~~~~~~~~~~~~

憂「あずにゃーんっ!」ダキッ

梓「ちょ……う、憂っ」

憂「あずにゃん好き好き~」スリスリ

梓「もうっ…またそうやって唯先輩の真似してからかうんだから」

憂「えへへ……でも梓ちゃん、好きって言ったのは私の本心だよ…?」

梓「なっ……う、憂…」

憂「梓ちゃん……私ね、梓ちゃんの事──…」

~~~~~~~~~~~~

憂「………これだ!」



よくあさ!

梓「おはよっ」

純「あぁ…おはよー梓…」

梓「うわ、何かあからさまに元気ないなぁ」

純「それがさー、昨日寝る前急に」

梓「話長いよ」

純「早いよ!もう少し聞いてよ!」

梓「なんだ、元気じゃん」

純「ぐぬぬ………あっ、憂」

梓「…ん?」クルリ

憂「あずにゃーんっ!」ダキッ

梓「にゃあっ!」

憂「おはよーあずにゃんっ、純ちゃんもおはよぉ~」スリスリ

純「おはよー憂、今日もお姉ちゃんの真似?」

憂「うんっ、あずにゃん好き好き~」

梓「ああもっ……またそうやってからかうんだから…!」

純「そうやってるとホント唯先輩に似てるなぁ」

憂「えへへ……でも梓ちゃん、好きって言ったのは私の本心だよ?」

憂「……っ…」カァッ

憂(い、言っちゃった…言っちゃったよ…うわぁ純ちゃんもいるのにっ)

梓「もう……はいはい、私も憂の事好きだよ」ポンポン

純「妬けるねぇ梓、ねぇねぇ私の事は?」

梓「あ、予鈴」

純「ちょっ…え、スルー?待ってよ梓!私の事はっ!?」ダッ

憂「…梓ちゃん……」

憂「……えへ…」モジ

憂「………あれ?」


~~~~~~~~~~~~

梓「憂…これ、私の為に?」

憂「うん、いつもお昼菓子パンだから心配で…作ってきちゃった」

梓「ありがとうっ……うわぁ、美味しそうだよ」

憂「梓ちゃんのためにたくさんおかず詰めておいたよ」

憂「それと……愛情もたくさん」

梓「…憂…それって…」

憂「梓ちゃん、私…梓ちゃんの事──…」

~~~~~~~~~~~~

憂「なんちゃって、えへ…えへへ」

憂「はっ……こ、これだ!」



ひるやすみ!

梓「憂……ほ、ホントに貰っていいの?」

憂「うん、今朝はたくさん作ったからお裾分けだよ?」

憂「それにお昼が菓子パンばかりじゃ元気出ないと思って」

純「………」ジッ

憂「はいっ、純ちゃんのお弁当」

純「わおーん!」バッ

梓「ありがとう憂っ……うわ、すごく美味しそうだよ!」パァァ

憂「元気が出るようにたくさんおかず詰めておいたから」

憂「それと……あ、……えと…」ソワソワ


純「うまっ!なにこれうまっ!」ガツガツ

梓「うん…やっぱり憂はすごいね、母さんの作る弁当よりも断然美味しいよ」

純「憂さ、もうコレ…私の嫁になんない?」

梓「あっ…駄目だよ、私が貰うんだから!」

純「あ、やんの?じゃんけんやんの?」

梓「すごいショボい!」

憂「もう、喧嘩はだめだよー」テレッ

憂「えへへ……」

憂「あ……あれ?」


~~~~~~~~~~~~

梓「お待たせ、憂」

憂「梓ちゃん…」

梓「さっき部活終わったとこ。…話って何?」

憂「うん…あのね、梓ちゃん」

梓「うん」

憂「…急にこんな事言うと、嫌な気持ちにさせちゃうかも知れないけど」

梓「………」

憂「梓ちゃん……私、前から梓ちゃんの事──…」

~~~~~~~~~~~~

憂「………」

憂「やっぱり正攻法が一番なのかな……でも…」

憂「……っ…」フルフル

憂「……よしっ…!」



ほうかご!


ガラガラッ

梓「お待たせー…あ、いた」

憂「……っ…!」

梓「ごめん憂、今日はどうしても部活抜け出せなくって」

憂「う…ううん、大丈夫だよ。私の方こそ急にごめんね?」

梓「うん、それで……どうかした?」

憂「うん…あ、あのっ……」

憂(………)

憂(どうしよう……)

憂(呼び出したのはいいけど、いざ目の前にすると…)チラ

梓「……?」

憂(首を傾げる梓ちゃん可愛いよぉぉ…!!)

