澪「ひっ!?」

律「お前ええ!私がモンブラン選ぼうとしたのにいいいい!!」

澪「は、はあ!?」

律「モンブランだって、私に食べられたいって言ってるぞ!」

澪「言うか!!」

さわ子「さっきから見苦しいわよ、りっちゃん。諦めなさい」

律「ぐ……。でも先にケーキ食うのはおかしいだろ!なあ、唯!?」

唯「」

律(生ける屍と化している!!)

・・・・・・

律(そんなこんなで時間は刻一刻と進み、ゲームも終盤へと近づいていた…)

さわ子「えーと、今の状況は……唯ちゃんが五万円の借金をしている(他は五十万以上ある)こと以外、なにも変わったことはないわね」

唯「」

律「……」

紬「あ、私はマイカーを買いました~♪」

さわ子「さすが女社長」

律「そういうさわちゃんだって校長にまで出世してんじゃん」

さわ子「ウッシッシ、まあね~」

律「嫌な笑い方だな」

紬「りっちゃんも結婚したのよね~」

律「おう!今は幸せな家庭生活を送ってるぜ!!」

さわ子「いいわね~。現実でそうなりたいわぁ」

律「ははっ、さわちゃんには無理む…」

さわ子「」ギロッ

律「……ゴメンナサイ」

律「そ、そういえば澪の姿が見えないなあ~!」

紬「澪ちゃんなら部屋の隅でポケモンやってるわ」

律「なんと!」

澪「…」ボソボソ

澪「…4Vきたと思ったらなんで性格不一致なんだよ死ねよカス」ボソボソ

律「なにあれ、怖いんだけど」

さわ子「放っておきましょう。じゃあゲーム再開するわよ~!次は誰~!?」

律「また一周したから唯じゃないか?」

紬「はい、唯ちゃんの番よ」

唯「…あ……」カラッ

ピタッ

さわ子「3ね」

唯「……あ…」

トットット

『借金があるなら、その借金が三倍に!!ちゃんと全額返してねっ☆ 高利貸し』

唯「……………………………………………………………………………………………」

律(うわぁ……)

紬「うわぁ……」

律(声に出すな眉毛!)

さわ子「これで唯ちゃんの借金は15万円ね」

唯「」

律(もうやめて!唯のライフはゼロよっ!!)

律「ん…?このコマ、重要イベントマスだぞ」

さわ子「どれどれ?」

『後ろの人と同居することに。財産山分け・給料山分け。残りの人達も同様』

律「……一番近いのは…」

唯「」

さわ子「わ…私が唯ちゃんと同居で……」

紬「私はりっちゃんとね♪」

律(さわちゃんドンマイ。……待てよ?ムギって確か女社長だったよな?)

紬「りっちゃんと同居なんてぇ……//」

律(女社長…これで勝つる!!)

さわ子「じゃあ、財産山分けね…唯ちゃん」

唯「キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

さわ子「」ビクッ

唯「ひゃひゃひゃきたぜーわたしの時代超きたぜー」

紬「りっちゃん、唯ちゃんがおかしいわ」

律「気にするな。さあ、こっちも山分けするぞ…………あれ?ムギ、財産こんだけ?」

紬「ごめんなさい、車かってお金がなくて…」

律「そ、そうか…」

律(まあいいか。損はあまりない)

紬「次は私ね~♪えいっ」クルッ

ピタッ

紬「6だわ♪」

トットットットットット

紬「あら、唯ちゃんのマスだわ」

律「まあムギは借金ないし、いいだろ」

紬「あ…車の借金があるわ」

律「なんで!?」

紬「ローンが払えなくて~♪」ニコニコ

律「払ってないのかよ!つか笑顔で言うなあ!!」

さわ子「借金は三倍よ」

律「む…ムギ……借金いくら…………?」

紬「ごひゃくまんえーん♪」

律(はい、終わりましたー)

律(借金五百万ってどういうことですか。なぜあんな笑顔で言うのですか。つかゲームバランスやっぱおかしいなこのゲームう!!)

