紬「今日のおやつはガレットデロワよ」

唯「がれっとでろわ?」

律「何だそれ?」

紬「フランスの伝統的なパイでね、とっても甘くておいしいの」

唯「へー、食べてみたい! 早く!」

紬「待っててね、今五等分するから」

ナイフで切れ目を入れていく紬。

紬「じゃあ、各自好きなのを取っていって」

唯「私この大きいのねー!」

律「あー、ずるいぞ唯! それ私が食べようとしていたやつなのに!」

唯「早い者勝ちだよ!」

律「あ、梓二番目に大きいの取りやがって!」

梓「早い者勝ちです」

律「あー! 一番小さいのしか残ってない…………ちぇー」

唯「いただきまーす!」

紬「あ、唯ちゃん! まだ食べないで!」

唯「え? う、うん。何で?」

紬「この五個に分けられたガレットデロワのどれか一つにだけ、フェーブと言うものが入っているの」

唯「ふぇーぶ?」

紬「ええ。トンちゃんの八分の一サイズくらいある人形よ」

唯「そのふぇーぶがどうかしたの?」

紬「フェーブが入っているガレットデロワを食べた人はね、その日限りの王様になれるの」

律「あれか、要するに王様ゲームみたいなものか」

紬「ええ。そしてね、そのフェーブを当てた人は、……自分の好きな人を選んで、その人とキス出来るの!」

唯「き、キス!?」

紬「そう! キス!」

律「へぇ、面白そうだな。じゃあ食べようぜ!」

紬「ほら、梓ちゃんも食べて食べて」

梓「あ、はい……」

唯「うーん、私のには入ってないよー」

律「私も入ってなかったぞ? 誰だ? フェーブが入ってるのを食べてるのは」

紬「あ、残念。私のにもなかったわ」

律「すると……澪か梓か」

澪「…………あ」

律「どうした? 澪」

澪「フェーブって……これ?」

紬「あ、それ! 澪ちゃんおめでとう~」

澪「何か……あまり嬉しくない」

紬「澪ちゃん、じゃあ誰とキスする?」

澪「……え? 本当にするのか?」

紬「当たり前じゃない」

澪「え、えぇ!?」

紬「ほら、澪ちゃん早く」

澪「うーん…………」

澪(誰を選んでも、あとで気まずくなりそうだよなぁ……)

律「…………………………」(無言で目をそらす)

唯「…………………………」(無言で目をそらす)

梓「…………………………」(無言で目をそらす)

紬「誰にする? 誰にする?」

澪「…………じゃあ、りt  和「練習中悪いんだけど、講堂の使用申請書、まだ出ていないわよ」

律「おぉ、和」

和「律。また申請書出し忘れてたわね。はやく書いて」

律「あー、悪い悪い」

澪(和なら……キスしても平然と受け流してくれそうだよな)

澪(…………律より、和のほうがいいんじゃないかな)

澪「…………なあ、ムギ」

紬「なぁに? 澪ちゃん」

澪「相手は別に、軽音部のメンバーじゃなくてもいいんだよな?」

紬「ええ、いいわよ」

澪「なぁ、和」

和「なに? 澪」

澪「キスしないか?」

和「……え?」

澪「いや、ほら、ちょっと罰ゲームみたいのでさ、誰かとキスしなきゃいけなくなったんだ」

和「…………いいけど」

澪「そうか! 引き受けてくれるか! ありがとう」

和「じゃあ……早く済ませてね」

澪「ああ。わかった」

和は目をつぶった。

澪(…………和、こうして見ると綺麗だな……)

