坂口「珍しいこともあるなあ」

梓「ゆ、唯先輩!」ダッ

憂「お姉ちゃん!!」

憂「お姉ちゃん、どこに当たったの!?」

唯「あいたた、ここ……」

律「左膝の外側か。だから澪の方に飛んだんだな……」

梓「唯先輩、ごめんなさい……」グスッ

唯「あずにゃんは心配性なんだから~。ほら自分で立て……ありゃ」ストン

姫子「唯、よく頑張ったね」

唯「姫ちゃん!私まだ投げれるよ!」

掘込「平沢。意気込みは買うが、悪いがその状態で投げさせるわけにはいかない」

唯「せんせえ……」

掘込「立花、冷却スプレーだ。治療の間にどうするか決めなさい」スッ

姫子「はい……ありがとうございます」

唯「ちべたーいっ!」プシュウウウウ

アカネ「我慢しなさい!」

紬(佐藤さん、何で楽しそうなのかしら?)


澪「佐々木さん、声かけてくれなきゃ多分捕れなかった。ありがとう」

曜子「えへへ……でも、どうしましょう?」

姫子「多分すぐには痛みは引かないだろうから、別の投手を立てるしかないかな……」

律「姫子が投手やるか?」

エリ「でもショートが居なくなるんだよね……」

姫子「ん~……いちご、やる?」

いちご「わたし?」


いちご「わかった。律、受けて」

律「え、お、おう!」

エリ「早!」

姫子「即決即断だな……」(ぶっちゃけ言ってみただけだったんだけど)

澪「次は憂ちゃんからか……大丈夫かな」


唯「え~、交替~?」ブー

曜子「でもその足じゃ難しいでしょ?それに凄く疲れてるみたい……」

唯「そんなことないよ~」グテー

アカネ「ムギちゃんのひざに寝っ転がってちゃ説得力無いよ?」


いちご「ふっ!」シュパッ

律「おし!」スパァン

律(やっぱ経験者だな……野手とはいえ唯とはなんか違う)


憂(お姉ちゃんより少し、ううんもっと速いかな……)

梓「憂、ごめんね。唯先輩のこと……」

憂「一生懸命やった結果だもん。ぶつけようと思ったわけじゃないんでしょ?」

梓「そりゃそうだけど」

憂「ならいいんだ。お姉ちゃんも元気そうだし、正直私も少し休めたもん」

梓「憂……」


姫子「先生、若王子がピッチャーで、平沢がレフト、佐藤がセンターに入ります」

掘込「ん、そうか。平沢は走れるのか?」

姫子「はい、あのとおりです」


唯「ムギちゃんのおひざ、あったか~い……」

紬「あらあら」

アカネ「わ、わたしも次いいかな!?」


掘込「……そうか」

姫子「唯……」


プレイ!

律(二死一二塁、バッター憂ちゃんか……ヘビーな場面だな)

憂(弘ちゃんまで繋げれば勝てる!)

いちご「っ!」シュパッ

スパァン ストライーク!

律(動じてねーし。可愛げ無いけど、助かる)


憂(速いなぁ……)

岡田(こんな隠し玉があったのか……まあこっちにもあるけど)


いちご「っ!」シュパッ

憂「やっ!」ブォン

スパァン ストライーク!

憂(当たらない……!)

律「いいぞいちご!」シュッ

いちご「ん」パシッ


岡田「純ちゃん、いこう」

純「おっ、待ってましたよ!」


憂(まだ終われない……!)

律(憂ちゃん、悪いけどこいつは打てないよ)

いちご「ぃやっ!」ボッ

憂「当たって!」ビュオッ

ドパァン ストライークバッターアウト!


姫子「いちご、ナイス火消し!」ペシペシ

唯「いちごちゃん王子様みたい!」

いちご「せやな」

エリ(あ、ちょっとうれしそう)


憂「最後の球、前の二球と全然違った……」シュン

梓「憂、ドンマイ!」

坂口「あんな人いたんならソフト部に入ってくれたら良かったのに!」

岡田「大丈夫、次で私が決める。ね、純ちゃん」

純「わたしにまかせなー!」

梓「え、純、まさか投げるの?」

岡田「なんか練習してたみたいだし、憂ちゃんももう1イニングは厳しいだろうからね」

憂「純ちゃん、お願いするね。はいボール」スッ

純「承った!」パシッ

純「よーっし、坂口さんちゃんと捕ってよー!」

坂口「はいよ」

純「いくよー!」スッ グイッ

梓(捻りがやけに大きいなぁ)

純「ちょいさー!」ザッ シュバッ

憂(サイドスロー!?)

坂口「とっと!」スパァン

純「ふふふ、決まった……」


唯「すごーい、なんかプロみたいな投げ方!」

律(岩崎っぽいな)


岡田「先生、鈴木がピッチャーで、平沢がレフトに入ります」

掘込「わかった」

プレイ!

純(ふー、やっぱ人相手だと緊張するな~)「やっ!」シュバッ

曜子「!」

スパァン ストライーク!

坂口「その調子!」シュッ


曜子(すごく変わった軌道……投げ方でこんなに変わるものなのね)


純「おりゃー!」シュバッ

スパァン ストライーク!

