それは、修学旅行でのことだった……

澪「着替え終わったか~?」

唯律「うぃー!!」

澪「…まだ時間あるな。どうする?」

紬「お茶でもいれよっか」

唯「なんかして遊ばな~い?」

律「トランプならあるぞー」

紬「あっ、それなら…」ガサゴソ

紬「これ!!“人生当てもんゲーム”♪」

唯「なにそれー?」

律「それ知ってるー!あの手この手でセレブ目指してく奴だー!!」

唯「えー!やりたいやりたい!!」

律「よし、やるか!いいだろ澪!?」

澪「まあ時間あるし…。やるか」

唯紬「やった~♪」

律「よーし、始めるぞー」ガララッ

澪「まず順番決めるか。ジャンケ…」

律「待て!!」

澪「ひっ!?な、なんだよ…」

律「ただ普通にやってもつまんないだろー?ビリの人は罰ゲーム受けようぜー!」

澪「そんな…」

唯「いいねいいね~!」

紬「その方が燃えるわ~」

澪「ちょ…」

律「なんだ澪、負けるのが恐いのか~?」

澪「なっ…そんなわけないだろ。やってやろうじゃない!」

唯律 ニヤ

唯「どんな罰ゲームにする~?」

律「コスプレして宿泊棟一周とか!」

澪「そんなの嫌だ!」

律「嫌だから罰ゲームなんだろー?」

紬「でもりっちゃんそれは…」

律「んもう、冗談だよ冗談ん!てへっ☆」

澪「お前のは冗談に聞こえない!」

紬「あ…お茶の準備もするわね~」

カチャカチャ

澪「あれ…?ケーキあるのか?」

紬「さっき売店で買ったの~」

律「じゃあ私はモンブランにしよー…」

さわ子「待ちなさい!りっちゃん!!」

唯「さわちゃん!?」

律「いたのかよ!!」

さわ子「ケーキを食べるのは後よ」

律「……なんで?」

さわ子「ケーキの数よ!」

澪「……四個」

紬「ま、まあみんなの分を買ったから…」

さわ子「私の分がないじゃない!!」

律「あんたの都合だろっ!」

紬「あの…ケーキならまた買ってきますよ?」

さわ子「いいの、ムギちゃん!!私はそこまでガメつくないわ!」

律「いや、この時点でガメついよ」

ドガッ!

律「あふっ!!」

律「」キュ~…

唯「おお…」ツンツン

さわ子「…それでね、私から提案があるの」

律「…なによ?」ムクッ

唯「復活した!」

さわ子「罰ゲームは…負けた人だけケーキを食べれない。というものにしましょう!!」

律「はあ!!?」

さわ子「これでいいでしょ!」

律「なんでだよ!そもそもさわちゃんが来なかったら、ケーキ足りてただろ!!てか、さわちゃんもゲームやるのかよ!?」

さわ子「もちろんよ!」

律「……。つか、今の罰ゲームはないよなあ…?」チラッ

紬「いいと思うわ!」

唯「モチベーションが上がるね!」フンスッ

律「いいのかよっ!!つかそれより、唯がモチベーションって言葉知ってる方がびっくりだけどな!」

唯「しどいよ、りっちゃん!」

律「澪!澪はどう思…」

澪「なにかを賭けて戦って愛を勝ち取る……詩の参考になるかも」

律「愛ってなんだ!」

さわ子「みんな賛成みたいだけど……りっちゃんはどうする~?」ニヤニヤ

律「う…わかったよ……それでいいよ」

さわ子「決まりね!」

紬「始めましょう!!」

唯「ムギちゃんノリノリだね!」

・・・・・・

ガチャガチャ…

律「………」

律(結局やることとなったわけだが…)

唯「これがコマだね!」

紬「色々なコマがあるわね~」

澪「手が込んでるな…」

さわ子「さあみんな、コマをとって~」

唯「私これ~」

紬「じゃあ私はこれ!」

澪「私は…これ」

さわ子「みんな、コマは持ったかしら?じゃあ始めるわよ~」

律「ルールは確認しなくていいのかよ」

さわ子「そんなの確認するまでもないでしょ?」

律「一応みとこうぜ!」ガサッ

律(ルールは簡単だ。テーブルゲームにありがちなルールばかりだ。ただ、違うところもある。マスが最初はみえないところ。シートが置いてあって、踏んだ時にイベントが分かるみたいだ。まあ、あとはそれといったルールはない)

