姫子(当たらないストレートなんてプロでしか存在しないと思ってたけど、あるんだなあ)

憂(ソフト部の人、まあ打たれても仕方ないよね?)

憂「ふっ!」ビシュッ

姫子(まずは待球だな)

ストライーク!

憂「……ふう、緊張するなあ」

坂口「どうです、うちのエースは?」

姫子(なにこれすごい)

姫子(ソフト部としては少々セコイが)

憂「えいっ!」ビシュッ

姫子(意趣返しだ!)パシィン

坂口「!」


律「すっげ、打った!」

アカネ「ライト前!姫子ちゃんすごーい!」

エリ「流石キャプテン!」

姫子「ムギちゃん、うったれー!」

紬「うん!」ドキドキ

紬「お願いしまーす!」

坂口(キーボードの人だ。そんなパワーあんのかな)

坂口(ま、当たらなきゃ意味ないけど)

憂「てっ!」ビシュッ

紬「えいっ!」ヴォン ストライーク!

紬「あ、あら?」

坂口(……スイング音すごっ!)

憂(当たったらどこまで飛んじゃうんだろ……)

紬(憂ちゃんも姫子ちゃんも、確かライト側に打ってたわね)

紬(私も真似できるかな?)

憂「えいっ!」ビシュッ

紬(ボールをよく見て打つ!)バスッヴォンッ ストライーク!

紬「あ、あら?」

坂口(振り遅れすぎでしょ)

憂(紬さん、澪さんと特訓したらしいし、気を抜いたら駄目!)

澪「ムギー、打てるぞー!」

紬「う、うん!」

紬(澪ちゃんのためにもむざむざやられるわけにはいかないわ!)

坂口(眉の向きが変わってる……)

憂「えーいやっ!」ビシュッ

紬「当たって!」ガゴッ

坂口(当てられた!でも勢いはないな)

律「打ち上げちゃったか……」

姫子(いや、面白いかも)

紬「当てられただけでも、進歩かしら」

梓「オッケー!」

坂口(セカンドフライでスリーアウトっと……)

梓「っ!?、眩しっ!」

紬「え!?」

姫子(しめた!)

ダーン フェア!

坂口(なんで!?)「ファースト、カバー早く!」

岡田(太陽か!)「くっ、ホーム……!」

姫子「残念!」

セーフ!

唯「ムギちゃーんありがとー!」ブンブン

紬「え、ええ!」(何でかしら?)

いちご「高く打ち上がったのが幸いした」

律「だな。よっしゃあたしも打つぞー!」


梓「ごめん、憂……」

岡田「アレだけ上見上げたら、太陽を防ぐ手立てなんて無いよ。気にしない」

憂「そうだよ。また皆で打てばいいから!」

坂口「後一人、まず切ろう!」


3回表一死 1-1

岡田「下位打線じゃ手が出ないか」

梓「野球部員でもないのに、あっちもこっちもすごい投手だね」

純「平沢姉妹恐るべし……」

坂口「ふんがっ!」パキィン

憂「あっ智ちゃんが打った!」

梓「よし!」(さっきの分取り返さなきゃ!)

純「気負いすぎるなよー」

梓(とは言っても、真正面からヒット打ったことって無いんだよね……)

梓(とりあえず短く持ってみよう)スッ

唯「せいっ!」シュッ

梓「んあっ!」バシィッ

梓(当てられたけど、勢い中途半端すぎ!)

律「ショートー!」

姫子「はいはい!」パシッ アウトー!

梓(しょっぱ……)ズーン

澪「二度目の姉妹対決か……」

憂「今度は負けないよ!」

唯「かかってらっしゃい!」

憂(直球ならファールで逃げれる、変化球狙いでいこう!)

唯「でいっ!」シュッ

憂「たあっ!」バチィッ

憂(直球か……でもこの作戦悪k)

律「とーーーーーーーーるっ!!」ドドドドドッ

澪「律!?」

岡田(これは、届く!)

