さわ子「……連絡事項は以上です」

さわ子「それと、名簿を貼っておくので球技大会の参加種目を各自書きこんでおくようにしてください」

さわ子「じゃあ今日も一日頑張っていきましょう」

キーンコーン

律「球技大会かー。存在完全に忘れてたわ」

澪「そうだな。まあ受験勉強の息抜きと思えばいいんじゃないか?」

唯「何があるんだっけ。サッカーとか?」

紬「えーっと、軟式野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、テニスね」

律「ふーん……何にしよっかな」

澪「放課後までだし、私はゆっくり決めるよ」

唯「私も!」

紬「あ、もうすぐ1限目始まるわ。席に戻りましょ」

唯「それじゃ後でね~」

ツンツン

唯「?」

姫子「ねえ、もう何やるか決めた?」

唯「ううん、まだだけど」

姫子「良かったらさ、野球一緒にやらない?」

唯「そっか、姫ちゃんソフトボール部だもんね」

姫子「そそ」

唯「うーん、なら皆も誘ってみるよ!野球は9人いないと出来ないもんね」

姫子「マジで?よし、まず1人確保!」

唯「私野球結構好きだし、りっちゃんもスポーツ少女だから多分やってくれると思うよ」

姫子「おしおし、次はエリとかにも声かけてみるか」

姫子「ところで英語の課題やった?」

唯「勿論ですとも!受験生にはサボる暇など無いのです!」

姫子「よしよしえらいえらい」


唯「というわけで野球やってみない?」

律「あたしはいいよ。野球なんてこういう時じゃないと中々出来ないしな」

紬「うーん、野球って難しそうね。でもやってみたいかも!」

律「澪は?お前実はスポーツ好きじゃん」

澪「見るのは好きだけど、やるのは……」

唯「澪ちゃん……」

紬「澪ちゃん……」

澪「う……わかったよ、やる」

唯「よし!皆頑張ろうね!」



唯「姫ちゃ~ん!」

姫子「お、唯。エリとアカネも野球やるってさ」

唯「ホント!こっちもみんなやってくれるって!」

姫子「これで7人。あと二人だな……」

唯「どうしよっか、誰かあてはある?」

姫子「あてはないけど、とりあえず名簿見よう。まだ書いてない子を当たればなんとかなるでしょ」

唯「なるほど。ってもう次の授業だね……」

姫子「ありゃま」

潮「ごめん、もうサッカー出るって決めてるんだあ」

信代「うん、あたしも誘われてるから。あと二人なんだろ?ガンバ!」

唯「だめかあ……」

姫子「桜高のブストスを獲得できなかったか……初動が遅かったかな」

唯「ブストス?」

姫子「いやこっちの話。次は誰に……あっ、いちご!」

いちご「?何」

姫子「野球しようよ!」

いちご「いいよ」

唯「早!?」

姫子「え、えらく即断だけど、いいの?」

いちご「誘ったのはそっちなのに、なんで慌てるの」

姫子「いや……うん、ありがとう」

姫子(実は野球好き?なんか隠れ野球ファン多いな……)

唯「これであと1人だね!」

姫子「うん!よし次は」

?「あの……」

姫子「はい?」

唯「佐々木さん?」

曜子「こんにちは。野球のメンバー集めをしてるって聞いたんだけど、まだ空いてるかな?」

唯「おっ、お客さん運がいいね!あと一人だったんだよ!」

曜子「本当!……秋山さんも参加するのよね?」

姫子「うん、軽音部は皆やってくれるって」

曜子「私も参加しますっ!!」ガシッ

姫子「はっはいっ!!」ビクッ

唯(そういえば佐々木さんお茶会に来てたなあ)