唯「最初に職業選びだね!なににしようかな~♪」

澪「職業は自分で決めるのか?」

律「なんかないのか?」

紬「あ、ボードがあるわ」スッ

さわ子「それで決めるのね」

澪「……」ガサゴソ

澪「あ、サイコロの代わりのボードもある」

唯「とりあえず今は職業選びだよ、澪ちゃん!」

澪「あ…うん」

・・・・・・

律(それぞれの職業はこうだ…)

リツ:OL

ミオ:OL

ユイ:OL

ツムギ:女社長

サワコ:教師

律(OL多いな!!つかさわちゃんはまんまだし!
あ、ちなみに順番も決まった
唯→ムギ→私→澪→さわちゃん
の順だ。私は三番目か……。まあ無難な順位だな)


唯「さあ、勝つぞー!」グルッ

唯「6出ろ、6!」

律(6がいいものでもないぞ、唯)

ピタッ

唯「うう~、4か」トットットット

『アイス大安売り!!…しかし、買い過ぎで全財産なくなる』

律(いきなり大ピンチじゃねえか!)

唯「アイス…」じゅるり

律(普通に喜んでんじゃねえ!)

紬「でも全財産って、最初の所持金はいくらなのかしら?」

ピラッ

さわ子「100万yenね」

律(ゲームバランスううううううううう!!!!)

律(しかも、唯のやついきなり100万もなくしたのか!)

唯「あれ?重要イベントマスだよ、ここ」

澪「なんだ?」

『全員の給料を決める』

律(最初にきめとけよ!!そこ踏まなかったらどうする気だったんだ!)

・・・・・・

紬「次は私ね~。えいっ!」グルッ

ピタッ

紬「5だわ!」トットッ

唯「あう~…越されたあ……」

紬「ふふっ」

律「んで、なにが書いてあるんだ?」

『1マス後ろのOLから10000円もらう』

律「ってことは……」

唯「あああう~…借金だあ~……」ポロポロ

紬「ご…ごめんね、唯ちゃん」

唯「いいの、ムギちゃん!これはあくまでゲームだよ!!」

紬「唯ちゃん…」

・・・・・・

律「よーし、次は私だな」グルッ

律(…危険なのは4・5だな。5なんて当てたら唯が……)

ピタッ

さわ子「5ね」

律「」

唯「ああう…。し、借金が二万円……」ガクガク

律「ゆ……」

唯「いいんだよ、りっちゃん。ゲーム……だから………」グスッ

律(ああ、痛々しい…)

・・・・・・

澪「私か…」グルッ

ピタッ

律「…1だな」

澪「……」

トッ

律(もうちょっと楽しくやろうぜー……ん?)

『あがり』

律「……はい?」

さわ子「澪ちゃんあがりね」

澪「やった!」

紬「おめでと~♪」

唯「」

律「ちょっと待てええええ!!おかしくね!?ねえ!おかしくね!?」

澪「…なにが?」

律「な、なんでいきなりあがり!!?ゲームバランスっつーか、チートだ!反則だあ!!」

さわ子「やーね、みっともないわよ」

紬「公平なルールのもとでの結果よ」

律「どこが!?ルール以前にゲーム自体が問題じゃねえか!!つか『あがり』ってなんだ!なんで一言なんだ!!手抜きじゃねえか!!!どうしてあがりになったんだ!!!?」

さわ子「落ち着きなさい、りっちゃん」ガシッ

律「さわちゃん…」

さわ子「ここは戦場y…」

律「うるせー!!!」

澪「まあ…あがったからとりあえずケーキは貰っとくな?」

律「待t………」

スタッ

律(いや…ここで騒ぐ意味はない。あがればいいんだ。ビリにならなければいい…)

澪「どれにしようかな…」

律(私はモンブランが食べれればそれで…)

澪「モンブランにしよう」カチャ

律「おいいいいい!!」


2