憂(────じゃなかった!)

梓「言いづらい事…?」

憂「う、うん……少し」

梓「……ん、いいよ。待つから」

憂「……っ…」

憂(可愛いだけじゃない…)

憂(優しくて、ちょっぴりカッコよくて…綺麗で…)

憂(すごくいい子で───っあ…)

梓「………」

憂「……っ…え、と…」

梓「うん」

憂「………」

憂「……えへへ…」

梓「…もうっ」

憂(こっちのセリフだよ、梓ちゃん)

憂(私の気持ちなんて全然、全然知らないくせに…っ)

憂(見つめないでよっ…、何も言えないよ…)

憂「……うぅー…」ジワ

梓「何も泣かなくても!」

───……

憂「……っ、ぐす…」グシグシ

梓「………」フゥ

梓「…話せるようになるまで、何か別の話でもしよっか」

憂「………?」

梓「畏まって向き合ってるよりは、ちょっとは気が楽になるかもだし」

憂「うん……ごめんね」シュン

梓「もう…謝らなくていいって」

梓「そういうとこ、唯先輩もそっくりだよ」クスッ

憂「お姉ちゃん…?」

梓「うん、唯先輩」

梓「うん、唯先輩」

梓「しょっちゅう抱き付いてくるから全然練習にならなくてさ」

梓「たまにきつい口調で突き放したりするんだけど、そしたら急にしおらしくなって」

梓「目に涙溜めながら、ごめんねって言うの」

憂「…もうっ…梓ちゃん、お姉ちゃんが可哀想だよ」グシ

梓「ごめんごめん、わざとじゃないんだけどね」

梓「…そういう可愛いところ、そっくりだよ。」

憂「……っ…」

梓「あ…調子に乗るから唯先輩には内緒ね」

憂「………」

憂(お姉ちゃんか……)

憂(…いつもそうだよね、梓ちゃんの口からはお姉ちゃんの話題ばっかり)

憂(…梓ちゃん、やっぱり)

憂(お姉ちゃんの事が好きなのかな……)

憂「……ひぐ…」

梓「何でっ!」


───……

梓「…さっきから泣いてばっかり」ナデナデ

憂「ご、ごめんね梓ちゃん…」

憂(梓ちゃんになでなでして貰えた!やった!)

憂「……えへへ」

梓「急にニヤケ出すし」

憂「梓ちゃんが優しくしてくれるからだよ」ニヘー

梓「………」

梓「…ひょっとして、寂しい…とか」

憂「うん?」

梓「唯先輩、卒業したら一人暮らしするって言ってたし」

梓「憂は寂しがるんじゃないかなって思ってたから」

憂「………」

憂「……うん」

梓「今日の話したい事っていうのも、その関係?」

憂「…そういう事にしとこうかな」

梓「もう、なにそれっ」クスッ

憂「寂しいのは本当だよ?今までずっと一緒だったから」

梓「……うん」

憂「………」

憂「………えと…」

憂「…梓ちゃん」

梓「…ん?」

憂「…寂しいって言ったら、そばにいてくれるのかな」

梓「………」

梓「当たり前だよ、私も純もそばにいる」

憂「じ、じゃなくて!」

梓「……」

憂「………」

憂「……うぅ」モジ

梓「……そういう言い方されると、勘違いしちゃうかも」

憂「……っ…」

梓「…なんて」


ガバッ


梓「……」

憂「…──っ」ギューッ

梓「……」ナデ

憂「………」

憂「……えへ…」キュ

梓「……言える?」

憂「…まだだよー」

梓「…待つの、下校のチャイムが鳴るまでだからね」

憂「今夜メールで言うよ」

梓「こら」


~~~~~~~~~~~~

憂「おはよう、梓ちゃんっ」

梓「おはよ、憂」

憂「えへへ、梓ちゃん今日も可愛いよ」ギュウ

梓「ちょ……憂っ、校門前で…」

憂「見せつけちゃおうよ、私たちの仲…梓ちゃんが私のモノだって事、みんなに知ってもらわなくちゃ」

梓「…憂……」

憂「梓ちゃん……」

~~~~~~~~~~~~

憂「…えへへ…、ちゅー」

憂「………これだ!」



おしまい!