~ 第一話 汽車 ~

唯 「あっ、あずにゃんだ!」 ギュッ

梓 「きゃっ、お、おはようございます」

唯 「あずにゃん、あったかい」

梓 「息が白いですね」

唯 「そうだ! 機関車ごっこしようよ」

梓 「なんですか、それ?」

唯 「ほら、肩に両手乗せて」

梓 「こうですか」

唯 「二両編成で出発だよ!」

梓 (みんな、見てて恥ずかしい……)

唯 「しゅっぽっぽ、しゅぽっぽ」

梓 「ぶーん!」


~ 第二話 逆上がり ~

梓 「唯先輩、おはようございます」

唯 「……」

梓 「唯先輩?」

唯 「……」

梓 「早く行かないと、1時間目に間に合いませんよ」

唯 「学校行きたくないよ」

梓 「逆上がりまだできないんですか」

唯 「……うん」

梓 「体育、5時間目ですよね」

唯 「そうだよ」

梓 「じゃあ、昼休み一緒に練習しましょう」

唯 「え~、どうせできないよ」

梓 「だいじょうぶです」

唯 「う~ん」


梓 「明日は晴れですね」

唯 「なんで」

梓 「夕日がきれいだと晴れるんです」

唯 「ありがとう、あずにゃん」

梓 「唯先輩、顔に泥ついたままですよ」

唯 「えへへへ」


~ 第三話 拾いもの ~

梓 (木陰にいるのは唯先輩?)

梓 「また、学校に遅れますよ」

唯 「あずにゃん、おはよ」

梓 「なにしてるんですか」

唯 「へ! なにもしてないよっ」

梓 (絶対嘘だ)

梓 「なんかスカートのなかもこもこしてますね」

唯 「ぎくっ」

梓 「なに隠してるんですか」

唯 「えっ、きっ、気のせいだよ」

梓 「憂に言いつけますよ」

唯 「子猫、拾いましたっ!」

梓 (カミングアウト早っ!)

