぇあずにゃん、しようよ」

先輩の顔が近づいてくる。私は、そっと瞼を伏せた。
唇が触れ合う。熱い。柔らかい。気持ちいい。

「……ん、せんぱ……」

離して、また触れ合わせる。
触れるだけだったキスは、次第に深く、長くなっていく。
頭がじんとする。とろけていくような感覚。

「……ちゅ、んっ……っは」

「せ、んぱ……いっ、……どうし、……んぅっ」

もう、何も考えられなくなってくる。
先輩のこと以外。

「……は……っ……」

やっと唇を離してもらえた。
舌と舌とを細い唾液の橋がつなぐ。それは細く細くなっていき、名残惜しそうに、ぷつりと切れた。
唇の周りの唾液が外気に触れて冷たい。
もっと、もっと、先輩の熱が欲しいよ。

「……いいですよ、先輩。セックス、しましょうか」

肩で息をしている唯先輩。どことなく不安げだった表情が、少しだけ明るくなった気がした。

先輩は、甘い声で私の名前を呼びながら、嬉しそうにすり寄ってくる。

「あずにゃあん……」

「はい、唯先輩……」

唯先輩を、やさしくベッドに押し倒していく。
赤らんだ顔がいつもより余計に可愛く思える。

「なんで、死ぬか、セックスするかなんですか」

私は唯先輩の顔のすぐ脇に両手をついて、覆いかぶさる。
私から、そして質問から逃がさないように。

「だって」

それが、当り前だといわんばかりに。

「そう言わないと、あずにゃん何もしてくれないでしょ?」

……え?
がつんと、頭を殴られたような気がした。
それだけの衝撃が私のなかを駆け巡っていった。

「どういう、ことですか……」

やっとそれだけ、声を絞り出せた。

「だって」

悲しげな、表情で。

「いつも、私からじゃん」

抱きつくときはもちろん、「好きだ」って気持ちを伝えた時も、初めて手をつないだときも、初めてキスをしたときも。
いつも、全部、唯先輩から。

「あずにゃん、ホントに私のこと好き?」

そうか。そうだったんだ。

「好き……ですよ」

先輩は、にっこりと微笑んで。

「嘘だぁ」

先輩は、私の首に両手を回しながら言う。

「あずにゃんはいつもそう言ってくれるよね。私が『好き』って言ったら、『好き』ってちゃんと返してくれる」

それに、偽りはないんですよ……?
好きで、好きで、好きで、もうこれ以上ないってくらいに、あなたのことが好きです。

「でもね」

気がつけば、先輩の目は涙であふれていた。

「同情なんか、しなくていいんだよ? あずにゃん」

私、は――――。


「ごめんね、さっき、嘘ついた」

――――私の気持ち、信じてくれてないんですか?

