千尋「……あれ?オールセーフ?なんで?」

澪「ムギが捕る手前でボールがイレギュラーしたんだ……」

澪「高く跳ねてムギを飛び越えて、姫子がカバーに入ったときにはもう完全にセーフだった」

千尋「あ、確かにあそこは姫子が二回も全力ダッシュして荒れてたもんね」

澪「全く、野球はこれだから面白いんだよな」

千尋「お、言いますねえ」


姫子「ごめん、あたしがきちんと慣らし直しておけば……」

唯「別にいいよ。なんかこの試合してるの楽しくなってきたし♪」

紬「唯ちゃん……」

律「はあ、夢中になるとこれだからな……唯、抑えるぞ!」


光「さて、と」

律(こいつの実力ならもう小細工挟む必要はないだろう、唯の嗅覚に任せるしか無い)

光(ツーシーム、右バッターなら確かに苦しい)

光(でも左なら、それに私なら中心線で捉えてさえいれば多少つまろうがヒットゾーンに運べるはず)

光(それにさっき打ったのはおそらくツーシーム。よってここは直球狙いのスイング!)


唯「……ふー」

唯「行くよ光ちゃんッ!!」シュッ

光(勝負ありッ!!)ヴォンッ

ガギィィィンッ!!

唯「!!」

律「あっ」

姫子「……はー」

紬「~~~~~~~~~ッッッッ」

澪「あ、ああ……」

アウトー!

「「「「「「「佐々木さぁん!!」」」」」」」

曜子「ふふ、私にも見せ場があってよかったです……」

光「ツーシームだった……」

護「狙い外れてたんだ。まあ当たってれば逆転サヨナラ満塁弾だよね」

千尋「でも外れててもあんな打球飛ばすんだからやっぱ光ちゃんすごいよ!」

光(僅かに詰まってても確かにヒットゾーンには飛ばせた)

光「そこでギリギリのダイビングキャッチ……。完敗」

3年A「伊藤さん……」

光「ん、何?」

3年A「落ち込まないで。私ヒット打てて凄く嬉しかったよ。負けちゃったけど、野球すっごく楽しかったよ!」

光「……ありがとう」ニコッ


……

エリ「よーし、お昼終わったら次はいよいよ決勝だよ!」

澪「なんか信じられないな、別に運動部ばっかり集まったわけでもないのに……」

姫子「そりゃ団結力あってのもんだよ。ねえ唯。唯?」

唯「」

いちご「燃え尽きてる……真っ白に」

律「まあ最後のほうテンション最高潮だったからな。疲れたんだろ」

紬「唯ちゃん、お昼ごはん食べたらお茶にしましょう?」

唯「はいっ!!」シャキーン

姫子(デジャヴュを感じるなあ)