放課後

姫子「えー、それではミーティングを開始したいと思います」

姫子「まず皆、勧誘に応じてくれてありがとう」ペコリ

エリ「んなかしこまらなくていいよ、友達の誘いは受けるのが友達だもん」

律「おっ、かっこいいね。まーやりたいのが特にあったわけじゃなかったしな」

姫子「それでもね。……じゃあまずは」

梓「あの!」

唯「ん、なにあずにゃん?」

梓「なんで先輩方がこんな大所帯で部室に集まってるんです!?」

姫子「あ……ごめん。迷惑ならでていくけど、30分ぐらいお願いできないかな?」

梓「……いやあの、迷惑というか、ここ以外に場所あるでしょう」

紬「ごめんなさい、皆でお茶しながらお話できたらいいかなって……駄目かしら?」

エリ「お茶飲んでみたいって言い出したのあたしなんだ、怒らないであげて」

唯「あずにゃん……」

梓「……別に怒ってませんよ。10人だとちょっと狭いですがゆっくりして下さい」

唯「あずにゃ~ん!」ダキッ

梓「ちょっ、やめてください!恥ずかしいです!!」

姫子「あれがあずにゃん分の補給って奴?」

律「すまん、本人に悪気はないんだ」

姫子「それじゃやりたいポジションがある人」

唯「はいっ!」

姫子「はい唯選手」

唯「ピッチャーがいいです!」

姫子「はい他にピッチャーやりたい人……ってその前に野球かソフトボール経験者はいる?」

律「あたしは、やったことはないけど弟が小学生の時練習に付き合ってた」

姫子「ふむ、他は?」

いちご「はい。リトルで3年間」

姫子「マジで!?」

姫子(意外だ、意外すぎる……)

アカネ「そうなの?全然見えない……」

いちご「外野をやってたから、センターかレフトで」

姫子「あ、うん。外野いちごっと」キュッキュ

澪「じゃあ律はどうするんだ?」

律「どこでもいいけど……キャッチャーにしようかな?」

唯「おお!」

律「まあ球技大会ぐらいじゃ変わらんだろうけど、野球わかる奴がやるほうがいいだろ?」

姫子「そだね。異論なければ捕手律で」キュッキュ

いちご「澪は左利きだから、守備位置が限られるんじゃない?」

澪「!あ、そうだな……ファーストか外野だな」

澪(いちごにいきなり名前で呼ばれるとどきっとするな……)

アカネ「澪ちゃん背が高いし、ファーストがいいんじゃない?」

エリ「え、アカネ野球わかるの?」

アカネ「うん……もしかして知らない?」

エリ「」

姫子「後で教えたげるから。澪はどうする?」

澪「あ、うんファーストでいいよ……」

姫子「あとは……ムギちゃんと佐々木さんは?」

紬「私はよくわからないから……残ったところでいいわ」

曜子「私はセカンドがいいです!」

姫子「ほう。理由を聞こうか」

曜子「秋山さんに一番近いからです!」

澪「なん……だと……?」

律「いや、お前お茶会の時いたの忘れたのかよ」

姫子(初心者にはちょっと荷が重いだろうけど……まあいざとなればいちごにでも任せればいいか)

姫子「じゃあ二塁手佐々木で」キュッキュ


姫子「それじゃとりあえず決まったね」

      若王子
佐藤           瀧  
   立花    佐々木
琴吹    平沢    秋山

      田井中


唯「ふう~、疲れたねえ」

エリ「ねねムギちゃん、そろそろ例のものを……」

紬「そうね、お茶にしましょうか」

唯エリ「やたっ!」

曜子「琴吹さん、お茶ごちそうさま。凄く美味しかった」

エリ「ほんとほんと!軽音部は毎日これ飲んでたなんて、小憎らしい奴め!」ウリウリ

唯「ハッハッハ、羨ましいだろ~」

姫子「打順は明日体育あるしその時決めよっか。じゃあ皆の衆、そろそろ帰るよー」

姫子「梓ちゃん、これで失礼するよ。部員集め頑張ってね」

梓「はい、先輩方もお気をつけて」

いちご「……あなたの方が危なそう」

梓「いや、はは……」

ジャーネー ガチャン

梓「……私も野球にしたんだけどなあ」


次の日

律「さみぃ……キャッチャーにすんじゃなかった……」

唯「りっちゃん!私の魔球をそんな体で受け止められるかな!?」

律「いーから投げれ、ほら」

姫子(どんなもんかな)

紬「姫子ちゃん、バットってどう握るものなの?」

姫子「あ、はいはいえーとね」

姫子(あっちはあっちに任せるか、りっちゃんなら大丈夫だろうし)

