ゆいのへや!

和「そう…」カリカリ

和「…」ペラッ

カリカリカリ


和「…」ピタッ



和「えっ?」

唯「えっ?」


和「唯、あなた今なんて…」

唯「だからわかんないって」

和「わかんないって…何言ってるの…」


唯「ねぇねぇ、のどかちゅあ~ん、おねがぁ~い」スリスリ

和「な、何よ…」

唯「和ちゃんにしか頼めないからさぁ」

和「!?バカなこと言わないで、早く宿題やっちゃいなさい!」

唯「わっ!そ、そんなに怒んないでよー」

和「唯がわかんないなんて言い出すからよ!」

唯「えー、だってりっちゃんもわかんないって言ってたよ?」

和「り、律まで…」

唯「うん。でもりっちゃんは澪ちゃんがいるからなぁ」

和「(そんな…あの二人…一体どっちが責めでどっちが受けなの!?)」

唯「澪ちゃんはなんだかんだ言ってりっちゃんには甘いからね。最後は澪ちゃんが折れてやってくれるんだって」

和「(とゆうことは澪が責めなのね…//)」

唯「ん?和ちゃん顔まっかだよ?」

和「ゆ、唯が変なこと言うから…//」

唯「えー?なにさ!じゃあ私も澪ちゃんにお願いしちゃおっ!」プンスカ

和「なっ…!」

和「ダメよ絶対!!」

唯「わっ!ビックリした…。いーじゃん、和ちゃんには関係ないじゃん」

和「っ!…わかったわ」

和「唯がそこまで言うんだったら…///」

唯「ほんと!わーい、やっぱり和ちゃん大好きー」ダキッ

和「ちょ、ちょっと唯ってば///」

唯「へへ~。じゃあ早速」

和「ちょちょちょっとまって!」


唯「へ?」

和「その…準備とか雰囲気とか」

唯「そんなの必要なの?」

和「ダメ!私にも心の準備が…///」

唯「ふーん?変な和ちゃーん。じゃあ明日は?」

和「わ、わかったわ…」

和「じゃあ私、今日は帰って準備するから」

唯「えー、もう帰っちゃうのー?」

和「その代わり、明日はがんばるから…///」

唯「うん。じゃあ頼んだよ、和ちゃん!」フンスッ

和「え、えぇ…///」カァ


ーーーーー

のどかんち!


和「(と、とんでもないことを引き受けちゃったけど…)」

和「とりあえず何が必要なのかしら…」

和「…そうだわ!インターネットで」


カタカタカタ


和「なっ///こんなことや、あんなことまで…///」

和「でも、唯のためですもの。がんばらなくっちゃ」メモメモ


ーーーーー

よくじつ!


唯「やっとお昼休みだよ~」グテー

律「おっと、ゴハンの前に」

律「みーおしゃん、え」

澪「ダメだ」

律「えいごの宿題見せて…って早!!」

澪「どうせそんなことだと思った」

律「お願いします!澪さまサンジュさま!」

澪「ダメなものはダメ。って今、変な単語が聞こえたような…」

律「頼む!今日は私が当てられる番なんだ!」

澪「はぁ…しょうがない。教えてやるから、まずは自分でやるんだぞ」

律「いやー、ノート見せてくれるだけで」

澪「りぃーつぅー!」ゴゴゴッ

律「はい!まずは自分でやります!」


和「(澪と律はあんなだし、ムギは今日休みだから今がチャンスね)」

和「ねぇ唯、ちょっとお手洗い行かないかしら?」

唯「へ?いいよー」

唯「でも和ちゃん、私が誘うとイヤがるのに珍しいね」

和「い、いいから///行くわよ!」グッ

唯「わわ、ひっぱんないでよー」ズルズル


ーーーーー

しちょうかくしつ!


