~ 第十二話 たいへん ~

梓 「唯先輩」

唯 「あずにゃん なに?」

梓 「大変って十回言ってください」

唯 「たいへんたいへんたいへんたい……へんたい……」

梓 「えっ、唯先輩変態だったんですかぁ」


~ 第十三話 ほくろ ~

梓 「唯先輩、勝負です」

唯 「いいよ」

梓 「ほくろの数で勝負ですよ」

唯 「勝ったら大統領だよ!」

梓 「いいですよ、唯先輩のほくろ数えますね」

梓 「あっ、おへそにでかいほくろがありますね」

唯 「すごいでしょ!」

梓 「へんなの!」

唯 「ぐっ」

梓 「へんなほくろですね」

唯 「むう」

唯 「ほくろタッチ!」

梓 「なっ、なんですか急に」

唯 「タッチされたから、あずにゃんがほくろだよ」

梓 「じゃあ、わたしもタッチです」

唯 「せーふ、せーふ」

梓 「なんで、セーフなんですか」

唯 「ぎっちょバリアだよ」

梓 「ああああ、しまったあああああああ」


~ 第十四話 ずっとずっと ~

唯 「あずにゃん、大人になったらなにになるの?」

梓 「電車の運転手になります」

唯 「そっか、じゃあわたし、電車になるよ!」

梓 「唯先輩は大人になれませんよ」

唯 「うそ! どうして」

梓 「大人になるには、たくさん勉強しないとだめなんですよ」

唯 「えっ、みんな大人になるんでしょ」

梓 「でもパパがそう言ってました」

唯 「そっか、どうしよ」

梓 「はたちになるしかありませんね」

唯 「はたちってなに?」

梓 「はたちになったら大人だってママが言ってました」

唯 「じゃあ、がんばってはたちになるよ!」

梓 「そうです。はたちになったらなんでもできるらしいです」

唯 「すごいね、はたち!」


~ 第十五話 いらし ~

梓 「唯先輩、見てください」

唯 「すごい、鬼のお面だ!」

梓 「節分だから授業で作ったんですよ」

唯 「ねぇ、貸して貸して」

唯 「あっ、あとマイネームも貸してっ」

梓 「はい、どうぞ」

唯 「きゅっきゅっ、きゅっと……ほら! 鼻毛かいたよ!」

梓 「そんなぁ」

梓 「唯先輩はいらしです」

唯 「なにそれ?」

梓 「いらんことしいだから、いらしです!」


~ 第十六話 なかよしこよし ~

澪 「あっ、唯と梓だ」

律 「あいつら、また手つないで登校してるぞ」

紬 「らぶらぶね~」

律 「なあ、からかってやろうぜっ」

律 「や~い」

唯 「あっ、律ちゃんだ!」

律 「おまえら、結婚すんの?」

梓 「そ、そんな、わけないです!」

唯 「ええ、結婚しようよ♪ あずにゃん」

梓 「なっ!」


~ 第十七話 悩み ~

梓 「唯先輩、帰りましょう」

唯 「う~ん、う~ん」

梓 「律先輩の言うことなんて気にしなくて大丈夫ですよ」

唯 「う~ん、う~ん」

梓 「唯先輩……」

唯 「ねぇ、あずにゃん」

梓 「はっ、はい。なんでしょうか」

唯 「いんぽってなに?」

梓 「へ?」


~ 第十八話 ED ~

梓 「さぁ、聞いたことないです」

唯 「今朝、机に彫刻刀で『横森いんぽ』って掘られてあったんだ」

梓 「へえ」

唯 「う~ん、う~ん」

唯 「明日、先生にきいてみようかな」

梓 「やめたほうがいいと思います」

唯 「え、なんで」

梓 「なんだか、やらしい言葉な気がします。うんちとかちんぽとか」

唯 「なるほど」

律 「や~い」

唯 「あっ、律ちゃんだ」

梓 「また来た」

律 「や~い、や~い」

唯 「や~い、律ちゃんのいんぽ」

唯 「律ちゃん、いんぽ!」

梓 「律先輩、いんぽです」

律 「いっ、いんぽってなんだよ!」

唯 「いんぽ」

梓 「いんぽ」


~ 第十九話 学校坂道 ~

唯 「あずにゃん、おはよう」

梓 「唯先輩、おはようございます」

唯 「校門までかっけこしようよ!」

梓 「いいですよ」

唯 「じゃあ、よ~い」

梓 「どんです!」

梓 「あいてっ」

唯 「あずにゃんが木にぶつかった!」