唯「んまい……」

アカネ「うん……」

律「はー、落ち着く……」

エリ「ムギちゃんマジ天使……」

姫子「地球に生まれて良かった……」

澪「物凄くリラックスしてる……」

曜子「でも気持ち分かります。温かくて、心に染み入る感じ……」

いちご「ムギちゃん本体もあったかい」ムギュ

紬「そこまで言われたら、もう一杯いれちゃおうかな♪」

潮「うはー疲れたー!って何このいい匂い」

信代「紅茶かな?」

キミ子「……ムギちゃん?」

紬「お帰りなさい、お疲れ様♪」

エリ「ムギちゃんが皆の分もお茶入れてくれてるんだよ!」

信代「マジでっ!?」

潮「じゃああたしたちも貰っていいの?」

紬「うん。38人もいるから、一人一杯づつだけれど」

キミ子「じゃあ、いただきます」

ワイワイ ガヤガヤ

春菜「ムギちゃんのお茶美味しすぎ!」

風子「紅茶はよくわからないけど、美味しいってことはわかるわ」

しずか「野球の方はどうだったの?」

姫子「ああ、決勝まで行けたよ」

三花「うそっ!いいな~。バレーは2回戦で負けちゃったよ……」

春子「サッカーも決勝まで勝ち残ったぞ!」

律「おー、流石春子と信代がいるだけあるな!」

和「唯、ピッチャーお疲れ様」

唯「あっ、和ちゃん!バスケはどうだったの?」

和「残念だけど初戦で負けちゃったわ。2点差だったんだけどね」

澪「そっか……お疲れ様。もうお茶飲んだか?」

和「ええ、いただいたわ」

和「クラスみんなでこうして騒げるのも、最後かもしれないわね……」

律「そうだな……」

唯「でも、みんながいなくなっちゃうわけじゃない」

唯「会おうと思えばいつだって会えるよ!アドレスもみーんな知ってるしね」

紬「ええ、そうね……」

いちご「充電完了?」

姫子「だね。そろそろ出よっか」

しずか「もう行くの?」

紬「うん、準備運動もしなくちゃいけないし」

文恵「私たちの分も勝ってきてね」

唯「お任せあれ!」

春子「じゃああたし達も行こうぜ!」

信代「おうっ!」


「頑張ってー!」「後で応援いくからね!」「がんばー!」


エリ「外寒い~……」

アカネ「でも日が差してきて気持ちいいよ」

姫子「決勝の相手は……これあずにゃん達のクラスかな?」

澪「2-1……本当だ」

姫子「てことはあいつがいるのか……辛いなー」

唯「?……あっ、憂ーあずにゃーん!」

梓「先輩!」

憂「お姉ちゃん!」

梓「ほんとに対戦することになりましたね。それも決勝で」

律「ああ、でも手加減は抜きだぜ?」

梓「当然です」


姫子「岡ちゃん、ぐっち……元気してる?」

岡田「はい、おかげさまで」

坂口「先輩方の時より、強いチームにもう既になりつつありますよ!」

姫子「そりゃ頼もしい。よろしくなキャプテン」

岡田「はいっ!」

「2-1対3-2の試合を始めます。尚、決勝は5回まで行います。お互いに礼!」

「「よろしくお願いしまーす!」」

プレイボール!

唯(肩が軽い!和ちゃんに揉んでもらったからかな~)

坂口(憂のお姉さんか。……あんま凄そうには見えないけど憂が言うならそうなんだろうな)

唯「第一球、投げましたっ!」シュッ

ストライーク!

坂口(微妙に変化するってストレートはちょっと見てみたいな、そうほいほい投げないだろうけど)

姫子(ぐっちも岡ちゃんも左バッターだ、しかもぐっちは……)

唯「てりゃっ!」シュッ

坂口「ふっ!」ガッ

曜子「当たり損ない、立花さん!」

律(またこれか!?)「姫子!」

姫子「大丈夫、問題ないっ!」シュッ パシッ アウトー!

澪「姫子、流石!」

坂口(見抜かれてたか。じゃなきゃあんな早く動き出せない)

姫子(俊足の左バッターが内野安打狙うのはソフトじゃ王道だからね。にしてもガチだなー)

唯「あずにゃん、打たせないよ~?」

梓「やってやるです!」

坂口「中野さん!ちょっと」

梓「?すいませんタイム」

ゴニョゴニョ

梓「……うん、やってみる」

坂口「よっし、頑張って!」

律(またなんか耳打ちか……捕手疲れるな)

唯「りっちゃん、私が抑えるから!」

律「……おう!」

唯「とりゃっ!」シュッ

梓「ええい!」ガゴッ

律(またそれか!)「佐々木さん!」

曜子「はっはい!」(急がなきゃ!)

ガッポロッ

曜子「あっ……あっ!」セーフ!

姫子(……やっちゃったか、仕方ないけど)

曜子「あ、ああ……」

曜子「ごめんなさい、私がもっと上手に動けたら……」

唯「いいよ。私が打たれちゃったんだし、さっきの試合じゃ佐々木さんじゃなきゃ負けてたもん!」

曜子「でも……」

姫子「いいのいいの、だれだってミスはするし。触ってミスるどころかボールに触ってない奴もいるよ?」

エリ「なんか言ったかー!」

澪(耳いいな……)「切り替えていこ、な?」ナデナデ

曜子「あ、秋山さん……」

曜子「はいっ、私頑張ります!」

姫子(あ、キラキラしてる)

梓(坂口さんの狙い通りだけど、なんか悪いことした気分……)


憂「お願いします!」

律「憂ちゃん、お手柔らかに頼むわ」

憂「駄目ですよ、真剣勝負なんですから。めっ!」

律(やっぱいい子だなー)

唯(憂か~……抑えられる気がしないよ)

唯「ふりゃっ!」シュッ

ストライーク!