坂口(マジ!?)

律「逃がさーんっ!!」ズシャー

唯「りっちゃん!」

曜子「田井中さん!」

姫子(よし!)

律「……唯、そらよ!」ピシュッ

唯「!……田井中さんまじかっけえ!」パシッ

律「へへ、名誉挽回ってとこ?」

スリーアウトチェンージ!

澪「律、怪我ないか!?」

律「心配すんなって、一応プロテクター付けてたのが役立ったな」

ワーワー リッチャーン! タイナカサンカッケー!

律「んあ?」

唯「あ、皆だー!」

エリ「そういや応援来るって言ってたね」

律「サンキュー!」グッ

ワアアアアアアアアア!

坂口「あの人はガッツポーズしても点入らないタイプかー」

梓「そうだね、プロテインだね」


4回裏一死 1-1

アカネ「いちごちゃんが出たけど、続かないね……」

律「くそ、4-0で終わってたまるか!」


姫子(打てなかった……くっそ、悔しいっ)

いちご「可愛い顔がだいなし」

姫子「はひ!?って、なんだいちごか……」

いちご「野球はあなただけでやるものじゃない」

姫子「そんなのわかってるよ」

いちご「じゃあ仲間を応援しよ?」

姫子「いちご……うん、そだね」

律「このぉっ!」ブンッ ストライーク!

アカネ「いちごちゃん、さっきはどうやって打ったの?」

いちご「少し上にアジャストしただけ」

姫子「簡単に言うねえ……」

エリ「そんなに難しいの?」

姫子「中々に」

アカネ「そっか……」

律「あ゙ーくっそ、憂ちゃん高性能すぎんだろ!」

唯「あ、おかえり」


アカネ(私もまだヒット打ってない……少しでも上位につながなきゃ!)

憂「はっ!」ビッ

アカネ「!」ピタッ ボール!

アカネ(なんか、さっきより速くないような……)

坂口(憂、疲れてきてるな……ここまでずっと投げ通しだし)

憂(後一人、この人アウトにすれば休める!)

憂「っつあぁ!」ビシュッ

アカネ「えっ!?」

ドコッ デッドボール!

憂「ご、ごめんなさい!」

坂口「大丈夫!?」

アカネ「たた……大丈夫だから気にしないで」

エリ「アカネ、立てる?」

アカネ「うん、ありがと」


憂(やっちゃった……)

坂口(憂は気い使い過ぎるからな、これで崩れなきゃいいけど……)

梓「憂ー、ツーアウトだからねー!」


エリ「あたしも続く!」


憂(大丈夫大丈夫、落ち着いて……)ハーッ

憂「てりゃっ!」ビッ ボール!

憂「えいっ!」ビッ ボール!

坂口(完全にきちゃってるな……)

憂(どうして……思ったように投げられない)

梓「憂……」

岡田「すいません、タイムを」

梓「憂、疲れちゃった?」

憂「う、ううんそんなことないよ!」

純「嘘つきなよ。こんだけ投げて、ただの一般人の憂が疲れないわけ無いでしょ」

憂「……ごめんなさい。でもこの回だけは投げさせて……」

梓「岡田さん、どうしよう?」

岡田「憂ちゃん、無理はしなくてもいいよ」ナデナデ

憂「……」

岡田「でもエースの頼みを無下にすることも出来ないね」

憂「……ありがとう!」

プレイ!

憂(よし……!)ピシュッ ボール!

坂口(え)

エリ(ありゃ?)

ピシュッ ボール フォアボール!