さわ子「二人とも財産たしても借金一千万円ね」

律「絶望的じゃねえか!!唯の十五万なんて可愛いくらいだ!」

唯「ひゃひゃひゃwwwwざまあwww」

律「いや……まだだ!!ムギの給料がある!給料いくらだムギ!?」

紬「0円で~す♪」

律「なんでだああああああああああああ」

律「女社長なのに0円!?ZE☆RO!?」

紬「最初の給料決めでそうなったの~♪」

律「給料に0円なんてあるの!?それでも女社長なのか!!」

さわ子「りっちゃん、諦めなさい…これが現実なのよ」

律「ねえよこんな現実!」

紬「ごめんなさいねりっちゃん♪」

律「さっきから音符がうぜえよ女社長!」

唯「次りっちゃんの番だよー」

律「もどっ…」

唯「早くしろよカス」

律「…ってない!」

さわ子「早くしなさいよ」

律「はいはい…」

律(くそう…なぜ私が借金を……)

律(しかたない…自分でなんとかするしかねえな……信じられるのは自分だけだ!)クルッ

ピタッ

律(5だ…!)

トットットットット

さわ子「あら、唯ちゃんのマスね」

律「もう自分も信じられねえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ」

さわ子「りっちゃんとムギちゃん、借金三千万円ずつね」

律「」

紬「りっちゃん…」

律「ん?」

紬「なにやってんだ?」ギロッ

律「ええええええええええええええええええええええええええええええええええええ」

紬「なに借金増やしてんだよふざけんなよ?」

律「なんでお前が怒ってんのおおおおおお!?元はといえばムギが…」

紬「あ゛ぁ?」

律「す、すみましぇんッ!」

さわ子「じゃあ、次は私ね」クルッ

ピタッ

律(唯のマス止まれ止まれ…)

さわ子「6だからあがりね」

律「……」

さわ子「じゃあ私はレアチーズケーキにしよーっと♪」

律「……」

唯「」クルッ

ピタッ

唯「あがりだ」

紬「」クルッ

ピタッ

紬「あがりだわ」

唯「私ショートケーキにするー!」

紬「じゃあ私は…」律「ちょっと待てえええええええええええええええええええええ」

律「なにこのあがりラッシュ!?つかムギは借金してるんだからゴールできないだろ!!!」

紬「ゴールしたら借金は帳消しになるみたいよ」

律「なにそのゆとり仕様!」

紬「あ、違うわ。残った人が相続するみたいね」

律「いらねえよそんな遺産!」

さわ子「だから見苦しいわよ、りっちゃん」

唯「そうだよー。あ、でも次のターンでりっちゃんがあがったらケーキあげるー」

紬「新しく買ってくるわ~」

律「マジでか!よっし!」

カチャ…

律(…右手に全神経を集中させ、左手の盤(ディスク)を回す!!私とお前は二人で一人だ。そう誓ったじゃないか)

律「ふおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお………」

律「私のすべてを吸い、高まれ!!!」

クルッ!

ピタッ…

さわ子「1ね」

律「」

紬「さあ、みんな~ケーキ食べましょう~♪」

唯「ケーキだケーキ~♪」

律「……………」

澪「ケーキ食べられない奴は可哀相だよな~」

唯「やめなよ~聞こえちゃうよ~」

律「……」

さわ子「私、もう一個食べたいです!」

紬「もう…夕飯食べられなくなりますよ~♪」

さわ子「ゆうは…?」

ガチャン!

和「ちょっと!みんな、なにしてるの!?もう晩御飯よ!!?」

唯澪紬さわ子「え………?」

・・・・・・

春子「あれ?あんた達、もう食べないの?もったいなあ」

唯「まだ食べれ…うっぷ」

澪「残さず食べ…うっぷ」

さわ子「少し休憩して食べ…うっぷ」

紬「すしうめー」

律(正義は勝つ…!)

おわり



おわりです、どうもすみませんでした
見てくださった方、ありがとうございました~