梓 「たんこぶだ」

唯 「あずにゃんはなんで走るとき、目つむるの?」

梓 「わかりません……」


~ 第二十話 ベルマーク ~

唯 「あずにゃん、何点集めた?」

梓 「0,5点が3つです」

唯 「私はね、20点だよ!」

梓 「ウソつきは泥棒のはじまりですよ」

唯 「ほんと、ほんとだよ!」

梓 「じゃあ、見せてください」

唯 「給食袋に入れたんだ」

梓 「なんて、いい加減な。ちゃんと封筒とか使ってください」

唯 「あれ!? ……ない」

梓 「穴あいてますね」

唯 「でも、ちゃんとあったんだよ」

梓 「唯先輩……」

唯 「ほんとだよ……」

梓 「……はい、私の一枚あげます」

唯 「いいの?」

梓 「だから学校いきましょう」

唯 「うん。ありがとう、あずにゃん」


~ 第二十一話 パンドラ ~

梓 「この前かしたロケットえんぴつ返してください」

唯 「ちょっと待ってて」

ゴソゴソ ゴソゴソ

梓 「まだ、見つからないんですか」

唯 「ランドセルの中のどこかにあるはずなんだけど」

梓 「ちゃんと筆箱に入れましょうよ」

梓 「私が探します。ランドセルみせてください」

唯 「はい」

梓 「ぐちゃぐちゃだ……」

唯 「えへへ」

梓 「奥のほうかな」

ゴソゴソ ゴソゴソ

梓 「なんか紙くずがいっぱい」

唯 「あっ、それは!」

梓 「ぜんぶテストですね」

唯 「……はい」

梓 「しかも、ひどい点数」


~ 第二十二話 好きの反対 ~

梓 「算数10点、国語0点」

唯 「持って帰ったら叱られるんだもん」

梓 「しかたないですね。私が先生になってあげます」

唯 「あずにゃん、2年なのに解けるの?」

梓 「塾に通ってるから任せてください」

唯 「すごいよ! あずにゃん」

梓 「はい、すごいです」

唯 「長いの反対って何?」

梓 「いながですね」

唯 「おう、そっか!」

唯 「じゃあ、好きの反対は?」

梓 「キスです」

唯 ちゅっ

梓 「なっ! //」


~ 第二十三話 ベテルギウス ~

唯 「あずにゃん、次は理科教えて」

梓 「いいですよ」

唯 「メダカって何食べるの?」

梓 「三択ですね」

唯 「一番 水草 二番 イトミミズ 三番 ベテルギウス」

梓 「むずかしいですが、名前からして三番です」

唯 「私もそう思ったんだけど、バツだったよ」

梓 「じゃあ、本物見にいきましょう」

唯 「あっ、うちの教室で飼ってるよ!」


~ 第二十四話 メダカ ~

唯 「ほら! メダカの水槽だよ」

梓 「見えません、見えませんっ」

唯 「あずにゃん背が低いもんね」

梓 「見えません」

唯 「はい、抱っこしてあげるね」

梓 「うわあ、メダカいっぱいいますね」

唯 「でしょ!」

梓 「あっ、一匹水面で寝てるのがいます」

唯 「どれどれ」

梓 「ほら、お寝坊です」

唯 「……死んでるね」

梓 「……」


~ 第二十五話 虫塚 ~

唯 「虫塚に埋めてあげよ」

梓 「虫塚ですか」

唯 「学校で飼ってた生き物を虫塚に埋めると天国に行くんだよ!」

梓 「埋めてあげましょう」

唯 「これでメダカも天国いけたね」

梓 「なんまんだぁ なんまんだぁ」

唯 「じゃあ、教室戻ろっか」

梓 「あっ、あそこでセミも死んでます」

唯 「ほんとだ」

梓 「セミも埋めましょう」

唯 「でもセミは学校で飼ってないよ」

梓 「飼ってないと虫塚に埋めちゃだめなんですか」

唯 「あれ、どうだっけ?」

梓 「虫塚に埋めないと天国行けませんよ」

唯 「じゃあ埋めてあげよっか」

梓 「はい」


~ 第二十六話 うさぎ ~

唯 「ほいっ ほいっ」

梓 「なにやってるんですか」

唯 「うさぎに餌あげてるんだよ」

梓 「私もあげたいです」

梓 「うさぎの餌って臭いですね」

唯 「そうかな」

梓 「色も鼻くそみたいだし」

唯 「……」

梓 「うさぎはこんなのおいしいんですかね」

唯 ぱくっ

梓 「あっ、食べた!」