日曜日

朝 8:00


わいわい…
        がやがや…


スタスタ…

梓「…」 スタスタ…

梓「えっと…」 キョロキョロ


梓「唯先輩は… まだ来てないか」


梓「…」


梓「…まぁ、そりゃそうだよね」


梓「…」


がやがや…

         ざわざわ…



梓「待ち合わせの時間までは随分あるし…」

梓「どうしよっかな…」


梓「…」


梓「とりあえず座ろ」 ストン


梓「…時間はまだ8時」


梓「……まだ2時間もあるんだよね」


梓「…」


梓「…流石に …ちょっと早すぎたかな?」


梓「…」


梓「どうやって時間つぶそ…」


ぴゅー


梓「うっ さぶっ」


梓「急に寒くなってきたよね

  ちょっと前まで暑い日が続いてたのに…」


梓「もう少し着込んでくれば良かったかな?」


梓「…」


梓「あっ…唯先輩はまだ布団の中だったりして」


梓「…寒いな」


梓「…」



スタスタ…

律「ん?」


梓「あ」


律「よっす、奇遇だな梓」

梓「おはようございます、律先輩」

律「誰か待ってるの?」

梓「はい、今日唯先輩と遊びに行く約束をしてたので…」

律「あー、そう言えばそんな事も言ってたっけ

  それで、梓は唯が来るのを待ってるわけだ」

梓「はい!」

律「……お二人さん仲いいですわね~」

梓「もう、からかわないでください」

律「あはは」

梓「律先輩はどちらに?」

律「ん?私は散歩かな」

梓「一人でですか?」

律「まあね、暇だからちょっとその辺をぶらりと」

梓「寂しいですね」

律「うるさい、ほっとけ」

梓「あはは」

律「こいつ~」


律「ま、そう言うわけだからさ

  私はこれで それじゃ、またな」

梓「はい、また」

スタスタ…

梓「…」


梓「…」



梓「こんな寒い日でも律先輩は元気そうだったなぁ」



梓「…」



梓「…」


タッタッタッタ


ピトッ

律「ぴとー!」

梓「ぎゃああっ!」

律「あはは、驚いた~!」

梓「いきなり何するんですかっ!

  て言うかなんで戻ってきてるんですかっ!」

律「ほい」 サッ

梓「えっ」

律「缶コーヒー、暖かいやつ

  甘いので良かったか?」

梓「えっ…いいんですか?」

律「いいよ全然、て言うかたまには先輩っぽいことさせろって」

梓「…ありがとうございます」

スッ

梓「…あたたかい」

律「だろ、最近冷えるからさ

  待ってる間、体冷やさないようにな」

梓「律先輩…」

律「あとコレもう一本、唯にも渡しといて」 サッ

梓「あっ…はい」 スッ

律「…」

梓「…」

律「さてと、お邪魔虫は馬に蹴られる前に退散しますかね」

梓「律先輩っ!」

律「はは、冗談冗談

  それじゃあ、今度こそまたな~」 スタスタ…

梓「はい、律先輩ありがとうございます」

律「いえいえ~」

 スタスタ…

梓「…」


梓「…」 カチャ


梓「…」 ゴクッ


梓「…甘い」


梓「…」


梓「なんだかんだ言ってもいい先輩だよね」


梓「…」


梓「…」


スタスタ…

澪「あれ」


梓「あ」


澪「おはよ、梓」

梓「おはようございます、澪先輩」

澪「何してるんだ?」

梓「今日は唯先輩と遊ぶ約束をしていまして」

澪「ああ、それで待ち合わせしてるのか」

梓「はい」

澪「それじゃあ 唯、遅刻してるのか?

  まったく、こんな寒いのに後輩を待たせたりして」

梓「あ、いえ あの…」

澪「ん?」

梓「私が早く来すぎちゃって」

澪「あ…そうだったのか

  なんかごめんな」

梓「いえ」

澪「何時に待ち合わせしてるんだ?」

梓「…あっ…えと…」

澪「?」

梓「…その……10時です…」

澪「…」

梓「…」

澪「早すぎないか?」

梓「そ、そうでもないですよ!こ、これくらいが普通です!」

澪「…そうかな?」

澪「でも今からだと結構待つんじゃないか…?

  そうだ、少し待ってなよ

  その辺で暖かい飲み物でも買ってくるからさ」

梓「ありがとうございます澪先輩

  でも大丈夫です」

澪「?」

梓「さっき律先輩に会って…缶コーヒーを戴いたので」

澪「! なんだ、そうだったのか」

梓「はい」

澪「律も…こっちに来てたんだな」

梓「ええ、散歩って言ってましたけど」

澪「そっか、探せば見つかるかな」

梓「律先輩と会ったのはほんの少し前なので

  今から追いかければ会えるんじゃないかと」

澪「ありがと、律に会ったら遊びにでも誘うよ」

梓「それがいいと思います、律先輩も暇してたみたいですから」

ぴゅー

梓「うぅ…さぶ」

澪「ちょっと風が強いな…

  あ、そうだ」 ゴソゴソ


澪「はい、梓」 サッ

梓「?」


3