梓「…………じゃあ、唯先輩で」

梓の答えに、唯は驚く様子も見せず。

唯「え? 私? しょうがないなー、あずにゃんは」

梓は唯の肩を掴む。

梓「じゃあ、いきますよ」

唯「うん。いつでもオーケーだよ」

梓「…………じゃあ、いきますよ」

唯「わかったから早く」

梓「……………………じゃあ、いきますよ」

唯「もう、あずにゃん。じらさないでよ」

梓「……はい」

ゆっくりと、梓は唯に顔に詰め寄る。

唯の吐息を感じられるくらい近くなり、やがて唇が重なり合った。

梓(唯先輩の唇……少し湿ってて温かい…………)

唇が離れる。

唯「えへへ、あずにゃんに唇奪われちゃった」

梓「唯先輩がやれって言ったんじゃないですか」

唯「でも、選んだのはあずにゃんでしょ?」

梓「まあ、そうですけど」

紬「こっちも終わったわよ~」

唯「え? 何が?」

紬「りっちゃんのおでこに『肉』って書くの」

唯「えー、本当? 見せて見せて!」

律「………………もう、お嫁にいけない」

唯「……ぷっ! 筋肉マンだよ! あずにゃん、見てほら!」

律「どうとでもいってくれ…………」

梓「り、律先輩、そ、そんなに変じゃな、ないですよ」

律「フォローは笑いをこらえながらしても意味がないぞー…………」

澪「ここまで消沈している律を久しぶりに見た…………」

律「…………私はもう、駄目かもしれない」

澪「あ、あれだぞ? 意外と格好良く見えるぞ? 律」

律「うるせー、フォローになってねぇよぉ……うぅ」

澪「突っ込みにも覇気がない……」

紬「あ、澪ちゃん?」

澪「なんだ? ムギ」

紬「澪ちゃんも忘れないでね? 和ちゃんにデートを申し込むの」

唯「澪ちゃん、付いていってあげようか?」

澪「ひ、一人で出来る! そ、それにまだ和も生徒会で忙しいだろ? だから、部活終わってからの方がいいと思うんだ」

唯「まあ、いいけど。和ちゃんにデートのお誘いするの忘れないでよ?」

澪「ああ……わかってるよ」



部活終了後   生徒会室前

和「あら……澪」

澪「……あの、さ。唐突で悪いんだけど……デートしないか?」

和「………………え?」

澪「い、いやさ、あの、ゲームでさ、和にデートを申し込むことになっちゃって」

和「………………そう」

澪「断ってもいいんだぞ? 罰ゲームの内容は、飽くまで申し込むだけだからさ。デートする必要はないし」

和「…………いえ、せっかく頼まれているのにそれを反故にするのは気がひけるわ」

澪「…………へ?」

和「いいわよ。デートしましょう」

澪「…………本気?」

和はこくりと頷いた。

和「もちろん、本気よ」



和「それで、どこに行くの?」

澪「え、どこって――、普通に一緒に帰るだけじゃ駄目か?」

和「デートというのは夜景の見えるレストランで食事したり、二人で観覧車に乗ったりすることなのよ」

澪「そ、そうなのか」

和「ええ。だから、どこかに行きましょ」

澪「でも……私、そんなにお金ないんだけど……。夜景が見えるレストランなんてどこにあるか知らないし……」

和「……そう。じゃあ、夜の街を散歩するってのはどうかしら」

澪「まぁ……それくらいなら」

和「なら、手を繋ぎましょ」

澪「え、な、何で?」

和「デートするってことは恋人同士ってことよ。恋人同士なら、手を繋ぐのが普通よ」

澪「そ、そうか。なら……繋ぐか」

和「ええ」

和が差し出した手を、澪は静かに握った。

澪(…………何だか、こうしていると本当に恋人みたいだな)

澪(……って、私は何を考えているんだ!)

澪(……唯のやつ、何考えてるんだ。和をデートに誘えなんて。まったく)

和「澪」

澪「え? な、何?」

和「何かお話しながら歩いたほうが、自然じゃない?」

澪「ま、まぁ……そうかな」

和「じゃあ、澪。ひとつ訊いていい?」

澪「ああ、何だ?」

和「澪って、好きな人とかいたりするのかしら?」

澪「え、な、何でそんな、え、え?」

和「答えて。澪」

澪「え、うーん。いない……かな」

和「……………………そう」

澪「あれ、ちょっと和? 私の手を握る力が強くなっていってないか?」

和「気のせいよ」

澪「気のせいって…………痛い痛い痛い痛い! 和、ストップ! ストォップ!」

和「澪、もうひとつ訊くわね」

澪「あ、あぁ」

和「昨日、私にキスをしたのは何で? 本当に、そういうゲームだったの?」

澪「ああ、……自分の好きな人を選んで、キスをしなきゃいけないっていうゲーム、かな?」

和「…………好きな人、と?」

夜の中でもわかるほどはっきりと、和が顔を赤くした。

澪「あ、ああ。そう、だ…………あ」

澪(うわー! 言い方が悪かった! これじゃ私の好きな人が和っていう解釈に!)