曜子(でも……そんなに速さはないのね。これなら)

純(ふっふ、追い込んじゃったよ~)

純「決める!」シュバッ

曜子「打て、る!」キンッ

坂口「えっ!?」

梓「ありゃ、純……」


澪「佐々木さん!」グッ

曜子「秋山さん……!」フリフリ

律「皆よく打つねえ唯さんや」

唯「塁に出てないのはあたしらだけになってしまったねえ」

エリ「老化しとるー!!」ガビーン


純「あれ、おっかしいな……」

坂口「たまたまだよ、気にしない!」

梓(不安だ、果てしなく)


澪「鈴木さん、お手柔らかに」

純「はいっ、澪先輩!」

梓「こら純!」

純「へーへーわかってます、よっ!」シュバッ

スパァン ストライーク!

澪(確かに見慣れないけど、別に難しい球じゃないな……特別回転かけてるわけでもないし)

純「てぇやっ!」シュバッ

澪(いけるっ!)カキーン

純「うそぉ!?」

憂「純ちゃん……」

梓(この場面でこの人かあ……)

岡田「梓ちゃん、二塁側に寄ってて」

梓「え、うん」(なんだろ?)


いちご「……」トントン

純(すごい威圧感を感じる……)

純(ここは例のボールで満足するしか無い!)

いちご(目が変わった?)

純「だあっ!」シュパッ

スパァン ストライーク!

いちご(……?)

純(やばやば、ぜんっぜん指にかかってなかったよ……)

純「であっ!」シュパァッ

いちご(もらった)ビュォッ

ククッ

いちご「っ!?」ガゴッ

純「よっしゃ!」パシッ

坂口「純ちゃん、セカンド!」

純「うんっ、梓!」シュッ

梓「岡田さん!」パシッアウトー! シュッ

岡田「よし!」パシッアウトー!


律「うそだろ……」

アカネ「いちごちゃんが、ピッチャーゴロダブルプレー……」


いちご「……」トボトボ

唯「いちごちゃん……」

いちご「ごめん、なさい……」

姫子「気にしない!」ガバッ

いちご「!」

姫子「あたしが打って決めれば関係ないしね、皆と打ち上げにどこ行くかでも相談してなよ!」

いちご「……ありがと」ボソッ


姫子(どっちにしろ一打サヨナラ、あたしで決める!)

純(やなバッターしかいないな~もう!)

坂口「……」スッ

憂(えっ、立ち上がった……?)

律「え、これってまさか」

アカネ「敬遠……!」


純「え~、マジで?」

姫子「ピッチャー不服そうだけどいいの?」

坂口「いいんです。純ちゃんだって先輩と真っ向勝負で敵わないってわかってるはずです」

姫子「……そ」

ボール フォアボール!

紬「……」ジッ

純(……なんか怖いんですけど)

純「ふっ!」ビシュッ

紬「はあっ!!」ゴシャァッ

坂口「うえぇっ!?」(終わった!?)

ファール!

純「は、はー、びっくりした……」

坂口(もしかしなくてもこの人怒ってるな……)


紬(いちごちゃんを想う姫子ちゃんの気持ち、踏みにじった罪は重いわよ……)ゴゴゴゴゴ

ボール フォアボール!

紬「りっちゃん、あとお願いね」

律「おう!」(ムギ、目が笑ってないよ……)


エリ「逃げられたかー」

澪「賢明だと思うよ、私たちも怒ったムギなんて見たことないからな……」

アカネ「確かに、ムギちゃんはいつもニコニコしてるものね」

唯「そうだよ、おっとりぽわぽわなんだよ~」


律「さーて、残り物には福があるってか」

純(やっばいな~、こんな状況じゃ怖くてあんなシンカーもどき使えないよ)

純(やっぱやりたいってだけでピッチャーなんてやるもんじゃないのかな……)

梓「純!頑張れ!」

憂「純ちゃん!」

岡田「純ちゃん、逃げないで」

坂口「ミット目がけて来い!」

純「み、みんなぁ……」

律(これが友情パワーか)

純(ふう、泣いても笑っても最後。ならもう全力投球だ!)

純「いっくぞー!」ガバッ

律(大きく振りかぶった?)

純「んん~……!」グルン

梓(凄い捻り!これって)

純「でやああっ!」バシュッ

岡田(トルネード投法!)

ドォンッ ストライーク!

律「……ひゅー、やるねえ」

純「ふっふっふ、これが私の全力っすよ!」

梓(純、すごいじゃん!)

純「まだまだ試合は終わらせません、よっ!」バシュッ

ドコォッ ストライーク!

律(確かに速い)

律(しかも捻りの大きさでリリースポイントは分かりづらい、か)

律「……ふー」


唯「追い込まれちゃった……」

澪「純ちゃんもやるもんだな」

エリ「りっちゃーん、きばれー!」

アカネ「エリ、なんてはしたない……」


純「これで……」ガバッ グルン

純「ラストですっ!」ザシュッ ギャオッ

律(確かに状況は厳しいかも知れねえ、だが)

律「出塁率0割で終わってたまるかーーっ!!」カキャァン!


7