放課後 バッティングセンター

紬「わ~」
エリ「お~」

姫子「初めて?」

エリ「うん、中入ったのは初めて」

紬「私も。すごい音ね……」

姫子「慣れたら気にならないよ。んじゃー適当に始めよ」

唯「私は110キロで!」

律「おいおいそんな速いケージで大丈夫か?」

唯「大丈夫だよ、たまに来るし。憂なんて125キロのところで打ってるよ?」

律「なんと」

唯「手がしびれる……」

律「見栄張るからこの子は」

紬「えいっ!」スカッ

澪「ムギ、体が流れてる。左足で踏ん張るんだ!」

紬「こうかしら!?」バシッ

澪「そんな感じ!腕だけじゃなくて腰から回していけ!」

紬「はいっコーチ!」カキャーン

澪「よしよし!」

アカネ(ハマってるなあ……)

曜子(私も秋山さんにコーチングされたいです)ウットリ


姫子「それじゃ打順を発表したいと思います」



3秋山澪
8若王子いちご
6立花姫子
5琴吹紬
2田井中律
7佐藤アカネ
9瀧エリ
1平沢唯
4佐々木曜子



紬「わ、私が4番!?そんな、自信ないわ……」

澪「大丈夫だよ。今日も最後の方はちゃんと捉えられてたし、私も手伝うから」

姫子「ムギちゃんは自信ないかも知れないけど、組んだ本人としては一番だと思ってる。だから、ね?」

紬「……それなら、私頑張ってみるわ!じゃあもう一回!」チャリンチャリン

澪「コーチなら任せろー」

唯「それで澪ちゃんとムギちゃんはもう少し頑張るんだって」

憂「へえ……野球もいいけど、あんまり遅くなっちゃ危ないよ?」

唯「大丈夫だよういー、皆で一緒に帰ってるし」

憂「それなら大丈夫だね」

唯「憂も野球出るんだよね?」

憂「うん、梓ちゃんと純ちゃんも一緒だよ」

唯「ふむふむ、中々手強そうですなあ」

憂「もしお姉ちゃんのクラスと当たっちゃったら?」

唯「手加減なしだよ!」フンッ

憂「ふふ、お手柔らかに……」


ガヤガヤ コレオシエテー

梓(なんか部室が騒がしい……)

ガチャッ

梓「あれ、また皆さん来たんですか?……勉強中?」

澪「ああ、受験勉強もおろそかに出来ないからな。多いほうが教えあったりできるし」

澪「ちょっと五月蝿いだろうけど、多めに見てやってくれないか」

梓「かまいませんよ、じゃあ私も勝手に練習しといていいですか?」

澪「もちろん」

梓(皆仲よさそうだな……)

梓(まあ今気にすることじゃないな。とりあえずBGM程度に軽くやろっと)

梓(音は……問題なさそう。何から弾こうかな)

梓(……視線を感じる?)チラッ

梓(なんか全員見てるし……)

梓「お邪魔なら出ますけど……」

姫子「いやいや!続けて」

梓(やり辛い……)

いちご「あずにゃんはギターが上手いって唯が言っていたけど、そうなの?」

梓「へっ、あ、あずにゃ……唯先輩っ!」

唯「えー、いいじゃんあずにゃん。後輩自慢くらい」

梓「そっちじゃないです!身内以外にあずにゃんとか言わないでくださいよ!」

唯「いちごちゃんは友達だもん。身内だよー?」

律「そうだぞ梓。友達の友達なんていとこみたいなもんだ」

梓「意味がわかりませんよその言い訳!」

姫子「あずにゃん?」

梓「!?」

エリ「あーずにゃん!」
アカネ「あずにゃん♪」
曜子「あずにゃん!」

梓(え、何この雰囲気は)

エリ「せっかくなので……えいっ」ギュッ

梓「わっ!?」

エリ「おーあったかやわらかすなぁ……あずにゃん分で満たされるぅ」

梓(3年生って一体……)

エリ「唯ー、とれたてのあずにゃん分をプレゼントだぞー」ギュー

唯「おーありがとー」ギュー

紬「あらあらあらあらあらあら」

アカネ「じ、じゃあ私ももらっちゃっていいかな、あずにゃん分!」

梓(まともそうな先輩まで!?)