和「…………澪、早く」

澪「ああ、うん」

澪「じゃあ、行くぞ?」

和「ええ」

澪も目をつぶる。そして、顔と顔を近づけていく――。

そして二人はふれ合うような、短いキスをした。

和「……………………」

澪「……………………」

和「……………………」

澪「……………………」

律「ほーら、いつまで顔寄せ合ってんの。和、書いたぞ。これでいいか?」

和「あ、ええ。今度はちゃんと出し忘れないようにしてね」

律「わかってるって」

和はすたすたと去って行く。

ふと、音楽室のドアの前で立ち止まった。それから、律達の方を振り向く。

澪と眼が合う。

和は頬を赤くした。

澪「!」

和は視線を外し、音楽室の外へと出た。

唯「和ちゃんのファーストキスは澪ちゃんだね!」

唯が余計なことを言った。

***********************************

翌日  放課後

紬「今日もガレットデロワよ~」

澪「きょ、今日もキスするのか?」

紬「今日はちょっとルール変えようと思うの」

澪「キスはやめてくれよ?」

紬「ええ。今回は……フェーブを当てた人が、軽音部のメンバー全員に一つずつ命令が出来るってルールにするわ」

律「例えば?」

紬「私がフェーブを当ててね、りっちゃんは明日猫耳を付けて学校に来ることって言ったら、りっちゃんはその通りにしなくてはいけないの」

律(……ムギにだけはフェーブが当たりませんように)

紬「じゃあ、はい。五等分したガレットデロワを持っていって」

唯「じゃあ、私この一番小さいの選ぶね」

律「あ、唯ずるい! 昨日みたいに大きいの取って行けよ!」

唯「えー、フェーブが入っていたら困るもん」

律「だからってずるいぞ! あー! 梓も二番目に小さいの取って行きやがって!」

梓「早い者勝ちです」

律「くぅー、あ、一番大きいのしか残って無いじゃん!」

唯「いただきまーす!」

律「まあ、甘くて最高に美味しいんだけどなあ……」

梓「緊張感があって、味なんかどうでもよくなっちゃうんですよね……」

澪「あ、よかった……私のにはなかった」

紬「あら。残念、私のにもなかったわ」

律「おー、私もセーフ。唯か梓のどちらかにあるんだな」

梓「……あ、私もなかったです」

唯「あれ? 私の中にこんなのがあったよー」

紬「それがフェーブよ」

唯「えぇー、私?」

紬「唯ちゃんね。王様は」

唯「ちぇー、一番小さい奴選んだのに……」

紬「じゃあ唯ちゃん、誰に何を命令する?」

唯「一人ずつに命令するの?」

紬「ええ」

唯「そんじゃーねー、ムギちゃんに命令! 明日からはシュークリームとかを持ってきて! ガレットデロワじゃなくて」

紬「そう……惜しいけど、命令は絶対だものね。わかったわ、そうする」

唯「明日はシュークリームがいいな~。あ、これは命令じゃないよ? 願望だよ」

紬「そうね、うん。じゃあシュークリーム用意しておくわ」

唯「本当? やったー!」

唯「澪ちゃんは、えーと、あ、和ちゃんにデートの申し込みしてきて!」

澪「え!? わ、私が和に?」

唯「うん! だって昨日、二人ともとっても仲よさそうだったよ? 恋人みたいだったもん。ラブラブで」

澪「え、唯! それはないだろ!」

紬「駄目よ、澪ちゃん、王様の命令は絶対よ」

澪「で、でも」

紬「澪ちゃんが守らないなら、私明日からもガレットデロワ、持ってくるわよ?」

澪「……分かった、和にデートを申し込むよ……」

唯「えーと、りっちゃんは……」

律「なあ唯、私たちって友達だろ?」

唯「え? う、うん」

律「友達にさ、ひどい命令なんてするものじゃないと思うんだ」

唯「うん……そうかも」

律「だからさ、『りっちゃんには特に命令することはないよー』って、言ってくれないか?」

唯「そうだね……りっちゃんはじゃあ、おでこに『肉』って書いて」

律「……唯?」

唯「なに? りっちゃん」

律「あとで覚えておけよ?」

唯「じゃあ、あずにゃんにはねえ……」

梓(律先輩をスルーした!)

唯「あずにゃんは、えーと、好きな人を選んでキスして!」

律(ネタが切れたな……)

梓「え、私が選ぶんですか?」

唯「うん。誰がいい?」

梓(……誰にしよう……?)

梓(あとで余計ないざこざが生まれたら嫌だし)

梓は唯達を見やる。

紬「…………………………」(さっと目をそらした)

澪「…………………………」(さっと目をそらした)

律「…………………………」(さっと目をそらした)

唯「誰を選ぶ? あずにゃん?」


2