和「…………そう」

澪「…………ああ」

和「……………………」

澪「……………………」

気恥ずかしくて、双方黙り込む。

それでも手だけは、繋いでいた。

***********************************

翌日  放課後

澪「…………絶対和に誤解された…………」

律「…………油性ペンで肉って書きやがって…………消せねえじゃねえか……」

唯「なんでりっちゃんと澪ちゃんはいつもより元気がないの?」

梓「…………そっとしておいてあげましょうよ」

紬「みんな~、お菓子よ」

唯「今日はガレットデロワじゃないよね!?」

紬「ええ。シュークリーム5つにしたわ」

唯「シュークリーム! やったー!」

紬「ただし、この5つの中に1つだけ、フェーブが入っているのよ」

唯「え」

梓「きょ、今日もやるんですか? 王様ゲームみたいなこと」

紬「ええ」

唯「今日は、フェーブをあてないようにしよう……」

梓「じゃあ私はこの真ん中の奴にします」

唯「私は右端―」

梓「律先輩たちはどれにしますか?」

律「…………どれでもいい」

澪「…………私もどれでもいい」

唯「じゃあ澪ちゃんは一番焦げ目が多いやつ、りっちゃんは左端のね」

全員の元にシュークリームが置かれる。

唯「いただきまーす!」

紬「……あら、また私のにはなかったわ」

梓「……よかった。私のにもありませんでした」

唯「私のにもなかった! りっちゃんか澪ちゃんかのどちらかだね」

律「え、マジで!?」

澪「…………誰かに命令したりするのは嫌だな……仲が険悪になりそうで」

律「私もだ…………。まあ、いいや。食べようか」

澪「…………」ムグムグ「あ、私のにはなかった」

律「…………フェーブって、これか?」

紬「あ、りっちゃんおめでとう!」

律「何か……全然喜べねえ」

紬「ほら、何か命令して? みんなに一つずつ」

律「えーと、じゃあムギ! 明日からは普通のお菓子を持ってきてくれ。フェーブ入りとかじゃないやつ」

紬「……王様の命令だからしょうがないわよね。わかったわ」

律「それから……唯には昨日ひどいこと命令されたしなー、どうしようかなー」

唯「りっちゃん! 私たち友達だよね?」

律「うるせー! おでこに肉って書かせるような奴は友達でも何でもねー!」

唯「りっちゃんひどい!」

律「唯は……、えーと、ああ、ほっぺたに渦巻き書いてくれ」

唯「ええー、そんなぁ」

律「はい次ー。梓は、じゃあ……。なにも思いつかないから、梓も頬に渦巻きで」

梓「え、唯先輩と同じですか?」

律「そう。おそろい」

唯「えへへ。あずにゃんと一緒だねー」

梓「ほっぺたに渦巻きなんて……今時の小学生すらやらなそうなことを」

律「えー最後に澪は…………。和に好きだと告白すること」

澪「は?」

律「いや、だから和に告白」

澪「な、何で私だけそんなんなんだ!?」

律「いや、面白い命令が浮かばなかったから」

澪「そ、そんな……」

律「それはそうと、ムギ、油性ペン貸して」

紬「はい、りっちゃん。油性ペン」

律「サンキュー」

梓「え」

梓「ちょ、ちょっと! 油性ペンで渦巻き書く気ですか?」

律「私のおでこの肉も、油性ペンで書かれたからな。恨むんなら唯を恨め」

唯「いいじゃんあずにゃん。いつかは消えるだろうからさ」

梓「いやですよ! 頬にぐるぐるマークがあったら外に出れなくなりますよ!?」

律「さーて、そろそろ書くぞ」

梓「いやだー! バカボンみたいになるのは嫌です!」

律「観念しろ! 梓!」

律は梓を抑え込むと、両頬に渦を描いていった。

律「はーい、完成」

紬「はい、梓ちゃん。鏡」

梓「…………本当に書かれている…………ご丁寧に太いほうのマジックで……」

律「次は唯な」

唯「うん。綺麗に書いてよ!」

律「はいはい」

数十秒かけて、渦を唯の頬にも描く。

紬「はい、唯ちゃん。鏡」

唯「おー、あずにゃんと同じになった!」

梓「…………明日から外出れない…………。その前に家に帰れない……」

唯「一緒だね、あーずにゃん!」

梓「一緒でも嬉しくないです……」

唯「えへへ、私は嬉しいよ~?」

その言葉を聞いた梓は、不思議と悪い気分ではなくなった。

澪「………………和に告白………………」

紬「頑張って、澪ちゃん! 私応援してるから!」

澪「………………和に告白………………」

律「澪、私が付いていってやろうか?」

澪「いい………………一人で出来る」

***********************************

部活終了後 生徒会室前

和「あら……今日もどうしたの? 澪」

澪「い、いや、あの……律にしろって言われたんだけどさ」

和「ええ」

澪「これは、あのさ、私も仕方なくやっていることだから、本気で受け取らないでほしいんだけど……」

和「わかったわ。それでなに?」

澪「……和、好きだ」

和「………………え?」

澪「いや、律に告白しろって言われてさ、いやー、あいつには困ったもんだよ」

茶化すように言う澪。

澪「うん。まぁ、告白は終わったからさ。突然変なこと言ってごめん」

和「……私も好きよ、澪」

澪「…………は?」

澪が頓狂な声を出すと、和は笑って。

和「冗談よ。――少なくとも、今はね」

その笑顔に一瞬、澪は見とれてしまう。

澪「あ、あはは、冗談だよな。うん、わかってたよ」

動揺を隠すように澪は笑う。

和「そうだ、澪。せっかくだから一緒に帰らない?」

澪「あ、あぁ。いいかもな」

そして、二人は足並みをそろえて校舎の外へと向かった。

ゆっくりと、ゆっくりと。
                            終わり