……

律「よっし、外も暗くなってきたし帰るか?」

梓(えらい目にあった……)

澪「勉強できたような出来なかったような……まあいいか」

梓(いいんだ……)

エリ「軽音部って楽しそうだね。あたしもなんか楽器やろうかなー」

梓(今日のどこをどう感じるとそうなるんですか)

紬「そりゃそう(ここの雰囲気を肌で感じれば)なればそう(楽しい気分に)なるわよ」

梓「だから心読むのやめて下さいよ……」

梓「明日球技大会ですね……皆さん頑張ってください」

唯「うん!あずにゃんには負けないよ!」

梓「もちろんこっちも負けませんよ」

澪「え?梓も野球なのか?」

梓「はい。唯先輩から聞いてませんでした?」

律「あー、唯は憂ちゃんから聞いてたのか?」

唯「あそっか。皆は知らなかったんだ!」

紬「唯ちゃん……」

姫子「まあまあ。あずにゃんも一緒に帰らない?」

梓(もうあずにゃんで固定なのかな)「あ、はい」



曜子「あずにゃんの髪、長くてさらさらね」

エリ「ねえねえあずにゃん、ネコミミ付けると似合うってほんと?」

姫子「あずにゃんはちっちゃくて可愛いな。唯が可愛がるのもわかる気がするよ」

いちご(あずにゃん、結構控えめ。色々と)


梓「後輩ができたらベッタリじゃない程度に優しい先輩でありたい」



当日

律「とうとうきちまったな……」

エリ「ああ、決戦の時だ」

唯「みんな、負けないでね……」

アカネ「何やってるの?」

澪「ほら、対戦表見に行くぞ」

姫子「最初の試合だったら困るし、さっさと行こう」

律唯エリ「はーい」

澪「ほんとに初戦だ……」

アカネ「相手は1年生ね」

エリ「負けたら恥ずかしいな~」

律「そうだな。澪!ファンの子達の応援無駄にできないぞ!」

澪「あ、ああ!」

律「既にそこかしこからシャッターの音やカメラの起動音が聞こえてくるぞ!」

澪「ええ!?」

律「しかも1番バッターなんて注目されたい放題だな!」

澪「っ……!!」カチーン

曜子(田井中さん、流石……秋山さんのこんな表情を引き出してくれるなんて)

律「唯、ちゃんと準備運動しとけよ」

唯「勿論!早く投げたいなー♪」

アカネ「エリ、多分そんなに打球は飛んでこないだろうけど、カバー忘れちゃ駄目よ」

エリ「うん、むしろじっとしてると寒いよ……」

紬「澪ちゃん、変なところに投げたらごめんね?」

澪「任せとけ、ちゃんと取るから」

姫子「佐々木さん、センターよりの打球は無理しないであたしに任せていいから」

曜子「ええ、そっち側は若王子さんもいるものね」

いちご「……ぷれいぼーる」


……

1年生「お願いしまーす!」

3年生「お願いしまーす!」

「プレイボール!」


唯「よーっし……」

律(ちゃんとゾーン内に入れろよ!)

唯「そりゃー!」

パァン ストライーク

律「よーしその調子だー!」シュッ

唯「三者凡退!」

律「上出来だな!じゃあ澪、切込隊長任せた!」

澪「う、うん……」

プレイ!

澪(うう、緊張するな緊張するな!ライブだってできたんだしなんてこと無いって!)カタカタ

「わー秋山先輩だ!」「素敵……」「髪の毛くくってる姿もかっこいい……」「澪ー俺だー!結婚してくれー!」

澪「く……そぉ!」ガキッ!

アウトー!

いちご「私が出る、気を落とさないで」

澪「うん、頑張って……」

いちご(普通の直球なら……ここ!)パキィン

律「おっし出た!」

姫子「よっし、やったるか!」

唯「気合充分だね!」

アカネ「頑張って姫ちゃん!」

エリ「キャプテーン!」

1年投手(あ、立花先輩じゃん……)

姫子(悪いけど後藤ちゃん、打たせてもらうよ。まあ野手なんだし気にすん)

姫子「なっ!」ガキャァッ

紬「すごーい!」

アカネ「簡単に左中間真っ二つ……」

唯「いちごちゃんおかえり~」

いちご「ん」ハイタッチ

エリ「決勝以外は3回までだし、勝利に一歩近づいたね!」

紬「とりゃっ!」キンッ

律「あーあげちったか…………えらい高いな」

アウトー!

