~~~~~~~~~~~~

憂「あずにゃーん!」ダキッ

梓「にゃっ!ちょ…ちょっと憂っ」

憂「えへへ、お姉ちゃんの真似だよ?」

梓「な…何で急に…」

憂「こうすれば梓ちゃんに好きになって貰えるかなって」

梓「憂………」

梓「もう……唯先輩の真似なんてしなくたって、私は憂の事───…」


~~~~~~~~~~~~

憂「………これだ!」


つぎのひ!

梓「おはよ」

純「おはよー梓っ!」

梓「うわっ、朝からテンション高いなぁ…」

純「いやぁ、今朝はあっちが快調だったからさー」

梓「最低だコイツ」

純「へへ……あ、憂だ」

梓「ん?」クルリ

憂「おはよーあずにゃん!」ガバッ

梓「にゃあっ!」

憂「純ちゃんもおはよぉ~」スリスリ

純「おはよう憂。なにそれ、唯先輩の真似?」

憂「うん、こうすれば梓ちゃんに好きになって貰えるかなって」ギュー

梓「もう……はいはい、おはよ。寒いし早く教室入ろ」ポンポン

純「うぅ~寒っ、私も梓と抱き合いたい!あずにゃーん!」ギュー

梓「ちょ…ちょっと純っ、悪乗りしないでよ!」

憂「えへへ……」

憂「………」

憂「……あれ?」

~~~~~~~~~~~~

憂「今日のお弁当は私が作ったんだ」

梓「美味しそう……ねぇ憂、玉子焼きひとつ貰っていい?」

憂「うん、いいよ?はいどうぞっ」

梓「ん……すっごく美味しい、やっぱり憂はすごいね」

憂「えへへ…ありがとう」

梓「こんなに美味しいんだもん、毎日憂にご飯作って貰えたら幸せだろうなぁ」

憂「あ…梓ちゃん、それって…」

梓「…ねぇ憂、これから毎朝私の為に味噌汁を───…」

~~~~~~~~~~~~

憂「梓ちゃん……」ウットリ

憂「はっ……こ、これだ!」



つぎのひ!


キーンコーンニーシノー

純「うわ…ちょっと梓、憂の弁当すっごい綺麗だよ」

梓「ホントだ、まさに手が込んでるって感じ」

憂「そうかな…えへ、今日は私が作ったんだよ?」

梓「どうりで。…ねぇ憂、その玉子焼きひとつもらってもいい?」

憂「いいよー、純ちゃんもおひとついかがかなっ?」

純「あざー!」ヒョイパク

梓「ん……美味しい、やっぱり憂はすごいね」

憂「そ、そうかな……えへ…」

純「ホント、お姉ちゃんの良いとこ全部吸い取っちゃったんじゃない?」

梓「9割は吸い取ってるね」

憂「もう、二人ともひどいよっ」プクーッ

純「いやいや、ごめんごめんって」

梓「さっきの唯先輩に言いつけるからね」

純「梓も乗っかったくせに!」

憂「あはは──…」

憂「………」

憂「……あれ?」

~~~~~~~~~~~~

梓「……ふぅ」

憂「こんにちはー……あ、梓ちゃん」

梓「あれ、憂…どうしたの?」

憂「お姉ちゃんが部室に忘れ物したらしくて、さっきメールが」

梓「もう…仕方ないなぁ」

憂「梓ちゃんは残って練習してたんだ」

梓「うん、まだちょっと不安なところがあって」

憂「そっか…えっと、邪魔してごめんね?すぐに行くから」

梓「まって憂、よかったら…少しだけ聴いていってくれない?」

憂「梓ちゃん……いいの?」

梓「うん、憂に聴いて欲しいんだ………私の気持ち」
~~~~~~~~~~~~

憂「きゃーっ!梓ちゃんカッコいいよ!」

憂「………」フゥ

憂「よし………今度こそっ」



ほうかご!


──ジャーン!!

梓「……ん、だいぶ良くなったかも」

ガチャ

憂「こんにちはー…あっ、梓ちゃん」

梓「憂、どうしたの──…って…あぁ…」チラ

ギー太「………」

憂「うん、さっきお姉ちゃんからメールがあって」

梓「まったく唯先輩は…、大事にしてるんじゃなかったんですか」

憂「い、いつもは忘れたりしないんだよ?
…ごめんね、梓ちゃんは残って練習してたんだ」

梓「うん、まだ上手く弾けないところがあって。
まぁ、ギター忘れて帰っちゃう唯先輩になんて負けられないしね」

憂「えと…違うんだよ?今日はお姉ちゃん風邪気味で部活中も頭がボーッとしてたらしくて…」

梓「それなら心配ないよ、いつもボーッとしてるから」

憂「もーっ、梓ちゃん!」

梓「ごめんごめん、今のは唯先輩には内緒で」

憂「もう……」

憂「………」

憂「………はぁ」


憂(今日もうまく行かないよ…)

憂(駄目だなぁ、どうして昨日考えた通りにならないんだろう)

憂(せっかくお姉ちゃんに頼んでわざとギターを置いて帰って貰ったのに)

憂(………)


憂(やっぱり……好きとかじゃなかったのかな)


憂(私にだけ優しくしてくれてる気がして、私に向ける笑顔だけが特別に見えて)

憂(それを私が勝手に勘違いして、ひとりで舞い上がってたのかな……)

憂(こんな気持ち、やっぱり迷惑なのかな…)


憂「………」シュン

梓「………」

パタン

梓「ねぇ、憂」

憂「……?」

梓「一緒に帰ろっか」

憂「…え…っ…」

梓「途中までだけど。まぁ……たまには買い食いもいいよねっ」

憂「梓ちゃん、練習はいいの?」

梓「…憂の方が大事だよ」

憂「…っ……!」

梓「そんな顔されたら誰でも心配になっちゃうよ、ほらっ…悩み事なら相談に乗るし」

憂「あ………」グシ

梓「行こっ、何なら…ジャズ研で純も拾って」ギュ

憂「………っ」カァッ

憂(…だから勘違いしちゃうんだよ?梓ちゃん)


ギュッ


おしまい!