エリ「よくわかんないけど出れた!」

唯「憂……?」

坂口(あ、そういうこと)


曜子「さっきのって、もしかしてわざと?」

澪「最初の二球は違うだろうけど、多分わざとだな」

姫子「まあ姉妹対決の決着にはいいんじゃない?」

律(唯も結構疲れてるはず。ここで決めれたらいいんだが)


岡田(まあこうなるよね)

坂口(妹には妹なりの意地があるんだろうなー)

梓(憂~……)ハラハラ

純(外野打球来ねえ)


紬「唯ちゃーん!」

いちご「姉より優秀な妹なぞ存在しねえ」

ユイー! ヒラサワサンガンバッテー!

和「唯ー!憂も頑張るのよー!」


唯「よーし、気合入ってきたー!」

憂(和ちゃん、ありがとう……)

憂「お姉ちゃん、勝負だよ!」

唯「勝ったら今日の晩ご飯カレーにしてね!」

憂「じ、じゃあ私が勝ったら……えーっと」

梓(なんだかんだ仲良しだなあ)

パキィッ ファール!

律「頑張れー唯!」

アカネ(もう7球も粘ってる……すごい)

唯(ちょっとづつ芯に当たるようになってきたっ)ハーハー

憂(皆のためにも、負けられない!)ハァハァ

憂「てぇあっ!」ビシュッ

唯「ほっ!」キンッ

岡田「っ!?」

ファール!

憂(一塁線ギリギリ……次はないかな)

憂「ふーっ……」スー ハー

唯「……」ザッザッ

梓(頑張って……!)

紬(唯ちゃん……)

坂口(次で決めて、憂!)

姫子(いけ!)

憂「……!」スッ ザシッ

唯(来る!)

憂「……ぁぁあああっ!!」ザッ バシュッ

唯「えーーーいっ!!」ビュオッ

憂「はあっ、はぁ……!」

梓「やったね!」

純「憂、お疲れ様!」

坂口「よく頑張ったよ!」

岡田「憂ちゃん……」ナデナデ

憂「皆っ、あり、がとー……」ハーハー


唯「ごめぇん……」ハヒーハヒー

律「気にすんな、負担掛かるのはお前だから」

唯「りっちゃんしどい!」

姫子「唯、下位打線は力抜いて投げてもいいよ。あたし達でカバーするから」

唯「おお、姫ちゃんが天使に……」


春子「おーい、そっちどうなってるー?」

三花「あ、春子ちゃん!サッカーは終わったの?」

春子「おう、優勝してきた!」ブイッ

文恵「本当!?おめでとう!」

信代「えーっと、1-1で5回表か」

和「凄くいい試合だけど、唯が危ないかも……」

潮「ええ!?」


ボール フォアボール!

唯「うーん……」プラプラ

律(一死一塁でこいつか……)

坂口(ランナーいるとやる気出るなー)

姫子「唯ー、マウンド降りるかー?」

唯「おいィ!?」ギロッ

姫子「おっけーその意気!」

唯「……」ヘラッ


梓(うまく操るなー)

坂口(そろそろ甘いところにも来るはず、それまで耐える!)

律(唯、次はこっちも上位からだ。頑張って凌いでくれ!)

唯「ふんす!」シュッ

坂口「せやっ!」バシィン

坂口(やっば、打ち損じた!?)

律「また!?姫子!」

姫子(こんなゆるい打球予想してなかった!)「澪!」パッ ビシュッ

澪「く……!」バシッ

セーフ!

坂口「助かった~……」

唯「あずにゃんに憂……相手にとって不足なし!」ハーハー

律(唯がこんなに難しい単語を使うなんて……)

梓(多分今の疲れた唯先輩なら私でも、憂に教わったとおり打てば!)

プレイ!

唯「おっりゃー!」ビシュッ

梓(速!?でも真ん中!)

梓(捉えたっ!)「てぇやっ!」パキィン

律(ピッチャーライナーか!?)「ゆ……!」

唯「えっ」

ゴシュッ

唯「あうっ!!」

姫子律「「唯ッ!!」」

曜子「秋山さん!」

澪「えっ、あっ!」(当たったボールがこっちに!)パスッ

ア、アウトー!


6