紬「ごめんなさい……」シュン

エリ「でもまだ一点取れるよ、りっちゃん頑張れ!」

澪「律、打てるだろ?」

唯「頑張って~、あ、な、た(はあと)」

律「まあやれるだけやるよ」


後藤(アウトにできたけど、すっごいパワーだなさっきの人。3年は違うなー)

律(姫子が言うにはソフト部らしいけど、まあ直球に合わせれば打てるだろ)

後藤(ちょっと頑張るか)「ふっ!」

律「っ!」ズバン ストライーク

律(やられっぱなしじゃあ、ないわな)

スリーアウトーチェーンジ!

律「ごめーん」

唯「ふっふ、私に任せなさい!」

律「おー期待してるぞー(棒)」

後藤(取られちゃった分は打つ!)

唯(あ、ピッチャーの子だ)

律「気合入れろよー!」

唯「……了解!」

唯「ていっ!」シュッ

後藤(もらった!)ガキィン

姫子「おっときたきた、澪!」

澪「んっ!」アウトー

後藤(……気負い過ぎたかな)


回は進んで3回表二死 1-0

1年A「一人もランナー出せないね」

1年B「やっぱ3年生は強いなー」

後藤「……まだ終わってないよ、応援しなきゃ」

A「でも、もう……」

ストライークバッターアウト!

「試合終了、1対0で後攻チームの勝ちです。お互いに礼!」

「「ありがとうございましたー!」」


後藤「立花先輩!」

姫子「あ、お疲れさま。どうだった、うちのエースは」

後藤「絶対捉えたと思ったのにちょっとだけ詰まらされた感じです……」

後藤「なんですかあれ、シュートでも投げたんですか?」

姫子「はてさて」ニヤニヤ

後藤「もう……」

姫子「まあ腐らないで。頑張れよ未来のキャプテン!」

後藤「……先輩もお元気で」

唯「勝ったー!」

紬「唯ちゃんお疲れ様!はい、お茶どうぞ」

曜子「完全試合なんてすごい!」

エリ「打球来なくて良かったけど、暇で寒かったよ~」

アカネ「次の試合まで結構あるし、ちゃんと休んでね」

澪「……なんかしてやったりの顔だな、律」

律「まーな、完全試合は出来すぎだけど」

澪「全く、姫子以外には教えないっていくらなんでも気にしすぎだろ……そういや姫子は?」

いちご「後輩の子と話してた」

律「そっか。じゃああたし達は梓たちのクラスの応援でも行くか?」


澪「もう始まってるな。ていうかもう中盤か?」

律「だな。二回表で3-0で勝ってるみたいだ」

唯「あっ、あずにゃんの打席だよ!」


梓「たぁっ!」バシッ

澪「ああ、ボテボテだ……」

律「いやでも、これなら」

紬「見て!梓ちゃん速ーい!」

セーフ!

唯「すごいすごい!あずにゃんイチローみたいだよ!」


……

「ゲームセット、5-0で先攻チームの勝ちです。お互いに礼!」

「「ありがとうございましたー!」」

梓「憂、ナイスバッティn「あずにゃ~ん、おめでと~!」ガバッ

憂「お姉ちゃん!」

純「あ、唯先輩、澪先輩たちも。お疲れ様です」

律「完勝じゃん、おめでとう!」

梓「憂がすごいんですよ、3回回ってきて全部打っちゃうんですから」

憂「梓ちゃんだって、ヒット打ったでしょ?」

澪「うん、二人のヒット打つとこみてたぞ。立派なもんだ」

憂「次の試合はいつからですか?」

紬「私たちは……いまやってる試合が終わったらね」

梓「じゃああと三、四十分ぐらいですね」

律「おう、だから二十分ぐらい他の種目の応援でも行こうかと思ってる」

純「……それでこちらの方達は?」

唯「あ、皆も来たんだ!」

アカネ「うん、バレーは今終わったところだったから」

澪「どうだった?」

エリ「ぶいっ!」


姫子「唯の妹の憂ちゃんだよね。確か何度か教室来てた気がする」

憂「あ、そうです。姉がお世話になってます」ペコリ

エリ「ええ子や……涙ちょちょ切れるわぁ……」

律「誰だよお前は」ペシッ

いちご「あなたは?」

純(この人美人だなあ……)「あ、二人の友だちの鈴木純って言います」

いちご「そう、よろしく」モフモフ

純「すみませんこれ触って遊ぶものじゃないんで」


3