憂「……」

律(めっちゃ集中しとる)

憂(お姉ちゃんの動くストレートは私とキャッチボールしてる時に偶然生まれた球種……)

憂(だから私が一番良く知ってる。でもだからって確実に捉えられるかはわからないから)

唯「てっ!」シュッ

憂(引きつけて打つ!)パカァン

律「エリ!」

エリ「うわっ来た!」(どーしよ!?)

いちご「3メートル前に出て!」

エリ(!)「こ、この辺り!?わわっ!」パシッ アウトー!

エリ「焦ったー……いちごありがとー!」

いちご「ん」

律(どうにかツーアウトだな)

姫子(岡ちゃんか……凌げたら大きいな)


憂「当たりは良かったけど、駄目だったぁ……」

坂口「でも手元まで引きつけて流し打つなんて、そう簡単なことじゃないよ」

岡田「私が打てば問題ないし。行ってくる」

憂「智ちゃん、弘ちゃん……」


律(貫禄あるなー。ソフト部キャプテンみたいだし)

岡田「お願いします」ペコ

唯(さっきみたいに打たれたくないし、頑張る!)フンッ

唯「せやっ!」シュッ

岡田「っ!」パキャアン

律「うおっ!?」 ファール!

澪(ファールか、でもなんて打球だ……全然反応できなかった)

姫子(引っ張られたら正面じゃない限り捕れないだろうな……あたしでもきつい)

唯(おもいっきり打たれた……)ガーン

唯(次は……どーしよ?何投げても打たれそうな雰囲気だよう)

律「唯!自信持って来い!」バシッ

姫子「打たれる前からへこんでない!」

唯「う~……えーい!」シュッ

岡田「すいません!」バキィン

律(一塁線、てか打球速!)「澪!」

澪「届け!」

梓(抜けて!)

純「抜けたっ!」

澪「くそっ、エリ!」

エリ「いきなり忙しいなもう!佐々木さん!」シュッ

姫子「ランナー回ってる!ホームに!!」

梓(セカンドの人はさっきのプレーから見ても多分未経験、私の足なら)

曜子「えーいっ!」

梓(帰れる!)

岡田「……」グッ

セーフ!

憂「梓ちゃんお帰り~!」

純「やるじゃん!」

坂口「『岡田がグッとガッツポーズしただけで5点ぐらい入った』、また伝説が増えたな……」

梓「お前は何を言っているんだ」


唯「打たれちゃった……」ショボーン

律「一点ぐらい、次で取り返してやるよ!」

紬「そうよ、私また打っちゃうから!」

唯「ムギちゃんは頼りになるけど、今日2-0の人に言われても……」

律「おいィ?俺の寿命がストレスでマッハなんだが?」


澪(さっきの試合、梓のチームは2回表で3-0で梓がまた打席に入ってた)

澪(だから5番以下もかなり、やるんだろうな。唯なら大丈夫か?)

律(もうソフト部はいないけど、元経験者ってこともなくはないからな)

唯(まだ4回もあるし、これ以上取られたらやばいな~)

唯(あとワンアウトだし本気でいこう!)

唯「くらえいっ!」シュッ

キィン!

唯(なんですとっ!)

律(センター前……)


坂口「岡ちゃん、ストップ!」

岡田「わかってる」

梓「当たりが強すぎたね」

憂「弘ちゃーん、さっきのガッツポーズかっこ良かったよ!」

岡田「……やらなくて良かった」


律「なんかふつーに打たれたな」

唯「ちょっと曲げたんだけどなあ」

律「たまたまだろ。次で切るぞ」

スリーアウトチェンージ!

唯「ふうー危なかったー……」

律「いちごに2回も助けられたな、サンキュ」

いちご「いい。それより、妹さんはどんなピッチャー?」

唯「え?あそっか、憂が相手なんだよね……」

唯「うーん、野球の試合なんて初めてだし、キャッチボールしてる位だからあんまわかんないかな」

姫子「なんか変化球持ってたりするのか?」

唯「わかんないけど見たことないなあ。いつも私のボール受けてくれてたから」

澪「まあ今から分かるだろ、行ってくる」

澪「当たら……ない」

いちご「すごく伸びのあるストレート?」


律「2連続三球三振だと……」

曜子「妹さん、凄いね……」

唯「えっへん!」

エリ「自慢したくなるのも分かるけどやばくない?」

アカネ「あの二人がかすりもしないなんて、私たちには到底……」

姫子「……」


5