紬「えいやっ!」ガキィィン      ガシャーン

曜子「ええっ!?」

アカネ「うそ……」

エリ「マジパネェ」

いちご「……校舎まで飛ばされた」

澪「やっぱりか……」

紬「わぁ~……野球ってすっごい気持ちいいのね!」

姫子(ブストスktkr)

唯「おぉ~ムギちゃん流石!」

律「あんだけ重いキーボード担いでるもんな。ある意味当然かもな」

唯「えいっ!」パシーン

唯「とりゃっ!」バチッ ポロッ

律「あ、悪い」

唯「もーりっちゃんたら~」ニヤニヤ

律(変だ。さっきから三球に一球くらいこぼしてる。寒いのも確かだけど、全く普通の直球のはずなのに)

律「……唯!さっきのもう一球頼む」

唯「!……おっけー、いくよ!」シュッ

律(ぜってー見極めてやる!)

澪「お、律。唯はどうだっ……どうした!?」

曜子「おでこが……!保健室行きましょう!」

律「んな焦ることじゃないって。ボールとりそこねて直撃しただけだよ」

姫子「大丈夫ならいいけど……唯がそんな凄いボール投げてきたの?」

律「いや、直球。多分70,80キロぐらいの」

姫子「?」

律「でもあれなら、初対面の素人相手なら完封できると思う」

姫子「……そっか。なら狙うのは優勝だね!」

律「おう!期待してるぞキャプテン!」

律「そっちはどうだったんだ?」

姫子「皆結構上手かったよ。あと守備の時佐々木さんがなんかキラキラしてた」

律「ああ……んじゃポジションはそのままでいいんだな」

姫子「うん。エリはバレー部だからそこまで問題ないと思ってたけど、ムギちゃんも普通にこなしてて驚いたよ」

姫子「本人球技苦手って言ってたし、確かにバスケとかの時はワタワタしてた気がするから」

律「ムギは別に運動が苦手なわけじゃないし、野球はめまぐるしく状況が入れ替わるわけじゃないからかな?」

姫子「ふーん……部長だね」

律「何が?つか打順どうするよ」

唯「こんな大勢でお弁当食べるの初めてだねえ!」

エリ「うん、それに佐々木さんとかいちごちゃんとも一緒は新鮮!」

いちご「……そろそろ食べない?」

律「そうだぜ、こっちはもう腹減って仕方ない」

イタダキマース

曜子「秋山さんのお弁当素敵……!」

澪「え、あ、ありがと……ちょっといる?」

曜子「oh……是非、頂戴したいです……」

紬「佐々木さん、鼻血」フキフキ

姫子(打順お昼に発表しようと思ったけど……)

唯「アカネちゃんアカネちゃん、この肉巻きアスパラと何か交換しようよ~」

アカネ「ん、いいよ。それじゃ唐揚げをどうぞ」

姫子(この空気は壊せないな)

エリ「ムギちゃんのお弁当豪華……ちょいと味見を失礼!」ヒョイパク

紬「あっ、やったな~!私も!」

姫子(つか一人コンビニのパンってちょっと寂しい……かも)モシモシ

いちご「はい」

姫子「え?」

いちご「少し食べる?」

姫子「あ……うん、ありがとう。いただきます」

いちご「いい、どうぞ」

エリ「お、新たな友情の芽生え?」

唯「そういえばさ、二人ともロミオとジュリエットで結構票入ってたよね」

澪「そうだったな。あの時は立花さんのほうがよっぽどロミオらしいのにって思ってたよ」

律「いちごなんか正面切って『やだ』って言いやがったぞ。可愛げのない……」

姫子「いやいや、あたしも澪と律に投票したもん。やっぱ二人選んで正解だった」

姫子「でもいちごのジュリエットも見てみたかった気もするかなー」

アカネ「二人とも名前的には姫と王子でぴったりなのにね」

姫子「あはは、いちごの王子様はいいとしてあたしが姫はないよ」

いちご「……そんなことないと思う」

姫子「え」

いちご「立花さんは可愛い」

「「「「「「「……」」」」」」」  (キマシタワー)

姫子「えっと、はい……ありがとうございます」

姫子「いや、なんか頼れるとかかっこいいとかは言ってもらえるけど、か、可愛いは初めてだな……はは」

いちご「可愛い」

姫子「!!」ボッ

いちご(面白い)


2