唯「もー、こんどはなに?」

澪「だからそういうのはちゃんとステップを踏んでやるべきだって・・・」

唯「えー、あと何ステップくらい?」

澪「遥か遠くだよ!!!」

唯「じゃあめんどくさいし、一気に済ませちゃおうか」

澪「めんどくさいって・・・」

唯「まずなにするの?」

澪「え?えーっと・・・」

※安価「べろちゅー」

唯「べろちゅー?」

澪「あれだよ、深いほうのキス」

唯「ふ、深い・・・?」

澪「ディープキッスだよ」

唯「やり方わかんないや、えへへ」

澪「じゃあ・・・私がするから・・・」

唯「うん!」

澪「し、失礼・・・」チュ

唯(うわ・・・舌はいってきた)

澪(こ、こうかな・・・?)ジュルジュル

唯(き、気持ち悪い!)ドンッ

澪「ど、どうした?」

唯「なんか・・・べろちゅー嫌い・・・」

澪「ご、ごめん、下手だったかな・・・もう一回やらせて!」

唯「うーん・・・あと一回だけね?」

澪「よし・・・」チュ

唯「んむ・・・(うぅ、やっぱり気持ち悪いよう)

澪「はむはむ(上手く出来ない・・・唯、めっちゃ眉間にしわ寄ってるよ・・・)

唯「んむ・・・?(今一瞬気持ちよかった!)

澪「はむはむ(どうしようどうしよう・・・)

唯(今のところ・・・もっと・・・)チュルチュル

澪(な、なんだ?唯が積極的に・・・)

唯「んむ・・・はふ・・・」

澪(なんか・・・ぼーっとしてきた・・・)


唯「ふぅ、結局2時間もやってしまった」

澪「や、やりすぎ・・・ハァハァ」

唯「なんか澪ちゃんすっごくえっちな顔だよ?」

澪「う、嘘・・・///」

唯「口から涎垂らして・・・・なんだかすごくエロっちいよ!」

澪「は、恥ずかしいから見るな///」フキフキ

唯「次はなにするの?」

澪「も、もう次いくのか?」

※安価「あなるいじり虫」

唯「あなるいじり虫・・・?」

澪「誰だ!私の口から変な言葉だしたやつは!?」

唯「澪ちゃん、なんか安価は絶対って声が聞こえるよ!」

澪「うぅ・・・」

唯「で、どうすればいいの?」

澪「だからその・・・お、お尻の穴をいじるんだよ・・・///」

唯「えー!汚いよ!」

澪「汚いって言うな!それは私がいうセリフだ!」

唯「でもそれってくぱぁより恥ずかしいんじゃ・・・」

澪「うるさい!」

唯「・・・じゃあ触るよ?」

澪「あ、あぁ・・・」

唯「えーっと・・・ここかな」

澪「ん・・・」

唯「くすぐったい?」

澪「うん、ちょっと・・・」

唯「お尻、蒸れてるね」

澪「しょうがないだろ、今日は練習あったし・・・恥ずかしいこというな・・・」

唯「気持ちいい?」

澪「・・・あんまり」

唯「だよね、お尻だもんね」

澪「でも・・・唯に触られるのは・・・嬉しいし、ちょっと気持ちいい・・・」

唯「ふふ~、可愛いな~♪」

澪「こ、こら、抱きつくな!って、ひゃ!?」

唯「あ、指入っちゃった・・・」

澪「きゅ、急にいれるな・・・」

唯「でもほじり虫だし・・・このままほじっちゃうね!」

澪「ひ、ひあぁぁぁ・・・・」

唯「えいっえいっ♪」

澪「ゆ、唯……痛い、よぉ……」

唯「うーん、でも安価だし……」

澪「ちょっと休ませて……」

澪「はぁ……はぁ……」

唯(うーん、ひまだなぁ)

唯(いいや、動かしちゃえ!)

澪「うひ!?ゆ、唯!ちょ、ま……!」

唯「はやく済ませちゃおうよ!」

澪「すませ、るっって……どうやって……!」

唯「あ……終わらせ方わかんないや……まぁいいや♪」

澪「ひ、ひぎぃ……!」


唯「ふぅ、結局また2時間ほじってしまった」

澪「……」ビクビク

唯「澪ちゃん?大丈夫?」

澪「大丈夫……なわけあるか……」

唯「うわぁ、指の先が澪ちゃんのお尻の臭いになっちゃったよ、ほら」

澪「ば、やめろ……///」

唯「もうくぱぁしていいよね?」

澪「……(お尻いじられてもやっぱりくぱぁは恥ずかしいな)


4