唯「…和ちゃん?お手洗いは…」

ガチャン


唯「えっ?」

和「ここなら、多少大声出されても平気ね」

唯「えーっと、和ちゃ…んぐっ!!」ムチュ

和「ちゅ…はむ…ぷはっ」

唯「はぁ…の、和ちゃん!一体なんのつもり!?」

和「…」ガシッ

唯「ちょっ、和ちゃん痛いよ!」

和「黙りなさい」ムチュ

唯「んんっ!…はむ…くちゅ…ぷはっ…はぁ…」

唯「やめて!離して!」ジタバタ


和「…」スッ

唯「な…なに…そのタオル…」

和「こうするのよ」ドンッ

バタッ


唯「わっ!いたた…」

シュルリ

ギュッ


唯「え…?」

和「ふふふ、これで両腕は使えないわ」グッ

唯「え…何…ほどいてよぅ…」

和「ダメよ。だって唯、暴れるじゃない」



プチプチプチッ


唯「!?いやぁ!!!」

和「あら、かわいいブラ付けてるじゃない。でも邪魔ね」

プツン


唯「やぁ…もぅ、やめてよぅ…っはぁん!」


チュパチュパ


和「ふふ、唯のおっぱいかわいいわね」レロレロ

唯「ダ、ダメだよ和ちゃん…」

和「そぅ、じゃあこっちも可愛がってあげるわ」


スルリ


唯「やっ!そっちはダメ!」バタバタ

和「ふふふ、暴れても無駄よ」クスッ

クチュ

唯「あっ…、はぁん…ダメ…そこ…くぅ、んっ」クチュクチュ

和「そんなこと言って、グチョ濡れにしてんじゃないわよ、淫乱」グチュグチョ

唯「はぁん!ふぅ…和ちゃ…はぁ…ダメェ…だよ…ふぅん…」


「ねぇねぇ、英語の宿題やった?」

「えっ!?宿題なんてあったの!?ヤバーイ!早く戻んなきゃ!」


和「(!?マズイわ、廊下に人が…!)」


タッタッタッタッ


和「…(もう行った様だけど、少し不安ね…)」

和「(この部屋だと音漏れは少ないはずだけど…よし、ここは)」

和「唯、うるさいから少し黙りなさい」


ムグッ


唯「むぐっ!?ん!んー!」

和「あははは、どう?自分の下着を口に突っ込まれた気分は!」

唯「んー…んんっ…ん」グスン

和「(!?唯、その表情は反則よ!)」ゾクゾクッ

和「(わ、私もガマンできない!)」

スルリ


唯「んんー?」

和「唯…いっしょにきもちくなりましょ…」

和「(確か昨日見た動画じゃ…互いのここを合わせて)」

和「唯、足…開くわよ」

唯「!?んー!んー!」バタバタ

ググッ


ヌリュ

和「はぁん…///(す、すごい…私もこんなに濡れてる…)」

和「う、動くわよ」

ズルュ

グチュ、ニュリュ


和「はぁ…ゆ、ゆい…」グチュックチュッ

唯「んぐ…ふんぐ…///」

和「はぁ…ふぅん…ゆい、ゆいぃ!!」グチュッグチュッ

唯「んっ、んっ、んっ!」グチュッグチュッ

和「はぁ、はぁ、はぁっ(な、何か…きちゃう…。これが…イクって…言うやつなの?)」グチュッグチュッ



和「あぁ…もうっ、私…、イクぅぅううっ!!」ビシャッ


ビクンッビクンッ



ーーーーー

ハァ…ハァ…

ハァ…


和「はぁ…はぁ…(唯も…イッたのね…)」ピクンッ、ヒクッ

唯「ふんっ…ふぅ…ん…」ビクンッ…ビクンッ…

和「(そ、そろそろ…解いてあげなきゃ)」ハァ…ハァ…

スルスル

モゴ

和「はぁ…はぁ…唯、どう…だった?」ハァ…フゥ…

唯「ぷはぁっ!んっ、はぁ…はぁ…ヒドイよ和ちゃん…」グスン


唯「無理矢理なんてサイテーだよ和ちゃん…。なんで、こんなこと…」ポロポロ

和「えっ、だって昨日唯がお願いって」

唯「そんなこと言ってないよぉ!ヒドイよ!和ちゃんのおバカ」ポロポロ

和「(っ!?…確かに冷静に考えてみれば、唯に限って有り得ない事よね…)」


和「(どうしましょ…私、なんてヒドイことを…)」ジワッ

和「ほんとにごめんなさい…私に出来ることなら何でもするから…」

唯「じゃあ、責任取ってよ…」ヒック

和「ええ…」


和「…」




和「えっ?」

唯「私、その、初めてだったんだからね!だから…その…責任…取ってよ…ね…///」

和「ゆ、唯…それってつまり…///」

唯「あんなことまでしといて、イヤだなんて言わせないよ!」


唯「大体なんでこんなこと…」

和「だ、だって唯が和姦は無いって言うから、てっきり強姦願望があるのかと…」


唯「」




唯「えっ?」

和「えっ?」


唯「ちょちょ、何の話!?」

和「え?だって昨日あなた、『和姦無い』って…」

唯「ち、違うよ!昨日のは宿題の答えが『わかんない』って言ったんだよ!」

和「ちょっ!?だってあれ、中学レベルの英文よ…。まさかそれがわからないなんて…」

唯「ええっ!?そうなの!?」ガーン


和「はぁ、あんたって子は…」

和「…私がそばにいなきゃダメね。…これからもずっと、ずっとね」ギュッ

唯「の、和ちゃん…!」


和「その、次は優しくするから…///」カァ

唯「う、うん…//」カァ

唯「でも、和ちゃんになら乱暴にされても…///」ゴニョゴニョ

和「え?何?」

唯「な、なんでもないなんでもない///」ブンブン

和「そう?」


ーーーーー

きょうしつ!


律「(あーめんどくせー)」

律「(はっ、なんだよこれ?大体なんで日本人が英語なんか勉強しなきゃなんないんだよ!)」

律「あー、わっかんねぇー!」

澪「えっ?」


おしまい