「信じて、なかったよ」

信じれなかったよ、と。先輩は、嗚咽まじりの声で、悲しそうにつぶやいた。

「唯……せんぱ……」

私は、なんてことをしていたのだろう。なにをしているんだろう。
先輩は、不安だったんだ。

「……あずにゃん、ごめんね。『死ぬかセックスするか』っていうのはちょっと言い過ぎたね」

いつも、先輩はどんな気持ちで接してくれていたのだろう。
先輩は私を好きでいてくれて、それを少しでも行動で伝えようとしてくれていたのに。

「私たち、もう終わりにしよっか」


その言葉は、私に重く、重くのしかかって。

「……やです」

「え? だって、あずにゃん私のこと好きじゃないでしょ? もう無理しないでいいんだよ」

きっと、さびしい思いをいっぱいさせてしまった。
私は、自分のことしか考えてなかったんだ。
すごく、くやしくなる。

「あ、でもね、さっきはちょっと嬉しかったよ」

まだ…………、まだ、やり直しはききますか。
今からでも遅くはないですか。

「あずにゃんから押し倒してくれたとき。えへへ、決心がちょっとにぶっちゃったよ」

最初から、これで最後にするつもりだったんですか。

「でも、もういいやぁ……」

そう言って、ふっと笑う。
そんな、こと、言わないで、ください。そんな、ふうに、笑わないで、ください。


「あずにゃん?」

苦しくて、でも唯先輩はもっともっと苦しかったんだ。

「なんで、泣いてるの?」

「……え」

真下にある唯先輩の顔に、ぽたりぽたりと、私の涙が落ちていく。
唯先輩のと私の。ふたりの涙が混ざりあって、悲しみの色をさらに濃くしていく。

「すみませ……っ、わた、しっ……」

「ううん……」

先輩は、ぐいと私の顔を引き寄せて、目元に口づけてくれた。

「しょっぱい」

至近距離で、先輩の甘いにおいがひろがって、目には唯先輩以外映らなくて。

「でも、あったかいね」

そう言って、先輩の唇が私のそれに軽く触れた。
先輩のほうが、あったかいです。


「ごめんね」

先輩は、今にもこぼれ落ちそうなくらい、目に涙をためていて。

「キス、しちゃって」

ぐっと肩を押されて、唯先輩の上からどけられる。
先輩は座りなおして、私の目を真っ直見て言った。

「……ぃ、え……」

私は先輩の目を見れなかった。
自分が、嫌になる。
否定の言葉でも、叫べばいいのに。言葉だけじゃ解決しないとわかりながらも。

「……もう、帰るよ」

バイバイ、あずにゃん、と。




真っ暗な、闇の底へと突き落とされた気がした。



――瞬間、私は。





「……あずにゃん?」

「……ゃだ…………っ」

部屋を出て行こうとする先輩を、ぎゅっと抱きしめていた。
私より、ちょっとだけ背の高い先輩。
あったかくて、やさしくて。

「いかないで、くださぃ……っ」

涙が、あふれてくる。
私は、こんなに幸せなぬくもりを失いたくない。
すごく、すごく愛しくて、抱きしめる両腕に力を込めた。
私はやっぱり、こんなにも唯先輩が好きなんだ。


「すき、です。せんぱい」

今までも、これからも。

「離れたくないです……っ」

ずっと。

「バイバイなんて、や……です……」

さよならをしたら、もう、きっとあなたに会えない気がした。

「…………」

唯先輩は、何も返してくれない。

「先、輩……」

でも、いい。
私は、もっともっとたくさん、先輩に返さなくちゃ。

「ごめんなさいっ……、わたし……っ」

「……ごめんね、あずにゃん」

言葉をさえぎるように、唯先輩は言った。
先輩の手が、彼女に回している私の両手に触れた気がした。


「ほんとは、わかってたんだ」

ぽつりと、小さな声で先輩は続ける。

「……ぇ?」

「あずにゃんが、ちゃんと私を好きでいてくれたこと」

気持ちは、ちゃんと伝わっていた。
なら、どうして。

「ずっと、私を大切にしてくれてたんだよね」

部屋には、唯先輩の声だけが響く。
この部屋だけ、外の世界から切り離されたような感覚だった。
ふたりだけの、世界。

「わかってたよ」

唯先輩となら、永遠に、この世界の中でもいいと思えた。
相変わらずこの世界は、風の音も、鳥のさえずりも、時計の秒針の音さえも聞こえない。
その中で、唯先輩の声だけが私の鼓膜を震わせる。

「あずにゃんが照れ屋さんなことも」

部活中に抱きつくのは、私との仲の良さをみんなにも見せつけたかったから。
私は恥ずかしくていつも、やめてください、と突き放していた。

「あずにゃんが、私のためを思ってくれてたことも」

ふたりで遊びに行こうと誘われた時も。
先輩は、今年受験なのに。私を気づかってくれている。すごく、うれしいかったけど。
邪魔はしたくない。きっと私がいたら、先輩は私に構ってくれる。重荷になってしまう。
先輩は、やさしすぎるから。
だったら、私が、初めから距離を置いておこう、と。