みゃ~ みゃ~

梓 「どうするんですか、その子」

唯 「……」

梓 「やっぱり、考えてなかったんですね」

唯 「あずにゃん、飼えない?」

梓 「そんな急に無理ですよ」

唯 「どうしよう」

梓 「私にきかないでください」

みゃ~ん

唯 「あずにゃん……」

梓 「仕方ないですね。体育館の裏で飼いましょう」

唯 「あずにゃん!」

梓 「みんなには内緒ですよ」


唯 「給食のパン、あんまり食べなかったね」

梓 「ミルクは飲みましたけどね」

唯 「明日はみ~助にハムもってこよっと!」

梓 「もう名前つけたんですか」

……

唯 「ぐっ、ぐっ、……」

梓 「泣いちゃだめです。泣いたら……み~助も悲しみます」

唯 「うあああああああああああん」

梓 「明日、一緒にお墓作りましょうね」

唯 「ああああああああああああああん」

梓 「うっ……うっ……うっ」


~ 第四話 競争 ~

唯 「ねぇ、あずにゃん」

梓 「何ですか?」

唯 「帰りに駄菓子屋寄って帰ろっ」

梓 「いいですよ」

唯 「明日の遠足のお菓子買うんだ!」

梓 「何円までですか?」

唯 「三年だから200円だよ!」

梓 「いいな、いいな。二年は150円でした。ずるいです」

唯 「かけっこしようよ。勝った方が優勝だからね」

梓 「唯先輩!」

唯 「どうしたの?」

梓 「上履きのままですよ」

唯 「あっ、履きかえるのわすれてたー」

梓 「じゃあ、さきに駄菓子屋いってますね」

唯 「ずるなしだよ、そんなの反則だよ」


~ 第五話 火事 ~

唯 「夕日はまっかっかだねぇ」

梓 「火事みたいですね」

ウーカンカンカン

唯 「あっ、ほんとの火事だ!」

梓 「見に行きましょう!」

唯 「東町の方だよね」

梓 「煙見えますよ、あそこ!」


~ 第六話 スカートめくり ~

唯 「あ~ずにゃん!」

梓 「にゃんっ! やめてください!」

唯 「白パンずにゃんだ!」

梓 「ひっ、ひどい……」

唯 「怒ったあずにゃん、おもろい」

梓 「唯先輩だって、どうせブリーフでしょっ」

唯 「私は毛糸のパンツだよ!」

梓 「ぷっ、ださい」

唯 「ひどいよ、白パンのくせに」

梓 「うるさい、もう絶交です」


~ 第七話 ゼッコウ ~

梓 「もう口きいてあげません」

唯 「いっ、いいもん。澪ちゃんと一緒に帰るし」

梓 「残念でした。澪先輩は私と帰りますよ~だ」

唯 「白パンと帰る人なんていないし」

梓 「のろまと帰ってくれる人なんていませんよっ」

唯 「ううう」

梓 「給食も食べるの一番遅いくせに」

唯 「うううううう」

梓 「毎日、給食袋にこっぺパンの食べ残し入れてますよね」

唯 「なっ、なぜそれを……」

梓 「毎日、ぱんぱんの給食袋見れば誰だって分かりますよ」

唯 「うああああああああん」

唯 「あずにゃん、だいっきらい」

梓 (へん、唯先輩がスカートめくるのが悪いんです)

梓 (……私は、悪くないもん)


~ 第八話 まる虫 ~

唯 「ねえ、あ~ずにゃん!」

梓 「絶交してるんだから話かけないでください」

唯 「いいもの見せてあげよっか」

梓 「いりませんよ」

唯 「ほらっ、まる虫!」

梓 「あっ、いっぱいだ。すごい」

唯 「どこにいたか教えてあげるね」

梓 「いっ、いりません。まる虫なんて幼稚くさいです」

唯 「じゃあ、教えてあげないからっ」

梓 「ふんだ。どうせ石の裏でしょ」

唯 「うううう……」


澪 「梓、一緒に帰ろう」

梓 「あっ、はい!」

紬 「唯ちゃんも来ない? 新しいゲーム買ってもらったの」

梓 「唯先輩はまる虫百匹つかまえるから帰りませんよ」

律 「すげえええ」


澪 「じゃあな、唯」

紬 「また明日ね」

律 「ばいば~い」


…………


~ 第九話 しってるよ ~

梓 (ひとり、つまんないな)

唯 「あ~ずにゃん!」

梓 「またですか、またですか」

唯 「あ~そぼ」

梓 「今日は無理です」

唯 「えっ、なんで?」

梓 「今日は日能研にいく日です」

唯 「あー、にちのうけんね」

梓 「知ってるんですか?」

唯 「お父さんもよく行くよ!」

梓 (絶対知らないな)


~ 第十話 そんなことより ~

梓 「唯先輩、またパン残してますね」

唯 「うん」

梓 「家に帰ってから食べるんですか?」

唯 「食べないよ」

梓 「じゃあ、捨てるんですか」

唯 「神社へ持っていくんだよ!」

梓 「はあ、お供えですか」

唯 「ちがうよ」

唯 「神社のハトとかカメにあげるんだよ!」

梓 「でも、神主さん怖くないですか」

唯 「大丈夫♪ 大丈夫♪ アメくれるよ」

梓 「で、でも塾が」

唯 「大丈夫♪ 大丈夫♪ アメおいしいよ」


~ 第十一話 たて笛 ~

梓 「唯先輩、朝のテレビ見ました?」

唯 「第七サティアンでしょ!」

梓 「かみくいしきむらです」

唯 「そうだ、たて笛貸して!」

梓 「いいですけど」

唯 「いくよっ!」

ソ~ミ~ ソ~ミ~ ソミソミ ソ~ミ~

梓 「あははは、すごいです!」

唯 「でしょ! でしょ! でしょ!」


~ 第十一話 いつのまに ~

律 「おまえら、いつ仲直りしたの?」

梓 「あっ、しまった!」

唯 「忘れてたあー」


2