澪「な、なぁ……明日じゃだめか?」

唯「えー、せっかく頑張ったのに……」

澪「ほら、もう遅いし……と、泊まってけよ///」

唯「え!いいの!」

唯「わーい、澪ちゃんのお布団♪」

澪「ほら、暴れるな!」

唯「ふふ、お泊り久しぶり~♪」

その日、なぜか澪の両親は帰って来なかった



澪「ふわぁ……ん?」

唯「うーん……」

澪(わわっ、唯に抱きついちゃってた///)

唯「んん……あ、澪ちゃん、おはよ~……」

澪「ふぅ、結局ママ達帰ってこなかったな」

唯「澪ちゃーん、朝ごはんは?」

澪「ずうずうしいな……うーん、ママもいないし適当にパンでも食べるか」

唯「私ジャム~(澪ちゃんママって呼んでるんだ)


通学路

澪(どうしよう……みんなに会いたくないな……)

唯「澪ちゃん、どしたの?」

澪「唯はみんなに会いづらくないのか……?」

唯「なんで?」

澪「なんで、って……昨日あんなこと聞いちゃったし////」

唯「大丈夫だよ~みんな忘れてるよ~」

澪「唯じゃないんだから……まぁ気にしててもしょうがない、覚悟きめるか!」

律「おーっす」

澪「り、律!?おは、おはははよよ」

唯「りっちゃんおっは~」

律「古いな、澪はどうしたんだ?」

唯「どうしたんだろうね」

律「それより2人が一緒に登校なんて珍しいな」

唯「えへへ、昨日澪ちゃん家に泊まったのです!」

律「へぇ……(あのまま泊まったってことは……ヤったな)

澪「おは、ははよ」

律「もどってこーい」

唯「今日のお菓子はなんだろうなー」

紬「今日はチョコケーキよ」

律「うわ!どこから湧いた!」

紬「さっきからいたよ(昨日からね……ふふふ)

律「なら声掛けろよ……」

唯「ムギちゃんおはよー」

澪「おははははは」


教室

律「なぁ唯、昨日ヤったんだろ?」

唯「なにを?」

律「わかってるくせに~♪」

紬「……」wkwk

唯「あぁ、恋人になってちゅーしたよ、2時間」

律「お!やったな!」

紬「キマシタワー!」

律「なぁなぁ、そのあとは?」

唯「おしりいじってあげて、寝たよ」

律「ほう……(いきなりアナルか……澪にそんな趣味があるとは)

紬(どんとこいです)

唯「でもくぱぁはできなかったんだ……」

律「まぁまぁ、頑張ればそのうち向こうからしてくるようになるさ」

唯「そうなの?頑張る!」

紬「唯ちゃんファイト!」

律「じゃあそろそろ部室行こうか」


澪の教室

澪(うぅ……和と顔合わせれない……」

和「澪?どうしたの、さっきから黙って」

澪「な、なんでもないよ……ハハ」

和「……昨日の事だったら気にしてないわよ」

澪「な、なんのことやら……アハハ」

和「まったく、別になんとも思ってないのに」

澪(私が恥ずかしいんだよ!)

和「ほら、そろそろ部室いってくれば?」

澪「あ、うん……」

澪(ふぅ……いつまでも部活でないわけにいかないしな……)

澪「お、おいーっす」

唯「澪ちゃん!」

澪「こ、こら唯!こんなとこで抱きつくな///」

唯「さっきみんなに昨日のこと話したらね、みんなお祝いしてくれるって!」

澪「……え?」


律「やったな澪!」

紬「うふふ、公認カップルね」

梓「昨日はびっくりしましたけど、おめでとうございます!」

澪「………えっ」

澪「ま、まて唯……どこまで話したんだ……?」

唯「え?寝るまでしたこと全部だよ?」

澪「な……!?」

律「いやー、澪にお尻の趣味が・・・おっと」

澪「!!!!!!」

澪「そ、そんな……ち、違うんだよ!あれはその、安価ってやつでその」

律「わかったわかった、まったくお熱いねぇ」

紬「若いっていいですねぇ~♪」

唯「えへへ~♪」ギュー

澪「ゆ、唯も!いつまでもくっついてないで……っていうか話すな!」

唯「うん!ずっと離さないよ!」

澪「え?あ、いやそうじゃなくて……」

律「あーあっついなぁ!ムギ!窓開けてくれー!」

紬「はい♪」

梓「バカップルってやつですね」

澪「あーもう!」


5