「でもね、つらかった」

そう、思ってた。
先輩の意見を聞かずに、自分で、勝手に。自分のことしか、考えてなくて。

「ホントは、私のこと好きじゃないんじゃないかなって」

だいすきだから。
大切にしたくて、彼女を一番に考えて、最善だと思ってとった行動が、逆に彼女を傷つけていた。

「ちっちゃな不安だったんだけどね、それがだんだん大きくなって、胸が押しつぶされそうだった」

そんなことも知らないで、私は、なんて自分勝手なことを。
先輩は、それ以上、なにも言わなかった。

「っ……、わたし、……ごめ、んなさ……っ。せっ、先輩の気持ちもっ……かんがえ、ないでっ……」

私より、先輩のほうがつらかった。
わかってるけど、あふれる涙を止められない。

「あずにゃん、泣かないで」

こんな時でも、なんでこんなに優しいんですか、唯先輩。
あなたのほうがつらかったでしょう。

「せっ、せんぱ、い……っぅ、すき……ですっ、すきです……っ」

「ありがとう、あずにゃん」


私は、先輩の背中を涙で濡らし続けた。
部屋には、しばらく私の嗚咽だけが響いていた。




……どれくらい、時間がたったのだろうか。私は落ち着きを取り戻していた。

「唯先輩」

やっぱり、私は先輩と終わりになんてしたくないです。

「キス、していいですか」

先輩が、その言葉にびくりとする。
少しの間沈黙が流れて、やがて先輩は小さく、こくりと頷いた。

「…………」

私が抱きしめていた力を緩めると、先輩は何も言わずにこちらに向き直ってくれた。
――先輩も泣いてたんですね……。
さっきされたように、今度は私が先輩の目元にキスを落とす。

「しょっぱいですね」

「……涙だもん」

「でも、すごくあったかいです」

「…………ん、ぅ」

言って、唇を重ねる。
さっきキスしたときよりも、そこは熱く感じられた。
軽く押しつけて、ゆっくりと離していく。

「……もう一度しても、いいですか」

「……う、ん………」

先輩の顔が真っ赤だったのは、窓から西日が差しこんでいるから、だけではないと思う。
きっと私も、真っ赤だ。

「先輩」

「……ん?」

「だいすきです」

その言葉に、小さく微笑んでくれる。
さらに赤く染まる先輩のやさしい顔に、からだの芯が、じんと熱くなった。


先輩を正面から抱きしめて、唇を合わせる。
舌で、さらりと先輩の唇をなでると、遠慮がちに小さく隙間を空けてくれる。それを押し広げて先輩の口内へ入っていく。

「……ん……、ちゅ……っ、ふっぁ」

ふたりの息が重なる。どちらのものかわからない唾液が、口の端からこぼれおちる。
もう、わからない。このままとけて、ひとつになってしまいたい。そんな幸福感が私を支配する。
もっと、先輩が欲しい。

「っ、……は、ぁ……」

先輩も、同じ気持ちでいてくれたら嬉しいんだけどな。

「……ぅ、……ひっ……く」

「え……!? ……ぁ、唯……先輩?」

突然、唯先輩の嗚咽が響く。
どうしよう、何かマズイことをしてしまったのだろうか。
原因はさっぱりわからない。

「……っ」

先輩が、私の背中に手を回して、ぎゅっと抱きしめてくれた。



「……あ、の……」

先輩の抱きしめる力が更にきつくなる。
だけど私は、力を込めて抱き返すことができなかった。
力を込めたら、先輩が壊れてしまいそうで。

「うっ……、ぇ、……っ」

嗚咽に混じって、ごめんね、と聞こえた気がした。

「あずにゃん、……っ」

「…………はい」

「っ、ぁ、……あずにゃんがっ、すきっ……だよぉ……っ」

先輩は、私を抱きしめたまま、泣きじゃくったまま、それでもはっきりと、言ってくれた。


「唯……先輩」

きゅっと、先輩が抱きしめる腕に力を込めてくれる。
私に、もう離さないよ、って。全身で伝えてくれているように思えた。
あったかくて、うれしくて。
苦しいとか、きついとか、そんなのどうでもよくて。

「……せんぱい……」

何よりも。
私をすきだと言ってくれたことが嬉しくて。

「あずにゃん……っ、ごめんねっ……わたし、が、」

先輩は泣きながら。

「ひっ、ひどぃ……ことっ……!!」

……もう、いいですよ先輩。


「やっぱり、ね……っ、だめ……だよぉ……、っ……あずにゃんと、じゃなきゃっ……ぁ」

あずにゃん、ごめんね、と。
あずにゃん、だいすき、と。

「……先輩」

先輩は、泣きながら、泣きながら。
泣かないでください、そう言っても、涙は止まらずに。
言葉と想いも、一緒にあふれてくる。
全身で、「ごめんね」と「だいすき」と一緒に。
私はただ、唯先輩をだきとめる。

今度こそ、先輩を、ぎゅっと抱きしめる。
壊れてしまうんじゃないかと怖かったけれど。
きっと先輩も、そうしてほしいって思ってる、はず、だから。
今度こそは、しっかりと。

「先輩」

もう離さないよ、と。

「だいすきです」




終わり



2  ※おまけ(別の話)